公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

様々な打合せを縫って、なんとか9月・10月に予定している「大人のための演劇ワークショップ」&「台湾嘉義OURシアター若手公演」用台本の2作を書き上げた。

この3週間余り、PCのみすぎで眼とアタマと腰が、ぐちゃぐちゃ・・・それなりに年を取ってる、のである。

「大人のためのワークショップ」の今年は、岸田國士。『命を弄ぶ男ふたり』『秋の対話』『遂に「知らん」文六』の3つの戯曲に岸田が綴った様々な文章に加えて、オマケに、大正・昭和初期の歌も交えて・・・・・奇妙なモノガタリが出来上がった。これを、三世代の役者たちが声やカラダを使ってやるとどうなるんだろう?おまけに、踊って唄って「恋をする」のである。タイトルは『岸田國士・抄』

入団希望の3人と劇団の若手も参加する。10月27(日)@Space早稲田、是非ご覧ください。

でもって、その前に、来週予定の台湾OURシアター若手ワークショップ公演台本も創って送った。こっちは、シェイクスピア、ベケット、アラバール、テネシーウイリアムスといった欧米戯曲をテキストにこれまた、「夢想のオペラ」を編んでみた。タイトルは『瓦礫のオペラ』瓦礫の戦場で様々な人々が「出会う」ドラマ。メチャクチャなスピードで疾走する若い役者たちの音楽劇に仕上げる。

どっちも、10日余りのノンストップ稽古三昧の濃密なワークショップ。

いわく、流山児メソッド全開のハチャメチャ劇!である。体力と集中力!だぜ。

というわけで、9月23(月)〜10月3(木)@嘉義懸表演藝術センターに行ってきます。10月4(金)は台北ワークショップです。

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、スマイル、立ってる、サングラス



2019-09-20 16:46 この記事だけ表示

台湾から帰国して2日、1日中メチャ多くの「名作戯曲」を斜め読みしている。まるで、演劇青年に戻った様な日々である。シェイクスピア、チェーホフ、アラバール、ベケット、テネシー・ウイリアムス、三島由紀夫、岸田國士、寺山修司、唐十郎、別役実、ハロルド・ピンター・・・・etc.。

今年の9月・10月はなぜか、流山児祥ワークショップ三昧の日々で、文字通りの東奔西走です。まず、9月15(日)は愛知県豊田演劇ファクトリーでの演劇講座。

9月22(日)と10月6(日)は、中高年劇団:シアターRAKUの2020年GW公演『あちゃらか歌劇☆夏の夜の夢〜大正浪漫編〜』(山元清多:脚本)の本読み、脚本分析。来年は久しぶりに元さんのシェイクスピア世界との格闘です。

9月23(月)〜10月5(土)は、台湾に帰って@嘉義縣表演藝術センター大リハーサル室で、みっちり、10日間稽古で台湾OURシアター若手公演『瓦礫のオペラ』公演。10月4(木)には台北で翻訳ワークショップにも参加。4年目の仕上げが若手とのワークショップ!わたしには嬉しい限りである。全てを吸収してゆく若い役者たちとみっちり稽古三昧の日々となる。

で、日本に帰って、10月12(土)・13(日)はフクシマで真船豊『鼬』Sceneスタディの2回目。2021年2月公演に向けてじっくりながーい「旅」である。

そして、10月19(土)〜27(日)は恒例の「大人のための演劇ワークショップ2019」東京@Space早稲田 9日間のロングワークショップで『岸田國士抄』公演、新劇団員オ−ディションも兼ねてます、まだまだ参加者募集中です。申し込みはhttp://www.ryuzanji.comまで。

※力技+遊び心満載で愉しくやります。
みなさん、よろしくお願いします。

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、スマイル、立ってる、海、空、雲、ビーチ、水、屋外、自然



2019-09-12 22:12 この記事だけ表示

昨夜の一日早い「打ち上げパーティ」4年間の想い出がいっぱい詰まった盛大な大宴会。それも、台北の夜である。スタッフ・キャストのみんな、4年間で、驚くほど、成長した!モチロン、流山児★事務所の日本チームも。PJの司会で大入り袋ならぬ記念フォトの贈呈、みんなよく笑い!よく泣いた!あったかーい心の通ったパーティは深夜まで続いた。ベロベロに酔っ払ってホテルに着くなりバタンキューであった。

さあ、今日は、台湾演劇界最大のヒット作『嫁粧一牛車』2019バージョン@水源劇場ファイナル・ステージ!加油!!

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、関 多恵子さん、岩澤 侑生子さん、Jhao-Cian Wangさんなど、、スマイル、群衆、室内

2019-09-08 12:31 この記事だけ表示

阮劇團 ╳ 流山兒★事務所『嫁粧一牛車』
(原作:王禎和 脚本:林孟寰 演出:流山児祥 
音楽:諏訪創、振付:林素蓮)@台北水源劇場

「一宿一飯」の演劇渡世の恩義で4年間の台湾演劇人との交流を続けている。とりわけ、この1年半余り台湾で「生活」してみて、多くの事を学んだ。多くの若い演劇人に出会った。これは、わたしの、わたしたちの大きな財産である。

台湾ではOURシアターと2016年『マクベス』、2017年『マクベス・シビウ国際演劇祭バージョン』、2018年『嫁粧一牛車』、台北藝大の学生と『第十二夜』、2019年『嫁粧一牛車2019バージョン』の5本の作品を創った。2015年流山児★事務所『義賊★鼠小僧次郎吉』@台北国立劇場公演から打ち合わせがはじまって、2016年シアターRAKU『女の平和』@台北国立劇場のあと、ワークショップがはじまった。シアターRAKUの2018年『十二夜』@高雄国際演劇祭、2019年『女の平和』@新營芸術祭と、あわせて、私の演出作9作品が4年間で上演された。もはや、台湾は流山児★事務所の本拠地と言っていい。

その4年間の成果・結実作が『嫁粧一牛車』です。演劇の面白さがたっぷり詰まった音楽劇です。今年度、台湾演劇最大のヒット作に進化しました。ぜひ、ご覧ください。これは台湾のみならずアジアの民衆のための台湾発の「パワフルな大衆音楽劇」です。


画像に含まれている可能性があるもの:2人、夜、屋外


画像に含まれている可能性があるもの:2人、夜、屋外

2019-09-07 12:15 この記事だけ表示

阮劇團 ╳ 流山兒★事務所『嫁粧一牛車』
(原作:王禎和 演出:流山児祥 
音楽:諏訪創、振付:林素蓮)@台北水源劇場 

8月10(土)・11(日)台中国家歌劇院中劇場で「全席完売」で幕を開け台北公演も「全ステージ:全席完売」の大ヒットで台湾演劇界を震撼させている阮劇團 ╳ 流山兒★事務所の国際共同製作、愈々、9月6(金)〜9月8(日)らすと4ステージ。ふぁいとです!

阮劇團 ╳ 流山兒★事務所の国際共同製作は2016年『マクベス』嘉義県表演藝術センター実験劇場公演から始まった。当時、「初めて」追加公演を含めて「全4ステージ完売」で劇団員は快哉を叫んだ。「初」の1200人余りの観客。今回は優に5倍近い観客を動員する劇団に「成長した」のである。阮劇團は文字通りour(市民)の劇団に成長している。母国語である台湾語に拘り「世界」に向けて台湾語演劇を発信し続ける彼らに4年間関わる事が出来て本当に感謝である。

わたしも、昨日、台北に入りました。もうこの作品は、わたしの手を離れて「彼らのモノ」です。

ALLWAYS PERFORMER ON(standby) THE WEAKS ですね。これ英語違うか?

水源劇場で待ってます。


攝影:黃煚哲

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:7人、周浚鵬さんを含む、座ってる(複数の人)、夜
画像に含まれている可能性があるもの:2人、周浚鵬さんを含む、立ってる(複数の人)、夜、あごひげ

2019-09-06 11:12 この記事だけ表示