公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【残念な知らせ・・・・遂に演劇公演まで】
以下のようなしらせが。
残念、日韓演劇人の平和のために芸術文化交流はどんなことがあっても続きます。

【「女の平和」韓国公演中止のお知らせ】


10月に予定していた
大田国際小劇場演劇祭での「女の平和」は
中止となりました。
日韓関係の悪化は止まらず
韓国では今、日本に来る公演
また招聘公演はほとんどがキャンセルになっています。
文化・芸術が間に入らなければならない、とは、
双方同じ思いで、テジョン市側もこの数日
長い時間をかけて協議検討してくれましたが
この状況でテジョン市だけが無理に進めるのは
とても危険が大きいのと判断でした。
このフェスティバルは毎年継続して行われているので、
来年、両国間の状況が良くなって、
国民の感情も安定していたら
必ず招聘したいと約束してくださいました。

わたしたちは、時が来たら、
何としてでも訪れなければいけないと思っています。
「女の平和」は、いまやるべき芝居です。
戦争関係にあったアテネとスパルタが
女たちのセックスストライキを経て
やはり愛が大事だ!と仲直りするという、
バカバカしくも愛しく、力強いギリシャ喜劇。
2000年も経った今、
なんにも状況は変わっていない世界に愕然としますが、
演劇が平和とともにありますよう、
一年間の準備期間に入りたいと思います。
韓国行きを検討し、楽しみにしていて下さったみなさま、申し訳ありません。
これが、いまの現実です。
また一年後、応援していただけるのでしたら、
次こそ観にきてください。

わたしたちは、また抱き合うことができると信じています。

JAM SESSION
2019.8.24

2019-08-30 12:45 この記事だけ表示

【悪源太義平を偲ぶ会開催のお知らせ】

2018年1月、演劇団・流山児★事務所の数多くの舞台を務め、長年の友であり稀代の快優であった:悪源太義平が
66年の人生を全力疾走で駆け抜け、ふらりと彼岸に逝って1年半の時が経ちました。
悪源太を肴に愉快に呑もうぜという「偲ぶ会」を8月31日(土)17時30分開場、18時開宴
@Space早稲田で開催します。ぜひ、ご来場ください。

連絡が行き届いていない皆さんも多数いられると思いますので、ここにご報告申し上げます!
2019-08-29 17:12 この記事だけ表示

【大人のためのワークショップは9月1(日)参加受付開始です。申し込みは、お早めに!】

◎流山児祥の大人のための演劇ワークショップ2019◎
***今年は「岸田國士の戯曲」を使って遊びましょう***

【講  師】流山児祥(演出家・俳優/日本演出者協会理事長・元 国立台北藝大客員教授)
【使用テキスト】岸田國士の様々な戯曲をコラージュして作品を創り上げます。

【募集人員】20名限定 (先着順、お早目に!)
40歳以上、経験不問、
下記の「全日程に参加できる」方に限ります。
※流山児★事務所入団希望の方は40歳以下でも参加可能。
 
●ワークショップ最終日には発表会を行います。
●このワークショップは中高年劇団=シアターRAKU&劇団員オーディションも兼ねています。是非、ご参加ください。

*シアターRAKUは、2020年4月・5月シェイクスピア:原作、山元清多:脚本『あちゃらか歌劇☆夏の夜の夢』を上演予定。

【日  程】2019年10月19日(土)〜27日(日) 9日間開催。
【稽古時間】
10月19日(土)・20日(日)は13時〜20時
21日(月)〜24日(木)は18時〜22時
25日(金)・26日(土)は10時〜20時
 

【発表公演】10月27日(日)13時・16時の2回公演
※開場は開演20分前 ※上演時間:約1時間(予定) 

※各ステージ60名様限定。
※入場料:1000円
※16時の回終演後、打ち上げ合評会アリ。

【場  所】Space早稲田
【参 加 費】30,000円
【応募方法】以下をお知らせいただき、お申込みください。
 
@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)*シアターRAKU、流山児★事務所入団希望の方は、その旨 をお書き添えください
 
【応募期間】2019年9月1日(土)〜10月11日(金)
 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
 
【お問合せ・お申込み】流山児★事務所 
  大人のための演劇ワークショップ係

〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60 
  まんしょん早稲田307
電話 03-5272-1785 Fax 03-3205-9170 Eメール

2019-08-28 09:44 この記事だけ表示

流山児★事務所創立35周年記念公演『赤玉★GANGAN』(作:秋之桜子、演出:高橋正徳、芸術監督:流山児祥)無事終幕しました。

本当に、多くのお客様のご来場に、あつく御礼申し上げます。

今後とも、流山児★事務所をよろしくご贔屓の程、お願します。また、劇場でお会いしましょう。

なお、体調不良で降板した劇団員の谷宗和も昨日、元気に!現場に復帰したことをご報告します。ご心配をおかけしました。

流山児★事務所 2019年8月27日

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:6人、奥田 一平さんを含む、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、夜
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
画像に含まれている可能性があるもの:9人、川本 かず子さんを含む、立ってる(複数の人)、オンステージ(複数の人)、夜、室内

2019-08-28 08:55 この記事だけ表示

演出家:才目謙二さんの素敵な「劇評」。有難うございます。

 かつて萩原朔太郎は「明治の青年は「詩」に酔い、大正の青年は「観念」に酔った」と言った(『帰郷者』)。

 関東大震災(1923年9月1日)の前後、大逆事件から社会主義者弾圧、甘粕大尉ら憲兵隊による大杉栄、伊藤野枝らの虐殺、朝鮮人虐殺、軍部の暴走、開戦へ至る時代の大変化の中で、青年は何を考えたか。

 本作『赤玉★GANGAN』は、大震災の一年後、帝都の片隅で細々と暮らしつつ、小説家や新聞記者、レコード歌手になることを夢見る青年たちの群像劇である。 その副題「芥川なんぞ、怖くない」に、作者:秋之桜子(女優・山像かおり)さんの視点があった。

登場する青年や学生たちは革命思想への心酔もなく、欧米由来の「観念」に酔うこともない。ウソの震災供養で小銭を募ったり、「赤玉ポートワイン」のポスターに興奮したり、つまじい日々の暮らしを送っている。

並行して描かれる成金の男爵家では、その奥方が「真珠夫人」(菊池寛)よろしく、隣家に避難してきた芥川龍之介を衣擦れの音で誘惑する日常だ。

シルエットの芥川龍之介は夫人の浮気対象に過ぎず、「天才と狂人の間」と言われる当時の先鋭的な文学者の運命は描かれない。忘れられた作家、島清こと島田清次郎への秋之さんのオマージュ(芥川との比較作家論として)は感じ取れたが、劇は、芥川を自殺に追いやり、その3年後、島清を精神病院で狂死させた「世間」の側にあって、あくまでその中での成功を夢見る青年たち(表現者たち)を描く。

これが劇作家の巧緻な戦略であったことに観劇直後は思い至らなかった。しかし、それこそ私の観念的な思い上がりではなかったろうか。
 ●

劇作家・秋之桜子さんは大正時代の青年群像を描いたのではなかった。過去に材を求め、徹底して「現代の青年たち」を描き、夢を抱けとエールを送っているのだ。

 朔太郎は「現代の不幸は新しい時代に(…)青年が夢を持たないことである」と喝破する。「過去の迷夢から目覚め、日本の現実、社会と文化を認識した小市民・小常識人たる青年こそ、次の時代の文化と社会を正しく創造する使命者」(萩原朔太郎『帰郷者』の文を編集)なのだ。

「新しい時代を創る表現者たち」の覚醒を促す。
だから「芥川なんぞ、怖くない」のだ。怖がっていちゃいけない、今を生きろ、と。・

劇は歌あり、踊りあり、アコーディオン演奏と歌唱は情念に直接響く。場面転換も速く疾走感あふれる舞台だ。モノトーンな美術や照明も美しい。そこに秘めた、劇作家と演出の高橋正徳氏の知的な挑発にぜひ乗ってみてほしい。





2019-08-27 09:32 この記事だけ表示

演劇ジャーナリスト:山田勝仁氏の「劇評」が掲載されました。ありがというございます。

 下北沢ザ・スズナリで流山児★事務所「赤玉★GANGAN〜芥川なんぞ、怖くない〜」(作=秋之桜子、演出=高橋正徳、芸術監督=流山児祥)

軍部台頭、ファシズムの時代が目前に迫る中、大正デモクラシーというつかの間のベル・エポックを謳歌する若き文学青年たちの恋と文学と懊悩の群像劇。

 舞台は関東大震災後、4万人が死んだという被服廠跡など震災の被災地を案内して回る震災興行に精を出す作家の櫻庭一男(井村タカオ)とその弟で吃音の三男(今村洋一)ら。櫻庭は震災後、書くべきものを見失い酔狂ともいえる「観光案内」に手を染めているのだ。

 一方、葵吉兵衛男爵(上田和弘)の屋敷では男爵の妻・涙美子(山像かおり)の庇護の下、芥川龍之介が逗留してる。
 さらに、もうひとり、震災のショックで九州に帰郷していた古賀八重(坂井香奈美)が新聞記者になるため、男装姿で上京してくる。

 菊池寛の起こした文藝春秋が雑誌メディアとして脚光を浴び、社会の公器としての新聞も民衆のメディアとして興隆。そして芥川龍之介や菊池寛、谷崎潤一郎、武者小路実篤、島田清次郎らが若い文学者から崇敬されている時代。

 一見交わることのない若者たちの物語が時代の軋みに抗うように徐々に交差していく。

 役者としては出演してるが、作家として今回流山児☆事務所に初参加の秋之桜子こと山像かおりの文学DNAが物語の底流にある。

 いつの時代でも変わらない若者たちの息吹と不気味な胎動を響かせる時代のうねり。スピーディーな場面転換、セリフの応酬のテンポのよさ。文学座・高橋正徳の演出は猥雑かつポップ。焦点が当てられた人物が躍動する。

 しっとり色香の山像、大正時代にあったキックボードを乗り回すちゃきちゃきの娘・瑠衣子役の山丸莉菜、男装姿も凛々しい坂井、女中頭ヨネの平野直美など女性陣があっけらかんと時代に立ち向かう強さを持っているのに、男たちの軟弱さは今と同じ。アコーディオン抱えて歌う今村の美声。急遽代役で参加した井村タカオはメインキャストだけに大変だっただろうけど、さすがの芸巧者ぶり。ほかに武田智弘、山下直哉、中島歩、永澤洋、奥田一平、玉木惣一郎。

 劇中で語られる「地上」の島清こと島田清次郎は亡くなった浅川マキさんの同郷。マキさんが逢う度にいつも島清のことを話してくれたものだ。

 それにしても、大正デモクラシーからファシズムへ。それは戦後民主主義の「終焉」を予感させる今の時代とぴったり重なる。 「二度目は喜劇」にならないようにしないと…。

2019-08-27 09:29 この記事だけ表示

連日「満員」爆走で愈々、本日千穐楽です。
本日:27(火)14時開演「残席僅少」
※当日券・キャンセル待ちは13時より劇場にて発売。   

★流山児★事務所創立35周年記念公演★
『赤玉★GANGAN』
作:秋之桜子 演出:高橋正徳 芸術監督:流山児祥
8月21(水)〜27(火)@下北沢ザ・スズナリ
※上演時間1時間45分
★是非、ご覧ください!
※予約はhttps://www.quartet-online.net/ticket/201908ryuzanji…まで

撮影:横田敦史


画像に含まれている可能性があるもの:12人、山下直哉さんを含む
2019-08-27 09:28 この記事だけ表示

今朝の毎日新聞に大きくとりあげられています。
有難うございます。

☆ふらり、と下北沢までおいで下さい!
あと2日間・3ステージGANGAN満員爆走中です。
本日:26(月)14時開演「大いに余裕アリ」
      19時開演「残席僅少」
明日:27(火)14時開演「余裕アリ」
      ★今すぐ、予約を!
      ★是非、ご覧ください!

★流山児★事務所創立35周年記念公演★
『赤玉★GANGAN』
作:秋之桜子 演出:高橋正徳 芸術監督:流山児祥
8月21(水)〜27(火)@下北沢ザ・スズナリで絶賛上演中です。
※当日券は開演1時間間より劇場にて発売します。
※上演時間1時間45分

※予約はhttps://www.quartet-online.net/ticket/201908ryuzanji…まで

写真の説明はありません。



2019-08-26 10:34 この記事だけ表示

『音楽劇☆鼬2021』シーン・スタディ始まりました(2019年度第2回開催)2日間みっちり、キャスティング・ワークショップやってきました。10月には、ほぼ、キャストが決定します

福島県郡山市湖南町出身の劇作家:真船豊。その代表作「鼬」を、福島・東京の演劇人が3年間かけて一緒につくります。今年は2年目。「福島発の演劇」!
郡山・福島・須賀川・白河・会津・・・・福島の多くの人たちと出会い・交流しながら「3年の旅」が続いています。「旅する演出家」の、ライフワークの地が台湾とフクシマである。3・11から8年か、それにしても、長ーい付き合いである。

演出:流山児祥 助演出:大信ペリカン 上演台本:佐藤茂紀 流山児★事務所×シア・トリエ×劇団ユニット・ラビッツ。初のコラボレーション
◎主催 文化庁・公益社団法人日本劇団協議会

◎ 8/24土 10〜17時@ けんしん郡山文化センター リハーサル室  /25日 10〜17時 郡山市男女共同参画センター 集会室

まず、「鼬」戯曲全編を通して読み、その後、2日間かけて、1幕から3幕まで「荒立ちしながら」戯曲を立体的に読み込んで行った。濃ーい、愉しい2日間稽古になった。ペリカンさんお疲れ様でした。

画像に含まれている可能性があるもの:17人、、佐藤 茂紀さん、大信 ペリカンさん、伊藤 弘子さん、鈴木 紀子さん、Show  Ryuzanjiさん、菊田 亜仁丸さん、、松岡 沙也華さん、佐々木 雅彦さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、結婚式、靴、室内



2019-08-26 10:31 この記事だけ表示

本当に「素敵で的確な劇評」有難うございます。
全員、心して残りステージを駆け抜けます。
★「明日」を信じて日夜稽古に汗を流す若き演劇人にその覚悟を問いかけ励ます力強いアジテート★

BY今村修(演劇評論家)劇評

昨夜は、流山児★事務所「赤玉★GANGAN」(作=秋之桜子、演出=高橋正徳)@ザ・スズナリ。女優・山像かおりとしても活躍する秋之と文学座の高橋、それに稀代の人誑し・流山児祥の顔合わせとくれば、これはもう初日に行くしかない。

時は大正、舞台は東京。文学を志したものの書くべきものを見失い、肥大するプライドを持て余して自堕落な日々を送る人々の青春群像劇。普段の流山児★事務所作品とは一味違いないがら、観終わってみれば紛れもなく流山児★事務所の芝居という、厄介な舞台だ。

関東大震災の翌年の東京。二つの物語が並行しやがて絡み合う。一つは、葵男爵(上田和弘)家の物語。訳あって預かった芥川龍之介を見守りながら離れで暮らす有閑夫人・涙美子(山像かおり)と、その娘でお転婆・瑠衣子(山丸莉菜)、女中頭・ヨネ(平野直美)が、売出し中のイケメン文士・悠木(中島歩)を巡って、何やら妖しくも高尚で、しかもお間抜けな騒動を繰り広げる。

もう一つは文士長屋の物語。かつて「漱石の再来」とも謳われた櫻庭(井村タカオ)は震災以降書くべきものを見失い、今は弟・三郎(今村洋一)の歌と、若く美形の二ノ宮(永澤洋)の舞踊をフィーチャーした震災史跡めぐり興行で糊口をしのぐ毎日。エログロ作家の古賀(武田智弘)や怪しげな文学ブローカー£リ井(山下直哉)らも交えて、「いつかはオレも」の能天気な日々を送っている。だが、古賀の姉で、震災のドサクサで郷里の博多に戻っていた八重(坂井香奈美)が一大決心をして舞い戻って来たことから、滞っていた時間が動き始める。

西瓜糖でお馴染みの、女の情念渦巻くエロくてドロドロの秋之ワールドを期待していくといささか勝手が違う。エロの部分は自ら演じる涙美子に笑いにくるんで一手に引き受け、後は自意識過剰で、一廉の人物だと自分では思いながら、実は何ものでもない若者たちの過剰な思いをにぎやかに描いていく。対話を重視する高橋の、しかし歌あり踊りありのスピーディーな演出が、舞台に心地よい疾走感を産み出している。何より言葉がよく聞き取れる。こんなに、語尾までハッキリと聞こえる流山児★事務所作品も珍しい。芥川をはじめとする実在の文士の名前(当時の大流行作家でありながら、今やほとんど埋もれてしまった島田清次郎に光を当てるところなども心憎い)を随所に散りばめて虚実の境を大胆に滲ませ、いかにもな文学論を闘わせる機知にも感心する。歌声に聞きほれてしまう今村、嫋やかさの中に狂気を秘めた永澤、イノセントな妖しさを漂わせる山像、鬼太郎シリーズのねずみ男を彷彿させる山下ら、俳優陣も各々の持ち場で精彩を放つ。

ただ途中までは、二つの物語が勝手に展開していて、一体この舞台はどこにいくのだろうと途方にくれた。だが、ある「噂」をきっかけに二つの物語は急速に合流し、もつれ合っていく。そこにこの劇のもう一つの視点「言葉」の問題が浮かび上がってくる。登場人物たちはほとんどがいわば言葉に魅入られた人々≠セ。思いをいかに言葉にして伝えるかに、文字通り命を削る。そこに、雑誌、新聞というメディアの問題も絡んでくる。だが、その言葉への信頼と彫琢の苦心は、「噂」によって一気に危機に陥れられる。その衝撃が、大正の物語を瞬時に現在へと結びつける。ヘイトやフェイクがはびこり、ネット社会の中で無責任な「噂」がまことしやかに拡散される。そんな時代に、どう「言葉」を信じ、守っていかなければならないのか。観客一人一人に向けられたこの問いは、三郎の歌を通して文学から演劇へと橋渡しされる。

文学を題材にしたこの劇はそのまま、今この時の演劇の在り方を問う劇でもあるのだろう。全員が勢ぞろいして歌ういかにも流山児★事務所らしい幕切れは、「明日」を信じて日夜稽古に汗を流す若き演劇人にその覚悟を問いかけ励ます力強いアジテートにも見えた。(敬称略)










2019-08-22 17:18 この記事だけ表示