公演情報

流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾
新宿オペラ「由比正雪」

作⦿唐十郎
演出⦿流山児祥 

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

会場⦿Space早稲田

 

騒乱の1968年、オリンピック後の閉塞感を打ち破るように状況劇場は新宿花園神社に紅テントを翻し、唐十郎の唯一の時代劇『由比正雪』をロングラン上演。熱狂的に支持され大島渚監督『新宿泥棒日記』にも舞台シーンが挿入されるという大ヒット。反権力的でアナーキーなアングラ文化の象徴となった紅テントはこの芝居を最後に「新宿見たけりゃ、いま見ておきゃれ、じきに、新宿灰になる」と捨て科白を残し、花園神社を去る事となる幻の名作。



流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/
 

************

⦿6月1日(土)
スペシャル・イベントあり!⦿


●大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡
(早稲田〜榎町〜神楽坂界隈)
 6/1(土)14時Space早稲田出発!!

●大島渚監督 映画『新宿泥棒日記』上映会
(創造社/1969年/(C)大島渚プロダクション)
 6/1(土)16時 上映スタート
 会場Space早稲田
 入場料 1,000円

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2018年は、毎月のように「新作」を創る年となった。しりあがり寿、林孟寰、パク・クニョン、瀬戸山美咲、といった劇作家の「新作」との出会い。唐十郎、清水邦夫といったアングラの「名作」との出会い・・そして様々な「人々との出会い」に感謝の2018年でした。

わたし自身は5月以降、12月までほぼ8か月近く、台湾生活という1年でもあった。そんな「1年」を振り返ってみました。流山児★事務所は九本の作品を創り上げました。

☆流山児★事務所第一弾2018年1月・2月は、しりあがり寿:「新作」書下ろし、時代劇ミュージカル『オケハザマ』(演出:流山児祥)@下北沢ザ・スズナリで始まりました。敗者の今川義元の視点から捉えた「桶狭間の戦い」劇団員総出演で歌って踊って殺陣をする!まさに、流山児ワールド全開の痛快娯楽大作!になりました。歌う義元には「こんにゃく座」の井村タカオ、寿桂尼には「西瓜糖」の山像かおり「風煉ダンス」の林周一という劇的才能との「出会い」は愉しいものになりました。


☆第二弾は、恒例の5月ゴールデンウィーク:中高年劇団シアターRAKU(楽塾から名称変更)はシェイクスピアの名作『十二夜』(作:シェイクスピア、演出:流山児祥)@Space早稲田→三重県津市芸濃町→台湾高雄春天藝術祭招聘公演と「旅するRAKU」の活動を各地で大ヒット上演しました。また2019年5月『女の平和〜不思議な国のエロス』@本多劇場⇒台湾新営芸術祭招聘公演も決定しました。3回目の台湾公演です。各地の皆さんとのワークショップ発表とジョイント公演を展開しています。

☆第三弾は5月下旬、2年ぶりの「ピースリーディング「すべての国が戦法を放棄する日」(作:石原燃)を上演。多くの皆さんが参加してくれました。木暮拓矢の初演出作品。主演:橋口佳奈でした。@Space早稲田


☆第四弾は6月、流山児★事務所と台湾OURシアターとのコラボレーション3年目企画は台湾文学の経典と呼ばれている王禎和の原作『嫁妝一牛車』を脚色/林孟寰・盧志杰 演出/流山児祥 音楽/諏訪創 振付/林素連 の日台共同製作『嫁妝一牛車』6/22〜6/24、6/29、7/1 @台湾嘉義懸演藝術センターで大ヒット上演、2018年の「台湾演劇の代表作」となり、台新芸術賞2018ノミネート、2019年夏、@台中国立歌劇院中劇場、台北@水源劇場での再演決定!甲津拓平、山下直哉も出演しました。

☆第五弾は7月、韓国名作戯曲シリーズ『満州戦線』(作:パク・クニョン 演出:シライケイタ(温泉ドラゴン)
@下北沢ザ・スズナリ 清水直子、伊藤弘子、洪明花/カゴシマジロー、いわいのふ健、木暮拓矢 6人の競演。パク・クニョン氏上演しまし上演しましから日本演劇人に対する「熱い刺激的なメッセージ」は忘れられない。

第六弾は、8月・9月、旅する劇場=『西遊記』(作・演出:天野天街(少年王者舘))真夏の8月中国大陸往く!北京⇒成都⇒武漢、10年ぶりの中國公演は各地で予想を超えた大ヒットとなりました。『狂人教育』『盟三五大切』『ハイライフ』『静かなうた』といった作品を上演している流山児★事務所の名前は10年ぶりでも「健在」の大ヒットでした。

☆第七弾は10月、注目の劇作家:瀬戸山美咲の新作書下ろし・演出『わたし、と戦争』@下北沢ザ・スズナリ 林田麻里、円城寺あやが流山児★事務所初参加。16年ぶりに小林あやも復帰。現実に起こりうる「戦争の《現実》」を描き様々な反響が起こる問題作となる。

☆第八弾は11月、恒例の流山児祥の「大人のためのワークショップ」公演@Space早稲田 全国から集まったみなさんと濃密な1週間で作品を創り上げ上演しました。2ステージとも超満員でした。

☆そして2018年の掉尾を飾った第九弾は12月、公益社団法人日本劇団協議会主催『腰巻お仙−振袖火事の巻−』(作:唐十郎、演出:小林七緒)@Space早稲田 小林七緒:演出による唐十郎初期名作上演シリーズの第一弾、伝説の名作上演という事で初日前に、全15ステージ前売完売!の快挙となりました。また、山丸りなという素敵な主演女優が誕生しました。2019年には第二弾『少女都市からの呼び声』を上演します。流山児★事務所は寺山修司、佐藤信につづいて現代演劇の財産:唐十郎作品に積極的に挑戦していきます。ご期待下さい。

★また、わたしは2018年8月1日〜2019年1月31日まで国立台北藝術大学特任教授に就任。新作ミュージカル『第十二夜』(作:シェイクスピア 演出:流山児祥)を12月20日〜28日まで藝大戯劇廰で世界初演、全9ステージ全席完売、劇場内外を巻き込む異色作は観客2700人を超える史上最大のヒット作となり、「学生演劇」を越えて2018年台湾演劇界の話題を呼ぶ。演出家コース6人の連続公演も「初の試み」となる。
初めての学生達と経験した協働作業は愉しいモノであった。

☆そして流山児★事務所の2019年は、2月1(金)〜10(日)
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」(作:清水邦夫、演出:西沢栄治)@座・高円寺1から始まります。わたしも8か月の台湾生活を終えて1月中旬、東京に帰ります。どうぞ、よろしくお願いします!

皆さんにとって2019年がいい年でありますように。

2018-12-31 13:40 この記事だけ表示   |  コメント 0

これが台北藝大史上大ヒットの『北藝大版☆第十二夜』28(金)大千穐楽の劇場の野外ロビーでのカーテンコール後の、観客の皆さんとの大記念撮影です。真ん中に私もいます、探してください。

『第十二夜』のラストは、延々5分を超えるダンスシーン、そのダンスの中ですべての舞台装置が消えてゆく。
全ての役者たちは靴を脱ぎ棄て、外光の中に吸い込まれて消える。

「何もにない空間」に残された道化3人の歌に誘われて観客は街へ帰ってゆくのである。

9ステージ全席完売・満員の2700人を超える観客の「記憶」に残る作品となった。

いや、それにしても愉しい、有難い仕事だった。久しぶりに、好き放題にやらせてもらった。

街と繋がる演劇を模索できた。

「演劇の自由さ」がここにあった。

みんな、有難う。また、いつか一緒にやろうな。

良い年を!!
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、群衆、テーブル、室内



2018-12-30 15:31 この記事だけ表示   |  コメント 0

これも日本演出者協会の「恒例」の記念写真のひとつです。
西沢栄治くんが端っこでほとんどきれているのでこれをアップしておきます。

昨日は深夜2時迄、台北藝大版『第十二夜』の打ち上げ。で、最後の挨拶をして抜け出し、2時間仮眠。早朝、台北松山空港へ。お昼すぎに東京羽田着。

夕方、西新宿で理事会。夜は浪曼房で「恒例」の大忘年会。
最長老の94歳瓜生正実さん、87歳歳中村哮夫さんの元気な姿に参加者全員が感激。3世代同居の演出者協会、90人近い参加者で今年も盛大に。娘の麻央も去年に続いてきてくれた。
若手演出家コンクール2018優秀賞4人の授賞式がメインエベント、全員の記念写真。協会は確実に世代交代がススンでいる。大西、七緒、祐子、ケイタ、西沢、日澤の6人の常務理事たちは本当に良く働いている。感謝。

8か月も台湾にいる理事長でほんとにごめんなさいね。

その後、娘と高取英が良く行っていた店へ行くことにした。まず「BURA」へ。すると「映画芸術」忘年会開催中。足立監督や小林三四郎、荒井さんも元気そう。でゴールデン街の「汀」、最後は「クラクラ」山田さんやシゲさんがいて呑んでいたら、月船さららご一行様がやってきて、また、少しの呑む。それにしても、ビール、ウイスキー、日本酒、ワイン、焼酎めちゃくちゃ呑んでいた。でも日本の酒は美味い。

タクシーで帰宅、そのままキューバタンでお昼すぎに起床。今日はこれから2月公演『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の稽古場へ。
ま、夜は今年の納めの呑み会。2018年もかくして暮れてゆく。


画像に含まれている可能性があるもの:27人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
2018-12-30 15:29 この記事だけ表示   |  コメント 0

今朝の「中国時報」裏面トップ!

青春版『十二夜』!!
愛得狂野!!


画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

2018-12-28 15:33 この記事だけ表示   |  コメント 0

圧倒的好評の『北藝大版☆第十二夜』本日19時半、愈々、千穐楽です。前代未聞の全9ステージ、全席完売、2階席も開放と2500人を超える多くのお客様に支えられて役者・スタッフは見違えるほど大きく成長しました。この4か月、本当に愉しかった。初の教授生活で「演技とは何か」「演劇とは何か」と、久々に、わたしもキチンと考える時間になった。一番勉強になったのはたぶん、わたしである。ありがとう、みんな。

今日も思いっきり、ぶっちぎろうぜ!
ヨロシクね!阿發、海平王!!

さて、明日はトーキョーである。

あれ!今朝の「中国時報」に大きく掲載されているよ!これまた異例の事である。


画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

2018-12-28 10:52 この記事だけ表示   |  コメント 0

2019年も台湾OURシアターとの共同制作は続きます。
8月〜9月『嫁妝一牛車』
8月10日(土)・11日(日)@台中国立歌劇院中劇場
&8月23日(金)〜9月8日(日)@台北水源劇場

新キャストでリニューアル上演。ご期待ください。


画像に含まれている可能性があるもの:2人
2018-12-26 11:43 この記事だけ表示   |  コメント 0

台北は今朝も小雨である。
で、昨夜は「通し」稽古をやった。終わったのは深夜11時過ぎ、観客は衣裳担当の学生とアメリカ人の指導教授10人余り、でも盛り上がりは満員の300人に匹敵していた。

で、イッパイ、役者達にダメだしをした。

急遽、「見切れ席」の2階にも客を入れることが決定したらしい?観客動員は2500人に迫る前代未聞の大ヒット作品となる。中国時報の取材も入った。私を「5年間、全作品」インタビューしている女性記者からである。

『第十二夜』は、すでに学生演劇の域を超えて台湾演劇の注目の的である。

今夜は台湾で活躍している北村監督とお世話になっている馬場さんもやってくる。愉しく元気にである。今日はいつも宿舎の掃除をしてくれているおばさんに「ぜひ、芝居を観て」とお願いした。来てくれたらいいなあ。

今夜も、歌って踊って、泣いて笑って2時間5分突っ走ろうぜ!!


画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)
2018-12-26 11:33 この記事だけ表示   |  コメント 0

振付のスーリエンと『第十二夜』の14人の役者達と演出助手のウエイウエイ、

みんな、いい顔してるな。昨日は休日。

さ、今日は「通し」やるぞ!

画像に含まれている可能性があるもの:16人、、顏千惠さん、Amber Cheungさん、Lidwina Tracy Tamさん、大谷 賢治郎さん、彭士詮さん、Lucy Yehさん、、莊衿葳さん、呂維真さんなど、、スマイル
2018-12-25 14:47 この記事だけ表示   |  コメント 0

『第十二夜』@台北藝大戯劇廳 満席の中日、ゲネプロ・プレビュー・初日・2日目・3日目と地獄の強行軍:昼夜連続7ステージ!を、やっと終えました。圧倒的好評です。

今日は私のアイドル:リンリンが嘉義から来てくれたし、台湾の恩人であり友人の詩人・脚本演出家の鴻鴻(ホンホン)、アポン先生も来てくれた。感謝。『マクベス』の照明家や舞台監督、スタッフもキャストも次々と観劇に来てくれている。

役者達は夜は写真撮影。来週に向けて踊りの再調整。

明日は完全休養日。カラダを休めろよ、みんな!


画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、靴
2018-12-23 19:12 この記事だけ表示   |  コメント 0
『北藝大第十二夜』の《世界初演》は圧倒的好評のうちに上演中である。プレビュー中の様々なアクシデントにもかかわらずショーマストゴーオンである。本当に、役者スタッフに感謝。とにかく怪我しないでと祈るばかりである。昼・夜公演が7ステージも続く大強行軍。みんな、明日の昼まで…がんばろうぜ。

初日、嘉義のOURシアターから送られた巨大な花輪が劇場の玄関に2つ。ありがとう、夜には団長の汪兆謙(小黒)とシェンシェンの2人と、演出者協会のワークショップに参加してくれたMさんも東京から観に来てくれた。小黒はエクセレント!を連発し、グッツジョブ!!と感動していた。学科長の張さんからもお礼の言葉を頂く。「何よりも役者が凄い!使いたい役者がいる」と、いう多くの言葉が嬉しい。

『北藝大第十二夜』の役者達が次代の台湾演劇を担うと確信する舞台に進化した。コイツラの芝居は学生演劇などではない、きちんとしたプロの芝居である。とにかく、出し惜しみしない、小手先でやらない、全身を使ってやれ!と言い続けた「3か月の成果」がきっちり出ている。

プレビュー&初日の3ステージの反響は凄まじいらしい。本日昼過ぎチケットは「全ステージ・全席完売」になった。学生の冬季公演に2200人を超える観客が来てくれる「事実」に、素直に感謝し、喜びたい。

みんな、真摯に、最大限のエネルギーで「今日の舞台=世界初演」を生きるのだ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《第十二夜》原作:シェイクスピア 演出:流山児祥
12月21日(金)〜28日(金)※全9ステージ 
プレビュー公演:20日(木)・21日(金)昼
★上演時間2時間5分 (260席)

【残席状況】22(土)午前  全席指定:750元=3000円
20日(木):全席完売 
21日(金)昼:全席完売
    夜:全席完売 
22日(土)昼残:全席完売 
    夜:全席完売
23日(日):全席完売 
24(月)・25(火):休演日
26日(水):全席完売
27日(木):全席完売
28日(金):全席完売

※キャンセル待ちは会場で発売します。
●是非、ふらりと台北@関渡までおいでください。
★予約は今すぐ!:https://goo.gl/s2pZzS
2018-12-22 10:03 この記事だけ表示   |  コメント 0