公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

大ヒット作品『オケハザマ』に続く流山児★事務所7月公演@スズナリは
「韓国現代傑作戯曲上演」シリーズ最新作。
2016年の演劇界の話題を呼んだパク・グニョン×シライケイタ『代代孫孫2016』コンビの最新作『満州戦線』

読売演劇大賞:杉村春子賞受賞の人気演出家:温泉ドラゴンのシライケイタが上演台本・演出します。


出演は俳優座:清水直子、温泉ドラゴン:いわいのふ健、初参加トラッシュマスターズ:カゴシマジロー、

そしてみょんふぁ(洪明花)、流山児★事務所の伊藤弘子、木暮拓矢の精鋭6人。

1943年の満州の首都:新京を舞台に「五族協和」を信じ、日本人として生きた朝鮮の人々の歴史に迫る最新作、ご期待下さい。

流山児★事務所7月公演
『満州戦線』
作:パク・クニョン 翻訳:石川樹里
上演台本・演出:シライケイタ
芸術監督:流山児祥

2018年7月11(水)〜16(月・祝) 全8ステージ
※7月13(金)14時の回 作家:パクグニョンを迎えてアフタートークあり。
前売:4000円、学生:2800円 高校生以下:1000円


5月25(金)前売り開始!!

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201807…


画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

2018-05-16 14:41 この記事だけ表示

いま読んでいます。
目から鱗の連続です。
ぜひ、みなさん読んで下さい。

「日本のある小さな村、旅回りの一座が去ったあと、必ずといっていいくらい、いく人かの後家が姿を消す、彼女たち、ほとんどの場合、十日もたたぬうちに尾羽うちからしたなりで舞い戻ってくるのだが、考えるに、いまわたしたちの演劇にもっとも欠けているのは、客たちが、芝居ーー役者でもいいーーに、うつつをぬかし、おもわず自分の生活を狂わせてしまうほどに強い、良からぬ、不埒な、妖しげな魅力ーーなのではあるまいか、と、ひたすらにそうおもう。劇場が芝居を創るのではない。芝居が劇場を創るのである。まぼろしの劇場ーーともあれわたしは、それにむかって、これからも芝居を書き続けるしかない。」1970年5月毎日新聞「まぼろしの劇場」より。

2018-05-16 14:37 この記事だけ表示

ついに「3年目」に突入した流山児★事務所×OURシアターコラボレーション第3弾
《嫁妝一牛車》稽古絶好調です。


役者ワークショップによるテキストへのアプローチ、
いい感じで進んでいる模様。


役者たちが考え、いろいろやってみる試み。山P、拓平の表情良し!
台湾の人気漫才師のイエンダが2人の日本人役者の横について「通訳」もやってくれている。感謝。

みなさん、好き放題にやってください。
5月21(月)のとりあえずみんなが創った《嫁妝一牛車》
「初の通し」みせてもらいますよ。

実に贅沢なそれでいて実に「当たり前」の台湾での芝居つくりに感謝。


画像に含まれている可能性があるもの:2人、子供、靴、バスケットボールコート
2018-05-12 01:33 この記事だけ表示

【情報公開!】
☆2019年2月公演出演者オーディション開催☆

「三十人のジュリエット」のオーディションを行います。

清水邦夫まぼろしの作品とも言われる本作。少女歌劇団という鮮やかな世界を中心に、それに翻弄される人々の人生を、滑稽さを交えながら、哀しみ鮮やかに描かれる。そこに見えてくるのは、集団の崩壊と再生の物語。

「うたえ、自分の歌をうたえ!」この芝居の最後のセリフ。そしてそれと呼応するように、足を踏み鳴らして踊るたくさんのジュリエットたち。この激しく美しいラストシーンは、私たちの眠った闘争心を呼び覚ますように挑発してくる。
いま、世界は、未来に明るい希望など持てないのかもしれないが、この「再生」の物語を熱いメッセージとして、現代を生きる人々に強く投げかけたい。(演出:西沢栄治)
 

【公演概要】

流山児★事務所公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥

稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
  @早稲田、吉祥寺、座・高円寺

公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日) 

公演会場:座・高円寺1

【オーディション概要】

応募期間:2018年6月1日(金)〜7月21日(土) *郵送、メール共に、当日必着

開催日程:2018年7月30日(月)、31日(火) Space早稲田

応募資格:40歳以上(に見える)の女性で稽古・本番に参加可能な方
*役は「彼女たち」です。本作を読んでおいてください
(ハヤカワ演劇文庫)

応募方法:応募用紙を郵送、あるいはメールにてお送りください。 書類選考の上、選考結果を7月24日(火)までにメールでお知らせします。

流山児★事務所からのメール(mail@ryuzanji.com)が受信可能なメールアドレスをご記入ください。

*応募用紙(エントリーシート)は、流山児★事務所ホームページよりダウンロードしてください。

*郵送のみの方は、応募の際にその旨お伝えください。

*******【お問合せ・応募先】*******
流山児★事務所 オーディション係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 
       まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

2018-05-11 00:14 この記事だけ表示

19(土)1日限りのSpace早稲田リーディングです。
待ってマース。

【全国同時多発ピースリーディング2018】
『すべての国が戦争を放棄する日』

作:石原燃 
上演台本・演出:木暮拓矢                                                    企画・実行委員:流山児祥

出演:いそちゆき、井村タカオ、江口翔平、河内千春、川本かず子、桐原三枝、才目謙二、坂井香奈美、佐々木想、佐野眞一、杉山智子、高野あっこ、武田優子、竹本優希、堂下勝気、成田浬、二階堂まり、橋口佳奈、原きよ、V・銀太、溝田勉、宮崎恵治、みょんふぁ(洪明花)、村田泉、流山児祥、渡辺修

日時:2018年5月19日(土)16時40分開場、17時開演
会場:Space早稲田 東京都新宿区早稲田町74ビューロー早稲田B1

入場料:入場無料・カンパ制

※ひょっとしたら夜追加公演アリ?

流山児祥扱い 予約⇒
https://www.quartet-online.net/ticket/201805ryuzanji…

予約・問合せ先:流山児★事務所03-5272-1785
[平日13時〜17時 5/14(月)はお休み ]

2018-05-10 13:43 この記事だけ表示

9日ぶりに5月9(水)夜、一時帰国しました。5月20(日)夜には、また、台湾嘉義に戻ります。

30年以上棲んでいる襤褸アパートに帰ると薔薇が満開であった。下の部屋も引っ越して、私だけが「大昔から」棲んでいることになったよ。

3週間に及ぶ「初」のシアターRAKU『流山児☆十二夜』ツアー。
得ることの多いツアーであった。

畝部、イーラン、そして「初」参加の諏訪創、甲津拓平、山下直哉、でもって『マクベス』の振り付け師:北村真実さんの7人でバスに乗って嘉義へと移動した。

遂に、3年目を迎える台湾OURシアターとのコラボレーションは新作書下ろし「嫁妝一牛車」原:作:王禎和 導演:流山兒祥 脚本:林孟寰、盧志杰。

12人の台湾を代表する役者たちと6月29(金)@嘉義懸表演藝術センター初日に向けて稽古開始である。人気漫才コンビ:イエンダ&カンカンも加わり、台湾の劇団では意欲的な2週間ロングラン!これじゃ、絶対にこけられない!おまけに10月には台北公演も決定しているのだ。

本読み、ほぼ全員台詞は入っている。すぐにでも立って稽古が出来る。
仮セットも出来上がっている。本読み後、わたしのイメージというかいつものように「妄想のアレコレ」を喋り、それにそって、わたしが絶大な信頼をしている振り付けのスーリエンに頼んでムービングのデッサンもやってもらった。流石、スーリエン!2時間で面白いモノを作ってくれた。拓平、山Pは中国語も台湾語もまったくわからないのでこの2ヶ月は大変なことに?!なりそう。がんばれ!加油!

役者が動いている間、美術、音楽、音響のスタッフ会議も同時進行。
稽古初日呑み会後、宿舎へ。

昨日から「役者ワークショップ」という名の稽古が始まっている。
先ずは役者たちがじっくり討論しながらじっくり創ることにした。
その後、演出部と一緒にとりあえずラストまで当たる。

わたしの演出は21(月)通し稽古を観て始める、それから1か月の稽古である。『流山児☆マクベス』もそうだったが、実に贅沢な2カ月の創作現場である。

それにしても、この2年間でOURシアターは驚異的なビッグカンパニーに成長している。去年のシビウ国際演劇祭に続いて今年はエジンバラフリンジに1か月間、国家助成で参加する劇団に急成長した。凄い事である。かれらの市民との協働作業を台湾の文化局が高く評価し活動を積極的にサポートしている姿勢には頭が下がる。

わたし(たち)に出来ることは「集団の演劇」「関係の演劇」の面白さとスタッフワークも出来る(それもまた芝居をつくること)劇団を台湾各地の若い演劇人たちに、徹底的に覚え込ませ、その「楽しみ」を体感共有することである。だから、今年の8月から半年間台北藝術大学の特任教授も引き受けたし、これからも出来る限りの事をやるつもりである。

来年は、日本の番である。私達の本拠地:スペース早稲田で台湾の演劇人と宮本研の『阿Q外傳』を創ろうと思っている。目指せ、アジアの流山児!である。
底辺で蠢く民衆の声を聞くための演劇をめざしもうすこしやれることをやるだけである。一宿一飯の演劇渡世だ、カネもメイヨもいらない、まだ、身体は動く、それでいいじゃん。オモシロいニンゲンが「ここ」にいる!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、高雄に帰り、半日熱い高雄の町を少しだけ観光、夜市で松坂牛、で久しぶりにお刺身、勿論台湾ビール。高雄の街の至る所に『流山児☆十二夜』の巨大ポスター、町を走る電車にも巨大イラスト、ホント―に高雄市政府の大協力に大感謝。高雄の演劇を大きく変えた日本シニア演劇RAKUの「旅」であった。

土砂降りの早朝、タクシーを拾い空港へ。早稲田の稽古場によるとピースリーディングの演出:木暮くんが、準備のため作業していた。

5月19(土)17時ピースリーディング公演@Space早稲田でお会いしましょう。
私達は元気です!!


私達は元気です!!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、植物、屋外




2018-05-10 11:46 この記事だけ表示

ご覧のとおり『流山児☆十二夜』初日は老若男女でいっぱいの「満員札止め」の客席となる。

圧倒的な拍手喝采であった。とにかく全編受けまくり。

かくして、楽塾=シアターRAKUの2度目の台湾公演は嬉しい幕開けになりました。優しくて暖かい高雄の皆さんに感謝。

とりわけ字幕翻訳のセンさんの力に負うところ大である。何回も直してくれて、高雄にも来てくれて初日を見てまた何か所も直してくれた。『義賊☆鼠小僧』『女の平和』『流山児☆十二夜』と続いてお世話になっている。大感謝である!

終演後、アフタートーク、でもって、呑み屋にバスで送ってもらい「初日祝い」であった。ピナバウシュカンパニーや園子温ら世界の演劇人、ダンサー、映画人らのサインが壁に書かれてるユーメイな店らしい。

高雄市副市長の乾杯の音頭で始まり、文化局の皆さんらとこれからの高雄の演劇について意見交換。シニア演劇についてのさまざま。やれることいっぱい。

とにかく、あと2日、全力で駆け抜けます。元気にいこうぜ、みなさん。


画像に含まれている可能性があるもの:4人、群衆、夜
2018-05-05 11:14 この記事だけ表示

あれから、たった2年の時の流れか?いまではトーキョーにいるよりタイワンにいる私である。すべては「ここ」から始まった。台北、嘉義、台中、台南、そして高雄と多くの友人が2年間で出来た。楽しき哉、わが人生である。

イーラン、真実さん、畝部の4人で初めて台湾嘉義に行った時の日記である。
これは、2年前のわたしである。

2016年5月2日

↓ ↓ ↓

いうことで、楽塾「女の平和」台北@台湾国立劇場公演を終えて、7月30(土)・31(日)」@台湾嘉義表演劇術センターでOUR COMPANYと流山児★事務所で「世界初演」する『台湾マクベス』のオーディションワークショップを5月2(月)〜4(水)開催することになった。

「龍山荘」という「改装中」の民宿に泊まり(外観はまるで廃墟です)、歩いて10分のところの嘉義懸表演芸術センターに暑い日差しを浴びながら通っている。

50余人の参加者たちと3日間のハードなオーディションワークショップ。
元気な演劇青年たちと「合宿」しながら楽しくやっている。
2日間で約半分に絞込み。明日でメインキャストのキャスティング。
一面の田園風景。とにかく心があらわれる日々です。なんかインドネシアにまた来た気分。

嘉義市は、台湾映画の名作「KANO」の現地。
小黒という名の若き芸術監督と一緒に、とにかく、面白いモノを作る。

メンバーがとにかく若い、こうなったら初めて「マクベス」に取り組んだ30年前に戻って徹底的にワイルドでアナーキーな作品にしてみようと思っている。振り付けの真美先生には楽塾に続いて付き合ってもらっている。

演劇渡世の行きがかりで始まったこのコラボレーション。ゼニカネではなく日本のアングラの生き様を見せる長旅である。ま、ほぼノーギャラに近いボランティア精神で台湾の若い演劇人と付き合えるのも余生としてはサイコーの人生である。感謝して仕事したいものである。それにしても『西遊記』インドネシア・タイツアーからノンストップで南洋に「いる」私たちである。

今日は、KANOの夜市にいってきました。これが凄い、靴屋さんのまえがたった10分で巨大な屋台村に変貌するさまに驚く!!



画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外
2018-05-04 10:14 この記事だけ表示

テレビ4社の共同インタビューを終えて、シニア世代の日本語学級でシニア演劇講座@高雄長青學苑

いいねえ、長青・・・・シニアではなく長い青春!

本週末即將登場的人生歌舞伎─《演吧!!流山兒☆十二夜》,70歲的導演流山兒祥和兩位創團演員67歲的礒志、63歲的杉山智子,特別趁演出前夕到訪高雄長青中心,與一群年齡60歲以上參加的日語課程長輩同樂。

分享交流會中,高雄爺奶們除了展現地主熱情歡迎外,更直接以日文流利的與在場導演演員交流,從創作、銀髮生活聊到高雄特色小吃,共同度過非常特別的午後時光!也相約週末一起進劇場一睹樂齡新風采!

特別感謝 高雄長青學苑


というわけで、シニア世代の日本語学級:高雄長青學苑のみなさんと討論面白かった。

この後は大学で1年生・2年生相手にレクチャー。
いやあ、忙しい1日であった。
夜は仕込み、照明、音つくり。

明日は場当たり。『流山児☆十二夜』台湾高雄公演まであと2日!!


画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
2018-05-02 21:29 この記事だけ表示

ということで、無事スタッフキャスト総勢23人、台湾高雄空港に到着しました。春天芸術祭のスタッフの皆さんのお出迎えを受けて劇場へ。舞台はほぼ完成していて、照明も釣り込まれている。荷物を降ろす。明日は仕込みの続き、明かり創り。夕方には場当たりに行けそう。

3年前の台湾国際芸術祭『義賊☆鼠小僧』、2年前の臺灣国立劇場新視点演劇祭『寺山修司の女の平和』上演の時もそうだったが、台湾の芸術祭スタッフ・劇場スタッフの協力ぶりには頭が下がる。よろしくお願いします。

音響のサポートは『台湾マクベス』の音響の健秀くん、良かった!よろしくね。衣装を楽屋にセッティングしてホテルへ。

今夜は皆さんフリータイム。
わたしは例によってホテル近くを散策。

武廟という寺の周りは夜市の趣き。
海鮮美食「武廟賓館」でメチャ美味いモノに出会う。
蛤と大蒜のスープ!凄味!
牛筋とセロリ炒めも絶品加えて牡蠣のお好み焼きときた。
台湾麦酒にぴったり。初めての高雄の夜である。

想えば、台湾とは長い付き合いである。

2006年?の『狂人教育』2009年『ハイライフ』の空前の大ヒットで台湾演劇界の「伝説」となり、その後、2015年『義賊☆鼠小僧』で再びブームとなり、2016年『女の平和』『流山児マクベス』2017年『流山児マクベス』@台中国立劇場、シビウ国際演劇祭招聘 と「全作品ソールドアウト」上演を続けている。はたして『流山児☆十二夜』は如何に?

終演後の5月7(月)には嘉義に移動、3年目のコラボレーション公演『嫁取り一牛車』稽古インである。

今年というか来年の春まで、ほぼ1年中、台湾に滞在することになりそうな予感である。6月には発表できそうだが、あと2本新作を台湾で演出する話が進んでいる。

決まったら日本のみんなに迷惑かけることになるが所詮、河原者「一宿一飯」の渡世の仁義を欠いてはならぬ、

塵芥のように「私の余生」を、どなたさんも気軽に使ってくれ!ってもんだぜ。







-0:01










再生169回

高雄春天藝術節 (Kaohsiung Spring Arts Festival)

爺奶們超萌❤️
流山兒領著樂劇團來到高雄囉!
跟大家說著大家好呢🙋🙋‍♂️
活潑開朗的笑聲直接渲染高雄國際機場
這個週末來總圖劇場欣賞表演囉!
點進來看資訊👉

《演吧!!流山兒☆十二夜》
流山兒★事務所 X 樂劇團
演出時間:5/04 (五) - 5/05 (六) - 5/06 (日)
演出地點:圖書館小劇場
購票資訊:ppt.cc/fu5r8x
節目資訊:ppt.cc/f3eU5x

2018-05-01 23:46 この記事だけ表示   |  コメント 0