公演情報

2018
124()24()
@下北沢 ザ・スズナリ

『オケハザマ』

【作】しりあがり寿 

【演出】流山児祥
脚本協力:竹内佑(デス電所) 
演出協力:林周一(風煉ダンス)


音楽:坂本弘道 
振付:北村真実(
mami dance space
 

【出演】
塩野谷正幸、伊藤弘子、上田和弘、谷宗和、甲津拓平
小林七緒、里美和彦、柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美
武田智弘、山下直哉、荒木理恵、山丸りな、五島三四郎
佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

【豪華、客演陣!!】

山像かおり

井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)
成田浬

勝俣美秋(劇団わらく)

水谷悟(WGK)
眞藤ヒロシ

林周一

堀井政宏

外波山流太

(風煉ダンス)

【チケット】絶賛前売中!
全席指定 一般 4,000
学生、U2525歳以下) 3,200
高校生以下 1,000円  

*はじめて割 3,0001ステージ先着10枚限定)

 

omote_.jpg

お店等に貼っていただける方、ご連絡ください!!
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 


*********** 
長崎県対馬市・五島市公演 
『西遊記』 
WEBTOPsaiyu.jpg
演出・脚本:天野天街(少年王者舘) 
音楽:鈴木慶一(ムーンライダーズ)
 公演詳細
http://www.ryuzanji.com

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ということで「西日本新聞」九州版:文化面に大きく掲載されています。


ということで、今夜はゲネプロ。


明日はお昼から小学生・保育園児を招待しての「公開ゲネプロ」です。


愈々、1年ぶりに『西遊記 〜JOURNEY to the WEST〜』対馬公演@対馬交流センターの幕が開きます。


4歳から12歳の少年少女たちに『西遊記 』はどう映るのだろうか?ワクワクする!


想えばわたしの劇的体験は5歳の時100ワット電球に浮かびあがる義姉の歌舞伎「勧進帳」の義経の晴れ姿であった。

あの奇妙な興奮は65年たっても未だに覚えている。


そんな作品に『西遊記』がなれたらいいなあと思っている。


開演1時間前から当日券発売します。

入場料:1000円、中高生:500円ですよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。
☆対馬・五島ツアー中☆
ステップアップ・プロジェクト


旅する劇場『西遊記』〜Journey to the West〜

作・演出/天野天街(少年王者舘)
音楽/鈴木慶一(ムーンライダース)


   これからオシマイ宇宙の始め
   今から始まるモノカタリ


長崎では対馬と五島の2公演


長崎県対馬交流センター
2017年11月24日(金)〜11月26日(日)

五島市福江文化会館大ホール
2017年12月1日(金)〜12月3日(日)


≪チケット≫
全席自由・・・・・・
一般/3.000円、市民割引/1,000円、小・中学生以下/500円


予約は→今すぐ

http://www.ryuzanji.com/

2017-11-23 18:52 この記事だけ表示

ついに『オケハザマ』(1月24(水)〜2月4(日))第3稿、脱稿。


メチャクチャ面白い。しりあがりさんの歴史劇の真髄がここにある。

何処にもない「劇」になる。わくわくするぜ。只、一筋縄ではいかないシロモノである。


ツアー中、じっくり読んで作戦を練る。新春スズナリが総天然色の「戦場」になる!


ということで、20(月)朝、羽田空港全員集合。2種間の旅である。


『西遊記 〜JOURNEY to the WEST〜』一行、無事、対馬に到着しました。


途中、飛行機の遅延、福岡空港再着陸などアクシデントもありつつ、2時間遅れで対馬やまねこ空港。


で、劇場視察、対馬交流センター。この真新しい大劇場の舞台に小劇場を作って公演するのである。


近くの温泉に入って英気を養う。夜空には星空。


玄界灘の向こうは釜山!

夕食は名物のシイタケ. 実に美味なり。


さて、今日は朝から仕込み! ホテルは、ほぼ韓国の人でいっぱい。

.................................................................................

旅する劇場「西遊記」
新たな旅立ちです!!

ステップアップ・プロジェクト
旅する劇場『西遊記』〜Journey to the West〜


作・演出/天野天街(少年王者舘)
音楽/鈴木慶一(ムーンライダース)

   これからオシマイ宇宙の始め
   今から始まるモノカタリ


ボロブドゥールやバリ、バンコックなどを駆け巡った旅する劇場『西遊記』が2017年は長崎の対馬、五島へ旅します!
お近くにお住いのお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひご案内くださいませ。

涯なく広がる冒険宇宙を、劇場で体感してください!
座員一同、心よりおまちしています!!!


・長崎県対馬交流センター
2017年11月24日(金)〜11月26日(日)
・五島市福江文化会館大ホール
2017年12月1日(金)〜12月3日(日)

≪チケット≫
全席自由
一般/3.000円、市民割引/1,000円、小・中学生以下/500円

※今すぐ、ご予約ください!!

http://www.ryuzanji.com/


....................................................................

これは、私的メモである。

ノーベル賞受賞者が異口同音に警鐘を鳴らしている。基礎研究を重視しないと、やがて日本からノーベル賞級の科学者は出なくなるだろうと。基礎研究はそれ自体で何かの役に立つわけではないので、すぐに実用化の見える応用研究を偏重する。しかし、基礎研究を無視しては応用研究さえもいずれ行き詰まる。

 科学の世界で起きていることが、アートの世界でも起きている。個人の思いに深く沈潜して密やかに静かに表現される実験的なアートに支援の目が向けられることは稀である。 これに対して役立つアートに耳目を集中しようとする動きがある。アートは、観光、まちづくり、福祉、そして産業経済にまでも役立つべきだというのである。これらの応用研究としてのアートは確かに役立つ。しかし、基礎研究のないところには応用研究が開花しない科学の場合と同様に、役立たないアートが盛んにおこなわれないと、役立つアートも生まれない。両者のバランスが重要なのだ。

 科学もアートも仮説と実験が不可欠である。アートは、社会や人生に対する漠然とした不安や違和感を文字通り手探りで具体的に表現しようとしたもので、言わば表現による社会実験である。仮説を立てて社会実験を行うアートは、社会の基礎研究である。科学の実験と同様に理解しにくいのは当然のこと。だから、アートと社会をつなぐ仕事が必要になる。 そこで、アートプロデューサーの登場である。基礎研究としてのアートが行っている社会実験の意味を解きほぐし、社会にとってどういう意味や価値があるのかを明らかにして、応用研究としてのアートのつなげる役割を担うのがアートプロデューサーである。

 近年、市民参加のアート活動やアートプロジェクトが着目され盛んになってきている。それは、こうした活動こそが応用研究としてのアートだからである。市民が幅広く参加できるアートプロジェクトが成立するためには、先駆的で実験的なアートが多数地道に存在していることが不可欠である。こうした基礎研究としてのアートと、市民参加のプロジェクト型アートとの関係を明らかにして、社会とアートの縁結びをするアートプロデューサーの飛躍。













2017-11-21 11:23 この記事だけ表示
久しぶりに「役者」として楽しい2017年である。

『SCRAP』『ブランキ殺し上海の春』『西遊記』と2017年下半期いい演出家・共演者・スタッフに恵まれて「役者道」の何か?が少し見えてきたようです。

『西遊記』対馬列島・五島列島2週間の旅公演、真摯に務めあげます、暴れます。

今夜も、スタジオライフの劇団員の皆さん、楽塾のメンバー、劇団員が15人余り詰めかけての@Space早稲田2回目の「公開通し稽古」である。

それにしても、4回の衣装替えはタイヘン!

昨夜は娘の麻央、孫娘のサヤカとカノに加えて米山、荒木、木暮、高野さん、スタッフといった10人以上のギャラリーが見守る1回目の公開通し稽古。

いつもはうるさい3歳のカノも、じっと1時間半見続けていた。凄い!これで「西遊記」の成功間違いなしである。

だって、対馬では初日の公開稽古に小学生と保育園児合計60人余りを無料招待して魅せることになってるのだから。これこそ「旅する劇場」の醍醐味である。

生れて始めて観る芝居が「西遊記」だったら、それこそ、彼らの人生が変わるかもしれない?んだから。

インドネシアでも中国でもわたしたちの演劇を観たことで確実に「変わった」子供がいると確信している。だって「西遊記」のジャカルタ公演では笑いすぎて横一列30人以上が全員「客席」から落っこちるという事が起こったんだから!
「笑い転げる」とはこのことである。

インドネシア・タイ同様、アジアを経巡る「西遊記」次の展開へむけて真摯に進むしかない。

70歳の役者道をまっしぐらに進みます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

なお、

流山児★事務所の2018新春公演は
人気漫画家・しりあがり寿による新作書き下ろしです!


題材に選んだのは、
「桶狭間の戦い」で織田信長に敗れてしまった今川義元。
史実を基に、どのように脚色していくのかお楽しみに!

今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。


しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。
避けても避けても運命の日は近づき、
そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。


『オケハザマ』

【作】しりあがり寿
【演出】流山児祥


【出演】
塩野谷正幸、伊藤弘子、上田和弘、谷宗和、甲津拓平
小林七緒、里美和彦、柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美
武田智弘、山下直哉、荒木理恵、山丸りな、五島三四郎
佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈
(以上、流山児★事務所)


山像かおり
井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
水谷悟(WGK)
眞藤ヒロシ
林周一、堀井政宏、外波山流太(風煉ダンス)


【スタッフ】
脚本協力:竹内佑(デス電所)
演出協力:林周一(風煉ダンス)
音楽:坂本弘道
振付:北村真実(mami dance space)
擬闘:栗原直樹(WGK)
美術:水谷雄司
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響:島猛(ステージオフィス)
衣裳:竹内陽子
映像:浜嶋将裕


【日程と会場】
2018年1月24日(水)〜2月4日(日)
下北沢 ザ・スズナリ ※全14ステージ。


◎開演時間
24(水)19:00
25(木)19:00
26(金)19:00
27(土)14:00
28(日)14:00
29(月)19:00
30(火)19:00☆アフタートークあり
31(水)14:00
2/1(木)14:00/19:00
2(金)19:00
3(土)14:00/19:00
4(日)14:00
☆アフタートークゲスト:しりあがり寿


【チケット】
全席指定
一般 4,000円
学生、U25(25歳以下) 3,200円
高校生以下 1,000円
*割引券(学生、U25、高校生以下)学生証や年齢を確認できるものをご提示いただきます。


【公演詳細】
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html


[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca


2017-11-17 14:46 この記事だけ表示

愈々『西遊記』今日から3日連続の通し稽古突入。

上演時間1時間30分。

ノンストップのアマノワールドの万華鏡。

3演目にして益々進化・深化した『西遊記2018年版』


稽古場には劇団員、劇友が続々と・・・今夜は、娘と孫娘たちもやってくる。

うん頑張ります。


対馬・五島の皆さん、もう少しお待ちください!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

なお、

流山児★事務所の2018新春公演は
人気漫画家・しりあがり寿による新作書き下ろし!


題材に選んだのは、
「桶狭間の戦い」で織田信長に敗れてしまった今川義元。
史実を基に、どのように脚色していくのかお楽しみに!

今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。


しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。
避けても避けても運命の日は近づき、
そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。


『オケハザマ』

【作】しりあがり寿
【演出】流山児祥


【出演】
塩野谷正幸、伊藤弘子、上田和弘、谷宗和、甲津拓平
小林七緒、里美和彦、柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美
武田智弘、山下直哉、荒木理恵、山丸りな、五島三四郎
佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈
(以上、流山児★事務所)


山像かおり
井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
水谷悟(WGK)
眞藤ヒロシ
林周一、堀井政宏、外波山流太(風煉ダンス)


【スタッフ】
脚本協力:竹内佑(デス電所)
演出協力:林周一(風煉ダンス)
音楽:坂本弘道
振付:北村真実(mami dance space)
擬闘:栗原直樹(WGK)
美術:水谷雄司
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響:島猛(ステージオフィス)
衣裳:竹内陽子
映像:浜嶋将裕


【日程と会場】
2018年1月24日(水)〜2月4日(日)
下北沢 ザ・スズナリ ※全14ステージ。


◎開演時間
24(水)19:00
25(木)19:00
26(金)19:00
27(土)14:00
28(日)14:00
29(月)19:00
30(火)19:00☆アフタートークあり
31(水)14:00
2/1(木)14:00/19:00
2(金)19:00
3(土)14:00/19:00
4(日)14:00
☆アフタートークゲスト:しりあがり寿


【チケット】
全席指定
一般 4,000円
学生、U25(25歳以下) 3,200円
高校生以下 1,000円
*割引券(学生、U25、高校生以下)学生証や年齢を確認できるものをご提示いただきます。


【公演詳細】
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html


[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca


2017-11-16 11:52 この記事だけ表示

天野天街(少年王者舘)うん、やはりこの男、ただものではない。

やはり天才なのである。


現場が瞬時にして「豹変」してゆく。どんどん、リズムがでて、ニンゲンが「いる」スゲエ現場になってゆくのだから。

ヒトの息遣いが「わかる」演出家はそんなに「いる」ものではない。

驚くべき、オモシロい演出家である。


この男と40年以上付き合っているが、どんどん、いい演出家になっている。
13歳年下の天才演出家と呼んでいい。とにかく、自分の「美学」をキッチリ確立している。それも唯一無二のアマノワールドといっていい。


アマノ演劇ワールドと流山児★事務所の役者たちのこれまたゴツゴツした「物語る肉体」とが、相まって凄い化学変化を起こしている。

これもまた、アマノとの20年近い関係が産み出したモノ。長い付き合いは思いもよらないモノを生み出すものである。


残念ながら今年は『西遊記』三演目、対馬列島・五島列島でしか観れません。


流山児★事務所の「旅する劇場」アジア・レパートリーの名作といっていい作品に深化中。

夕沈ダンスもリニューアル。いやあ、早稲田が凄いことになってますよ。


※どーしても「観たいヒト」がいたければ狭いけいこ場ですが観てください。


劇団までご連絡ください。http://www.ryuzanji.com


何とか出来そうだったら「なんとか」します。

2017-11-14 21:45 この記事だけ表示

いい感じで『西遊記』対馬・五島列島ツアーの追い込み稽古の真っ最中である。

アマノの最高傑作。アジア全土を爆笑の渦に巻き込んだ極上エンターテインメントが日本列島の縁を往く。


1年半ぶりの公演だが全員絶好調。全力疾走のノンストップ!

まさに流山児★事務所の「物語る身体」が躍動する、これぞアマノ歌舞伎といってもいい。


対馬市・五島市んみなさん、もう少しお待ちください。

予約はhttp://www.ryuzanji.comまで。


明後日から3連続で「通し」稽古です。ぐわんばります。


あ、今夜から1月公演『オケハザマ』の前売り開始ですよ!
こちらもよろしく!


『オケハザマ』前売り予約開始は11月15(水)午前0時からです!


[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あ、それから

メモしておこうっと。これはすべてに言えることです。


文化も演劇も・・・・・いま、日本人が「直面」している笑えない現実。
格付け主義がもたらす「病」が蔓延している。

内田樹


この30年で何が変わったのか。僕の解釈は「日本はこの30年でビンボくさくなった」というものです。

ビンボくささは統計的な貧困とは別ものです。マインドの問題ですから。

最もビンボくさい社会制度は「成果主義」と「格付け」です。


売り上げが毎月増えて、儲かって笑いが止まらないという企業が成果主義を導入するということはありません。

努力と成果の相関をうるさく言い立てるのはコストカットが急務になっているからです。

「選択と集中」というようなことを経営者が言い出したら、その企業はもう焼きが回っていると思っていい。


成果主義でまず切り捨てられるのは「何をしているのかわからない」セクションです。

豊かな時は許された「隙間」がビンボくさくなると切り捨てられる。

でも「隙間」からしかイノベーションは生まれないので、努力と成果の相関がきれいに可視化された組織は創成力を失って自滅するのです。


「格付け」は限られた資源を優位者に多めに、劣位者に少なく傾斜配分するための仕組みです。

一見すると合理的ですが、格付けをするためには比較されるものたちの優劣を一望で可視化してくれる「ものさし」が求められます。

でも、簡単な「ものさし」で測られるのは簡単な「価値」だけです。


今日本の大学はグローバル化度で格付けされています。

受け入れ留学生数・派遣留学生数・海外提携校数・英語で行われている授業数・外国人教員数・TOEICスコアなどの数値に適宜指数を乗じて足し算するとその学校の「グローバル化度」がはじき出されます。

それが高いところに助成金が多めに分配される。


見ればわかる通り、この査定で最高点を取るためには「在学生を4年間海外留学させる」か「大学そのものを英語圏に移す」のが一番効率的です。「日本にいなくてもできる(むしろいない方ができる)教育」をする機関が国内最高位に格付けされていて、そのことを誰も「倒錯的」だと思わないという知性の失調こそは「格付け」主義がもたらした病の徴候だと思います。

2017-11-14 13:13 この記事だけ表示

『西遊記』対馬列島・五島列島ツアー稽古追い込みに入っています。
きょうはみっちり1日がかりで細かく稽古。


急遽、演出助手を買って出てくれたスタジオライフの江口くんの仕切りで快調にすすんでいます。五島高校出身の江口くんの才能にみんな感謝しきり。


夜は夕沈ダンス、より高いレベルを目指して・・・・。
ってゆうか、みんな稽古に対する「真摯さ」が半端ねえ、いいことである。


とにかくお前らそんなに「稽古好き」だったのかよ?と思わせるほどの「稽古」をしている。

実にいい心がけである、久しぶりに心が引き締まる。


流山児★事務所という劇団はかくもイカレタ「芝居好き」のキチガイを生み出したのか?と今日は嬉しかったった。

勿論俺も頑張ったよ。


というわけで、『西遊記2017』どんどん進化=深化しています。


あと、2週間余りで五島三四郎の故郷:五島列島「凱旋」公演です。
三四郎のお母さん、もうしばらくお待ちくださいね。


前売券の予約もここにきてどんどん伸びています。
予約はお早目に!!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
旅する劇場「西遊記」
新たな旅立ちです!


ステップアップ・プロジェクト
旅する劇場『西遊記』〜Journey to the West〜
作・演出/天野天街(少年王者舘)
音楽/鈴木慶一(ムーンライダース)


   これからオシマイ宇宙の始め
   今から始まるモノカタリ


ボロブドゥールやバリ、バンコックなどを駆け巡った旅する劇場『西遊記』が2017年は長崎の対馬、五島へ旅します!
お近くにお住いのお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひご案内くださいませ。


涯なく広がる冒険宇宙を、劇場で体感してください!
座員一同、心よりおまちしています!


・長崎県対馬市交流センター
2017年11月24日(金)〜11月26日(日)
・五島市福江文化会館大ホール
2017年12月1日(金)〜12月3日(日)


≪チケット≫
全席自由
一般/3.000円、市民割引/1,000円、小・中学生以下/500円

http://www.ryuzanji.com/

2017-11-13 21:06 この記事だけ表示

今夜12日(日)0時より14日(火)23時まで『オケハザマ』優先予約開始!です。
お待ちしています。


流山児★事務所の2018新春公演は
人気漫画家・しりあがり寿による新作書き下ろし!


題材に選んだのは、
「桶狭間の戦い」で織田信長に敗れてしまった今川義元。
史実を基に、どのように脚色していくのかお楽しみに!

今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。


しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。
避けても避けても運命の日は近づき、
そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。


『オケハザマ』

【作】しりあがり寿
【演出】流山児祥


【出演】
塩野谷正幸、伊藤弘子、上田和弘、谷宗和、甲津拓平
小林七緒、里美和彦、柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美
武田智弘、山下直哉、荒木理恵、山丸りな、五島三四郎
佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈
(以上、流山児★事務所)


山像かおり
井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
水谷悟(WGK)
眞藤ヒロシ
林周一、堀井政宏、外波山流太(風煉ダンス)


【スタッフ】
脚本協力:竹内佑(デス電所)
演出協力:林周一(風煉ダンス)
音楽:坂本弘道
振付:北村真実(mami dance space)
擬闘:栗原直樹(WGK)
美術:水谷雄司
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響:島猛(ステージオフィス)
衣裳:竹内陽子
映像:浜嶋将裕


【日程と会場】
2018年1月24日(水)〜2月4日(日)
下北沢 ザ・スズナリ ※全14ステージ。


◎開演時間
24(水)19:00
25(木)19:00
26(金)19:00
27(土)14:00
28(日)14:00
29(月)19:00
30(火)19:00☆アフタートークあり
31(水)14:00
2/1(木)14:00/19:00
2(金)19:00
3(土)14:00/19:00
4(日)14:00
☆アフタートークゲスト:しりあがり寿


【チケット】
全席指定
一般 4,000円
学生、U25(25歳以下) 3,200円
高校生以下 1,000円
*割引券(学生、U25、高校生以下)学生証や年齢を確認できるものをご提示いただきます。


【公演詳細】
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html

◎11/12(日)0:00より先行予約開始:11/14(火)23:00まで
ご予約はこちら▼
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?o=b00000h


◎11/15(水)0:00より一般予約開始
ご予約はこちら▼
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama


予約フォームよりご予約いただけない場合は、

流山児★事務所に直接ご連絡をお願いします。
お名前、ご住所、お電話番号、ご希望日時、枚数 をお知らせください。

2017-11-11 11:21 この記事だけ表示

ということで、来年2018年4月から楽塾は「塾」ではなく、新メンバーも2016年、2017年と6人の経験豊富な実力派がオーディションを経て入団し「新劇団」シアターRAKUとして21年目にして再出発します。


さいたまゴールドシアターと共に、日本の中高年劇団のトップリーダーとしての自覚を持って、リスタートします。


その記念すべき公演はウイリアム・シェイクスピアの名作を時代劇にアレンジした『RAKU歌舞伎☆十二夜』流山児祥:翻案・演出、関口有子:音楽監督、諏訪創:作曲、北村真実:振付、スタッフ・キャストを一新させた「まったく新しい十二夜」です。


2013年カナダ国際フリンジ演劇祭で優秀賞(ベストアンサンブル賞)を受賞した1時間10分バージョンを1時間30分の「完全版」にリニューアル。最強の道化役3人が歌って、踊って「恋のドラマ」をナビゲートします。


『RAKU歌舞伎☆十二夜』は2018年4月・5月東京・三重・台湾高雄の3都市を「旅」します。
ご期待下さい。


新劇団:シアターRAKUは、これからも日本のシニア演劇の牽引者として日本をそして世界を旅していきます。よろしくご愛顧のほどお願いします。


2018年4月19(木)〜22(日)東京@Space早稲田 7ステージ限りの公演。
   4月28(土)・29(日)三重@芸濃町総合文化センターホール 3ステージ。
   5月4(金)〜6(日)台湾@高雄図書館小劇場 
          高雄春天藝術節2018招聘公演


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シアターRAKUからのメッセージ。


この度、「楽塾(RAKUJUKU)」は「シアターRAKU」と改名いたしました。


楽塾は1997年に創立され、19983月、5名のメンバーにて第1回旗揚げ公演「水色の雨」@スペース早稲田を行いました。その後、20175月、創立20周年記念公演「すももももももモモのうち」@座・高円寺2まで、本公演(カナダビクトリア、台湾台北、滋賀、仙台も含め)22回、アトリエ発表公演7回の舞台をやり終えました。


2018年、創立21年を迎え、私達は「シアターRAKU」と改名し、新たなスタート、旅立ちをすることにいたしました。


これまで楽塾を応援してくださった皆さま、引き続き新しい名前の私達をどうぞよろしくお願いいたします。


2017112



2017-11-09 15:54 この記事だけ表示
昨夜は『オケハザマ』第二稿の打ち合わせ。

しりあがり寿ワールド全開!で一気に、これから書上げてもらいます。
待ってます!!

で、今日から『西遊記』対馬・五島列島2週間ツアーに向けて稽古再開です。
8月から『ブランキ殺し上海の春』の稽古の合間を縫ってずーっと長い稽古を続けてきました。

『西遊記』2015年秋、四日市で「世界初演」され、津芸濃町、スズナリ、そして2016年インドネシア4都市、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、ボルブドゥール遺跡、バリ島、そしてタイ・バンコック、そして2017年対馬、五島とアジア10都市を回ることになります。2018年には『西遊記』の本場:中国4都市ツアーも予定しています。

天野天街(少年王者舘)の驚天動地、抱腹絶倒の劇宇宙がアジアを「旅」します。

対馬・五島列島にお友達、お知り合いがいらっしゃったら是非宣伝のほどを!
3日間の仕込みで大ホールの舞台に200席の小劇場を仮設して上演します。

ご期待下さい!
2017-11-08 11:09 この記事だけ表示