公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【スズキ拓朗の振付始まりましたよ!】

大ヒット作『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』のメンバーが再び集結!1年ぶりに拓朗の振り付けも始まりました。井村タカオとは初顔合わせです。果たして、この異才の出会いが何を生み出すか?乞う、ご期待!!

唐十郎の名作を「現在の視点」で読み直し、再構築する試みの第二弾

⇒劇的想像力の愛の翼で根源的な「存在の欲求」の唐世界へ。70年代演劇の豊穣の海へ往け!

作:唐十郎
演出:小林七緒
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥
『少女都市からの呼び声』
12月6(金)〜18(水)@space早稲田

前売・予約は
[予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/syozyotoshi

※まだ全ステージ「大いに余裕アリ」ですが前作『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』同様、全ステージ前売完売が予想されます。

予約はお早目に!


画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

2019-11-09 11:37 この記事だけ表示

5(火)2年前に取り残していた大腸ポリープ3ケを削除。2週間の断酒である。夜、大久保地域センターでライター伊藤裕作さんのトークショーで約三十年前に演出した『恐山の女』のビデオを観た。

『恐山の女』(企画原案:伊藤裕作、演出:流山児祥)は1992年2月@鶴見新世界というストリップ劇場で上演されたSMストリップショー。観客参加の一人芝居。いまの時代にピッタリのストリップによるまさに「表現の不自由展」である。近親相姦、父殺し、従軍慰安婦、北一輝から寺山修司まで言葉の洪水である。連日超満員でこのショーに5千人余りの観客が詰めかけたのだから「表現の自由」はあの時代には確実にあったのである。

全く「記憶」に残ってなかったが、観ているうちに急激に思いだした。それにしてもメチャクチャ面白い作品である。スタイリッシュでいい演出である。恐山の女の怨念がアナーキーに躍動するエロティックファンタジー、それにしても当時SMの女王だった瑠花さんが素晴らしい。あの時、わたしには彼女の良さが全くわかってなくて、酷いダメ出しをしていたことを、本当にお詫びしたい。それにしても、瑠花は「存在」そのものがテロルのディーバと呼ぶべき女優である。

瑠花と私の声と手錠をかけられて仏壇に入る観客3人の密室空間が血の亜細亜を経巡るニッポンの戦前・戦後・現在を一気に突っ走る30分。

ホントーに俺って、ずーっと、アホで怖いもの知らずだったんだな・・と、妙に感心して、この感覚を忘れちゃだめだなと、改めて背筋を伸ばしてみた。


画像に含まれている可能性があるもの:1人

2019-11-07 09:51 この記事だけ表示

巨大台風の影響で前回のシーンスタディは中止だったので久しぶりのワークショップ。@日和田公民館ホール
1階の会議室では「真備町に学ぶ浸水被害の住宅復旧相談会」が開催されている。郡山も大きな被害を受けているのである。11月2(土)は72歳の誕生日参加者の皆さんに祝ってもらい、夜はユニットラビットのメンバーにお祝いしてもらった。3・11から8年ずーっとフクシマの演劇人と芝居を創っている。これも、何かの縁である。

2021年2月の『音楽劇☆鼬2021』(原作:真船豊)上演に向けて福島の演劇人との3年間に渉るコラボレーション・プロジェクト着実に進行中です。70代の出演者も参加してもらいほぼ、メインのキャスティングも見えてきました。この間の、原作を使っての「シーンスタディ」で、役の読み込みもばっちりです。

それにしても、福島、郡山、須賀川、白河の演劇人に加えて米沢、仙台の東北3県から、ここまで来て東北演劇の輪がどんどん広がっています。10代から70代まで異世代の演劇人が交流するステキな芝居を愉しく創っていきますよ。

11月30(土)・12月1(日)は台本を離して具体的に立ち稽古の「ワークインプログレス」として、シーンスタディ&キャスティング決定です。佐藤茂紀の上演台本完成。音楽、振付も参加して12月14(土)・15(日)から本格的に長期稽古開始です。

流山児★事務所から流山児祥、伊藤弘子、畝部七歩、諏訪創、イワヲが参加、今後若手メンバーも。振付は北村真実、照明は横原さんです。

本番まで1年3か月、『鼬いたち』の旅は続きます。
ぜひ、ふらりと稽古場に覗きに来てください。
見学者、大歓迎です!!

3・11の3か月後の7月フクシマでみんなに出会って、8年間ずーっと作品を作り続けて『鼬いたち』が4本目の作品。めちゃカッコいいモノ創りましょう。


画像に含まれている可能性があるもの:12人、、大久保 裕さん、牧田 純一さん、佐々木 雅彦さん、Show  Ryuzanjiさん、太田龍馬 Ryuma Otaさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)

2019-11-04 11:05 この記事だけ表示

前回のワークショップは台風19号の影響で中止でしたが、
『音楽劇☆鼬2021』11月2(土)・3(日)@郡山市日和田公民館ホールで開催します。大人のためのワークショップ公演『岸田國士・抄』に参加してくれた山形のMさんも参加してくれるとの事、ありがとう!福島で会おうぜ!

★出演者募集中です!求む!50歳以上の女性★

【演劇経験者】見学も大歓迎です!

住所・氏名・年齢・電話番号・ある方はメールアドレスを添えて申し込みの上、

11月2日(土)〜3日(日)ワークショップにご参加ください。

福島県郡山市湖南町出身の劇作家、真船豊。
その代表作「鼬」を、東京の演劇人と福島の演劇人が一緒につくります。一緒に楽しみませんか?

・主催 文化庁・公益社団法人日本劇団協議会

・日時と場所

 2019年11月2日(土)〜3日(日)10〜17時

@郡山市日和田公民館ホール

・参加費無料

・必要な物◎飲み物・昼食 筆記用具 動きやすい服装

・講師/演出:流山児 祥(流山児★事務所)

・助演出:大信ペリカン(シア・トリエ)

・台本ファシリテーター:佐藤 茂紀(ユニット・ラビッツ)

・指導:伊藤弘子(流山児★事務所)

◎お問い合わせ・参加申し込み

劇団ユニット・ラビッツ

unit.rabbits@gmail.com

tel:090-3648-0481

*気になったことなど、お気軽にお問い合わせください。

2019-10-30 11:07 この記事だけ表示

「日本劇団協議会では2019年10月14日付で「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定について、
以下の要望書を提出いたしました。2019年10月14日
文部科学大臣 萩生田光一 殿
文化庁長官  宮田亮平  殿
                                     公益社団法人日本劇団協議会                                                 会長 西川信廣

★「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定の撤回を要望します★

2019年9月26日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一部である企画展「表現の不自由展・その後」がその再開に向けた動きのある中、文化庁が同芸術祭全体に交付する予定だった補助金7,800万円の不交付の方針を発表しました。

そもそも文化行政において、有識者による専門委員会の審査を経て採択された事業が、全額不交付になること自体前例のないことであり、しかも対象となる芸術祭が開会中にその決定が行われたことも極めて異例であり、あり 得ないことと受けとめます。この不交付決定は、実務上の手続きで不当な行為があったことが理由とされていますが、そこで記されているのは「展示会場の安全や事業の円滑な運営を脅かすような重大な事実を認識していたにもかかわらず、それらの事実を申告することなく採択の決定通知を受領した上、補助金交付申請書を提出し、その後もそれらの事実を文化庁に申告しなかった。」ことです。そのため「事業の実現可能性や事業の継続が見込まれるか」の二点において、「文化庁として適正な審査をおこなうことが出来ませんでした。」とし、これらの行為が「申請手続において不適切な行為」であったとしているのです。

しかしこの文化庁の不交付決定に至る審議経過についての議事録はなく、また審査にあたった専門委員にも諮られなかったことが明らかになっています。専門委員会による審査、採択決定を覆すだけの合理的な理由がそこには見出せないのです。

さらに、ここで言われている重大な事実とは、あいちトリエンナーレの中の企画展「表現の不自由展・その後」に対して、事務局へ多くの抗議、さらには脅迫まがいの電話が殺到したことを指していることは明らかです。つまり、この決定が芸術的表現に加えられた恫喝や脅迫行為を是認するものになることも指摘せざるを得ません。

芸術文化における「表現の自由」を守ることは、わが国における共生社会実現、社会における多様性を保障する上で、決定的に重要なことであると私たちは考えています。文化芸術基本法でもその基本的理念とされ、さらに施策推進の上でも「表現の自由」「文化芸術活動を行なうものの自主性を尊重すること」が不可欠のものとされているのです。
  
上記の理由により、今回の決定が速やかに撤回されることを要望します。

2019-10-25 10:21 この記事だけ表示