公演情報

流山児★事務所
韓国現代傑作戯曲上演

『満州戦線』
2018年7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
下北沢 ザ・スズナリ MAP

omte_foutline.jpg

日程
2018/7/11 (水)〜7/16 (月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催

予約: カルテット・オンライン

*************

■■■オーディション情報■■■
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者を募集します。
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)
 公演会場:座・高円寺1

詳細 エントリーシート

お問合せ*
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

大ヒット作品『オケハザマ』に続く流山児★事務所7月公演@スズナリは
「韓国現代傑作戯曲上演」シリーズ最新作。
2016年の演劇界の話題を呼んだパク・グニョン×シライケイタ『代代孫孫2016』コンビの最新作『満州戦線』

読売演劇大賞:杉村春子賞受賞の人気演出家:温泉ドラゴンのシライケイタが上演台本・演出します。


出演は俳優座:清水直子、温泉ドラゴン:いわいのふ健、初参加トラッシュマスターズ:カゴシマジロー、

そしてみょんふぁ(洪明花)、流山児★事務所の伊藤弘子、木暮拓矢の精鋭6人。

1943年の満州の首都:新京を舞台に「五族協和」を信じ、日本人として生きた朝鮮の人々の歴史に迫る最新作、ご期待下さい。

流山児★事務所7月公演
『満州戦線』
作:パク・クニョン 翻訳:石川樹里
上演台本・演出:シライケイタ
芸術監督:流山児祥

2018年7月11(水)〜16(月・祝) 全8ステージ
※7月13(金)14時の回 作家:パクグニョンを迎えてアフタートークあり。
前売:4000円、学生:2800円 高校生以下:1000円


5月25(金)前売り開始!!

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201807…


画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

2018-05-16 14:41 この記事だけ表示

いま読んでいます。
目から鱗の連続です。
ぜひ、みなさん読んで下さい。

「日本のある小さな村、旅回りの一座が去ったあと、必ずといっていいくらい、いく人かの後家が姿を消す、彼女たち、ほとんどの場合、十日もたたぬうちに尾羽うちからしたなりで舞い戻ってくるのだが、考えるに、いまわたしたちの演劇にもっとも欠けているのは、客たちが、芝居ーー役者でもいいーーに、うつつをぬかし、おもわず自分の生活を狂わせてしまうほどに強い、良からぬ、不埒な、妖しげな魅力ーーなのではあるまいか、と、ひたすらにそうおもう。劇場が芝居を創るのではない。芝居が劇場を創るのである。まぼろしの劇場ーーともあれわたしは、それにむかって、これからも芝居を書き続けるしかない。」1970年5月毎日新聞「まぼろしの劇場」より。

2018-05-16 14:37 この記事だけ表示