公演情報

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

去年12月台北藝大で上演した『十二夜』の長編劇評がでました。ご一読ください。

★台湾藝術雑誌ARTALK 長編評論『第十二夜』
BY:鴻鴻 (詩人、作・演出家)  翻訳/陳重穎

2018年年末、僅か2ヶ月の間に、シェイクスピアのラブ・コメディー『十二夜』をミュージカルに改編された作品が台湾で2回も上演された。10月の淡水雲門劇場(淡水Cloud Gate Theater)での公演は、台南人劇団バージョンで、時代背景は1930年代の上海に設定され、生演奏を伴い、クラブをメイン・ステージに、歌と踊りを合理化させた上に、「人生こそお芝居」というテーマを浮き彫りにした。一方、12月の国立台北藝術大学演劇学部バージョンは、「日本アングラ演劇の帝王」である流山児祥が客員演出家として演出。注目すべきは、音楽担当は両方とも柯智豪(カー・チーハゥ)だった。彼の豊富な劇場経験によって、伝統音楽を始め、ポップ、ジャズ、テクノ、抜群な取捨選択のセンスで、二つの『十二夜』のカンパニーに招かれたのも偶然ではないかもしれない。

流山児祥は2002年『狂人教育』を台湾で上演以来、台湾の演劇業界を震撼させ続けている。彼の劇団(流山児★事務所)及び、シニア劇団(楽塾、シアターRAKU)の多数の巡回公演にせよ、UURTHEATERとの二回のコラボであった『マクベス』と『嫁妝一牛車』にせよ、鮮明なスタイルは一目瞭然で、今回の北藝大の学生らとコラボした『十二夜』もまた、その流山児スタイルを極致に至るまで発揮した。

エネルギー全開のパフォーマンス、千変万化の場面変化、パッと、ビシッと、ズバッと、のリズムで切り替え、いたずらに劇中から抽出して劇場の現場から観る「メタシアター的視点」、そして「脇役=民衆の視点」を際立たせる群集シーン。

これらの特徴はただの芸術的選択ではなく、むしろ流山児祥の世界観に密接に関係している。群集シーンを例として説明すると、シェイクスピアの芝居は、そもそも「多数の脈絡」が織りなされながら、鮮明な個性の持つ脇役も少なくない。流山児祥はこれを使いこなし、モンタージュ手法で「多数の脈絡」を同時に視覚化させた上、役者たちに個々人の差異を帯びた歌舞団に集結させ、時折メインラインの周囲で傍観し、批評、煽動する。同時に、何人かの「庶民=道化」を登場させ、観客に対してツッコんだり、愚痴をこぼしたり、袖のスタッフと対話したりする状況をも配置し、さらに彼らに「途中休憩」の主導権もあたえ、暫くの間、舞台の中心を占拠させて芝居の焦点を移転する傍ら、「庶民=道化」こそが「世界を突き動かす歯車である」ことを指示し、徹底的に観客のココロを揺さぶる。

台南人劇団の『十二夜』カンパニーのような演技力と歌唱力のある役者とは違い北芸大バージョンは他の学生制作と変わらず、表現力に若干優劣があるのは否めない。開演し始めて直に役者の台詞の言い方や歌い方にやや不十分なところがあると感じ取れたが、間もなく、この問題は徐々に重要視されなくなる 〜 彼らの集団的エネルギー及び金の含有率の極めて高いパフォーマンスにおける細部のデザインが、繰り返し、繰り返されて観客に感情的共鳴を呼び起こす〜各キャラクターの独特な動きにジャングリング芸人さながらの身体表現がシェイクスピア的ドラマコメディをビジュアル的インパクトの鮮明な個性的演劇に変容させる。なおかつ、ジェンダー、セクシュアリティ、階級意識等を頻繁に芝居に持ち込み、原作の裏に潜む意味を曝きだし、このキャラ的倒錯の芝居を鑑賞する観客の視点を反復に調整している。

『十二夜』のコメディ的核心は、双子の扮装及び勘違い、「ジェンダー的装い」が生じた無力感と錯謬は現代における経験に繋がれやすい。劇中の兄妹を同一人物と見間違われるいきさつは、古典コメディによく使われるネタであるが、今時の演出には往々にして視覚的不合理さがある。シェイクスピアの時代では全ての女性役は男性が演じたが、流山児祥はそれを逆転し、兄弟二人とも女性に演じさせ、二人におけるリアリティのズレを最低限にさせる。そして、観客が全編にわたって妹が男装したことを知った上で、最後に兄役も女性役者が演じるのを見ても違和感すら感じられなかった。一方が「劇の中」のズボン役で、もう一方は「劇の外」のズボン役、さらに、芝居中に入ったり傍観的視点で抽出したりするメタフィクションによって、文脈がより一層整理整頓されたように覚える。

兄妹再会後に、全役者が客席まで乱入し、劇場全体を巻き込んでダンスすると同時に、スタッフらが舞台をバラし始める。まるで、喜劇のありきたりなハッピーエンドであると思いきや、向かってくるのはそれと違う意味深長なエンディング ― 役者全員が踊り疲れ果て舞台に倒れてしまい、そして、ゆったりと、靴を脱ぎ、劇場外へと立ち去っていく。役者たちの一足一足の靴が舞台上に残され、さながらキャラクターのお面のよう、再び「演じる」というメインテーマを提示し、舞台に湧き溢れた熱狂的リズムの終焉に、悠々たる余韻が流れ始める。

この画面は正しく前半のハイテンションシーンと呼応し合い:ヒロインの執事(マルヴォ―リオ)が偽のラブレターを拾った際に、歌い上げた狂気な幻想、このシーンでは役者らは、ほぼ裸で、手に歌詞のカンペを持って下半身を隠しながら、次から次へと執事の後ろを通り過ぎて行き、絶妙なユーモアを引き立てた。恋を謳歌するように見えるこの喜劇中に、脇役(マルヴォ―リオ)の感情が往々にして翻弄され、嘲笑われたあげく、良い終結を全うすることができない。全編にわたって流山児祥の「真」「偽」の弁証法を通じて、シェイクスピア晩年の鬱憤な世間のしがらみは少しずつ繊細に浮き彫りになる。

近年では国際的コラボレーションが盛んであるが、演出家が言語的隔たりによって情緒や関係性に対する表現の手加減を間違ってしまう問題がよく見える。にもかかわらず、多数のコラボ経験を積み重ねてきた流山児祥の作品には、非の打ち所なく、上手く学生制作をプロ級の演劇レベルに昇華させ、国際コラボレーションの模範と言っても過言ではない


画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、靴

2019-02-08 20:42 この記事だけ表示   |  コメント 0

★様々なる「劇評」 BY結城雅秀(演劇評論家)

流山児★事務所「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」清水邦夫:作、西沢栄治:演出

深夜の百貨店で「ロミオとジュリエット」の稽古。情熱的舞台。

風吹景子(松本紀保=力強い、微笑)、弥生俊(伊藤弘子)の2人のやり合う場面の迫力!

弥生理恵(坂井香奈美)直江津沙織(村松恭子)振付師:加納夏子(神在ひろみ)!

1982年の熱気!群衆の力!少女歌劇団!

2019-02-08 18:39 この記事だけ表示   |  コメント 0

★様々なる「劇評」BY江森盛夫(演劇評論家)

作:清水邦夫、演出:西沢英治、芸術監督:流山児祥

”舞台は北陸、深夜の百貨店。今宵もひそかに「ロミオとジュリエット」の稽古がくりひろげられる。主役を演ずるのは、かって熱狂的な人気を持ちながらも解散してしまった少女歌劇団のヒロイン・風吹景子。しかし、彼女は、戦争中に遭遇した空襲のショックで記憶をなくしていた・・・。はたして歌劇団の仲間はたちはふったび再び終結するのか?そしてロミオはやってくるのだろうか?自分の歌をうたうため、三十人の女優あったちが舞い踊る!”

この芝居は、1982年に蜷川幸雄の演出で日生劇場で上演された。その上演は、清水・蜷川コンビとしては、珍しく不評で、私も観たが面白くなかった。

しかし、今回は西沢栄治の演出が出色で、風吹景子を演じた松本紀保を中心に伊藤弘子以下の女優陣が懸命に演じて、とても精彩に富んだ素敵な舞台ができあがった。男優陣では池下重大が光っていた。

2019-02-08 18:37 この記事だけ表示   |  コメント 0

様々なる「劇評」 BY CORICH舞台芸術 北村隆志(赤旗日曜版記者)

清水邦夫が82年に書いた戯曲。
戦争の傷を抱えていきる人々と、戦後の左翼運動で挫折した若者たち へ捧げるオマージュだった。

青春の愚行と情熱のシンボルともいうべき、「ロミオとジュリエット」を、戦争とたたかいに身を投じて夢破れ、寂しく老い た女たちが演じる。

見事な換骨奪胎による戦争と戦後の男たちへのエレジーだった。

舞台には本当に30人もの女優があらわれ、圧巻。その最初の勢揃いの場面は、女子校の同窓会さながらの心地よい騒がしさであった。

ロミオの登場が二転三転する展開が見事で、とくにかつての男役スター役の伊藤弘子と、その妹(実は…)役の、板井香奈美が良かった。歌と音楽も劇とピタリあって、一層感動を深めた。

久々に見た骨太にして猥雑、リアルにしてイデアルな芝居だった。

2019-02-08 18:35 この記事だけ表示   |  コメント 0

★様々なる「劇評」BY藤谷浩二(朝日新聞記者)

流山児★事務所「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」(西沢栄治演出)を座・高円寺で。

清水邦夫さんの演じること=生きることをめぐる戯曲のなかでも「タンゴ・冬の終わりに」「楽屋」と並ぶ傑作だと思うが、なにしろ単なるコロスではなく文字通り「三十人のジュリエット」を演じる女優たちが必要ゆえ、上演は簡単ではない作品。

本格的な上演形式では、2009年の蜷川さんによる再演以来の観劇。

松本紀保さんと伊藤弘子さんを中心に、オーディションを勝ち抜いたという女優たちの尋常ならざる熱量が放射される舞台。出演予定者の体調不良による降板を受け、急遽出演にも回ったという振付の神在ひろみさんの存在感が印象的だった。

久しぶりに池下重大さんの舞台姿をみられたのも嬉しい。

フレディの映画が流行っているからというわけではないけれど、The show must go onの精神に触れる作品であり、舞台。

2019-02-08 18:32 この記事だけ表示   |  コメント 0

★山田勝仁(演劇ジャーナリスト/日刊ゲンダイ記者)

座・高円寺1で、冬の劇場25 流山児★事務所公演「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」(作=清水邦夫、演出=西沢栄治、芸術監督=流山児祥)を上演中。

舞台は北陸のある町、深夜の百貨店。伝説の少女歌劇スター、弥生俊(伊藤弘子)の帰還を待ち焦がれ、新村久(池下重大)をはじめ、男たち(甲津拓平、井村タカオ、龍昇、木暮拓矢)は今宵もひそかに「ロミオとジュリエット」の稽古を繰り広げていた。彼らはかつて熱狂的な人気を持ちながらも解散してしまった石楠花少女歌劇団のヒロイン・風吹景子(松本紀保)と「バラ戦士の会」のメンバーだ。

太平洋戦争直前、このデパートに少女歌劇団が結成され、ヒロイン・景子と男役・俊が人気を集めていた。しかし、空襲のため団員は半数が死亡、残りもバラバラになってしまった。景子は頭に負った傷のせいで、現実を受け入れられずいまだに「夢」の中を彷徨っている。

ある日、メンバーの元に、俊が生きているという情報がもたらされる。そして俊と妹・理恵(坂井香奈美)が現れるが、俊は盲目となっていた。それを冷ややかに見つめる新村の義妹・加納夏子(神在ひろみ)…。

初演は1982年。演劇を通した激しい政治闘争を繰り広げた櫻社の同志・蜷川幸雄が商業演劇に身を売ったため(1974年、日生劇場公演『ロミオとジュリエット』)に櫻社は解散。蜷川幸雄は仲間の罵声を浴びることになる。

この作品はそれから8年後に蜷川演出で因縁の日生劇場で上演されたもの。

劇中での二人のヒロインの対決は櫻社解散をめぐる骨肉の確執なのか。 失われた政治の季節への追憶の物語。

冒頭、階段舞台に登場するタキシード姿の男優陣のダンスの華やかさにグイッと舞台に引きこまれる。このあたりは演出の西沢栄治の巧みさ。木暮の階段落ちも見事。

景子=松本紀保、俊=伊藤弘子の対決。これはもう貫録芝居。 村松恭子、麻乃佳世、小林麻子、星美咲ら「歌劇団のメンバーの艶麗さの競演も見どころのひとつ。

オーディションで選ばれたシニアを含めて30人のジュリエットたちがピンクのドレスで華麗に舞うスペクタクルは圧巻。
一人ひとりがジュリエットを生きている。

真摯な政治の季節はもはや追憶の中でしかないのか…。

2019-02-08 18:30 この記事だけ表示   |  コメント 0

★様々なる「劇評」 BY今村修(演劇評論家)

昨夜は、流山児★事務所「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」(作=清水邦夫、演出=西沢栄治)@座・高円寺1。戦時中に散り散りになってしまった少女歌劇団を、30年余の時を経て再結成しようと夢見るかつてのファンや団員の物語。1982年の蜷川幸雄演出による初演では、宝塚OGを大集結させたことでも話題を呼び、2009年には同じく蜷川演出、鳳蘭、三田和代主演で再演された。

北陸の地方都市でかつて人気を集めた石楠花少女歌劇団。華やかな娘役・風吹景子(松本紀保)とクールな男役・弥生俊(伊藤弘子)のトップコンビは「バラ戦士の会」という熱狂的なファングループを生むほどだったが、慰問に出かけた工場で爆撃に会って、景子は頭に傷を負って時が止まり、他のメンバーもバラバラになって俊は今も行方が知れない。ところが1970年代の大火のショックで景子が目覚めた。バラ戦士の残党、新村(池下重大)、坪田(甲津拓平)、六角(井村タカオ)、畑(龍昇)は、新聞記者の北村(木暮拓矢)とその弟・次郎(照井健仁)を巻き込んで、景子を中心に新作「日本海遥か┄┄新ロミオとジュリエット」の上演を企む。そのために新聞に出した広告を呼んで、紗織(村松恭子)、和美(麻乃佳世)、京子(小林麻子)かつての団員が次々と集まってくる。そしてついに俊も。だが彼女の瞳は光を失っていた。

かつて、挫折感を抱きしめた抒情と情念の闘争劇を次々と生み出した清水・蜷川コンビ。それが蜷川の商業演劇進出を巡って決裂。8年の時を経て、2人が再び手を組んだのが日生劇場を舞台にしたこの作品の初演だった。そのことを私たちは知っている。だから、失われた劇団、かつての情熱を取り戻そうとするこの劇に、景子と俊についつい2人の姿を重ねてしまいたくなる。それは間違いではないだろう。

だが敗戦から70年余、作品の初演からでも35年以上が経った。もはや作品がバックステージストーリーの呪縛から解放されても良い頃だろう。流山児★事務所のこの舞台には、そんな確信的な挑発が込められているように見える。エンターテインメント性を前面に押し出し、身体を信じた疾走感といかがわしさで空間を埋め尽くす。老若30人余のジュリエットたちが舞台端の闇からワラワラと湧き出してくる場面の混沌、それがたちまち、華やかなダンスに転じる驚き。松本と伊藤が華を競い、年齢も体形もバラバラなバラ戦士たちが各人各様の得意技を活かしてドラマを攪乱する。日生劇場、シアターコクーンで初演、再演されたいかにも蜷川好みの設定を、あくまで西沢流に、小劇場流に、客席数230余の座・高円寺で遊んでみせる。そこには蜷川に対する深いオマージュと共に、挑戦者としての意地が込められているようにも見えた。

作品が成立前史の呪縛を離れたように、登場人物たちも過去の栄光、止まってしまった時間から解放される。それは、自らの老いを自覚することであり、世知辛い世間を受け入れることだ。苦く、辛い。それを敢然と拒否する者もいる。だが、多くのバラ戦士の残党や、多くのジュリエットら凡人≠ヘ頭を上げて新しい世界へと歩きだしていく。

クライマックスで突然柱時計の大きな音が響き始める演出に身が震えた。そう、この舞台は追憶の劇ではなく旅立ちの劇だったのだ。次代のロミオともいえる夏子の「動け!動け!そして自分の歌をうたえ」という最後のアジテーションに胸を突かれながら、この劇の作り手たちの確かな意志表示を突き付けられた思いがした。(敬称略)

2019-02-08 18:26 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児★事務所の注目の問題作、2019年上半期ベスト・ワンの呼び声高い『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』(作:清水邦夫、演出:西沢栄治、芸術監督:流山児祥)@座・高円寺で10(日)まで絶賛上演中です。

残り3日間、4ステージ限りです!お見逃しなく!

「熱い三十人のジュリエット」に会いに来てください。
 ふらりと、高円寺までおいで下さい!!

※8(金)14時、9(土)14時、19時の3ステージは
まだまだ「余裕アリ」ですよ。
※当日券たくさんあります
上演時間約2時間です。

10(日)14時はあと3枚。予約は今すぐ!

⇒[流山児祥扱い 予約フォーム] 当日予約受付中!
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201902

撮影:横田敦史


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

2019-02-08 11:25 この記事だけ表示   |  コメント 0