公演情報

日本劇団協議会主催
佐藤信「喜劇昭和の世界」三部作
『ブランキ殺し 上海の春』
ご予約は▼
https://www.quartet-online.net/ticket/blanqui

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)
ザ・スズナリ

作:佐藤信
演出:西沢栄治
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥

出演
山ア薫 山下直哉 山丸りな 五島三四郎 廣田裕美
さとうこうじ 宮崎恵治 眞藤ヒロシ 佐野陽一
鈴木幸二 木下智恵 有田杏子 江口翔平
龍昇 甲津拓平 森諒介 竹本優希 流山児祥

blanqui4_a.gif
お店等に貼っていただける方、ご連絡ください!!
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【続きです】


工事現場の朝のラジオ体操の音で目覚める。
三四郎の家の横に大きなドラッグストアが建つそうな。


三四郎とお母さんは朝早くおばあちゃんちと親戚の家に挨拶にいって帰ってきて、朝ご飯。上手い五島の魚とゴーヤ、オクラ、色とりどりのおかず。アオサの味噌汁。上手かった。ご馳走様でした。


昨日、酩酊で家へ帰った鬼一朗さんをひろって、マーちゃんの家へ。
五島ワインと焼酎を買って三四郎たちのたまり場である呑み屋さん「ポップ」へ。

ポップは商店街にある。商店街のいくつかの店にはすでに「西遊記」のポスターが貼られている。


ポップのマスターも三四郎の親代わり。昨夜、来る予定であったが呑みすぎて12時過ぎに寄ったが、店はもう閉まっていた。ここが、五島の若者たちのたまり場ということでポスターの残りとチラシ1000枚を置いてもらう。ポップが前線基地になりそうである。

珈琲がこれまた美味い。鬼一朗さんは五島一のモールにポスターを張りに行ってくれた。


で、五島城を散策。保育園では運動会の予行演習の真っ最中であった。


お昼近くに神社で五島家第35代当主:五島憲昭氏と会う。


8月末、東京の長崎館でアポなしで出会って、ゲスト出演と協力をお願いしたら快く引き受けてくれたご城主様である。1時間余りお話して、今度は急遽、城の中にある名門高校:五島高校へ行くことになった。



五島高校の校長:原田尚之先生、これまた気さくな先生である。昔は五島高校にも演劇部があったらしい。「これを期に演劇部が復活したらいいですね」と意気投合。鬼一朗さんは五島高校出身という事で話がはずむ。この高校300席余りの照明設備もある小劇場がきちんとある。見せてもらったが本当にすごい!ここでも『西遊記』が出来るホールである。ぜひ、芝居をここに持ってきたいものである。


西暦1900年創立の長い歴史を持つ高校。生徒たちも元気である。それでも少子化が進んで最盛期の3分の1の生徒数らしい。みんな試験中だけど、必ず、観に来てね。


ということで、バタバタでフェリー乗り場へ。長崎の情宣とFMラジオの夜7時半の「生放送出演」のため。

フェリー乗り場の総合案内には、すでに「西遊記」のポスターが貼られていた。

2時間のフェリーの旅。これもまた実にゆったりとして良かった。


長崎港近くの九州商船へポスターチラシを。いろいろお世話になる予定。

で、次は開催中の長崎芸術祭の事務局のあるギャラリーへ。

この家が凄い旧家。原爆にも水害にも耐えた家である。巨大な鯰が水槽にいた。

芸術祭に参加した清水宏が泊まっていたとのこと。

で、眼鏡橋の近くを歩いていて、これまた長崎に長く滞在していたころを思い出した。

1992年伊丹十三監督作品『ミンボーの女』の撮影地、あの時は出来たばかりのハウステンボスでロケしていたっけ。


で、長崎市民FMラジオ「収録が出来る」とのことで、長崎に泊まる予定だったが、夜の最終便で帰京することとなった。


長崎市民FM「龍崎鬼一朗のラブレターズラジオ」収録30分。
夕方5時半。疾風怒涛の五島・長崎プロモーションが終わった。因みに長崎港から乗ったタクシーの運転手さんがポスター5枚とチラシの配布をやってやる!と貰ってくれた。


FMの収録も急にスタッフの人が協力してくれた。思いもよらない多くのヒトに助けられた2日間であった。


バスターミナル近くの寿司屋でうまい魚としゃこ、

鯨を肴に焼酎「壱岐」のボトルを1時間で空けて、鬼一朗さんと別れて空港へ。


最終便で帰京した。
いやはや、楽しきかなの五島・長崎弾丸ツアー!であった。

2017-09-16 15:59 この記事だけ表示

疾風怒濤、でもって素敵な温かい多くの人々との「出逢い」の五島・長崎『西遊記』情宣の旅であった。


『西遊記』を何としても、成功させるため「自腹渡航」で急遽五島へ行くことにした。ケチなこと言ってもしょうがない「旅する劇場」という夢プランで「何か」が生まれることを信じて・・・である。因みに、台湾でも「同じ」だけどね。


早朝、羽田から長崎へ。長崎からプロペラ機に乗り換えて五島・福江空港へ。


あれ?この光景は?と、一気に31年前の記憶が蘇ってきた。1986年、鶴橋康夫監督作品のテレビドラマ『遠眼鏡の女』奥田瑛二・原田美枝子主演、榎木孝明・丹波哲郎といった俳優さんたちと一緒に共演して1週間以上、ロケで滞在した町である。


空港に五島市の教育委員会の山口くんと五島市ふるさと大使のシンガーソングライター:龍崎鬼一朗さんが迎えに来てくれていた。三四郎の先輩:鬼一朗さんが今回のツアーの最強のサポーターである。


まず、市庁舎で野口市太郎市長を表敬訪問。教育委員会の皆さんほかのみなさんとしっかり話す。五島で「芝居する」意義、本物の舞台芸術に触れる意義、市長さんから「最大限の協力をしたい、地元の少年少女合唱団も出演できないか。」という嬉しい提案のおコトバも。役所では、三四郎の同級生も何人か働いていて・・・早速、ポスターを渡す。地元の「長崎新聞」も取材。


で、次は五島市観光協会へ。これまたみなさんいい人ばかり、横は福江港、フェリーの発着場。「五島を世界遺産の島に!」の横断幕がいたるところに。ポスター、チラシも大量に受け取ってくれた。


畝部は山口さんと福江文化会館の下見と打ち合わせ。山口さんの力にこの公演の成功がかかっている。よろしくお願いしますよ!

私と三四郎と鬼一朗さんは町へ。五島ケーブルテレビ。スポットCMをやってくれるとのこと。


で、卓球道場へ。三四郎は中学時代卓球をやっていたのである。それも全国中学卓球大会で「準優勝」したチームに所属していたのだ!
後輩たちが練習しているところにお邪魔した。コーチが三四郎を見て大喜び。いや、人気者だったんだなと納得。卓球少年のぽっちゃりとしたかわいい顔の三四郎の写真を見て「ほんと、トモ君はおかあちゃんそっくりだな」と妙に納得。

持ってきた100本のポスター、2000枚のチラシも半分余りが夜までにはけた。


1時間あまり街を廻るので[コンカナ王国」にある鬼岳温泉に行くことに。実にいい温泉である。途中、天文台へ。満天の星、ミルキーウエイ、いや、こんなに美しい星々は見たことがない!ほんとに、素晴らしい。



で、夜は三四郎が子供のころからお世話になっている総合酒類販売の「高島商店」の山中雅弘さんのお宅にお呼ばれ。これが凄い!三四郎はガキの頃からしょっちゅう溜まってたらしいが・・・・酒宴のスケールが凄い。「やった!とった!」という返杯の繰り返し。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の海賊同様の呑み比べ。


酒屋だからじゃないけど、お客さんもどんどん増えて、日本酒8本があっという間に空いてゆく。 天文台のヒデサンは鬼一朗さんの友達。鬼一朗さんの声が歌声がこれまたいい。三四郎は、この島で本当に多くのヒトに愛されていることを実感。


結局、三四郎のお母さんに車で迎えに来てもらい三四郎の家へ。全員べろべろ。キューダウンであった。

鬼一朗さんは自宅前でダウン、何時間か眠っていたそうである。


こんな素敵な五島初日であった。(続く)

2017-09-14 14:52 この記事だけ表示

『ブランキ殺し上海の春』@スズナリ公演を終えると今年冬のビッグエベント。

流山児★事務所「旅する劇場」2017年の冬は日本の「縁」を往くジャパン・ツアーです。


1年7か月ぶりに天野天街(少年王者舘):作・演出の最高傑作アジアの『西遊記』が11月対馬列島で復活し、五島列島まで「旅」します。


2016年3月、1か月にわたってインドネシア全土・タイ・バンコックを熱狂の渦に巻き起こんだ作品です。


映像・音響・照明を様々に駆使し、観客のイメージを喚起させ、「死」の視点から「現在の生」を攪乱する「ポストドラマ演劇の鬼才」と評されるアマノの幻想劇世界は、言葉遊びを多用し、シュールな幾何学的ダンスまで加えるという、世界で唯一無比の極上エンターテインメントです。そして、その根本には「役者」という「生きモノ」が、屹立しています。


対馬列島&五島列島を旅します。


9月8日(金)前売り予約開始しました。


入場料は市民割引:1000円、子供:500円
お早めにご予約下さい。→http://www.ryuzanji.com


【対馬公演】
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/tsushima?m=0abjgca

【五島公演」
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/goto?m=0abjgca


※明日から3日間五島出身の五島三四郎、畝部と3人で『西遊記』福江島&長崎情宣です。


流山児★事務所「初」の離島ツアーいろんな人と会ってきます。

大量のポスター、チラシ持ってモロ旅芸人一座の先乗りの感じです。

なんかわくわくするな。街であったら声かけてくださいね。よろしく!!


http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2017/2017_08.html

2017-09-11 17:34 この記事だけ表示

昨日楽塾全員で『十二夜』全幕を読む、2時間15分。面白かった。原作の面白さを再確認。


ということで、今日は1日かけて『楽塾歌劇☆十二夜』2018年版台本構成であった。


もちろん、楽塾版の歌舞伎っていうか、時代劇ミュージカルである。

初演以来、5回の上演を経て10年間で進化・深化したキャラクターが原点に戻ってシェイクスピアを超えるイキモノのモノガタリに仕上げる。


新メンバーも今週中には決まるので1時間40分ぐらいの作品にしようと思っている。


もちろん、海外仕様のより派手で分り易いモノにする。

あ、久太郎、春之助なんて新キャラも登場したぞ?


時代劇なんだけど平均年齢60歳のオジサンおばさんの「官能的」な大衆演劇を目指したいものである。


アジアにシニア演劇運動を巻き起こす!それが、楽塾の使命である。


2年前、台北の国立劇場で始まったワークショップのその後も気になる。


『寺山修司の女の平和』から2年ぶりの台湾、初の芸濃町公演に向けて8か月に及ぶ稽古が始まった。


今年の楽塾はそれにしても元気である。

はい、わたしも、頑張ります。

2017-09-04 17:53 この記事だけ表示

さっき、日本演出者協会からメールがあったので「嘘だろう」!と、思ったが・・・・「青井さんが死んだ」・・・現実である。

愕然としている!


思い起こせば、この20年近く、青井さんとはいろんなことをやってきた。


初めて流山児★事務所がカナダへツアーした時、『狂人教育』の英語台本を作ってくれた。カナダでは一部英語で歌ったのでSpace早稲田でうちの馬鹿な役者たちに英語の指導をしてくれた。イワヲや拓平、銀太、沖田乱といったバケモノタチをいつも笑って指導してくれた。『青ひげ公の城』の池袋芸術劇場公演の時は演出協力で参加してくれた。


演出者協会では若手演出家の面倒を本当に細かくみてくれた。御笠ノ忠次、佐野バビ市、村井雄、スズキ拓朗、とりわけ、札幌の若手演出家たちをずーっと育ててくれた。国際交流演劇セミナー、近代戯曲研修セミナーの中軸で様々なことやってくれた。青井さんの「熱い想い」は、ちゃんと若手に引き継がれていますよ、安心してください。


青井さんは、同世代の最も信頼のおける知的な演出家だった、でもって、メチャクチャ芝居が好きなやつだった。」

それにしても、早すぎるよ。青井さん。


皆、病に勝つて帰ってくると信じて待ってたのに。次は「演劇の教科書を創ろう」と言ってたじゃない。

佐々木君が青井さんが帰ってくるから!ちゃんとやろうよ、と毎日喋ってたのに・・・・・。


悔しいな、淋しいなあ、青井さん。

ほんとうにお疲れ様でした。ゆっくり休んで下さい。

寺山さんにあったらよろしくね。

2017-09-03 21:51 この記事だけ表示

昨日は台湾OUR シアター《熱天酣眠》@台北戲曲センター公演の千穐楽であった。


別役実のリーディング公演を終えてイーラン、パンパン、陽子ちゃんも合流したらしい。
facebookの写真を見ると、どいつもこいつも、みんな、元気そう!会いたかったなあ。

来年夏、ヤツラと一緒に「新作」を創るのが楽しみである。


さて、今日は9月2日。夏も終わりである。涼しさを通り過ごして肌寒い秋の訪れである。淋しそうにセミも鳴いている。冬の対馬・五島公演『西遊記』1週間のプレ稽古も終わった。それにしても『西遊記」はハードな芝居である。なんてたって、本読みで2時間かかるのを「歌って踊って殺陣をして」一気に1時間半!で、全力疾走する作品なんだから。その運動量たるや半端ない!!



でもって、私は、ひょんなことから、来年、知床半島の街:根室・中標津で市民参加の長期ワークショップ&発表公演をやってくれませんか?というオファーが舞い込んできた。なんか、面白そうだから引き受けようと思っている。が、いつスケジュールを空けるかである。が、何とかなるだろう、というわけで、下見のため、急遽、来週・中標津へ行くこととあいなった。想い起こせば、10年前、札幌、伊達、釧路と3週間ワークショップをやっていた。はたして、如何なることにあいなるか?どんどん、列島の「縁」に行くのもいい。どうせ、野たれ死にへの幻視行である。無名の河原乞食の三文役者兼演出家、呼ばれればどこへでも行きますよ。ぜひ、気軽に声をかけてください。ただし、劇団で「役者」をやってるときは「無理」ですよ。



で、再来週は『西遊記』情宣の為、三四郎と畝部と3人で五島列島である。
そうこうしているうちに、10月公演『ブランキ殺し上海の春』の稽古が始まる。

かくして、秋である。


。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ブランキ殺し上海の春」
作:佐藤信 演出:西沢栄治 プロデューサー:流山児祥
音楽:諏訪創 振付:スズキ拓朗


出演:山崎薫 山下直哉 山丸りな 五島三四郎 廣田裕美 さとうこうじ 宮崎恵治 眞藤ヒロシ 佐野陽一 鈴木幸二 木下智恵 有田杏子 江口翔平 龍昇 甲津拓平 森諒介 竹本優希 流山児祥
2017年10月28日(土)〜11月5日(日)
下北沢ザ・スズナリ
全席指定 一般4000円 学生、U253000円
高校生以下1000円


予約はhttp://www.ryuzanji.com

2017-09-02 12:36 この記事だけ表示