公演情報

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

★様々なる「劇評」その37
BY 才目謙二(演出家)

『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作:清水邦夫 演出:西沢栄治 芸術監督:流山児祥

劇作家が命を削って書いた作品を評するにはこちらも命懸けであるべきだろう。

演劇に触れたこともなく、大学に入って初めて観た学生演劇が東大劇研・高萩宏氏(現・東京芸術劇場副館長)が手がけた清水邦夫作『真情あふるる軽薄さ』であった。

その衝撃と演劇への「憧憬」が私の人生を変えたことは確かであるので、櫻社解散〜清水・蜷川の確執を超えて1982年に初演された本作も相応の覚悟で劇評を書こうと思って気構えていた。

…しかし、正直な感想を言うと、本作中、再結成をめざす「石楠花(シャクナゲ)少女歌劇団」の話が、高取英さんの「月蝕歌劇団」にダブって見えて仕方がなかったのである。

大輪の花を咲かせるシャクナゲさながら、ピンクのドレスを身にまとい、『スミレの花』ならぬ藤村の「石楠花の花さくとても故郷遠き草枕…」の詩を歌い踊る、三十人もの爛熟した石楠花少女歌劇団OGたち。

まるで月蝕歌劇団のOGたちがどこからともなく現れ出た趣きで楽しくて仕方なかったのである。

           ●
「生きてるマネより死んだマネ」。

死んだマネして愛を貫く『ロミオとジュリエット』の物語に仮託して、命懸けで「夢」を見ること、砕け散ったガラスの城を一瞬でもつなぎ合わせてみようと、度し難い「夢想者たち」のこだわりに寄り添う本作。

戦地から盲目となって還ってくるロミオこと弥生俊には、謡曲『弱法師』俊徳丸のメタファーも含まれているのだろう。

劇は、熱い政治の季節へのノスタルジーをにじませ、戦いに斃れた無名戦士へのエレジーを奏でつつ、終盤、転生したロミオはこう叫び、皆の思いを前に進めようとする。

「いつの時代にも歌われなかった歌が今生まれるのだ。
みんな動け! 動け! そして自分の歌を歌え!」
「歌=うた」という言葉には深い意味が込められている。生でもあり、演劇でもある。

そして、止まっていた大時計が軋みながら再び時を刻み始める西沢演出のラストは出色。

私達は「今」どんな歌を歌うのか? 「今」をどう生きるのか?劇場全体を静かに揺さぶる問いは確実に観客に手渡された。問い続けながら、一歩一歩進んでいく、その場所にこそ光は届きあふれるのだろう。演劇の力を感じた。

           ●

芸術監督・流山児祥はここ数年、佐藤信『喜劇昭和の世界・三部作』、唐十郎『腰巻お仙』、そして清水邦夫と手がけてきたが、すべて「今」を問う作品へと仕上げていることも特筆したい。 (敬称略)

2019-02-10 09:45 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児★事務所の注目の問題作、2019年上半期ベストの呼び声高い『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』(作:清水邦夫、演出:西沢栄治、芸術監督:流山児祥)
@座・高円寺1(JR高円寺駅 徒歩5分)

11ステージほぼ満員で絶賛上演し、本日:10(日)14時:愈々、千穐楽を迎えます。
スタッフ・キャスト一同あつく御礼申し上げます。

※本日:14時は前売完売。
※当日券は13時より若干枚、劇場窓口で発売します。

上演時間約2時間です。

⇒[流山児祥扱い 予約フォーム] 12時まで予約受付中!
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201902

撮影:横田敦史


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

2019-02-10 00:29 この記事だけ表示   |  コメント 0