公演情報

『腰巻お仙 振袖火事の巻』
 
作:唐十郎 
 演出:小林七緒


2018年
12月4日(火)〜16日(日) 
会 場 Space早稲田

201812.jpg

【出演】
祁答院雄貴
山丸りな(流山児★事務所)
江口翔平(StudioLife)
原田理央(柿喰う客)
山下直哉(流山児★事務所)
星美咲(流山児★事務所)
伊藤俊彦
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
眞藤ヒロシ
佐野陽一(サスペンデッズ)
森諒介(流山児★事務所)
中原和宏
大久保鷹


チケット予約

公演詳細

 

*************

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【緊急告知:今すぐ予約!!】流山児祥の大人のための演劇ワークショップ発表公演2018
 テキスト『寺山歌劇☆女の平和』構成演出:流山児祥 ◎上演時間50分(予定)

11月4(日)15時、18時@Space早稲田(地下鉄:東西線早稲田駅1番出口右へ1分】
※各ステージ60名様限定入場料:1000円

2018-10-30 15:42 この記事だけ表示   |  コメント 0

いよいよ、本日より、恒例の「流山児祥の大人の為の演劇ワークショップ」です。

シアターRAKUのオーディションも兼ねるシニアワークショップが、今回も全国から女性13名、男性5名が集まり始まりました。

初めての方も、リピーターの方も居て、初日だから、基本的にはじっくりやろうと思っていたんですが、急にスイッチが入りキャスティング、粗立ちで2章まで一気に当たる。

で、星美咲の振り付けでトップシーンの踊りと歌のデッサン。

とにかく、日曜日の発表会まで1週間、カラダに気を付けて楽しみましょう。

あれ、ハッシーのやつ、もう照明仕込み出したよ。明日は、佐原がセットも作りそう?

『寺山歌劇☆女の平和』面白くなりますよ!!
11月4(日)15時、18時 @Space早稲田発表公演です!!

※流山児★事務所「新人」ご希望の方の稽古場見学は随時受け付け中です。

今日も台湾の演劇人が一日見学していました。

北京からの演劇人も週末にはいらっしゃいます・・・国際色豊かないつもの稽古場です。


画像に含まれている可能性があるもの:1人
2018-10-30 00:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児★事務所『西遊記〜JOURNEY to the WEST〜』そして、『RAKU歌舞伎☆十二夜』でお世話になり、一緒にワークショップもやった津市芸濃町の皆さんが、ついに「町民劇団」を旗揚げします。いやあ、5年間でアングラの聖地が文字通り「芸能の町」「芸濃い町」になりました。みんな楽しんでね!!

観に行きたいなあ・・・叶わず、残念!こっちも、ワークショップ公演@Space早稲田頑張ります。

11月3日(土)午前11時〜@芸濃総合文化センター

2018-10-30 00:12 この記事だけ表示   |  コメント 0

はい、4年ぶりに寺山修司の『不思議な国のエロス』を原作にした『寺山歌劇☆女の平和』のシニアワークショップが来週:29(月)から11月4(日)@スペース早稲田で「怒涛の1週間」です。

近年は、ホントに多すぎる参加者で大変だったので、今年は20人未満!でしかやらない、と宣言し、きっちり、参加者18人です。完璧!サポートは佐原、星、橋口の最強トリオ。男性:5人、女性:13人。で、きっちり今夜「台本」、書上げました。

おもしろいモノに仕上げましょう。
よろしくお願いします。

RAKUのアジアの代表作に創り上げようと、明日、明後日が本読み・キャスティングです。

2014年、2016年版とも「全く違う2018年版テキスト」になってます。

キャストも大幅変更!!ほぼ、新作になります。

寺山修司の『不思議不思議な国のエロス』というテキストを使って「まったく違う」3作目が出来上がる。

これって、実は、凄い事だぜ。

きちんと、がんばろう。


自動代替テキストはありません。
2018-10-28 02:06 この記事だけ表示   |  コメント 0

その唐十郎ルネッサンス第一弾が初期の名作『腰巻お仙』です。12月寒風吹きすさぶ早稲田を熱く燃え上がらせます。
若手の人気女優:山丸りなそして、山下直哉、星美咲、森諒介が、曲者精鋭陣の役者たちと共に唐戯曲に挑みます。
柿喰う客の原田理央、スタジオライフの江口翔平も参加します。若手の競演にご期待下さい。

1969年の西口公園事件の初演に出演した紅テントの名優:大久保鷹も特別出演します!

早稲田の小空間でわたしたちは唐十郎の初期戯曲と3年間にわたって「格闘」を続けます。

※なお、流山児★事務所では唐十郎作品に出演したい「骨のある新人男優」を募集中です。

ぜひ、劇団の門をたたいて下さい。

唐十郎演劇をアジアに!日本各地の街中に!が合言葉。
日本のシェイクスピア、現代の鶴屋南北、それが唐十郎です。

「さわるとやけどするよ!」

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/koshimaki?m=0abjgca


自動代替テキストはありません。

2018-10-26 16:50 この記事だけ表示   |  コメント 0

今年は、唐十郎作品に真摯に取り組む年の始まりです。
12月公演『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』
愈々、10月29(月)稽古開始です。

「アングラ」の前に「実験」があった。
イイコトバである。実験劇場と唐十郎展@明治大学駿河台キャンパス図書館ギャラリーで28(日)まで開催中。

いま、書店に並んでいる「文藝冬号」の唐十郎の幻の小説:処女作?「懶惰の燈籠」(42枚)、シナリオ「幽閉者は口を開けたまま沈んでいる」(64枚)面白い、一気に読ませる。
唐十郎の古層がここに「ある」

ぜひ、皆さん読んで下さい。

※なお、流山児★事務所では唐十郎作品に出演したい「骨のある新人男優」を募集中です。

ぜひ、劇団の門をたたいて下さい。


画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

2018-10-26 16:48 この記事だけ表示

流山児★事務所10月公演@スズナリ
瀬戸山美咲:作・演出『わたし、と戦争』連日、満員好評のうちに、本日、8日間10ステージ無事終演しました。

多くのお客様のご来場に劇団員一同、心より御礼申し上げます。スタッフ・客演の皆さん、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。

次回公演は唐十郎:作、小林七緒:演出
『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』です。
今度は、12月、Space早稲田でお会いしましょう。

画像に含まれている可能性があるもの:11人、、竹本優希さん、伊藤 弘子さん、五島 三四郎さん、林田 麻里さん、里美 和彦さんなど、立ってる(複数の人)


2018-10-25 18:34 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児★事務所10月公演『わたし、と戦争』
は、終演しました。
が、様々なる絶賛の「劇評」が次々と寄せられています。
ほんとうに、ありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●【わたしと、戦争】 寺山修司さんの作品を演ったりする劇団なので、どちらかと言うと演出とか構成に感じることが多いのですが、今回は物語にドップリでした。 毎回、あの手この手で帰り道に充実した気持ちになっちゃうんだ。

●そう遠くない未来にもし戦争があって、もし帰還した人たちが、どんな日常生活を送るのか なぜか身近に感じるってことが、今の時代の流れみたいなものを、現在の立ち位置みたいなことを嫌でも見ちゃったという思いがぬぐえません 素敵な演出、役者、セットでした。

●流山児事務所「わたし、と戦争」急遽思い立ち予約してからの観劇、観に行けて良かった!安田純平氏解放の報と合わせ色々と考えてしまった。

●演者さん達の演技はもちろん、音響や場面の切り替わりもすごくてひきこまれました。いつの時代でもその人が経験した中で、人間の精神や想いは本当に深いなと思う。その中でも環境や人の力で救われたり、変われること。

●[わたし、と戦争]を観劇しました。 言葉にするのがとても難しい… とても考えさせられる内容でした。 生きている役者から目を背けたい… だけど背けてはいけない… 様々なことを様々な角度から考えさせられる舞台でした。 見にいくことができて本当によかったです。

●瀬戸山美咲さん作・演出「 わたし、と戦争」戦後の話かと思いきや、日本の近未来。クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」を思い出す。終演後、拍手を送り続けながらもリアルと感じてしまった自分に混沌とした想いが残る。政治家さん必見。

●流山児事務所の「わたしと、戦争」瀬戸山美咲 作 演出を見て来た。テンポがとても早く、飽きさせない。魅力的なキャラがたくさん。だから、楽しかったというか。役者がみなよかった。瀬戸山作品は、また、見たい。

●戦争にはこんな一面もありえるんだと、しみじみ味いながら帰ってきました。最後の二人の笑う場面が目に焼き付いた公演でした。

●「わたしと戦争」後ろから二番目とか三番目の席で不安だったが、セリフ、言葉がとても明瞭に届きました。作家の言葉の選び方と、俳優の言葉へのこだわりのせいもあると思います。パワーだけではない流山児★事務所を感じることができました。

●戦争ものはだいたい過去か遠い国が舞台になるから油断してた。現代で兵役があったら…、私はどうするだろう。鼻水垂れ流しながらの観劇でした。

●流山児★事務所「わたしと、戦争」観劇 戦地から帰還した元兵士たちの葛藤。 強い想いとメッセージを確かに感じ取りました。

● ラスト直前のユリ、ジャケットを抱きしめ脱いでいく姿は、迷彩柄の繭から羽化していくようで凄く胸打たれる大好きなシーンです ・「それは僕が考えることです。勝手に決めないでください」大きなキーワードだと思う 皆がそれを言えたら・・・。

●最後、帰還した女性は病気を受け入れお見合い相手と会うのだが、そこで和やかに友達から始めようと話し、お互いに笑い合う。ああ、良かったなぁ〜と思ってた矢先に飛行機の音。また彼らと同じように戦地へ向かう若者達の飛行機の音。暗転。
この場面で鳥肌がたった。完全に不意を突かれ気持ち悪くイヤーな気持ちになった。初めて舞台で感じる嫌悪感で、それも楽しめた。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、五島 三四郎さんを含む、立ってる(複数の人)、屋外



2018-10-25 18:26 この記事だけ表示   |  コメント 0

この3つの「劇評」も素敵です。

@BY林英樹(演出家「紛争地域の演劇」プロデューサー)

12月の「紛争地域から生まれた演劇10」の『これが戦争だ』(モス・ハナコビッチ作、生田みゆき演出)は、詳細は語れないが、実際に紛争地域に派遣され、多数の自殺者や心的後遺症を抱えるカナダ軍帰還兵たちの現実をもとに創作された作品で、過酷な戦場の現実に直面する女性兵士が登場する。

そんなこんなを思い起こしつつ『わたしと、戦争』を観た。地域はもはや特定の「地域」ではない。日常(銃後)と戦場は様々なレベルで繋がっている。見えにくいだけだ。日本は「そこ」から遠くにあるわけではない。沖縄からアメリカ軍の海兵隊はイラクにアフガニスタンに出撃した。日本も派兵している。

ABY 田村直大

作中では、現代日本に似た世界での帰還兵たちの生活が描かれ、平和な日常に適応できない、腫れ物に触るように扱われる様子が描かれます。
それは、BS世界のドキュメンタリーなどで観たイラク戦争やベトナム戦争の帰還兵のPTSDの話に材を取ったのかもしれませんが、それが現代日本で繰り広げられることは、誰もが想像せず、したくもないはず。画面の中の戦争の延長である画面の中の出来事として認識していて、身近なものとしてはぼくらは捉えていない。
ぼくらにとって「身近な」「戦争」といえば、まずそれは太平洋戦争でしょう。
それはぼくらの父祖が体験したと言うことだけではなく、朝ドラでいつもやってるから。
ただ、それはそれで、二度と繰り返してはならない忌むべき過去のものとして扱われるものでもあって、現代を生きるぼくらに身近なものとは言えない。
ただ、戦争は決して過去のものではなく、武力行使は世界のどこかで。経済戦争やIT技術による侵略のように、人があまり死なないかたちで起こっている。直接的に命の危機を脅かされることがなくても、戦争は「わたし」のすぐそばにある。
なのに、それを語る言葉をもたない。
ぼくらは、この作品のように、もっとカジュアルに、現実的に、現代的に、冷静に、戦争とそれがもたらすものについて、話して語らって認識しておく必要があるのではないかと思った。それは平和を愛し、未来を語らうのと同じくらいの比重にで。
そういう意味で、この作品の、重い題材だけど軽みのある演出、何気ない日常芝居だけれども意味づけが濃いところは絶妙なバランスで、切れ味よくまとまっていると思う。

印象に残ったところを細かくみていくと、
テーブルの向きで場面転換を現すのが、シンプルで効果的で気持ちよかった。
なんとテーブルが水辺にもなっちゃったりして。

ある意味でクライムサスペンスのような趣で、薄氷を踏むようなハラハラする空気感、ちぐはぐさを組み合わせて突貫工事したような話のなかで、メイントリックのヒント(この手の作品ではお決まりの場面)がでてからはもう畳みかけるようにクライマックスまで雪崩れ込んで、すっきり見られた。
カウンセラーの人の必死な様子も、最後まで見れば納得しようというもの。
ラストシーンがまたコメディタッチでもあり、さわやかでよかったなー。あの人には幸せになって欲しいと素直に思った。

B BY西山水木(女優・演出家)

温泉ドラゴン の「THE DARK CITY 」と 流山児★事務所 の「わたし、と戦争」が一対になって、まだ頭の中にこだましている。

劇場やセットや俳優の雰囲気が似ていたからかな?オムニバスみたいに呼応するお芝居の世界に観客としてどっぷり浸かってしまった。

俳優たちの戯曲の理解度が公演の質を上げるんだなあってつくづく思いました。そして真実はただのリアルな役の描写では伝わらないな。外連やデフォルメに託されることが多いなって思いました。

安田さん解放のニュースに接して観た「わたし、と戦争」は生々しく臨場感に溢れ… 町田マリー さんにはうなされそうでした。

劇中何度も繰り返される「あなたは戦争を知らない」と科白を吐く俳優も戦争を知らない。というメタに希望が輝いていました。そう、日本人は戦争をしない事を選んでる!


自動代替テキストはありません。



2018-10-25 18:24 この記事だけ表示   |  コメント 0

これもまた、素敵な「劇評」です。
BY才目謙二

 まるでギリシャ悲劇のようだった。作・演出=瀬戸山美咲さんならではの緊張感あふれる壮絶対話劇『わたし、と戦争』

 観劇してまず思ったことは、本作を「心理劇」の枠でくくったり、主人公たちの葛藤の劇に還元してはならないということである。確かに、劇は、心や身体に傷を負った戦争帰還者を主人公とし、その癒やすべくもないトラウマや、家族・友人・戦友たちとの葛藤を緊迫した対話で描く「心理劇」の体裁をとる。

 しかし、どこの国でどこを敵とする戦争なのか、「戦争」の具体は描かない。しかし、架空の戦争でない。劇作家・演出家は「もし戦争が起こったら(憲法が変えられ日本が戦争に巻き込まれたら)こんな事態になる」と警鐘を鳴らしているのではあるまい。

 観客が持つ人生の様々なトラウマまでも起動させ総動員させた劇的想像力の中に、「今まさに起こっている戦争」を立ち上がらせたかったのではないか。

 今わたしたちはすでに「戦争状態」の中にいる。21世紀、この革命なき世紀において「世界戦争」はすでに起こっているのだ。本作はすでに勃発している21世紀の戦争をある帰還兵の目から描いているのだ。

 対話劇の体裁をとりつつ劇作家・演出家が本作において立ち上がらせた世界観をいかに共有するか、あるいはいかに応答するかが私たちに課せられた重いテーマとなろう。

2018-10-25 18:22 この記事だけ表示   |  コメント 0