公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

猛暑というより「酷暑」の台湾嘉義9日目である。とにかく、暑い!!

いつものように、近所の食堂で魯肉飯・小とつみれ汁、青菜炒めの昼食。70元、200円ぐらい。『嫁粧一牛車』は貧しくて飢えていた50年代後半から60年代初頭にかけての台湾の庶民を描いた作品。米の飯ではなくサツマイモの葉っぱを食べていた時代の話である。テキストを微細に読み込むことから今年は徹底して始めている。嘉義監獄の取材に加えて出来る限り具体的に「労働」してみようぜ!ということもやる。フィールドワークである。

そんな時代、アメリカ軍基地があった台中には一足早くアメリカ文化が輸入され「雨に唄えば」が封切られ、ブームになったという。8月台中国家歌劇院で『巴里のアメリカ人』と『嫁粧一牛車』の「音楽劇競演」が企画されたのもそういう意味である。台中の演劇人が『OKINAWA1972』を観て、『台中シカゴ』のミュージカルの話を私にしたのもうなづける。

稽古は順調に進んでいる。
順調というより「快調」といった方がいい。
方向性をかたり、サジェスチョンすれば、考えて「動きだした」。若いエネルギーの凄さである。

とりあえず前半の振付も完璧に近く覚えた。あとは、カラダに落とすだけである。72歳の老優もイイ、歌もうまい。急遽、劇中歌を歌ってもらうことにした。

全くの「新作」と言っていいほど「進化=深化」した『嫁粧一牛車』に向けてあと、2日の前半稽古で一気に進めるつもりである。17(水)から2日間休みで再び後半の振付稽古。

と、いうわけで、私は流山児★事務所8月@スズナリ公演『赤玉★GANGAN』顔合わせ・本読み参加の為、急遽、17(水)から「一時帰国」することにしました。

よろしく!!

2019-07-15 21:45 この記事だけ表示

4年間のOURシアターとのコラボレーションを検証する演劇講座@台北。

満員の若者たちの質問に答えて、アングラ演劇の持つ「劇団」芝居の根幹、キャスト=スタッフ制、自分で自分の舞台作るのが当たり前なのです、でないと米も花も育たないでしょう。で、集団でテキストを読む、違いがいっぱいあっていいのです。でもって、旅する演劇、一所不在の思想を持って集団的想像力のアジアのパンク歌舞伎を「世界」弐持っていきましょう!と、例によって自動筆記のごとく喋る。

最後に、OURシアター小黒が「負け組の人生」を描くのが演劇と明快に決めてくれた、流石!

台北藝術大学の教え子も多数。
それにしても2002年以来の付き合い。
多くのヒトタチが流山児★事務所を愛していてくれていることに感謝の日でもあった。近いうちに、劇団で来たいものだ。

また、やりましょう。
今度は、『嫁粧一牛車』@水源劇場でお会いしましょう。


画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、座ってる(複数の人)
2019-07-14 12:55 この記事だけ表示

台湾嘉義7日目。
昨日から林素蓮の振付が始まった。
歌とリズム感も身体能力も去年より上かも?あとは芝居である。芝居も歌もダンスも実は同じなのに・・・・でぜ。

で、今日は台北で『嫁粧一牛車』演劇講座である。
@台灣台北思劇場、14時30分〜
定員45名様「満員御礼」だそうです。

4年目を迎えるコラボレーションについて話すことになる。
夜は、台湾国立劇場の広場で上演されている野外劇を観て嘉義に帰る予定。では、行ってきまーす。

2019-07-13 11:11 この記事だけ表示

台湾・嘉義に来て6日目である。

稽古は順調に進んでいる。それにしても、外は暑い!

毎日、土砂降りの合間を縫ってバス通勤の日々。

連日6時間みっちりScene稽古を続けている。

今回のチームは若い!72歳の老優や50代のベテランダンサーもいるが、ほぼ、新メンバーは20代が大半。これからのOURシアターのレパートリーということで、「若手劇団員」を抜擢して鍛えている。4年目で見違えるように伸びてきている。台湾の演劇人に足らないのは「テキストを読む力」これに尽きる。モチロン、日本の演劇人もそうだが、「如何に読む」かで役者の力量は決まる。

だから、大変!台北藝大の学生と同じようなダメ出しをしていることに驚かされる事しばしば。ま、これもまた、楽しである。とにかく、ゆっくりじっくり進むだけである。
昨日は歌のレッスンもじっくりやる。歌は去年のチームより、格段にいい。

で、今日からの週末3日間は、林素蓮の振付、ステージングみっちり。『嫁粧一牛車』は歌って踊って芝居する、流山児スタイルの音楽劇である。なんたって、「台日混血王牌歌舞秀 半世紀経典荒誕再現!」の劇。
それにしても、50年前の台湾を20代の若者たちが「想像し再現することは」至難の業・・・が、役者は出来る!!、君ならできる!である。


画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内

2019-07-12 10:00 この記事だけ表示

『嫁粧一牛車』2019年版の本格的な「稽古」に入った。

土砂降りのスコールで、おいおい、大丈夫かな?と想ったが、奇跡的に晴れて、バスに乗れた。嘉義ではこれからこんな天気がずーっと、続くという。
なんか知らんが、ジャニー喜多川氏の逝去の報が台湾メディアでも大きく報じられている。ふーん、そうなんだ?である。
・・・・・・・
うん、『嫁粧一牛車』の第一章は、この4人との格闘である。たーいへん!が、実感。
が、とにかく「この役者」の面白いところを「抽出」するしかない。それが、私の仕事である。

あーでもない、こーでもないと5分もないSceneに3時間みっちり。で、コイツラの面白いところの手がかりが・・・・。大丈夫!明日も、みっちりやろうぜ。

で、「討ち入り」という名の役者の総決起集会の「食事会」を19時過ぎから2時間半。よーく呑んで、食って、喋った、もう酔っ払っているから、メチャクチャ、久しぶりにブ−クンイングリッシュが炸裂。テメエにしかわからない英語?が勝手に飛び出して台湾の役者達に「薀蓄」まで垂れていたりしていた・・・らしい。

でもって、ついつい、今回の『嫁粧一牛車」のメインテーマはドアーズの「ブレイク.オン.スル―」だ!と,マジで、「いい加減」にぶちかまして、お開きとなった。

でも、なぜか、その時、みんな目が輝きだした。

分からないけど、目指せPUNK歌舞伎が合言葉になった!

こんな「クレージーな導演」だけど、みんな、明日も、よろしくね!


画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル
2019-07-11 12:09 この記事だけ表示

嘉義に来て4日目。

『嫁粧一牛車』稽古順調に進んでいます。歌稽古みっちり、昨日はキャスティングワークショップも終えてキャスティング。夜はみっちり1章から稽古。全員新顔、これが大変。ま、一切、先入観なしでまっさらでやることにした。4人の個性を掴む事、「やりたいこと」を探すしかない。そういった意味ではほぼ「初演」になる2019年版である。

昨日からバスで表演藝術センターまで行くことにした。3年前は、よくバスで行っていたがこの2年余りタクシーであった。
バスの方が色んな人を観れて楽しいからやはり、基本的にはバスで行くことにした。

でも、昨日は、久しぶりだったので、バス停の場所を間違えて稽古ギリギリになってしまったので今日から早めにいくことにする。

嘉義は朝から暑い。32度?
今年の宿舎は新しいビルで朝から工事音で目が覚める。3年間住み慣れた安蘭居ホステルの近く、嘉義駅まで1分の駅前である。

そういえば、嘉義についた深夜、日本人の観光客大勢に出会った。嘉義名物のロックフェス「覚醒(ウエイク・アップ)フェスティバル」のお客さん達だったのである。アジアの各地から多くの人々が真夏の嘉義に集まってくるロックフェス。3年前、打ち振られる数々の「台湾独立」の旗に感動した。

では、そろそろ行ってきます。
1日中稽古詰めの嘉義の夏である。

2019-07-10 12:20 この記事だけ表示

一昨日は3時間遅れ(なんと、飛行機に閉じ込められました)で桃園空港に着く。迎えにピンチャオが来てくれている。

一緒に嘉義に移動。夜遅く嘉義。ここまで疲れていたら、もうどうでもいいと行きつけの店「故郷」へ。イーランと夜遅くまで呑む。


昨日は2日酔いのていで起床。
シャオヘイの車で台中国立歌劇院に下見。
12時から1時間みっちり。
800以上の中劇場。
ジョート-やんけの下見となる。
舞台監督、照明、美術スタッフと打ち合わせ。大変だ!

で、国立歌劇院のPV撮り。
覚えたての台湾語で「ダッゲ ホウ ワッシ ケイツン ジ・・グーチャ― エ ドゥエン」(わたしは『嫁粧一牛車』の演出家です)で初めて、見どころを話す。

終わって、嘉義表演藝術センターのリハーサルルームへ。
『マクベス』以来、4年目の稽古場である。
15時から21時までみっちり稽古。
本読み、キャスティングワークショップ。
大体の方向は見えた。明日にはキャスティング。
面白くなる。新しく加わって72歳の老優とダンサーが凄い事になる「予感」。

稽古を終えて、今までやってこなかった初の記念撮影。
で、PJ、たまちゃん、シャオヘイら大勢で昨日に続いて「故郷」へ。

かくして、今年も嘉義の夏が始まった。といっても、5月には、隣町の台南新營に1週間も来てたっけである。


画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、室内
2019-07-09 12:03 この記事だけ表示

そうか、2年前には、早稲田でシライケイタの代表作『SCRAP』を日澤雄介演出でやってたのだ。時のたつのは早いものである。

では、台湾嘉義&台中に行ってきます!



画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、座ってる
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、夜
画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、夜
+7


2019-07-07 09:36 この記事だけ表示

この巨大看板が嘉義懸表演藝術センターの前の国道に立っていた時は流石に驚かされた。

これは2016年7月30(土)・31(日)初めて台湾のOURシアターとコラボレーションした『マクベス〜PAINT IT BLACK!〜』初演の看板である。29(金)の追加公演までやって、翌年の2017年6月には台中国家歌劇院実験劇場とシビウ国際演劇祭に招聘された。

あれから3年。又、嘉義で若者たちと元気な芝居を創る。思いよらない人生の面白さである。

この写真を撮った「ゴツプロ」の塚原大助(この時1泊もしない弾丸ツアーで観に来てくれた)たちも2年続けて台北の鳥梅劇院で芝居をやっている。8月には松尾スズキ氏も新作を上演する。確実に日本と台湾の演劇交流は進んでいるのである。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、サングラス、屋外
2019-07-07 09:29 この記事だけ表示

今年も、恒例の日本演出者協会「若手演出家コンクール2019」のビデオ審査(第一次審査)が始まりました。
全国からの応募。2時間半近い大作から60分の短編までイロイロ。玉石混交、とはこのこと。
今年も素敵な「若手演出家」と出会っています。

オモシロいものもええええ!?、ってものも。
愉しんで審査します。

台湾行の前の早い「夏休みの宿題」です。
頑張ります!!


写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

2019-07-06 13:30 この記事だけ表示