公演情報

流山児★事務所
韓国現代傑作戯曲上演

『満州戦線』
2018年7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
下北沢 ザ・スズナリ MAP

omte_foutline.jpg

日程
2018/7/11 (水)〜7/16 (月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催

予約: カルテット・オンライン

*************

■■■オーディション情報■■■
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者を募集します。
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)
 公演会場:座・高円寺1

詳細 エントリーシート

お問合せ*
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

これも素敵な「劇評」です。

BY:渡辺修(俳優)

13日は流山児事務所「満州戦線」。アフタートークありということで、早めに予約。圧倒的豪速球の芝居と充実のアフタートークで、大満足。

本舞台を劇場中央に設置して、いつもの客席部分と舞台部分に新規に客席を設置している。
斜めに置かれた畳間と両壁側の煉瓦壁の瓦礫というシンプルな美術。キーカラーはくすんだ茶色、廃墟。

五族共和というスローガンを信じて張りぼて国家王道楽土の満州に新天地を求めて移り住んだ、日本人に成りきろうとした朝鮮人の青年たちの物語だ。

彼らの物語を三代下がった孫世代の青年(金田)が語り始める。

自ら進んで改名し、日本人というアイデンティティーを獲得するために繰り広げられる哀れで滑稽なほどの朝鮮人たち苦悩、苦闘、苦戦ぶりを、日本人が情熱的に熱演するというアイロニカルなねじれ。
生真面目に真剣になればなるほど笑えてしまうブラックユーモアの仕掛け。

この彼らが日本人になりきろうとするじたばた振りが、懸命であればあるほど滑稽に見えてくるブラックユーモア的な効果が、現在の日本人としての我らの「無知なる傲慢」であることも確かだ。
笑っている我らも同時に笑われていることに気付かされる。

作家はアフタートークで、アイロニカルな効果を狙って描いたわけではなく、ストレートな作品として書いたとおっしゃっていただけに、この物語を見る我らと彼らの意識の違い、切実さの違いは大きいのだろう。

満州国には当時かなりの朝鮮人が流入していたが、人口比としては9(漢)対1(日・朝・台)位の圧倒的な差。しかし、五族共和は名ばかりの日本人の一族支配に変わりはない。少数の裕福な上流階級の朝鮮人が日本人として支配層に入ろうとしたのだろう。残りの一般の朝鮮人達は、中国人にも日本人にも差別されていた。

舞台は、苦労して陸士を卒業して満州軍の将校として赴任する青年将校「飛鳥」の出発を祝う席から始まる。

彼らは、反日抵抗勢力を匪族と呼び、「朝鮮人は意思が弱く、怠け者。(略)いつも誰かに命令されて初めてイヤイヤ動くという悪い習性を持つ奴隷根性が染み付いている」といい放ち、公然と批判する善良な善き朝鮮人なのだ。

これを、日本人の事として言われても反論のしようがないではないか。

日本人の上司に裏切られ懐妊しながら捨てられる「芳江」に、以前から好意を抱いていた「飛鳥」が結婚を申し込むと、「ゴメン。朝鮮人は無理」と拒絶する。
この諧謔。
こうした捻れた思いに突き動かされた者達の善意やヒューマニズムや信仰は歴史の中でいとも簡単に踏みにじられる。
この善き人達はそれぞれにバラバラになり、不倫の子として生まれた子供は女性達に育てられる。

「飛鳥」のモデルは元・韓国大統領朴正煕。満州軍の高木正雄中尉として八路軍と戦い、終戦後は反共戦士として戦うわけだ。

こういう人達が、戦後の韓国の支配層として君臨しているのだというのが、作家の直球の勝負玉として僕らの胸に突き刺さる。

そして、もっと知らなければという思いにさせられる。

役者たちも演出も、戯曲の仕掛けに敢然と挑戦して清々しい複雑な傑作として僕らの前に見せてくれた。

2018-07-16 11:10 この記事だけ表示

全8ステージ「連日満員爆走」のパク・グニョン+シライ・ケイタ日韓の黄金コンビが

2018年夏の演劇界を震撼させている超問題作『満州戦線』

本日:16(月)14時 愈々千穐楽・終演です。

ここにニンゲンのドラマがあります。ふらりと、下北沢まで!
※あ、それから、昨日の毎日新聞に掲載されました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
流山児★事務所7月公演『満州戦線』
7月11(水)〜16(月)@下北沢ザ・スズナリ 全8ステージ。
パク・グニョン:作 
シライケイタ:台本・演出
流山児祥:芸術監督
出演:伊藤弘子・清水直子(俳優座)・みょんふぁ
カゴシマジロー(トラッシュマスターズ)・木暮拓矢
いわいのふ健(温泉ドラゴン)

※上演時間:1時間40分

本日:16(月)14時
※当日券は開演1時間前からザ・スズナリにて10〜15枚発売します。
 ふらりと、おいで下さい。03−3469−0511(スズナリ) 

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、伊藤 弘子さん、里美 和彦さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)


2018-07-16 11:09 この記事だけ表示

これも素敵な劇評です。
BY山下治城

「満州戦線(韓国現代傑作戯曲上演)」流山児★事務所(@ザ・スズナリ)


作:パク・グニョン、翻訳:石川樹里、上演台本・演出:シライケイタ、芸術監督:流山児祥。

最近、ニュースで朝鮮半島のことが何度も取り上げられている。平昌オリンピックとそれに伴う南北の対話。
さらには板門店での南北代表の会談を経て日朝が会談し、そして先日シンガポールで米朝の会談が行われた。

この日は、パク・グニョンさんがいらしたアフタートークがあった。当日券ギリギリで行ったらキャンセル待ち6番!
結局11名くらい入れたのでセーフだったが、会場は満員御礼で熱気があふれていた。奥と手前から一番下にある舞台を見るという構造になっている。

四角い12畳くらいだろうか?の少し高くなった場所が様々な場所に変化する。その周囲を移動する場所と規定し、上手には大きなレンガの壁が設置されている。

満州国を建国した時の歌が現在の大韓民国の国歌になっているとアフタートークで伺った。(驚)

日本が満州国を建国したのが1932年(昭和7年)のことである。それから終戦の1945年(昭和20年)まで満州国は続く。

現在の北朝鮮と国境を挟んだ北側の中国の一部が満州国である。この新たな土地に新たな国家を建国して!という大きな夢が当時語られていたのだろう!朝鮮半島から何人もの朝鮮人たちがこの国家に自分たちの未来の夢を見てやってきたのだろう!

朝鮮人でありながら相当の努力を重ね、満州国陸軍軍官学校に入って士官候補になった朝鮮人(カゴシマジロー)のお祝いの会からこの舞台は始まる。

この舞台はこの軍人を祖父に持つ現在は韓国で暮らしている青年(解説者)の口から語られるという構造で語られる。
軍服に身を固めゲートルを巻き、日本国(満州国?)のために命を惜しまないで忠誠を尽くした朝鮮人!

そこには、自己矛盾があるのではないか?
と思う方もいるかも知れないが、こうして同化していくことで自らを守り家族を守るということはおおいに納得が出来る。その際たる人物が満州国の朝鮮人の軍人として描かれる。彼は普通に朝鮮半島で暮らしている朝鮮人とは志が違うと馬鹿にし、ここにも同じ民族同士でいがみあう現実が描かれる。満州国に移住してきた朝鮮人たちはこのような意識高い系だったのだろうか?それともこの家族がそう描かれたのか?

パク・グニョンは戯曲を書くにあたって多くの人に取材してこれをお書きになったらしい。

アフタートークで聞いて知ったのだが、ここで描かれていることは過去の韓国の元大統領の独裁政権を批判するような
内容も含まれているので、当時、韓国政府から助成金を停止されたり、上演自体が難しくなることなどがあったらしい!

この舞台のラストシーンは衝撃的!!

軍人だった祖父と、彼をめぐる三人の女性の物語を中心に進んでいく。軍人の妻の芳江役のみょんふぁ(洪明花)がいい!彼女が青年(解説者)の祖母である。アフタートークでは彼女が通訳を務めた!

流山児さんが語っていたが現在、演劇界でも南北の合同企画などが草の根で始まっているらしくこうしたことを通じて「統一」に向けての動きが実際に現場レベルで始まっているということを知った。日本のメディアが報じてくれない事実がこうしてあるんですね。

上演時間100分。16日まで。

2018-07-15 09:56 この記事だけ表示

これは素敵な「劇評」です。


BY月蝕歌劇団:高取英

流山児事務所「満州戦線」作 パク・グニョン 演出 シライケイタを見た。このような作品があるとは。ぶったまげた。

「満洲國」が舞台だが、そこに登場する朝鮮の人々は、日本に同化しようとする人々なのだ。朝鮮独立のために戦う同胞を匪賊という!

物語は、日本人の妻子ある男と愛しあった女性、演じるのは、みょんふぁ、の悲劇へと至るが、彼女もその身ごもった赤ちゃんも引き受けるという、男、関東軍の将校だが、その申し出を彼女は断る。
理由は、彼が朝鮮人だから!たまげた。

男は、カゴシマジローが演じている。モデルは、朴 正煕とか。
いうまでもなく、大日本帝國統治時代を批判しての作品なのだが、これ、韓国で上演したとき、大丈夫だったのかと思った。やはり、かなり批判の声が上がったという。この人々は、愚かな面もたくさんあるという設定で、笑わせる部分もたくさんある。戯画化されてはいる。しかし、それにしても、ここまで描くのかという驚きだ。ラストも唖然。

伊藤弘子が男の妹で笑わせ、生まれた子供の息子は、木暮拓也で、語りも彼。

終わって流山児さん、伊藤裕作さんらと酒場に。伊藤さんは、新劇だねえ、とそのスタイルに不満のようだった。セリフ劇なので、そういういい方はわかるが、スタイルの問題なんか、超えた作品だ。この作者、凄いと思った。

・・・・・・・・・・・・
※ 伊藤裕作です。スタイルのこともそうですが、多分、この芝居、私には荷が重かったのだと思います。観劇後、一人になって一首。

 俺の父満州帰りの敗残兵 彼の地のことを子に告げず逝った

◎ 実にシンプルで「素敵な」高取英らしい感想に「シンプル」に感激、感謝。わたしも、高取みたいにこの芝居を「初めて」観たとき「ブッたまげた」。だから、絶対上演しようと想った。パク・クニョンは本当に「凄い作家だ!」と想ってます。たまげる=魂消る・・・スズナリで多くの観客の「魂」が消えてる・・・。

2018-07-15 09:37 この記事だけ表示

『満州戦線』アフタートーク BY みょんふぁ


[만주전선] 박근형샘과 관객과의 대화.

本日、作家来日。アフタートーク。
こんなに満席のアフタートークは初めてだ。

本物の日本人になりたかった朝鮮人を、
日本人が演じるこの痛烈な皮肉。
しかし、これを痛烈な皮肉と受けとってるのは、日本側であって、
パクさんがこの作品に込めた風刺はもっと別の所にある。

戦時下、統治下という歪んだ環境の中、人間の正常性が歪んでしまうのは仕方がないこと。

誰が悪いということではなく、自分の中にこそ、見つめ直さなければならない反省があり、
その恥部を直視することにこそ正義が存在する。

韓国も日本も中国も、広くはアジア全体がみんな被害者だ。
その中で、何かを見失ってしまうことを責めることはできない。
責めるべきは、それを見つめられない自分だ。

現在の韓国社会において、
満州出身の、権威的な考えを持った人たちが
未だに韓国国家の中心に鎮座し、
クリスチャンという名の下に権力を握った人たちが、
私欲を肥やし、
何よりも国民はそれをわかっていながらも、
まだ明るみに出すことすらできない現状。

驚いたことは、
現韓国の国家である「愛国歌」は、
満州国建国の時に作られた歌だということ。

知っていながらも、未だそれを国家として歌わせている、
大韓民国への痛烈な風刺。

韓国の恥部をストレートに切り込んだ「満州戦線」

そりゃ、ブラックリストに載るわ(笑)

パクさん自身は演劇に救われ、演劇という幸福な恵みを受けた以上、
舞台作品を通して、戦いたいと願っている。

パクさんは、いつも弱者の立場でモノを言います。
パクさんは、いつもニコニコして、いつもお酒飲んでます。
パクさんは、小さな体で、いつも奥さんの手を握ってます。
パクさんは、酔っぱらうと、ブラックがいっぱい出てきて、黒パクになります^^
黒パクさんは、「あの糞野郎が」っていっぱい言います^^
さんざんなじっといて、「ま、僕が一番の大クソ野郎だす^^」と言って、また飲みます。
パクさんは、直球で人の心を開きます。
パクさんは、先に自分が恥をかきます。そうやって周りを安心させます。

トークで話したのか飲み会で話した内容なのか、
ちょっとごっちゃになっちゃってるけど(笑)

とにかく、パクさんに会うとワクワクします。
でも目の奥が怖い時もあります(笑)

本音を語れる関係は、やっぱり幸せなことです^^

さて、問題の『満州戦線』
残すところあと5ステージ。
あっという間です。

見事な賛否両論!
是非見届けてくださいっ!

14(土)14:00/19:00
15(日)14:00/19:00
16(月・祝)14:00
★アフタートークゲスト:パク・グニョン(作家来日)

【チケット】
全席指定
・一般……4,000円
・学生、U25(25歳以下)……2,800円
・留学生割引……2,000円
・高校生以下……1,000円

【公演詳細】
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-man.html

ご予約はこちら▼
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201807…

画像に含まれている可能性があるもの:3人、洪 明花さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)
2018-07-14 09:43 この記事だけ表示