公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
凄え!芸濃町ワークショップの皆さん!台詞はきちんと入ってるし踊りも完璧。ちょっと言えば、凄いスピードでどんどん進化してゆく。

小中学生から熟年のみなさんまで総勢15人のフィナーレは実に楽しいものに。ぜひ、このワークショップが町民劇団に成長してほしいものである。

そんなワークショップの模様を伊勢新聞が取材。朝日新聞、中日新聞、三重ふるさと新聞に続いての取材である。

今朝からホールで仕込み、イワヲ、拓平、山下、ハッシ―、星、畝部、横原の最強チーム。助っ人は津の現場サイ出演者、明日はキャスト、真実先生、音響の島さんも芸濃町入り。今夕はワークショップの最終稽古。

『十二夜』三重公演28(土)・29(日)@津市芸濃総合文化センター
予約は090−2722−6825  

田植えでお忙しいと思いますが、手を休めて、ふらりと劇場までおいでください。51歳から最年長71歳まで71歳まで71歳までが出演者総合計年齢1061歳、平均年齢63歳の熟男、熟女が舞台中を走って踊って歌ってと、とってもパワフルな前代未聞のミュージカルを見逃すな!!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、夜
2018-04-25 11:06 この記事だけ表示

それでは、皆さん、お手を拝借!よー!

小中学生、高校生、看護士さん市役所のひと、ホールの館長さん、書道の先生といった芸濃町の皆さんと今日・明日はワークショップ。
明日は朝から仕込み。


4月28(土)13時、17時開演 29(日)13時開演 

@三重県津市芸濃総合文化センターホール
『流山児歌舞伎☆十二夜』(作:シェイクスピア 台本演出:流山児祥)

大人:2000円 当日:2500円 幼児・小中学生:無料
予約問い合わせは090−2722−6825(芸濃町を芸濃い町にする会)

さあ、旅するシニア劇団=シアターRAKUの冒険が始まる。
今回公演の総メンバーの合計年齢はな、なんと1061歳!平均年齢62、5歳!
51歳から71歳まで同居の大劇団・・・・こりゃすごいことである!!


画像に含まれている可能性があるもの:5人、原 きよさんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、オンステージ(複数の人)、結婚式
2018-04-24 11:35 この記事だけ表示

さて、明日から三重芸濃町。
『十二夜』は更なる進化・深化の旅へ。

で、演劇評論家:柾木博行氏の「劇評」です。
「流山児☆事務所のシニア劇団楽塾が塾ではなく独立した劇団シアターRAKUとして再スタート。その最初の公演『RAKU歌舞伎☆十二夜』がとても良かった。楽塾時代も何度か上演してきた『十二夜』。私も6年前に座・高円寺2で上演されたものを見たが、その時はかなりゆるい感じで、完成度は今ひとつという感じだった。今回も同じ感じだったらどうしようと少し不安をもちつつ、公演会場の早稲田に出かけた。

ところが今回の舞台は同じ作品とは思えぬくらいの完成度。何より役者たちそれぞれの個性が役のキャラクターと上手くハマり、各登場人物が粒だって見えている。かつては高齢者の女性たちが演じている……という感じで、一人ひとりの役者が主張するところまでいかなかったが、今では主役から脇役まで自身を主張し、またそれぞれなりの個性を放って楽しませてくれる。とりわけ雪姫(シェイクスピアの原作でのヴァイラ)を演じた原きよをはじめ、魔矢役の平山郁子、道化のポンを演じた辻洋子などのこの数年でオーディションで入ってきた若手(シニア劇団なのに!)が入ったことで、役者陣の層に厚みが増してきたことも成功の要因だろう。

もちろん、そこには演出の流山児の果たすところも大きい。よくこのシニアのメンバーを毎年休まず20年も舞台に立たせてきたものだ。来週は三重の津市、そして再来週は台湾の高雄と国境を越えてのツアー。決して楽なことばかりではないだろうが楽しい舞台を世界に届けていってほしい。」


『RAKU歌舞伎☆十二夜』三重公演は、4月28(土)13時・17時 29(日)13時@津市芸濃総合文化センター、

小中高生+芸濃町のみなさんのワークショップメンバーとの豪華ジョイント公演です。

予約問い合わせは090−2722−5825 お待ちしています!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、辻 洋子さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
2018-04-23 11:44 この記事だけ表示

2度目の台湾公演である。

前回は台北にある台湾国立劇場で開催された「新視点演劇祭2016」招聘公演、今年は、高雄で開催される「春天藝術祭2018」

去年の「マームとジプシー」に続いて「シアターRAKU」が招聘されたのである。


日本のシニア劇団が2回も台湾の国際演劇祭・藝術祭招聘は「初の快挙」だろう。

演劇を愛するお客さんを求めて私達はアジアの縁を往く。


画像に含まれている可能性があるもの:16人、、Ravioli Tsuchiyaさん、めぐろ あやさん、Ikuko Hirayamaさん、齊藤 三枝さん、小林 あやさん、原 きよさん、佐野 眞一さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)
2018-04-23 11:42 この記事だけ表示

「三重ふるさと新聞 」掲載されました。

三重県 津市 > 地域 > 芸濃町民も出演します  
シアターRAKU歌舞伎「十二夜」

28日㈯・29日㈰、津市芸濃総合文化センターでシアターRAKU公演『RAKU歌舞伎★十二夜』が上演される。主催=芸濃町を芸濃い町にする会。
同会は、日本で唯一の「げいのう」という町名を生かし、芸能や演劇での町おこしを目標に活動している。
シアターRAKUは、俳優で日本演出者協会理事長の流山児祥さんが主宰する日本を代表するシニア劇団。シェイクスピアや寺山修司の作品を歌舞伎ミュージカルにアレンジし、国内外で公演を行っており、高い評価を受けている。
今作もシェイクスピアの喜劇「十二夜」を流山児さんが翻訳、台本、演出を手掛け、日本を舞台にアレンジ。あらすじは…時は昔、紀の本の国。双子の雪之丞、雪姫が乗った船は難破し、別々に漂着。雪姫は身を守るため男装し、乱丸と名乗り小笠原左大臣に小姓として仕える。左大臣の恋の使いで三条宮家の時姫を訪れると、姫は男装の乱丸に一目惚れ。一方、海賊の鮫蔵に助けられた雪之丞は、時姫に一目惚れといった具合に登場人物が次々と片思いに落ちていく…。

流山児さんは演技をする楽しさを伝えるため、全国各地でワークショップを行っている。今回の公演に向けたワークショップにも芸濃町内在住・在勤の小学生から70代まで11名が参加。流山児さんによる演技指導や演出を受けた参加者たちは、シェイクスピアの言葉をちりばめた10分〜15分ほどの導入劇を毎公演で行う。流山児さんは「芸濃町の凄さは、これまでも色々な劇団を呼んでいるところ。津市は芸濃いまち、文化のまちしてと町おこしをしていくべきだと思う」と語る。

公演は@28日13時〜A28日17時〜B29日13時〜の3回。受付開始は開演の1時間前。客席開場は開演30分前。チケットは全席自由の日時指定。前売大人2000円。当日大人2500円。小中学生500円。
チケット購入や問い合わせは芸濃地区社協059・265・4890。芸濃町を芸濃い町にする会090・2722・6825へ。

2018-04-22 10:40 この記事だけ表示

楽塾改めシアターRAKU公演『RAKU歌舞伎☆十二夜』
超満員爆走で本日13時・17時のファイナルステージ。
東京公演千穐楽です。


「世界を旅するシニア劇団」=シアターRAKUの次の公演は
4月28(土)・29(日)@津市芸濃総合文化センター
ゴールデンウイ―ク5月4(金)〜6(日)は
台湾高雄春天藝術祭招聘公演@図書館小劇場公演です。
ちなみに去年の招聘公演は「マームとジプシー」でした

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、原 きよさん、辻 洋子さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、夜
2018-04-22 10:39 この記事だけ表示

さて『RAKU歌舞伎☆十二夜』愈々、明日東京公演千穐楽です。
超満員爆走中です。旅の始まり、わたしたちは一気に駆け抜けていきます。

演劇評論家:結城雅秀氏のTWITTER劇評
「RAKU「十二夜」流山児祥。実に楽しいミュージカル。乱丸(ヴァイオラ、原きよ=美人)、左大臣を愛す。丸井三太夫(マルヴォーリオ、めぐろあや=快活)金色の冠にウコンの褌。理性と感覚。狂気と恋。言葉は信用できぬ。フェステ(道化)は、3人で「トゥーランドット」風。来る日も来る日も雨は降る。この後、津市、台湾高雄とツアー」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

シアターRAKU『十二夜』22(日)まで超満員絶賛上演中です!!
ふらりと早稲田までおいで下さい!
時代劇ミュージカル『RAKU歌舞伎☆十二夜』
原作:シェイクスピア 台本・演出:流山児祥 
作曲:諏訪創 振付:北村真実

4月22(日)13時・17時:千穐楽です。
@Space早稲田 
全ステージ前売完売。

※客席増設で3〜5枚の「当日券」アリます。

開場は開演の20分前より。
当日券の発売、入場整理券の配布は、開演の60分前より。
チケットをお持ちのお客様も整理券番号順のご入場となりますので、受付にお越しください。

是非、早稲田まで(地下鉄早稲田駅1番出口右へ30秒「北京」B1)


画像に含まれている可能性があるもの:夜

2018-04-21 22:01 この記事だけ表示

【ピースリーディング参加者急募、締め切らせていただきました!】

多くの皆さんのご参加に感謝します。本当に有難うございました。
非戦を選ぶ演劇人の会・実行委員:流山児祥

今年も、流山児★事務所は「全国同時多発ピースリーディング2018」に参加します。

5月19(土)19時@Space早稲田 
稽古は5月15(火)〜18(金)を予定

5/15(火)18:00〜稽古
5/16(水)休み
5/17(木)18:00〜稽古
5/18(金)18:00〜稽古
5/19(土)17:00〜本番……集合時間は未定

『すべての国が戦争を放棄する日』
作:石原燃
演出: 木暮拓矢

出演:坂井香奈美・竹本優希・橋口佳奈・村田泉・河内千春・二階堂まり・
桐原三枝・原きよ・高野あっこ・川本かず子・いそちゆき・杉山智子

流山児祥・渡辺修・佐々木想・才目謙二・成田カイリ・井村タカオ・V銀太・
堂下勝気,・佐野眞一・溝田勉  ほか 

5月19(土)19時開演 開場18時40分 ※ひょっとすると昼:追加公演アリ?
入場料:カンパ制

問い合わせ先:流山児★事務所03-5272-1785(平日13:00〜17:00)HPなどhttp://www.ryuzanji.com/

2018-04-20 17:42 この記事だけ表示

シアターRAKU『十二夜』22(日)まで超満員絶賛上演中です!!
連日昼・夜2ステージ。ふらりと早稲田までおいで下さい!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
時代劇ミュージカル『RAKU歌舞伎☆十二夜』
原作:シェイクスピア 台本演出:流山児祥 
音楽:諏訪創 振付:北村真実

4月20(金)14時・19時
  21(土)13時・17時
  22(日)13時・17時
@Space早稲田 
全ステージ前売完売。

※客席増設で連日5〜8枚の「当日券」アリます。

開場は開演の20分前より。
当日券の発売、入場整理券の配布は、開演の60分前より。
チケットをお持ちのお客様も整理券番号順のご入場となりますので、受付にお越しください。

是非、早稲田まで(地下鉄早稲田駅1番出口右へ30秒「北京」B1)

画像に含まれている可能性があるもの:3人、辻 洋子さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、夜
画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ、ダンス、立ってる

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
2018-04-20 17:40 この記事だけ表示

60歳を超えた熟男熟女が飛び跳ねる、流山児祥率いるRAKU歌舞伎「十二夜」開幕 BYステージ・ナタリー

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」が、昨日4月18日に東京・Space早稲田で開幕した。

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

本作は、流山児祥ウィリアム・シェイクスピア「十二夜」を翻案した時代劇ミュージカル。2013年の上演版では「第27回カナダ・ビクトリア国際演劇祭2013」に参加し、ベストアンサンブル賞を受賞した。ワークショップオーディションを勝ち抜いた新キャストを迎えた今回の公演では、台本のほか配役や音楽、振付を一新して上演を行う。

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

シアターRAKU公演「RAKU歌舞伎『十二夜』」より。(c)横田敦史

上演に際し流山児は、「シアターRAKUは『旅するシニア劇団』を目指して船出します」と自身の劇団を紹介すると共に、「芝居の愉しさを詰め込んだシェイクスピア喜劇を、60歳を超えた熟男熟女たちが『世界に類のない音楽劇』に変貌させ『官能の解放区』で飛び跳ねてます」と作品をアピールした。

上演時間は約1時間30分。東京公演は4月22日まで。その後、4月28・29日に三重・津市芸濃町総合文化センター、5月4日から6日まで台湾・高雄市図書館総館 小劇場にて上演される。

2018-04-20 17:38 この記事だけ表示