公演情報

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 劇作家部門

 『SCRAP(スクラップ)』

【作】シライケイタ(温泉ドラゴン)

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【プロデューサー】流山児祥

 

【出演】

月船さらら(metro、清水直子(俳優座)

みょんふぁ(洪明花)、西條義将(モダンスイマーズ)

伊原農(ハイリンド)、シライケイタ

栗原茂、上田和弘、イワヲ

里美和彦、木暮拓矢、佐原由美

 

【日程】

2017年7月1日(土)〜17日(月・祝)

 

【会場】Space早稲田

 

【チケット】

日時指定・全席自由

一般 3,500円

学生、U25(25歳以下) 2,500円

高校生以下 1,000円

リピーター割引 3,000円

 

流山児祥の予約



公演詳細はこちら

 


【お問合せ】

流山児事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com 

グラフィックス1.png

イラスト:藤原カムイ

 

ワークショップ参加者募集!!

 

【講師】流山児祥

【日程】2017年8月14日(月)〜20日(日)

14日(月)〜17日(木)は、18時〜22時

18日(金)〜20日(日)は、13時〜21時

*発表公演を行います

19日(土)夜 20日(日)昼・夜の3ステージ

【会場】 Space早稲田

 

【募集人員】20名 40歳以上・経験不問 上記日程に全部参加できる方

【参加費用】25,000円

【応募期間】7月3日(月)〜

【応募方法】流山児★事務所に以下をお知らせいただき、お申込みください。

@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)

*楽塾に入団希望の方は、履歴書あるいは芸歴書をお送りください。

 

【お問合せ・応募先】
流山児事務所 ワークショップ
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

台湾の新劇団=亜細亜、始動です!!


いやあ、台湾に豪雨!
凄い雨、歴史的な「豪雨」に見舞われている台北。車が水没続出のニュース。
おれでも、ちゃんと流山児祥3日間ワークショップ@景美・文山劇場が始まりましたよ。

オペラ「ジャンニ・スキッキ」をテキストを使って大胆不敵な「台湾歌謡オペラ」を、たった3日間で作り上げるという「無謀な実験」をやってます。振付も入ってもう大変。今日はお昼から22時までだが、土日は朝から深夜まで12時間。


それにしても参加してくれた20人。
これからの台湾演劇界を担う若者たちのエネルギーがすごい!

台中や嘉義からの見学者も多数・・・・ポンポン(マクベス)もパンパン(マクダフ)も、今日はスタッフで参加している。

パンパンとイーランの劇団「亜細亜」の「初」企画だからである。メチャ面白いワークショップになってます。


夕方までキャスティングを終えて動きも加えてトップから振り付けも同時進行。かなりスピーディな進行である。

明日は朝早くから真夜中までで一気に作り上げる。振り付けも歌もいっぱい!じっくりハードにやりますよ!



あれ?まるで『奴婢訓』みたいなトップシーンになってるじゃん?


このあと、22時過ぎ急いで急いでまだ雨降る景美の街に出た。

もちろん、夜市で麦酒である。


台湾の生活ももうすぐ1か月である!!


2017-06-03 10:22 この記事だけ表示

というわけで、『台湾マクベス2017』台中公演: 5月27日(土)初日無事に幕が開きました。

満身創痍?の役者もいたが、去年の初演をはるかに上回る「衝撃作」に出来上がりました。

みんな、素敵な役者に育ちました。
わたしの(代表作」といっていいパワフルでいて『ニンゲン」が「そこ」にいる作品になってます。


主役の二人はほんとうに素敵になりました。
魔女8人はパーフェクト!ほんとうにやりたかった「アジアのマクベス」です。ありがとう。


『狂人教育』日中コラボレーションの時に参加してくれたペイジンと日本人クルーで台中の夜市で呑む。

そうかあれから8年の歳月が流れたのである。


ながい台湾の演劇人との付き合いである。

『狂人教育』『ハイライフ』『義賊☆鼠小僧』『寺山修司の女の平和』『台湾マクベス』初演『台湾マクベス2017』

と、6本の作品を10年で作り続けている。もっとも、多くの作品を作品を続ける街になりそう?である。



それにしても、たった3日間の滞在だが、台中もいい町である。


というわけで、本日:14時30分『台湾マクベス2017』台中公演ファイナル。

熱狂的な拍手の中で無事終幕。


バラシて打ち上げ、嘉義へ。

明日からsibiuに向けて仕込み稽古(役者がスタッフもかねる)、照明もsibiu用に作り変えて6月1(木)トライアウトという名のプレビュー@嘉義県票演芸術センター公演である。


『台湾マクベス』の旅は続く!!


で、明日から東京・早稲田ではシライケイタ×日澤雄介コンビの新作『SCRAP』の稽古が始まる。こちらも熱くなる!!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「テロリズムと組織犯罪を防止する為という口実の下に、日本政府は極めて問題の多い法律を準備している。あらゆる形態の謀略に対するこの法案について採決が5月23日に衆院で行われ、参院では6月中旬に採択される予定である」ル・モンド5.27

2017-05-28 18:13 この記事だけ表示

「マクベス」は、1989年流山児祥「演出100本記念」公演として「マクベス〜PAINT IT BLAcK!」のタイトルで、塩野谷正幸、一色彩子主演@下北沢本多劇場で初演.
.
1991〜92年は「流山児マクベス」というタイトルで、塩野谷正幸、入江若葉主演@韓国ソウル教育文化会館、広島みろくの里国際演劇祭正式招待公演、名古屋中小企業センターホール、新宿シアターアプル、大田区民プラザといった大劇場でツアー上演、

その後、2015年流山児★事務所「創立30周年記念」公演「マクベス〜PAINT IT BLACK!」のタイトルで復活し、若杉宏二、伊藤弘子主演で@座・高円寺1で上演。


2016年7月、台湾のOURシアターとの共同制作で@嘉義県表演芸術センターで上演、そして、2017年5月@台中国家歌劇院 6月ルーマニア@シビウ国際演劇祭で上演される。


30年近くにわたって上演している「私の代表作」と呼べる作品だが、すべてその時代に合わせて、全面的に作り変えている作品である。2015年版は構成に西沢栄治が加わり、音楽に坂本弘道が参加。愚直に「非戦」を叫ぶ「女たちのマクベス」が出来上がった。


台湾版はよりパワフルでよりシャープな「音楽劇☆マクベス」に成長している。文字通りの「アジアのマクベス」となった。なんたって、台湾語のマクベスである!!


1989年初演時に思い描いた「アジア的身体を持ったシェイクスピア劇」に、わたしは、やっとたどり着いた感がある。


ソウル、果川、水原、上海、北京、広州、香港、澳門、杭州、台北、嘉義、台中、ジャカルタ、バンドゥン、ジョグジャカルタ、ボルブドゥ‐ル、バリ、バンコック、テヘラン、といった20余りのアジアの都市をオレタチはこの20年余り《旅》している。


北京も上海も台北も、ものすごい勢いで変わっていっている。が、いつも行く呑み屋は「ほぼ」変わらない。東京同様の、安酒場である。


役者=貧乏人生は、一生変わりそうもない、が、それが河原者の「自由」である。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
2017-05-22 13:33 この記事だけ表示

『台湾マクベス』台中国家歌劇院公演は「全席完売」ですが、シビウはまだ、お席には「余裕あり」みたいです。

ぜひ、ふらりとシビウまでおいでください。待ってます。

でも、ルーマニアは遠いですね。




Asian Shakespeare, a Russian script in Hungarian and a circus performance at FITS 2017!
At this edition of the Sibiu International Theatre Festival, the classical style comes in surprising combinations, staged in a contemporary fashion, which cover the human soul and offer inspiration through original creations.

Thus, Our Theatre & Ryuzanji Company from China and Japan present a play directed by Ryuzanji Show, a performance that places Shakespeare in a contemporary Asian setting. "Macbeth: Paint it, Black!" opens with an anti-war monologue and ends with the suggestion of cultivating hope against the endless struggle for power. "One of the most important performances discovered in Asia, the revelation of major festivals in Taipei, Shanghai, Singapore, Tokyo and Australia, Macbeth: Paint it, Black! is a Chinese-Japanese production, which is currently courted by all major festivals around the world. You should hurry up and get your tickets for the two performances that will take place on June 14th at Fabrica de Cultura, Eugenio Barba hall, in which the theatre company will invest a lot of effort", said Constantin Chiriac.

2017-05-21 00:22 この記事だけ表示
維新を含むファッショ政権が平成の治安維持法=「共謀罪」をついに強行採決した。

いわゆる国民に選ばれた自公が国会で多数を占めているから、何をしてもよいわけではないのが議会制民主主義ってガキの頃この議員たちは教わらなかったのか。議会とは議論して決める場なのだよ。議論を通じて「他者」を説得する努力を一切しないメチャクチャぶり、法案提出の責任者である金田法相は説明責任も放棄し支離滅裂の答弁ぶり。

そして、最終局目では、まったく自らの政治的アイデンティティを持たない厚顔無恥の維新を巻き込んで、それこそ数の某力に任せて「強行採決」する政治は民主主義などではない。これはファシズム以外の何ものでもない。

この国は、もはや法治国家などではない、加計、森友、共謀罪、アベ政権のもはや、『不都合』を通り越した「開き直り」「しらんふり」の「3点セット」を決して許してはならない。それにしても立憲政治も政党政治もすでに死んだのかもね。

そして、この国はどこまで堕ちてゆくのだろう。嗚呼。

台湾・嘉義は雨である。

国会前には1万人近くの市民が集まっているという。
2017-05-19 21:54 この記事だけ表示