公演情報

流山児★事務所
韓国現代傑作戯曲上演

『満州戦線』
2018年7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
下北沢 ザ・スズナリ MAP

omte_foutline.jpg

日程
2018/7/11 (水)〜7/16 (月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催

予約: カルテット・オンライン

*************

■■■オーディション情報■■■
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者を募集します。
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)
 公演会場:座・高円寺1

詳細 エントリーシート

お問合せ*
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

天野天街(少年王者舘)うん、やはりこの男、ただものではない。

やはり天才なのである。


現場が瞬時にして「豹変」してゆく。どんどん、リズムがでて、ニンゲンが「いる」スゲエ現場になってゆくのだから。

ヒトの息遣いが「わかる」演出家はそんなに「いる」ものではない。

驚くべき、オモシロい演出家である。


この男と40年以上付き合っているが、どんどん、いい演出家になっている。
13歳年下の天才演出家と呼んでいい。とにかく、自分の「美学」をキッチリ確立している。それも唯一無二のアマノワールドといっていい。


アマノ演劇ワールドと流山児★事務所の役者たちのこれまたゴツゴツした「物語る肉体」とが、相まって凄い化学変化を起こしている。

これもまた、アマノとの20年近い関係が産み出したモノ。長い付き合いは思いもよらないモノを生み出すものである。


残念ながら今年は『西遊記』三演目、対馬列島・五島列島でしか観れません。


流山児★事務所の「旅する劇場」アジア・レパートリーの名作といっていい作品に深化中。

夕沈ダンスもリニューアル。いやあ、早稲田が凄いことになってますよ。


※どーしても「観たいヒト」がいたければ狭いけいこ場ですが観てください。


劇団までご連絡ください。http://www.ryuzanji.com


何とか出来そうだったら「なんとか」します。

2017-11-14 21:45 この記事だけ表示

いい感じで『西遊記』対馬・五島列島ツアーの追い込み稽古の真っ最中である。

アマノの最高傑作。アジア全土を爆笑の渦に巻き込んだ極上エンターテインメントが日本列島の縁を往く。


1年半ぶりの公演だが全員絶好調。全力疾走のノンストップ!

まさに流山児★事務所の「物語る身体」が躍動する、これぞアマノ歌舞伎といってもいい。


対馬市・五島市んみなさん、もう少しお待ちください。

予約はhttp://www.ryuzanji.comまで。


明後日から3連続で「通し」稽古です。ぐわんばります。


あ、今夜から1月公演『オケハザマ』の前売り開始ですよ!
こちらもよろしく!


『オケハザマ』前売り予約開始は11月15(水)午前0時からです!


[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あ、それから

メモしておこうっと。これはすべてに言えることです。


文化も演劇も・・・・・いま、日本人が「直面」している笑えない現実。
格付け主義がもたらす「病」が蔓延している。

内田樹


この30年で何が変わったのか。僕の解釈は「日本はこの30年でビンボくさくなった」というものです。

ビンボくささは統計的な貧困とは別ものです。マインドの問題ですから。

最もビンボくさい社会制度は「成果主義」と「格付け」です。


売り上げが毎月増えて、儲かって笑いが止まらないという企業が成果主義を導入するということはありません。

努力と成果の相関をうるさく言い立てるのはコストカットが急務になっているからです。

「選択と集中」というようなことを経営者が言い出したら、その企業はもう焼きが回っていると思っていい。


成果主義でまず切り捨てられるのは「何をしているのかわからない」セクションです。

豊かな時は許された「隙間」がビンボくさくなると切り捨てられる。

でも「隙間」からしかイノベーションは生まれないので、努力と成果の相関がきれいに可視化された組織は創成力を失って自滅するのです。


「格付け」は限られた資源を優位者に多めに、劣位者に少なく傾斜配分するための仕組みです。

一見すると合理的ですが、格付けをするためには比較されるものたちの優劣を一望で可視化してくれる「ものさし」が求められます。

でも、簡単な「ものさし」で測られるのは簡単な「価値」だけです。


今日本の大学はグローバル化度で格付けされています。

受け入れ留学生数・派遣留学生数・海外提携校数・英語で行われている授業数・外国人教員数・TOEICスコアなどの数値に適宜指数を乗じて足し算するとその学校の「グローバル化度」がはじき出されます。

それが高いところに助成金が多めに分配される。


見ればわかる通り、この査定で最高点を取るためには「在学生を4年間海外留学させる」か「大学そのものを英語圏に移す」のが一番効率的です。「日本にいなくてもできる(むしろいない方ができる)教育」をする機関が国内最高位に格付けされていて、そのことを誰も「倒錯的」だと思わないという知性の失調こそは「格付け」主義がもたらした病の徴候だと思います。

2017-11-14 13:13 この記事だけ表示