公演情報

流山児★事務所10月公演
瀬戸山美咲(ミナモザ) :新作書き下ろし・演出
『わたし、と戦争』  

2018年10月17日(水)〜24日(水)
@下北沢ザ・スズナリ

MAP

17(水) 19:00
  18(木) 19:00
  19(金) 14:00
  20(土) 14:00 / 19:00
  21(日) 14:00★  
  22(月) 19:00
  23(火) 14:00 / 19:00
  24(水) 14:00

★ アフタートーク開催
 瀬戸山美咲、流山児祥
 ゲスト:長田育恵(てがみ座)

公演詳細

 

WEB予約◎  

201810.jpg


*************

◎流山児祥の大人のための演劇ワークショップ2018参加者募集!◎

【講  師】流山児祥(演出家・俳優・声優/日本演出者協会理事長)
【テキスト】寺山修司『不思議な国のエロス〜寺山版女の平和』ほか。              
【募集人員】20名限定 (先着順、お早目に!)
      40歳以上、経験不問、下記の「全日程に参加できる」方に限ります。

【日  程】2018年10月29日(月)〜11月4日(日) 1週間開催。
【応募開始】2018年9月1日(土)〜※定員に達し次第締切。
【参 加 費】30,000円

【発表公演】11月4日(日)15時・18時開演 ※開場は開演20分前
【場  所】Space早稲田

【お問合せ・お申込み】流山児★事務所 大人のための演劇ワークショップ係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60ー307
電話 03-5272-1785 Fax 03-3205-9170
Eメール

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

大好評、超満員の中標津ワークショップ、

子育てサポートネットる・る・る15周年記念事業『シベツ、シレッ、エトコ知床〜地の果てより〜』

7月29(日)@しるべっと大ホールでの上演を終えました。


大ホールの舞台に客席を創り観客・キャスト合わせて総勢220人余のヒトビトの「お祭り」になりました。

5歳から74歳の老若男女が「自遊空間」で飛び跳ねました。

終演後、る・る・るの松實さんの自宅でのバーベキュー打ちあげ、

キャストスタッフの歌声が夜遅くまで続く素敵でロマンチックな祝宴でした。

主役の少年を演じた明日香とあいの歌声に70歳のジイジは感動の極み。

「また、会おうね」と約束!!みなさん本当にお疲れ様でした。有難うございました。

30(月)早朝に起床、釧路空港まで学さんの運転で。
霧の釧路空港、札幌便は欠航だったが羽田行きはOK、なんとか帰京する。

トーキョーは暑い!!

2時過ぎから2019年2月@座・高円寺公演 

清水邦夫:作、西沢栄治:演出『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』のオーディション@Space早稲田。
25歳から74歳までの60人余の「ジュリエットたち」の応募者、いやはやこりゃ、大変である。

夜9時半までみっちり。流石に疲れ果てる。
が、その後龍昇、伊藤裕作さんと2019年・20年に企画している

新しい寺山修司プロジェクトの打ち合わせ。深夜まで。

本当にヘトヘトになった1日がやっと終わって帰宅。
オーディションは31(火)も続いた。面白かった!


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、バスケットボールコート

2018-07-31 23:17 この記事だけ表示

子育てネット:るるる15周年記念事業
ふれあい劇場「集楽座」
☆音楽劇☆
『シベツ シレッ エトコ知床〜地の果てより〜』
作:天井知代子
構成演出:流山児祥

2018年7月29日(日)しるべっと大ホール特設舞台
開演13:00(開場12:30)
※上演時間50分

入場無料(入場整理券が必要です)
●ふらりと中標津文化会館までおいでください!!
メチャクチャおもしろい「芝居」やってますよ。


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、オンステージ(複数の人)、靴、バスケットボールコート、室内
2018-07-28 23:13 この記事だけ表示

まだまだ、台湾ではなぜか『嫁粧一牛車』凄い事になっているようですよ!

うれしいニュースです。

台湾の「観客が選ぶ」PPT2018年の「半期ベスト10」の

第3位にOURシアター+流山児★事務所の『嫁粧一牛車』が「選出」されました。

これって、凄い事らしいです。

三谷幸喜氏の『ジキルとハイド』@台湾国立劇場公演などの「ヒット作」を押さえての「ベスト・スリー」の「快挙」。

みんな、本当に良かったね。来年夏から秋の「再演ツアー」も決まった?!そうである。

おれ、台湾に行けるのかな?

https://www.ptt.cc/bbs/Drama/M.1532092152.A.637.html

因みに、このベスト・テンに『嫁粧一牛車』と『戦国自衛隊』の2作で選出されて、

現在、台湾で最も高く評価されている作家・林孟褱の最新作

『同棲時間』が8月新宿モリエールで上演されます。

ぜひ、ご注目ください。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
2018-07-28 23:10 この記事だけ表示

【流山児★事務所次回公演のお知らせ】

シライケイタ+パク・グニョンの大ヒット作『満州戦線』に続いて注目の劇作家:瀬戸山美咲(ミナモザ)が
初めて流山児★事務所に新作『わたし、と戦争』 を書下ろし演出します。

初参加の林田麻里、円城寺あや、久しぶりの町田マリー、

16年ぶりに小林あやが劇団にカムバック!

魅力的な4人の実力派女優がスズナリの舞台で流山児★事務所と競演します!

ご期待下さい!!
前売り予約開始は8月24(金)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流山児★事務所10月公演
瀬戸山美咲(ミナモザ) 新作書き下ろし:演出
流山児祥:芸術監督
 
『わたし、と戦争』
 2018年10月17日(水)〜24日(水)
 @下北沢ザ・スズナリ

【出演】
若杉宏二
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
里美和彦
坂井香奈美
荒木理恵
五島三四郎
佐原由美
竹本優希
 ・
町田マリー
林田麻里
小林あや
円城寺あや

【あらすじ】
戦争が終わった。街へ帰還してきた兵士・ユリを待ち受けていたのは強烈なまでの日常だった。

地域に馴染めないユリは同じく帰還兵のマキとだけ話をして過ごしている。

ある日、ユリは家族に促されて足を運んだグループカウンセリングで、同じ部隊にいたリョウジと再会する。

ユリはリョウジも拒絶するが……。

The war is over. The soldier Yuri came back to her hometown and started her new life. The everyday life was extraordinary unusual for her, and she could not get accustomed to it. She cannot talk to anyone expect her friend Maki, who also went to the front. One day, Yuri got the group counselling as her families recommend, and she met Ryoji, who was in the same party as her in the war. Yuri rejected to talk to him at the first time, but…

【スタッフ】
舞台美術=杉山至
照明=沖野隆一(RYU CONNECTION)
照明操作=久保田つばさ
音響=島猛(ステージオフィス)
衣装=藤田友
舞台監督=森下紀彦
演出助手=石塚貴恵
稽古場スタッフ=橋口佳奈
宣伝イラスト=水谷雄司
宣伝美術=江利山浩二(KINGS ROAD)
制作=米山恭子

 【日程】
 2018/10/17 (水)〜24 (水)
  17(水) 19:00
  18(木) 19:00
  19(金) 14:00
  20(土) 14:00 / 19:00
  21(日) 14:00
  22(月) 19:00
  23(火) 14:00 / 19:00
  24(水) 14:00
  当日券の販売は開演の60分前より、
  開場は開演の30分前より
  ※アフタートークの実施予定 日程とゲストは後日発表

 ◎チケット発売日
  2018年8月24日(金)
  チケット 全席指定
  ・一般……4,000円
  ・学生、U25(25歳以下…2,800円(身分証明書提示)
  ・留学生割引……2,000円(身分証明書提示)
  ・はじめて割引……3,000円(1ステージ10枚限定)
  ・高校生以下……………………1,000円

 ◎チケット取扱い
  チケットぴあ0570-02-9999 (Pコード487-813)
  イープラス
  ザ・スズナリ TEL.03-3469-0511(予約のみ)
  流山児★事務所WEB予約

 下北沢 ザ・スズナリ
小田急線・京王井の頭線「下北沢」北口改札より徒歩4〜5分

自動代替テキストはありません。


2018-07-19 19:39 この記事だけ表示

【三十人のジュリエットオーディション7月21(土)締切です!】

清水邦夫:作『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者オーディションを行います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「清水邦夫まぼろしの作品とも言われる本作。

少女歌劇団という鮮やかな世界を中心に、それに翻弄される人々の人生を、滑稽さを交えながら、哀しみ鮮やかに描かれる。

そこに見えてくるのは、集団の崩壊と再生の物語。

「うたえ、自分の歌をうたえ!」この芝居の最後のセリフ。

そしてそれと呼応するように、足を踏み鳴らして踊るたくさんのジュリエットたち。

この激しく美しいラストシーンは、私たちの眠った闘争心を呼び覚ますように挑発してくる。

いま、世界は、未来に明るい希望など持てないのかもしれないが、この「再生」の物語を熱いメッセージとして、現代を生きる人々に強く投げかけたい。」(演出:西沢栄治)
 

【公演概要】

☆ 流山児★事務所公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥

◎ 稽古日程:2018年12月20日(木)〜早稲田、吉祥寺、高円寺
◎ 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)@ 座・高円寺1

【オーディション概要】

◎応募期間:2018年6月1日(金)〜7月21日(土)
*郵送、メール共に、当日必着

◎ 開催日程:2018年7月30日(月)、31日(火)の夜
      @Space早稲田

※応募資格:40歳以上(に見える)の女性で稽古、本番に参加可能な方 *役は「彼女たち」です。本作を読んでおいてください(ハヤカワ演劇文庫)

◎ 応募方法:応募用紙を郵送、あるいはメールにてお送りください。 書類選考の上、選考結果を7月24日(火)までにメールでお知らせします。

※ 流山児★事務所からのメール(mail@ryuzanji.com)が受信可能なメールアドレスをご記入ください。

*応募用紙(エントリーシート)は、流山児★事務所ホームページよりダウンロードしてください。
*郵送のみの方は、応募の際にその旨お伝えください。

 
******【お問合せ・応募先】*******
流山児★事務所 オーディション係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地ー307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

2018-07-18 19:05 この記事だけ表示

演劇界の巨人:浅利慶太氏が逝った。享年85

15年前、劇団四季が「自由劇場」をオープンした頃、なぜか何度かお会いして芝居の話をしたことがある。

浅利さんから「会いたい」と連絡が入ったのである。

劇場のこと、俳優の演技のこと、演劇界のこと、本当にいろんなことを教わった。

「俺は劇場つくりのプロなんだ」と語る浅利慶太は今まであった演劇人とは圧倒的にスケールが違っていた。

思想と生き方に裏打ちされた「気骨ある演劇人」で演出家、

もう一人の「演劇の巨人」=千田是也と出会ったときと同様の迫力を感じたものである。

それからしばらくの間、四季の作品を観まくって、劇場で減らず口をたたいたりしたものである。

調子に乗って「アジア難民演劇祭」を自由劇場でやれませんか?と、企画書を書いてお願いしたりもした。

自由劇場で唐十郎や寺山修司の作品をやりたいと浅利さんは当時、熱く語っていたものである。

また、当時、日本演劇センター構想を妄想していた井上ひさしさんと一緒に浅利さんと話した想い出も・・・・・

はるか、昔のことである。

はるか昔といえば、青山学院大学劇研1年生、2年生時代にアヌイやジロドゥや加藤道夫の戯曲をやった

妙に「甘酸っぱい青春の思い出」がある。

それは実に綺麗な言葉の数々であった。

で、寺山さんや唐さんにもその言葉の欠片は大きく影響を与えていたのである。

浅利さん、長い間本当にお疲れ様でした。
ごゆっくりお休みください。
合掌。



2018-07-18 18:54 この記事だけ表示

ということで国際演劇交流セミナー「台湾特集」@芸能花伝舎始まりました。

初日の17(火)はレクチャー&シンポジウム。大橋宏さんと久しぶりに会う、面白かった。

今日は、演出者協会の常務理事会を終えて虎ノ門の台湾文化センターへ汪さん、許さん、柏木さんと表敬訪問。

センター長とじっくりこれからの日台文化交流について話し合う。

さて、今夜からワークショップ開始である。


「見えない東京」ドキュメンタリー演劇ワークショップの5日間。


続きを読む
2018-07-18 18:52 この記事だけ表示

これも素敵な「劇評」です。

BY:渡辺修(俳優)

13日は流山児事務所「満州戦線」。アフタートークありということで、早めに予約。圧倒的豪速球の芝居と充実のアフタートークで、大満足。

本舞台を劇場中央に設置して、いつもの客席部分と舞台部分に新規に客席を設置している。
斜めに置かれた畳間と両壁側の煉瓦壁の瓦礫というシンプルな美術。キーカラーはくすんだ茶色、廃墟。

五族共和というスローガンを信じて張りぼて国家王道楽土の満州に新天地を求めて移り住んだ、日本人に成りきろうとした朝鮮人の青年たちの物語だ。

彼らの物語を三代下がった孫世代の青年(金田)が語り始める。

自ら進んで改名し、日本人というアイデンティティーを獲得するために繰り広げられる哀れで滑稽なほどの朝鮮人たち苦悩、苦闘、苦戦ぶりを、日本人が情熱的に熱演するというアイロニカルなねじれ。
生真面目に真剣になればなるほど笑えてしまうブラックユーモアの仕掛け。

この彼らが日本人になりきろうとするじたばた振りが、懸命であればあるほど滑稽に見えてくるブラックユーモア的な効果が、現在の日本人としての我らの「無知なる傲慢」であることも確かだ。
笑っている我らも同時に笑われていることに気付かされる。

作家はアフタートークで、アイロニカルな効果を狙って描いたわけではなく、ストレートな作品として書いたとおっしゃっていただけに、この物語を見る我らと彼らの意識の違い、切実さの違いは大きいのだろう。

満州国には当時かなりの朝鮮人が流入していたが、人口比としては9(漢)対1(日・朝・台)位の圧倒的な差。しかし、五族共和は名ばかりの日本人の一族支配に変わりはない。少数の裕福な上流階級の朝鮮人が日本人として支配層に入ろうとしたのだろう。残りの一般の朝鮮人達は、中国人にも日本人にも差別されていた。

舞台は、苦労して陸士を卒業して満州軍の将校として赴任する青年将校「飛鳥」の出発を祝う席から始まる。

彼らは、反日抵抗勢力を匪族と呼び、「朝鮮人は意思が弱く、怠け者。(略)いつも誰かに命令されて初めてイヤイヤ動くという悪い習性を持つ奴隷根性が染み付いている」といい放ち、公然と批判する善良な善き朝鮮人なのだ。

これを、日本人の事として言われても反論のしようがないではないか。

日本人の上司に裏切られ懐妊しながら捨てられる「芳江」に、以前から好意を抱いていた「飛鳥」が結婚を申し込むと、「ゴメン。朝鮮人は無理」と拒絶する。
この諧謔。
こうした捻れた思いに突き動かされた者達の善意やヒューマニズムや信仰は歴史の中でいとも簡単に踏みにじられる。
この善き人達はそれぞれにバラバラになり、不倫の子として生まれた子供は女性達に育てられる。

「飛鳥」のモデルは元・韓国大統領朴正煕。満州軍の高木正雄中尉として八路軍と戦い、終戦後は反共戦士として戦うわけだ。

こういう人達が、戦後の韓国の支配層として君臨しているのだというのが、作家の直球の勝負玉として僕らの胸に突き刺さる。

そして、もっと知らなければという思いにさせられる。

役者たちも演出も、戯曲の仕掛けに敢然と挑戦して清々しい複雑な傑作として僕らの前に見せてくれた。

2018-07-16 11:10 この記事だけ表示

全8ステージ「連日満員爆走」のパク・グニョン+シライ・ケイタ日韓の黄金コンビが

2018年夏の演劇界を震撼させている超問題作『満州戦線』

本日:16(月)14時 愈々千穐楽・終演です。

ここにニンゲンのドラマがあります。ふらりと、下北沢まで!
※あ、それから、昨日の毎日新聞に掲載されました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
流山児★事務所7月公演『満州戦線』
7月11(水)〜16(月)@下北沢ザ・スズナリ 全8ステージ。
パク・グニョン:作 
シライケイタ:台本・演出
流山児祥:芸術監督
出演:伊藤弘子・清水直子(俳優座)・みょんふぁ
カゴシマジロー(トラッシュマスターズ)・木暮拓矢
いわいのふ健(温泉ドラゴン)

※上演時間:1時間40分

本日:16(月)14時
※当日券は開演1時間前からザ・スズナリにて10〜15枚発売します。
 ふらりと、おいで下さい。03−3469−0511(スズナリ) 

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、伊藤 弘子さん、里美 和彦さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)


2018-07-16 11:09 この記事だけ表示

これも素敵な劇評です。
BY山下治城

「満州戦線(韓国現代傑作戯曲上演)」流山児★事務所(@ザ・スズナリ)


作:パク・グニョン、翻訳:石川樹里、上演台本・演出:シライケイタ、芸術監督:流山児祥。

最近、ニュースで朝鮮半島のことが何度も取り上げられている。平昌オリンピックとそれに伴う南北の対話。
さらには板門店での南北代表の会談を経て日朝が会談し、そして先日シンガポールで米朝の会談が行われた。

この日は、パク・グニョンさんがいらしたアフタートークがあった。当日券ギリギリで行ったらキャンセル待ち6番!
結局11名くらい入れたのでセーフだったが、会場は満員御礼で熱気があふれていた。奥と手前から一番下にある舞台を見るという構造になっている。

四角い12畳くらいだろうか?の少し高くなった場所が様々な場所に変化する。その周囲を移動する場所と規定し、上手には大きなレンガの壁が設置されている。

満州国を建国した時の歌が現在の大韓民国の国歌になっているとアフタートークで伺った。(驚)

日本が満州国を建国したのが1932年(昭和7年)のことである。それから終戦の1945年(昭和20年)まで満州国は続く。

現在の北朝鮮と国境を挟んだ北側の中国の一部が満州国である。この新たな土地に新たな国家を建国して!という大きな夢が当時語られていたのだろう!朝鮮半島から何人もの朝鮮人たちがこの国家に自分たちの未来の夢を見てやってきたのだろう!

朝鮮人でありながら相当の努力を重ね、満州国陸軍軍官学校に入って士官候補になった朝鮮人(カゴシマジロー)のお祝いの会からこの舞台は始まる。

この舞台はこの軍人を祖父に持つ現在は韓国で暮らしている青年(解説者)の口から語られるという構造で語られる。
軍服に身を固めゲートルを巻き、日本国(満州国?)のために命を惜しまないで忠誠を尽くした朝鮮人!

そこには、自己矛盾があるのではないか?
と思う方もいるかも知れないが、こうして同化していくことで自らを守り家族を守るということはおおいに納得が出来る。その際たる人物が満州国の朝鮮人の軍人として描かれる。彼は普通に朝鮮半島で暮らしている朝鮮人とは志が違うと馬鹿にし、ここにも同じ民族同士でいがみあう現実が描かれる。満州国に移住してきた朝鮮人たちはこのような意識高い系だったのだろうか?それともこの家族がそう描かれたのか?

パク・グニョンは戯曲を書くにあたって多くの人に取材してこれをお書きになったらしい。

アフタートークで聞いて知ったのだが、ここで描かれていることは過去の韓国の元大統領の独裁政権を批判するような
内容も含まれているので、当時、韓国政府から助成金を停止されたり、上演自体が難しくなることなどがあったらしい!

この舞台のラストシーンは衝撃的!!

軍人だった祖父と、彼をめぐる三人の女性の物語を中心に進んでいく。軍人の妻の芳江役のみょんふぁ(洪明花)がいい!彼女が青年(解説者)の祖母である。アフタートークでは彼女が通訳を務めた!

流山児さんが語っていたが現在、演劇界でも南北の合同企画などが草の根で始まっているらしくこうしたことを通じて「統一」に向けての動きが実際に現場レベルで始まっているということを知った。日本のメディアが報じてくれない事実がこうしてあるんですね。

上演時間100分。16日まで。

2018-07-15 09:56 この記事だけ表示