公演情報
シアターRAKU公演
テラヤマ音楽劇
『くるみ割り人形』
2023kurumi_omo.jpg

5月6,7日
台湾新営芸術祭参加

6月21−25日
下北沢 駅前劇場


作:寺山修司
音楽:高橋牧
演出:流山児祥


公演詳細


イラスト:山中桃子


***********
流山児★事務所公演

『オキナワ2部作』
omote_outline533.jpg

2023年
4月6日(木)〜23日(日)

作・演出 詩森ろば
音楽 鈴木光介
芸術監督 流山児祥
ザ・スズナリ

イラスト:ヨコヤマ茂未
公演詳細
流山児★事務所
2023年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【初日まで2日!本日明かり合わせ】
2回目の通し。上演時間1時間50分
ノンストップで疾走する熱い青春の塊たちほぼ完成。
今日は韓国から帰国したスズキ拓朗の動きの最終チェックを交えて「明かり合わせ」
それにしても様々な「濃密な人間ドラマ」がスピーディに同時進行?する多重的、多角的な劇である。
出自の違う異世代の役者たちが見事な凸凹を創り、
アーそうだよな、これって在りだな?になって散りばめられている。

新劇でもアングラでもない「生々しいニンゲンドラマ」を23歳の寺山修司はシンプルに書いたのである。
長期の稽古と、役者相互の信頼感で、ぼくたちは2023年の『血は立ったまま眠っている』を創り上げた。
この稽古期間中、ぼくは物語の一方の主役である良を演じる新垣亘平の芝居に釘付けである。
亘平の芝居を観ていると若者特有の迸る直情的な熱の中に演劇的知性と真摯さが溢れている事に気づく。
単純にぼくはイマ彼のファンになっているのだ。
ぼくは20歳でアラバールの『戦場のピクニック』で役者やったのが芝居の原点だと思っている。
砂利の劇場で1日6回公演した。まるで労働するように。あの時の感じを、ぼくは亘平に見ているのかもしれない。
労働者であり、反戦を叫ぶ17歳の青年テロリストが、イマの亘平の「等身大のカラダ」に棲みついている。

三上陽永が選んだ若手俳優たちは実にイイ、役者の原石である。
夏美役の伊藤麗、3人のずべ公、内田敦美、木村友美、竹本優希が飛び跳る。
ぽこぽこクラブの渡辺芳博、杉浦一輝、そして渡邊りょう、申大樹、本間隆斗の男優陣も、
本番前になって一気に「水を得た魚」のように自由自在に舞台を跳梁跋扈している。
そんな若手をきっちり支えているのが神原弘之、甲津拓平、藤原啓児の心優しきベテラン3人、実に巧い。
「最強の布陣」となった。あとは、初日を万全の体制、身体的にも万全な態勢で行くだけである。

様々なる苦境を乗り越え「粘り強く」この座組(カンパニー)の潤滑油であり、
劇の方向を担ってここまで持ってきた演出家:三上陽永には、心から「感謝」しかない。
このハードな劇現場体験が三上陽永という優秀な「演出家」を育成した。
寺山修司×三上陽永、やっぱり、抜群の相性である。

だれも見たことのない三上陽永の不条理「人情劇」になっている。
それにしても、長期に亘る討論・試行錯誤の《旅》であった。
愈々、明日はゲネプロ。衝撃のニンゲンドラマ『血は立ったまま眠っている2023版』が
明後日、2月1日(水)そのヴェールを脱ぐ。見逃すなかれ、諸君。

〜三上陽永が挑む「令和のアングラ」はカオスの歌入り群像劇〜
★新進演劇人育成公演ー日本劇団協議会主催ー
『血は立ったまま眠っている』
作・寺山修司 
演出・三上陽永 音楽・オレノグラフィティ
振付・スズキ拓朗 プロデューサー:流山児祥

【最新前売状況☆前半9ステージ】 
2月1(水)19時✖前売完売
 2(木)19時✖
 3(金)14時△残席僅少、今すぐ予約を!
 4(土)14時△
  19時✖
 5日)14時△
 6(月)19時△
 7(火)19時◎大いに余裕アリ
 8(水)14時〇余裕アリ

★2023年2月1日(水)〜12日(日)@Space早稲田公演 
全15ステージ上演 開場は開演の20分前
■当日券は開演45分前より劇場受付にて発売します。

【初日まであと3日、衝撃の群像劇完成迫る】
初の通し。上演時間1時間50分ジャスト
ノンストップで走りきる。
ほぼ出来上がっている。
盛り沢山なんてもんじゃない。
面白い!あっちこっちに「物語」が散らばっている。
あとは微調整。
そして、稽古は続くよ何処までも・・・だね陽永くん。
寺山修司×三上陽永、うーん、良い相性である。
キチンと、三上らしい不条理人情ドラマに」なってる。

〜三上陽永が挑む「令和21世紀のアングラ・NEOアングラ」は、
全編カオスの歌入り群像劇である〜これは必見です。

★新進演劇人育成公演ー日本劇団協議会主催ー
『血は立ったまま眠っている』
作・寺山修司 
演出・三上陽永 音楽・オレノグラフィティ
振付・スズキ拓朗 プロデューサー:流山児祥
【最新前売状況☆前半9ステージ】 
2月1(水)19時✖前売完売
 2(木)19時✖
 3(金)14時△残席僅少
 4(土)14時△
  19時✖
 5日)14時△
 6(月)19時〇余裕アリ
 7(火)19時◎大いに余裕アリ
 8(水)14時〇
★2023年2月1日(水)〜12日(日)@Space早稲田公演 
全15ステージ上演 開場は開演の20分前
【読売夕刊に三上陽永インタビュー記事掲載】

昨夜の読売新聞夕刊の文化欄に「寺山戯曲に新たな世代が挑む」と、
寺山修司の母校・青森高校の後輩・演出家:三上の意気込みが大きく掲載されました。
東奥日報、読売新聞に続いて公演前には朝日新聞の寺山修司特集にも掲載される予定です。
メディア注目の寺山修司没後40年企画のトップを飾る『血は立ったまま眠っている』
2月1(水)19時初日まであと1週間!ご期待ください!
さあ、追い込み稽古突入です。

★日本劇団協議会主催・新進演劇人育成公演
作:寺山修司 演出:三上陽永 プロデューサー:流山児祥
『血は立ったまま眠っている』

【最新前売状況☆前半7ステージ】 
2月1(水)19時△残席僅少
 2(木)19時△
 3(金)14時〇余裕アリ
 4(土)14時△
  19時✖完売
 5(日)14時〇
 6(月)19時◎大いに余裕アリ 

★2023年2月1日〜12日@Space早稲田公演(早稲田駅1番出口右へ30秒、中華北京の地下)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大ヒット作『OKINAWA1972』が7年ぶりに、装いも新たに下北沢ザ・スズナリに帰ってくる!
新作書下ろし『キムンウタリOKINAWA1945』と2部作一挙上演!
流山児×詩森ろばが「沖縄」を描く超問題作2作。見逃すな!!

■前売予約開始は2月4日(土)AM10:00〜
2作通し券 8,000円(全席指定)

流山児★事務所×詩森ろば
『OKINAWA1945⇔1972』2部作上演
〜それは過去ではなく、現在も続く搾取の歴史〜
『キムンウタリOKINAWA1945』(新作書下ろし)
『OKINAWA1972」(新キャスト・改訂版)
作・演出 詩森ろば
音楽・演奏 鈴木光介
芸術監督 流山児祥
2023年4月6日(木)〜23日(日)
@下北沢 ザ・スズナリ

流山児★事務所は、詩森ろばとタッグを組んで、
沖縄返還時の政治的密約と沖縄ヤクザの抗争の歴史を結び付け『OKINAWA1972』(2016年)
そしてアイヌ民族の迫害の歴史を描いた『コタン虐殺』(2020年読売演劇大賞優秀演出家賞)
というふたつのヒット作品を作ってきた。

その途上で、沖縄にある南北之塔とアイヌ民族がウチナンチュと共に多数戦死したという事実を知った。
それは過去ではなく面々と現在も続く搾取の歴史の象徴である。
沖縄―アイヌと一見無軌道にみえる詩森ろばとの5年に渡る共同作業であったが、
今回の新作『キムンウタリ』のためと言っても過言ではない題材と出会った。
*******
『キムンウタリOKINAWA1945』〜新作書下ろし〜
沖縄戦激戦地であった糸満市の丘の上に「南北之塔」は立っている。
それは、沖縄戦で亡くなった沖縄の民と戦死したアイヌ兵士たちの慰霊碑であり
、側面には、「キムンウタリ(山の民)」とアイヌ語で刻まれている。
共に迫害されたふたつの民族が「日本の盾」となって戦った、
その皮肉と、しかし在った魂の交流を、知念正真の傑作戯曲「人類館」をリスペクトした構造で描く。

『OKINAWA1972』〜新キャスト・改訂版〜
1972年日本への沖縄返還が行われることとなり、沖縄は大きく揺れていた。
政治、市民の生活、そして裏社会、すべてが交錯し、火花を散らす。
核や軍用地を巡る密約はほんとうにあったのか。
現代日本の問題の縮図が噴出する1972年の沖縄を舞台に、
政治とはなにか、外交とはなにか、生きるとはなにかを問いかける。

寺山修司:作 三上陽永:演出
『血は立ったまま眠っている』
2月1日初日に向けて快調に進んでいます。
粗く「通し」ました。三上陽永:演出は粘り強く、
役者・スタッフと一緒に前に向かってます。
あと10日!今まで誰も観たことのない
『血は立ったまま眠っている』が誕生します。
ぜひ、その目でお確かめください。
素敵な小劇場:space早稲田でお待ちしています。

※2月4(土)19時の回:完売近し!ほかのステージは「余裕あり」
ですが、ちっちゃなspaceなので、お早めにご予約ください!

★2023年2月1日〜12日@Space早稲田公演