公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

あと1週間で、小屋入りである。
こんなメールを楽塾メンバーにいま、送った。
・・・・・・・・・・・・・
一寸、振り返ってみました。よろしく。

楽塾創立20周年!私たちの稽古場兼アトリエである「Space早稲田」の誕生と共に楽塾は生まれた、地域のシロウトの中高年劇団であった。


5人の創立メンバーで今回も出演しているのは、いそちゆきんとめぐろあやさんの2人、「最年長アイドル」小森昌子さんは2年前に卒業し、杉山智子さんは残念ながら、中国・長春です。思いおこせば智子さんの旦那さんの亡くなられた杉山太郎さんが初期楽塾の最大のサポーターで理解者でした。創立メンバーのほぼ全員がシロウトで稽古はほんと、大変でした。いまでは想像もできないほどメチャクチャな「実験の場」でした。この経験が高齢者劇団=パラダイス一座の冒険に繋がったのですが・・・。


その後、内藤美津枝、桐原三枝、川本かず子、二階堂まり、高野あっこという「超個性」が次々と加わり、宮沢智子(2017年卒業)、西川みち子が参加、楽塾は一気に人気劇団に登り詰め、10周年は本多劇場進出でした。その後、北村想が芸術監督を務めていた滋賀県民創造芸術館での初の地方公演もやりましたね。


関口有子、河内千春、村田泉、阪口美由紀、みかわななえの5人が12年目に大量参加!、関口が音楽監督となり、「楽塾歌劇☆第二期黄金時代」へと突入していく。北村想の新作書き下ろし『めんどなさいばん』は初のスズナリでした。13年目は佃典彦の書き下ろし『ほろほろと、海賊』で音楽に多良間通朗が加わり、ゲストも戌井市郎さん、肝付兼太さんと豪華役者がSpace早稲田にロングラン出演してくれました。14年目の『宇宙下町大戦争〜もーれつア太郎〜』と、岸田戯曲賞作家:佃典彦が2年続けて楽塾に書き下すという実に贅沢な公演。ある意味でのピークを楽塾は迎えてました。


15周年記念公演はシェイクスピアの『十二夜』で@座高円寺2へ進出、楽塾の代表作が生まれました。2013年に『十二夜』は初のカナダ公演、ベストアンサンブル賞を受賞しました。

その後、久しぶりに新メンバーをオーディション選出。平山郁子、辻洋子が加わり2016年には寺山修司の『女の平和』で@台湾国立劇場公演。海外でも楽塾の名前が知られるようになりました。去年のオーディションで佐野眞一が加わり、来週5月3日、3回目の座・高円寺2で佃典彦の新作『すももももももモモのうち』を楽塾16人で上演する。


楽塾16人の《現在》をきっちり魅せてやりましょう。わたしたちの原点である「ひとは元気で楽しいモノを観ると元気で楽しくなる」これです。お客さまをすこしでも、元気にして帰ってもらうだけです。


半年かけて創り上げたモノを信じ、あと1週間みっちり、稽古して「通し」の中、1時間40分「全員」で生きてください。
平山、辻、佐野さんは楽塾デビューです。1年ぶりの楽塾東京公演『すももももももモモのうち』ぜひ、多くの皆さんに観てもらいたいものですね。頑張って、いろんなところで宣伝しましょう。


来年は三重県芸濃町、愛知県長久手、韓国ソウル公演を予定しています。次の楽塾東京公演は2019年です。

みなさんの「個性」はホントーに素敵です。それを大事に、嘘をつかないほんとうの「関係」を魅せるのが楽塾の芝居です。
面白いモノに仕上がっています。それは請け合います。


あと、1週間、楽しんでやりましょう。風邪が流行ってます、カラダの管理も役者の仕事です。くれぐれも気を付けて、おなかから声を出して、はっきり!今日は「最後のお休み」です。じっくり休んでください。


じゃあ、明日、稽古場で!


流山児祥 2017年4月24日

2017-04-24 14:00 この記事だけ表示

楽塾創立20周年記念佃典彦新作書き下ろし『すももももももモモのうち]』3回目の通し稽古が終わった。稽古粛々と進んでいますよ。

カラフルな衣裳、今日は佐原由美によるメイク実習。
小道具も星美咲画伯のオリジナルも同時進行で。
イワヲのセットも次々と、稽古場で徹夜作業。
円形劇場がSpace早稲田に現出。

今日もお昼過ぎから小返し、夕方には4回目の通し、来週は通しウイークの始まり。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。《

【前売情報】
5月3日(水)〜6日(土)@座・高円寺2

5月3日(水)18時:余裕アリ(残り:81枚、お早目に!)
  4日(木)13時:完売近し(残り:17枚、お早目に!)
      17時:大いに余裕アリ (超・オススメです!)
     ● 終演後、アフタートーク(ゲスト:鯨エマ氏)
  5日(金)13時:余裕アリ 
      17時:余裕アリ(オススメ)
     ●終演後、アフタートーク(ゲスト:朝日恵子氏)
  6日(土)13時:余裕アリ  
  ※上演時間は1時間40分を予定しています。
※ 詳細は→http://misakichi4.exblog.jp/26667732/

※流山児祥への予約は→
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2017?m=0abjgca

2017-04-23 12:08 この記事だけ表示

楽塾創立20周年記念『すももももももモモのうち』前売情報
5月3日(水)〜6日(土)@座・高円寺2

5月3日(水)18時:余裕アリ
  4日(木)13時:完売近し(残り:18枚、お早目に!)
      17時:大いに余裕アリ (超・オススメです!)
     ● 終演後、アフタートーク(ゲスト:鯨エマ氏)
  5日(金)13時:余裕アリ 
      17時:余裕アリ(オススメ)
     ●終演後、アフタートーク(ゲスト:朝日恵子氏)
  6日(土)13時:余裕アリ  
  ※上演時間は1時間40分を予定しています。
※ 詳細は→http://misakichi4.exblog.jp/26667732/

2017-04-21 15:57 この記事だけ表示

楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』アフタートークゲスト決定!
佃典彦:新作書き下ろし音楽劇
流山児祥:演出
多良間通朗:音楽 北村真実:振付 小林岳郎:美術 
出演:楽塾オールスターズ+柏倉太郎・山下直哉・星美咲・森諒介・橋口佳奈/流山児祥

5月3日(水)〜6日(土)@座・高円寺2

【ゲスト】
5月4日(木・祝)17:00の回 鯨エマさん

5月5日(金・祝)17:00の回 朝日恵子さん

鯨エマさんは、高齢者劇団「かんじゅく座」の作・演出をされています。朝日恵子さんは、フリーのライターの方でシニア演劇の取材も多くされていらっしゃいます。シニア演劇WEB主宰

【前売情報】
5月3日(水)18時:余裕アリ
  4日(木)13時:残席僅少(お早目に!)
      17時:大いに余裕アリ (超・オススメです!)
●終演後、アフタートークあり。
  5日(金)13時:余裕アリ 
      17時:余裕アリ
      ●終演後、アフタートークあり。
  6日(土)13時:余裕アリ  
  ※上演時間は1時間40分を予定しています。

詳細は→http://misakichi4.exblog.jp/26667732/

流山児祥への予約はこちらへ→
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2017?m=0abjgca

●チケットはまだ「余裕あります」!
●ご予約お待ちしております。

2017-04-20 10:54 この記事だけ表示
懐かしいモノが山田勝仁氏のfacebookに載っていた。

これまた、懐かしい。「初日通信大賞」の記事である。


初日通信大賞1989年度作品賞・助演女優賞・演出家賞3冠受賞
『青ひげ公の城』@本多劇場
作:寺山修司 音楽:宇崎竜童 演出:佐藤信


主演女優賞:6位 美加理
主演男優賞:8位 塩野谷正幸
助演男優賞:17位大鷹明良
劇団賞:11位 流山児★事務所


「演劇ミニコミ紙「初日通信」が選んだ初日通信大賞。「大賞」とついた演劇賞は当時これだけ。「読売演劇大賞」よりもずっと先行していた。演劇ファンが選ぶ演劇賞。年間50本以上観た人80人くらいが投票していたから、演劇人の間ではなまじっかの演劇賞よりも「権威」と「愛」があったのだ。」(山田勝仁:演劇ジャーナリスト) 


受賞の時、佐藤信さんがとっても喜んでいたのを記憶している。観客が選ぶ賞ってとってもいい事だつくづく思う。因みに、初めてカナダのビクトリア国際演劇祭に参加『狂人教育』で2000年グランプリ(ベストプロダクション賞)を受賞したのも観客が選ぶ賞であった。

2017-04-19 16:11 この記事だけ表示