公演情報

『腰巻お仙 振袖火事の巻』
 
作:唐十郎 
 演出:小林七緒


2018年
12月4日(火)〜16日(日) 
会 場 Space早稲田

201812.jpg

【出演】
祁答院雄貴
山丸りな(流山児★事務所)
江口翔平(StudioLife)
原田理央(柿喰う客)
山下直哉(流山児★事務所)
星美咲(流山児★事務所)
伊藤俊彦
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
眞藤ヒロシ
佐野陽一(サスペンデッズ)
森諒介(流山児★事務所)
中原和宏
大久保鷹


チケット予約

公演詳細

 

*************

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

これが「藝大版☆十二夜』のメンバー。

14人+アンダースタディ+演出助手のウエイウエイ+通訳のシゲちゃん。19歳から31歳までの役者達。こちらでは「教施節」というお祝いがある。3週目、やっと5回目の稽古を終えたら、全員から「先生、有難うございます」の声、演出助手のウエイウエイから似顔絵つきのカード、大学からはプレゼント。月餅も。で、みんなで初めての記念写真がこれである。

来週からとりあえず、本格的に「稽古」したいが、まだ、振付も歌唱指導もいっぱい残っている。あせらない、あせらない。これは「稽古」ではなく「授業」なんだから・・・といつも言われてる。ダメ出しと宿題をイッパイ出して深夜近く今週の「稽古」を終える。

終わりごろ、スタッフが入ってきて關渡芸術祭のイベント用の仕込が始まった。

29(土)夜、關渡芸術祭のオープニング、台北芸術祭参加の、柴幸男:作・演出『わたしが悲しくないのはあなたが遠いから』を戯劇廳で観る。舞踏廳でも同時開催。両劇場の芝居がシンクロしている。私の見た芝居は「女優の一人芝居」をメインにしたもの。後半には・・・・。

芝居を観終わって、アポン先生と立教大学の細井先生と嘉義の豆花を食す。嘉義を思い出した。
細井先生の琉球舞踊の話と中国の地方劇の話で盛り上がる。
川劇、越劇、歌仔戯、で沖縄の大衆演劇の話も。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

2018-09-30 13:20 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児★事務所10月公演@下北沢ザ・スズナリ 
10月17(水)初日に向けて絶賛稽古中です!
初日まであと18日!!
わたしも『藝大版☆十二夜』を自主稽古にして
台湾より一時帰国します。

☆アフタートーク開催☆ 10/21(日)14:00の回 
瀬戸山美咲、流山児祥
※ゲストに、てがみ座の長田育恵さんをお迎えします!

☆まだ全ステージ「余裕あり」前売り券のお求めはお早めに!
⇒[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201810


自動代替テキストはありません。

2018-09-29 13:08 この記事だけ表示   |  コメント 0
九份から海を臨む。
ホウ・シャオシェンの名作『悲情城市』の名シーンを思い出す。『悲情城市』は、日本統治時代の終わりから、中華民国が台北に遷都するまでの台湾社会がリアルに鮮烈に描かれている。公開は台湾の戒厳令解除から僅か2年後であり「二・二八事件」が公に語られることは多くはなかった。舞台となった九份は、この作品の成功によって台湾でも屈指の観光名所となっている。

仲秋の名月。
ランタンフェスを見て九份に寄り宿舎に帰った。
夜空に舞い上がる無数のランタンは限りなく美しかった。

で、昨日はディレクターコースの授業。
村上春樹の短編を劇化する7人の演出家の演出プランのプレゼンテーション。みっちり4時間。
いやあ、面白かった。それぞれの「視点」がはっきりしている。ただし、やはり社会性が希薄。といっても半数の学生が台湾の過去・現在・未来とテキストをシンクロさせて構成している。会話劇です!僕の芝居は観客と対話しません!という演出家以外は様々な方法を使ったモノになる。

次週は美術プラン、台本提出は10月16日。
で、『杏仁豆腐のココロ』の稽古が始まるイーランと一緒に大学の近くの駅前でタイ料理。美味、ワインを開ける。チョン・ウィシンも台北にやってくる。柴君も今朝、レストランで会うと絶賛仕込中とのこと、明後日は初日である

さて、『藝大版☆十二夜』今日はスーリエン振付4回目である。
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然

2018-09-26 12:04 この記事だけ表示   |  コメント 0

はい、今日は娘の麻央一家が台北に遊びにやってきました。


夕方、士林で待ち合わせ、夜市へ。
孫娘の紗耶香と香乃とジイジです。


凄い!2人とも、ちゃんと、ボール投げと投げ矢で見事にスヌーピーとラスカルをゲットしました!!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、室内

2018-09-24 01:14 この記事だけ表示   |  コメント 0

というわけで國立臺北藝術大學戲劇學院2018冬季公演
《第十二夜》前売り開始しました。

昨日は歌唱指導4時間、半分当たる。夜から、所謂芝居の稽古3日目である。なんとか半分を超える。ということで(何が?)・・・21時半からゴーインに1時間近く「粗く繋いで」みた。稽古3日で!

めちゃ、面白いじゃん、自分で言うのも何だが、メチャクチャの度合いがかなり凄い事になって面白いのである。これって、自動筆記のオートマティスム?ま、ラフ・デッサンだから面白いし、若い「集団のエネルギー」が全く整理されていないから面白いのだが・・・・。ほんとは「これでいい」ジャンであるんですが・・・。

ま、この調子で暫くは粗くデッサンしてゆくつもりである。
来週もスーリエンの振付、歌唱指導で半分、芝居中心の稽古は2日。先生、これは「稽古」じゃなくて「授業」ですよ、・・・というのがどうも、わたしには、である。

明日、娘の麻央一家が台北にやってくる。九份に行くそうである、十份はランタン祭りやってるよ。士林の観光夜市で孫娘2人とジイジは遊ぶ予定。中秋の名月で構内でもお菓子が販売されている。ティーチャーズ・デーは孔子の生まれた日だって。という事で大学からプレゼント。もちろん、ケーキももらったよ。

台北に来てあっという間に2週間が過ぎた。東京は10月@スズナリ公演『わたし、と戦争』(瀬戸山美咲:新作・演出)、快調に稽古中との事。絶賛予約受付中です。

前売り券のお求めはお早めに!
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201810


画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
2018-09-22 11:52 この記事だけ表示   |  コメント 0

台北藝大のマスコット牛の背中に鷺が2羽とまっている。
今日も台北には暑い日差しが降り注いでいる。

構内を出て、歩いてクワンド駅近くまで下りる。
郵便局でキャッシュカードを作り、スーパーで買い物。

近くの鯉料理の店で巨大な泳ぐ鯉をみていると、
老歌演唱のちっちゃなチラシが貼ってある。

淡水で歌っている老歌手:リー・ピンフェイのライブのチラシである、2015年『義賊☆鼠小僧』@台湾国立劇場でわたしが歌った「流浪到淡水」の名歌手のライブ!観たいなあ・・・

あれ、柴君の芝居とぶつかってるじゃん・・・どーしよう♪ホッタラ ホッタラ  である。

『藝大版☆十二夜』今日は、柯智豪の歌曲を歌唱指導の先生が来て歌のおさらい。でもって、そのあと、ほぼ半分のトコロまで当たろうと思っている。

来週中には「粗ーく」全体を当たってみる。でもたった4回で行けるのかいな?

ま、役者と一緒にこのテキストを「どーしょうか?」といったアレコレ・・・である・・・と、おもうことにした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、空、屋外、自然

2018-09-21 13:27 この記事だけ表示   |  コメント 0

ということで『藝大版☆十二夜』稽古2週目にして芝居の稽古2日目。あくまでも、振付師や音楽稽古のスケジュールを優先して、芝居の稽古はやれる時にやるという事で。。。。で、今日はScene4から7まで、快調に飛ばしています。役者は大変だけど。。。。うん、これでいい。明日もきちんとやれる。

で、今朝、チラシも出来上がりました。なんかなあ?って感じ。11月公演『ハムレット』と裏表の両面チラシ。             『ハムレット』のポスターも貼られているが『十二夜」は11月になったら・・・らしい。

いままで楽塾で4回『十二夜』を創っているが、今回は「全く違う」ニューバージョン。台本も台湾の作家が加わって面白いモノに。

なによりも「若いエネルギー」を爆発させる『恋の疾走喜劇』に仕立て上げようと思って稽古初日からかなりギアをあげて飛ばしている。

振付は最強のスーリエン、明日は歌唱指導の先生のじかんもみっちり。多くの才能たちと共にやりたいことをハチャメチャにやろうと思っている。学生にとっては「授業の単位」だが、芝居馬鹿の私にとっては「面白い実験の場」であり、若いやつらとどこまで本気で付き合えるか?ということである。

嘉義のOURシアターと付き合って3年半、学生と付き合う半年、台湾演劇人との4年間のコラボレーションの集大成にするつもりである。

稽古場の前にひょっこり『マクベス』と『嫁取り一牛車』の主役のポンポンが「おはよう!」と言って現れた。芸大でほかのプロダクションの稽古をやってるとのこと。世間は狭い。明日も、急がず、あわてず、じっくり学生たちと面白い『十二夜』を創る!!



画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、座ってる、木、テーブル、屋外、自然
自動代替テキストはありません。

2018-09-20 23:24 この記事だけ表示   |  コメント 0

◎大人のための演劇ワークショップ参加者募集中です◎

*2018年も「寺山修司の戯曲」を使って遊びましょう*

【講師】流山児祥(演出家・俳優/日本演出者協会理事長)

【テキスト】寺山修司:作
『不思議な国のエロス〜寺山版女の平和』ほか。              
【募集人員】20名限定(先着順、お早目に!)
40歳以上、経験不問「全日程に参加できる」方に限ります。
 
●ワークショップ最終日は発表公演です。
●このワークショップは中高年劇団=シアターRAKU「オーディション」も兼ねています。

*シアターRAKUは2019年5月3(金)〜5(月)@下北沢本多劇場、10(金)〜12(日)台湾台南で寺山修司:原作、流山児祥:演出『寺山音楽劇☆女の平和』上演予定。

【日程】2018年10月29日(月)〜11月4日(日) 

【稽古時間】10月29日(月)〜11月1日(木)は18時〜22時
      11月2日(金)〜4日(日)は12時〜21時

【発表公演】11月4日(日)15時・18時開演 
 ※開場は開演20分前

※各ステージ60名様限定。
※入場料:1000円
※18時の回終演後、打ち上げ合評会アリ。

【場所】Space早稲田                 【参 加 費】30,000円
【応募方法】流山児★事務所にお申込みください。
@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)
*シアターRAKU、流山児★事務所入団希望の方はお書き添えください
【応募期間】2018年9月1日(土)〜10月24日(水)
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

【問合せ・申込み】流山児★事務所 
162-0045 新宿区馬場下町60 まんしょん早稲田307
電話 03-5272-1785 Fax 03-3205-9170 Eメール

2018-09-20 01:13 この記事だけ表示   |  コメント 0

というわけで、来週、柴幸男:作・演出

『わたしが悲しくないのはあなたが遠いから』が9月28(金)〜30(日)まで台北藝術大学戯劇廳と舞踏廳の2劇場で上演。

「半分しか観れない演劇」?テラヤマさんみたいだね・・・じゃ、ないか?

ちなみに、柴君はわたしと同じ宿舎で上の階に住んでいる。もう、2か月近くになる。それにしても多くの日本の演劇人が台北に「いる」ようになった。いいことである。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

2018-09-19 14:02 この記事だけ表示   |  コメント 0

はい、というわけで台北藝大演出家コース4か月実習(週一回火曜日4時間)が、

本日スタートしました。テキストは村上春樹の「蛍、納屋を焼く、その他の短編」

7人の若い演出家たちとの長い旅がはじまりました。

今日はながーい自己紹介とテキストに関する感想。

来週は台本提出、討論。次の週は美術プラン提出と討論。

その次の週は衣装・音楽・映像・照明プラン。

でもって、演技・振付ステージングプランと続いて各チームの進行度合いの報告と討論。

リハーサル@。リハーサル2.

でもって1か月の稽古を経て、2019年1月7日から13日まで2ステージずつの上演発表となる。

どいつもこいつも一癖のありそうなイイヤツラである。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、りょうけい しんさん、莊衿葳さん、吳子敬さんなど、、スマイル、室内

2018-09-19 00:13 この記事だけ表示   |  コメント 0