公演情報

流山児★事務所
韓国現代傑作戯曲上演

『満州戦線』
2018年7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
下北沢 ザ・スズナリ MAP

omte_foutline.jpg

日程
2018/7/11 (水)〜7/16 (月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催

予約: カルテット・オンライン

*************

■■■オーディション情報■■■
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者を募集します。
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)
 公演会場:座・高円寺1

詳細 エントリーシート

お問合せ*
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

というわけで、台湾南部の演劇特集・6日間演劇ワークショップが

7月17日(火)〜22日(日)@新宿芸能花伝舎で開催されます。

ぜひ、多くの皆さんの参加をお待ちしています。

わたしも、7月17(火)のレクチャー&シンポジウムに参加します。


自動代替テキストはありません。



国際演劇交流セミナー2018@台湾特集 参加者募集中!
 
”世界の演劇人と出会う”
<アジアの演劇を学ぶシリーズ> 
『台湾特集』
「ドキュメント演劇」―自分史から着想する5日間―
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
[全日程・会場]2018年7月17日(火)〜7月22日(日)
 会場=芸能花伝舎
[講師] 汪兆謙(ワン・ジャオチエン)、許正平(シュー・チェンピン)
 
台湾南部、嘉義を拠点として活動する汪兆謙(ワン・ジャオチエン)氏。
同じく台湾南部の台南で活動する許正平(シュー・チェンピン)氏。
北京語、台湾語という2つの言葉が混在し、国とは何か?を模索する講師たちが、自分が生まれた場所の物語とその物語に関する「ドキュメント」を用いて創作をする「ドキュメント演劇」。
今回は、そのプロセスを体験するワークショップです。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
<ワークショップ>
2018年7月18日(水)〜7月22日(日)
・7月18日(水)〜7月20日(金)18:00〜22:00
・7月21日(土)13:00〜17:00
・7月22日(日)13:00〜15:00、15:30〜16:30 創作発表会
 
2015年、阮劇団はヨーロッパのコンテンポラリードキュメント演劇の手法と台湾本土のドキュメンタリー映像を融合させたスタイルで、劇団初のドキュメント演劇作品『家の妄想』を発表。以降、他劇団や演劇フェスティバルとの共同創作で『禁区』、『使用禁止2.0』などのドキュメント演劇作品を製作。台湾の辺境地の人々、社会的弱者など、今まで主要メディアに注目されることのなかった人々の日常を取り上げ、彼らへの関心を喚起することを目指している。同時にこのプロセスや成果をもとに国境を越え、アジアでのドキュメント演劇の可能性と新たな展開の模索している。
今回の東京ワークショップでは、『見えない東京』をテーマに参加者と個人の生命や日常の経験と地方都市の課題及び歴史的観察をドキュメント(写真、映像、食べ物、歌、ニュース報道或いは案件)を媒体として紐付し、ドキュメント演劇の上演方法とスタイルを共に模索し、集団創作によるドキュメント演劇型の実験作品を作る。
※ 最終日(7月22日)は発表会を予定しています。
 
【参加費】5,000円(全日)/協会員 4,000円
【ワークショップ申込締切】7月6日(金)
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
<レクチャー@&シンポジウム>
7月17日(火)
・18:00〜19:00 レクチャー@「台湾南部の演劇の現状」
講師:汪兆謙、許正平
 
・19:00〜22:00 シンポジウム「これからのアジアの演劇について」
講師:汪兆謙、許正平
パネラー:流山児祥(流山児事務所)、大橋宏(舞台演出家、劇団DA・M)
 
【参加費】500円(レクチャー@&シンポジウム)/協会員無料
 
 
<発表会&レクチャーA>
7/22(日)
15:30〜16:30 創作発表
17:00〜18:30 レクチャーA「ドキュメント演劇について」
講師:汪兆謙、許正平
 
【参加費】500円/協会員無料
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
対象:実演家として舞台創作に携わる方
定員:10名程度(応募者多数の場合は選考あり)
 
詳しくは、チラシ画像をご覧ください。
 
【お申し込み・お問い合わせ】
一般社団法人日本演出者協会「台湾特集」係
e-mail jda.iad.info1@gmail.com
電話  080-3152-1182(担当:柏木)

2018-06-04 12:42 この記事だけ表示