公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

19(土)1日限りのSpace早稲田リーディングです。
待ってマース。

【全国同時多発ピースリーディング2018】
『すべての国が戦争を放棄する日』

作:石原燃 
上演台本・演出:木暮拓矢                                                    企画・実行委員:流山児祥

出演:いそちゆき、井村タカオ、江口翔平、河内千春、川本かず子、桐原三枝、才目謙二、坂井香奈美、佐々木想、佐野眞一、杉山智子、高野あっこ、武田優子、竹本優希、堂下勝気、成田浬、二階堂まり、橋口佳奈、原きよ、V・銀太、溝田勉、宮崎恵治、みょんふぁ(洪明花)、村田泉、流山児祥、渡辺修

日時:2018年5月19日(土)16時40分開場、17時開演
会場:Space早稲田 東京都新宿区早稲田町74ビューロー早稲田B1

入場料:入場無料・カンパ制

※ひょっとしたら夜追加公演アリ?

流山児祥扱い 予約⇒
https://www.quartet-online.net/ticket/201805ryuzanji…

予約・問合せ先:流山児★事務所03-5272-1785
[平日13時〜17時 5/14(月)はお休み ]

2018-05-10 13:43 この記事だけ表示

9日ぶりに5月9(水)夜、一時帰国しました。5月20(日)夜には、また、台湾嘉義に戻ります。

30年以上棲んでいる襤褸アパートに帰ると薔薇が満開であった。下の部屋も引っ越して、私だけが「大昔から」棲んでいることになったよ。

3週間に及ぶ「初」のシアターRAKU『流山児☆十二夜』ツアー。
得ることの多いツアーであった。

畝部、イーラン、そして「初」参加の諏訪創、甲津拓平、山下直哉、でもって『マクベス』の振り付け師:北村真実さんの7人でバスに乗って嘉義へと移動した。

遂に、3年目を迎える台湾OURシアターとのコラボレーションは新作書下ろし「嫁妝一牛車」原:作:王禎和 導演:流山兒祥 脚本:林孟寰、盧志杰。

12人の台湾を代表する役者たちと6月29(金)@嘉義懸表演藝術センター初日に向けて稽古開始である。人気漫才コンビ:イエンダ&カンカンも加わり、台湾の劇団では意欲的な2週間ロングラン!これじゃ、絶対にこけられない!おまけに10月には台北公演も決定しているのだ。

本読み、ほぼ全員台詞は入っている。すぐにでも立って稽古が出来る。
仮セットも出来上がっている。本読み後、わたしのイメージというかいつものように「妄想のアレコレ」を喋り、それにそって、わたしが絶大な信頼をしている振り付けのスーリエンに頼んでムービングのデッサンもやってもらった。流石、スーリエン!2時間で面白いモノを作ってくれた。拓平、山Pは中国語も台湾語もまったくわからないのでこの2ヶ月は大変なことに?!なりそう。がんばれ!加油!

役者が動いている間、美術、音楽、音響のスタッフ会議も同時進行。
稽古初日呑み会後、宿舎へ。

昨日から「役者ワークショップ」という名の稽古が始まっている。
先ずは役者たちがじっくり討論しながらじっくり創ることにした。
その後、演出部と一緒にとりあえずラストまで当たる。

わたしの演出は21(月)通し稽古を観て始める、それから1か月の稽古である。『流山児☆マクベス』もそうだったが、実に贅沢な2カ月の創作現場である。

それにしても、この2年間でOURシアターは驚異的なビッグカンパニーに成長している。去年のシビウ国際演劇祭に続いて今年はエジンバラフリンジに1か月間、国家助成で参加する劇団に急成長した。凄い事である。かれらの市民との協働作業を台湾の文化局が高く評価し活動を積極的にサポートしている姿勢には頭が下がる。

わたし(たち)に出来ることは「集団の演劇」「関係の演劇」の面白さとスタッフワークも出来る(それもまた芝居をつくること)劇団を台湾各地の若い演劇人たちに、徹底的に覚え込ませ、その「楽しみ」を体感共有することである。だから、今年の8月から半年間台北藝術大学の特任教授も引き受けたし、これからも出来る限りの事をやるつもりである。

来年は、日本の番である。私達の本拠地:スペース早稲田で台湾の演劇人と宮本研の『阿Q外傳』を創ろうと思っている。目指せ、アジアの流山児!である。
底辺で蠢く民衆の声を聞くための演劇をめざしもうすこしやれることをやるだけである。一宿一飯の演劇渡世だ、カネもメイヨもいらない、まだ、身体は動く、それでいいじゃん。オモシロいニンゲンが「ここ」にいる!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、高雄に帰り、半日熱い高雄の町を少しだけ観光、夜市で松坂牛、で久しぶりにお刺身、勿論台湾ビール。高雄の街の至る所に『流山児☆十二夜』の巨大ポスター、町を走る電車にも巨大イラスト、ホント―に高雄市政府の大協力に大感謝。高雄の演劇を大きく変えた日本シニア演劇RAKUの「旅」であった。

土砂降りの早朝、タクシーを拾い空港へ。早稲田の稽古場によるとピースリーディングの演出:木暮くんが、準備のため作業していた。

5月19(土)17時ピースリーディング公演@Space早稲田でお会いしましょう。
私達は元気です!!


私達は元気です!!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、植物、屋外




2018-05-10 11:46 この記事だけ表示