公演情報

『腰巻お仙 振袖火事の巻』
 
作:唐十郎 
 演出:小林七緒


2018年
12月4日(火)〜16日(日) 
会 場 Space早稲田

201812.jpg

【出演】
祁答院雄貴
山丸りな(流山児★事務所)
江口翔平(StudioLife)
原田理央(柿喰う客)
山下直哉(流山児★事務所)
星美咲(流山児★事務所)
伊藤俊彦
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
眞藤ヒロシ
佐野陽一(サスペンデッズ)
森諒介(流山児★事務所)
中原和宏
大久保鷹


チケット予約

公演詳細

 

*************

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【緊急告知!】


水族館劇場「さすらい姉妹」2018年正月2日13時30分@上野公園科学技術館前広場公演

&19時@渋谷・美竹公園公演に急遽、わたくし流山児祥ゲスト出演します!

ぜひ、ふらりと新年の上野&渋谷までおいでください!


かくして、大晦日、俺、台詞覚えられるか?
いやあ、こいつあ、春から縁起がイイ。オモシロい!

〜ない袖も振ってやる!さすらい姉妹路上芝居いよいよ開幕!〜

☆さすらい姉妹・寄せ場 投げ銭芝居☆1月2日流山児祥特別ゲスト出演!


 2017→2018+extra innings 三重巡演

『ちょっと見るだけ -百貨店の迷子たち-』


臺本 桃山邑 演出 毛利嘉孝

都内各所を漂流しながら稽古を続けてきた「ちょっと見るだけ」はいつ もの役者陣にいしやん・またやんの弥次喜多コンビ。

さらにデラックス な日替わりゲストを迎えて三重県まで遠征します。


※場所、時間は変更になる場合がございます。

水族館劇場twitter(@szkgekijou)よりご確認ください。


タイムテーブル

2017年12月31日
午後6時 山谷センター前十字路
午後9時30分(予定) 新宿中央公園・ナイアガラの滝前広場

2018年1月1日
午後4時 横浜寿町・生活館4F

●2017年1月2日・・・流山児祥:ゲスト出演
午後1時30分 上野公園・科学博物館前広場(時間は予定。12時からの餅つき大会のあとスグ)
午後7時00分 渋谷・美竹公園※7時半→7時に変更となりました

2017年1月4日
午後1時00分 安濃町 萩原建設倉庫前
午後3時30分 芸濃総合文化センター・エントランス(大駐車場あり)
2017年1月5日
午後2時 芸濃町 普門寺境内

2017-12-31 15:19 この記事だけ表示

それにしても昨夜の日本演出者協会の大忘年会は凄かった。


去年の座・高円寺の「演出家の集い」には及ばないが、近年最多の100人近い参加者となった。

浪曼房いっぱい!!最長老の瓜生正実さん93歳!長老の中村哮夫さん86歳

大先輩の「反戦・非戦のメッセージ」が、現在の演劇界の声である。


20代から90代の異世代が自由に発言・発信・交流できる

風通しの良い協会にどんどん進化させていきましょう。


何よりも「若手演出家コンクール優秀賞」の4人のみなさん、おめでとうございます。

来年もよろしく!がんがん、イロイロやろうぜ!


で、私は2次会は遠慮して娘の麻央とデート。

うれしい夜であった。


さて、今日は終日『オケハザマ』振付!である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2018年1月公演『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ


作:しりあがり寿 演出:流山児祥
脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実 殺陣:栗原直樹 美術:水谷雄司


出演:山像かおり・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)

&流山児★事務所オールスター総出演!!


※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!


※モチロン、まだ、全ステージ「大いに余裕アリ」です。

流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca

2017-12-30 12:19 この記事だけ表示

久しぶりに大チャンバラ活劇をやっている実感を味わっている。


メチャクチャリアルで壮絶な殺陣やコミカルな殺陣。
が、全てがカッコいいい。


上田、谷、三四郎、武田、拓平、里美、山下、森、そして塩野谷・・・

流山児★事務所のゴツゴツした野郎どもには本当に刀が似合う。
想えば10年以上、コイツら殺陣いつもやってるな。それも泥臭い。


『由比正雪』『無頼漢』『チャンバラ』『マクベス』といった集団の殺陣の経験が

今回、もろにいきている。ゾクゾクする「戦国集団活劇」が生まれつつある。

スズナリの小空間を疾走する男たち!!


そして、愈々、ダンスの振り付けも・・・

年末も追い込み稽古が続く。


オモシロい「活劇」生々しいニンゲンが跳梁跋扈する『オケハザマ』。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2018年1月公演『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ
作:しりあがり寿 演出:流山児祥


脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実 殺陣:栗原直樹 美術:水谷雄司

出演:山像かおり・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)&流山児★事務所オールスター総出演!!



※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!


※モチロン、まだ、全ステージ「大いに余裕アリ」です。

流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca

2017-12-28 21:26 この記事だけ表示

昨夜は「家庭画報」のライターさん「朝日新聞」の山根記者の連続取材@珈琲館。


しりあがり寿本格的・劇作家デビューということでメディアの注目度高しである。


『真夜中の弥次さん、喜多さん』で出会って以来十年に及ぶ新作のオファー、

現実と非現実、所謂、シュールレアリズム世界と生々しい役者の熱量と身体。

ループする世界の現実、露出する戦争、閉塞感だらけの世界

漫画と演劇、例によってあっちこっち、飛びながらしりあがりさんと『オケハザマ』について話す。






2017-12-22 16:22 この記事だけ表示
2017-12-21 16:00 この記事だけ表示

少し早いが2017年の流山児★事務所を振り返ってみます。


1月『メカニズム作戦』(宮本研:作 流山児祥:演出@Space早稲田)、3月『だいこん〜珍奇なゴドー』(戌井昭人:新作 流山児祥:演出@スズナリ)、5月『すももももももモモのうち』(佃典彦:新作 流山児祥:演出@座高円寺2)、7月『SCRAP』(シライケイタ:新作 日澤雄介:演出@Space早稲田)、10月『ブランキ殺し上海の春』(佐藤信:作、西沢栄治:演出@スズナリ) 11月・12月『西遊記』(作・演出:天野天街@対馬・五島列島ツアー)と、6本の作品を企画プロデュース&自主上演しました。


3本の「新作書き下ろし」の創作劇上演。「初」の離島公演。2本の「戦後名作戯曲」上演。佃典彦・戌井昭人・シライケイタ・日澤雄介という劇的才能との「協働作業」&宮本研戯曲との出会い、そして、演出家:西沢栄治と4年がかりで取り組んだ佐藤信「喜劇昭和の世界」3部作上演!は、劇団協議会主催若手演劇人育成公演として劇団の枠を超えて「現代演劇の財産」を共有する作業として高い評価を得ました。Kテント:佐藤信に続いて、わたしたちは2018年〜2020年日本のシェイクスピア:唐十郎の紅テントの名作戯曲に挑戦します。


また、私達は台湾OURシアターと2016年より2019年まで4年間国際共同製作を行っています。アジア各地で「日本地下演劇の帝王」と呼ばれている「70歳の漂泊の演出家」とスタッフが、嘉義市に2ヶ月間長期滞在し、台湾の若手俳優と共に創り上げた『マクベス〜PAINT IT BLACK!〜』(作:W・シェイクスピア 流山児祥:演出 2016年7月@嘉義表演藝術センター)は、前売り完売・追加公演の大ヒット上演。2017年5月、台中国立劇場で再演、6月、ルーマニア・シビウ国際演劇祭2017で好評上演しました。シビウでも様々な出会いがありました。


2018年5月にはシアターRAKU(楽塾改め)『RAKU歌舞伎☆十二夜』(原作:W・シェイクスピア 翻案・演出:流山児祥)が、台湾@高雄春天藝術祭に正式招待され2016年@台湾国立劇場公演に続いて2度目の台湾公演を行います。6月・7月には台湾劇作家の新作を日本人キャストとコラボして上演します。台湾に「熱いアングラを生み出す」という高い志を持ってこれからも交流は続いていきます。


『西遊記』(天野天街:作・演出)11月対馬・12月五島列島ツアーは10トントラックに舞台・照明・音響機材を満載し大ホール舞台上に250席の小劇場:スズナリを現出させ、圧倒的な反響で連日超満員札止めでした。「初」の離島公演は海外公演同様「演劇の力」を再認識した《旅》でした。本当に様々なヒトたちとの出会いで生れた奇跡の大ヒットでした。演劇を愛する人は日本中にいる!この試みは、今後も続けていきます。どこにでも行きますよ、是非あなたの街に流山児★事務所を呼んでください。

また、3・11以降続いている福島演劇人との「3年交流プロジェクト」真船豊:作『鼬』を音楽劇に創り上げる長期ワークショップも2018年夏から始まります。わたしたちは「演劇を真に求める」観客との出会いを求めて「旅」を続けます。


文字通り、軍事国家への道を突き進む腐敗国家の下、芸術に、演劇に何ができるのかを求めての「野垂れ死への幻視行」は続きます。


そして、2018年1月24(水)から 漫画家:しりあがり寿の本格的劇作家デビューともいえる新作:戦国集団音楽劇『オケハザマ』@スズナリ を久々の劇団員総出演で上演します。2018年も、アジアの、日本の「縁」を、駆け抜けます。これからもよろしくお願いします。1月下北沢でお会いしましょう。


『オケハザマ』予約はお早目に!


2017-12-20 12:07 この記事だけ表示

『オケハザマ』殺陣シーン、早速始まりました。


「長久保城を落としたぞ!」

北条に対して勝どきあげる今川勢の「河東の乱」から『オケハザマ』は始まる!!
壮絶で冷酷な戦国の合戦シーンから『オケハザマ』は始まる。

殺陣師:栗原直樹さんの繰り出す様々なアイディアには毎回愕かされるが、今回も本当にテキストを読み、

「ドラマの」本質を衝いてくくる。

リアルとデフォルメ、スピード3拍子揃った殺陣が・・・みっちり3時間半、明日も続く。

音楽もどんどん出来上がってきている。
歌って踊って大殺陣・・・モチロン、生々しいドラマに仕上げます。


粗立ち稽古2日目にして、15人の集団殺陣シーン。

一気に!今年は行きます、
と、いっても今年も残すところあと10日!
寒いトーキョーの師走である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2018年1月公演『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ


作:しりあがり寿 演出:流山児祥
脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実 殺陣:栗原直樹 美術:水谷雄司

出演:山像かおり・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)&流山児★事務所オールスター総出演!!


※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgc
2017-12-20 10:19 この記事だけ表示

流山児★事務所2018新春公演『オケハザマ』顔合わせ・本読み始まりました。

坂本さんの楽曲も3曲上がってきて、早速、歌ってみた、名曲である。


その後、稽古初日恒例の呑み会である。米山さん手作りのおでんをつまむ。

五島のあごだし?


初参加の山像かおりさんと流山児★事務所若手女優陣たちが楽しそうに談笑。


さあ、6週間稽古が始まりました。


で、本日キャスティング。歌稽古。
よろしく!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2018年1月公演『オケハザマ』

1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ
作:しりあがり寿 演出:流山児祥


脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実 殺陣:栗原直樹 美術:水谷雄司


出演:山像かおり・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)&流山児★事務所オールスター総出演!!

※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca … … …

2017-12-14 12:37 この記事だけ表示

昨夜、楽塾「RAKU歌舞伎☆十二夜」の稽古を終えて帰宅すると、
母校である東葛飾高校同窓会3年D組の幹事N君からメールが送られていた。


それは、恩師である八幡先生逝去の報であった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「3年D組の皆様へ。
本日(12月10日)午後1時40分頃八幡先生の奥様から電話がありました。

八幡先生が去る11月28日早朝、散歩に出掛けられ突然の心臓疾患で亡くなられたとのことです。前の晩までお元気で晩酌もされていたそうです。「特段病院にかかっていたという事もなくただ足腰が少し弱ってきた感じでした。来年のお茶飲み会を楽しみにしていました。」との奥様のお話でした。
突然の電話にビックリしました。
とりあえず明日午後にでも先生のご自宅へ弔問して来ようと思います。
取り急ぎD組の皆様へお知らせいたします。それにつけても信じられません。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋に柏のレストランで開催された東葛飾高校昭和41年卒同窓会で、先生が「腰痛」で来れないなら、みんなで来年春あたり、八幡先生の自宅へ行って「お茶(酒)呑み会」やろうぜ!と決めていたばかりだというのに・・・・。


八幡先生は国語の先生で日本の古典文学を研究していたオモシロい先生だった。


私が3年になって受験勉強もせずに「演劇部」に入った時も

「藤岡は好きなことをやっている、これでいいんだぞ!!みんな、やりたいこと、好きなことやれ!」

と励ましてくれた豪放磊落な先生であった。


卒業式のあと、寿司屋の友人のTの家でのワルがき大宴会にも来、一緒に安酒をかっくらってくれたアニキでもあった。


今ではもちろん考えられない事かも知れないが「あの時代」は先生と生徒が一緒に酒を酌み交わし「人生を、天下国家を」論じていたのもである。柏に急遽持ち上がった「ナイキ・ホーク基地建設反対ビラ」を市内や高校に貼って停学処分も受けた。

高校の「社会部」の新聞に成人映画『白日夢』(武智鉄二監督)の映画評を載せたり、富里の三里塚空港反対闘争を扱ったり、ビートルズコンテストに応募しようぜと盛り上がったり、彼女と関西に駆け落ちしようとしたり、六本木のバーに行ったり、わたしは今同様、文字通りのミーハーだった。


そんな私達と10歳も違わない若い「恩師」が八幡先生だった。

眼鏡の奥の優しい眼差しは老いてからも変わらなかった。

久しぶりに同窓会で会うと、必ず2次会でもみんなと一緒にのんでいた。


先生のご冥福をお祈りします。

本当にお疲れ様でした、好きな日本文学の研究(平家物語?でしたっけ)を彼岸(あっち)で楽しんで下さい。
でも、やっぱり残念です。

そのうち、墓参りに・・・出来たら不肖の教え子たちで行こうと思っています。

その時でもゆっくり話させてください。
合掌。


2017-12-11 11:25 この記事だけ表示
ということで、今日から仕事。
来年発売される本の関連インタビュー近所の喫茶店で。
師走の高田馬場駅前、大勢の行きかう人々。
昨日までの五島と全く違う光景。

インタビューを終えて久々に芳林堂書店へ。
文庫本4冊「物語・日本人の占領」(津野海太郎)「吉本隆明1968」(鹿島茂)
「最終戦争論」(石原莞爾)「台湾みんな知らないディープ旅」(小林克己)
単行本で持っていたのだがどっかへいっちまったのでまた買ってるよ。遺憾。

ま、すぐに読む時間がないがつい、つい。
で『オケハザマ』第三稿、読んでいますよ。
まもなく、稽古開始です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2018年1月公演『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)@スズナリ

作:しりあがり寿 演出:流山児祥
脚本協力:竹内佑(デス電所) 演出協力:林周一(風錬ダンス)
音楽:坂本弘道 振付:北村真実

出演:山像かおり(西瓜糖)・井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)・成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)・眞藤ヒロシ/林周一・堀井政宏・外波山流太(以上、風錬ダンス)・水谷悟(WGK)&流山児★事務所オールスター総出演!!

※今回、「はじめて割」の設定をつくりました。
一般4,000円→3,000円です。
ベンチ席になる可能性が高いですが、
これぞ、小劇場の醍醐味です!
1ステージ10枚限定です。
お求めは、お早めに!
2017-12-05 18:35 この記事だけ表示