公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【出演者変更のお知らせ】

本公演に出演を予定しておりました劇団員の谷宗和は、

体調不良のため、降板させていただくことになりました。

谷宗和に代わりまして、井村タカオさんにご出演いただけることとなりました。


皆さまには、ご心配とご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございません。

心よりお詫び申し上げます。

出演者・スタッフ一同、良い作品を皆さまにお届けできますよう努力して参ります。

ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。


流山児★事務所

画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル

2019年8月21日(水)〜27日(火)
流山児★事務所創立35周年記念公演第2弾
『赤玉★GANGAN 〜芥川なんぞ、怖くない〜』
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
劇場 下北沢 ザ・スズナリ

2019-08-13 13:20 この記事だけ表示

シンガポールからわざわざ『嫁粧一牛車』@台中国歌歌劇院公演を観てくれたFさんの「ご感想」です。有難うございます。30年近く「アジアの縁」を「旅」していて良かったなあ、と、つくづく感じていいます。

私はシンガポールに在住しておりますFと申します。

 昨日台湾の台中で行われた"嫁粧一牛車"を観劇させていただいて、とても良かったので流山児様に直接お伝えしたいのですが、それでは失礼かと思い、こちらにメールをしている次第です。私は大学生のときに初めて流山児事務所さんの演劇を観劇して以来、流山児事務所さんの演劇スタイルがとても好きです。

 それから20年近く経ち、現在はシンガポールに住んで12年が経っており、なかなか日本での公演に合わせて帰国するのが難しいのが現状です。

 そんな中、台湾で流山児さん演出の演劇があると知り、タイミング良くシンガポールも祝日で連休となり、思いきって台湾まで行って観劇してきました。

 シンガポールから片道4.5時間の初めての台湾で、福建語(台湾語)がまったく分かりませんが、中華系シンガポールの夫は福建語が少しだけ分かるのであらすじをあらかじめ確認して観劇しました。
 劇中の会話はまったく分かりませんでしたが、観客の台湾人のノリの良さ、それから俳優さんたちの質の高さに圧倒されました。歌あり踊りありの流山児ワールドに心が満たされました。やっぱり私は流山児さんの演劇が好きだ!と思いました。言語を越えて感情が伝わる演劇ってやっぱり好きだなと思いました。
 

 福建語(台湾では台語と表現するようですね)などの方言を大事にする現地の劇団や台湾の文化にとても魅力を覚えました。
 シンガポールは中華系がメインの人種構成ですが、標準語(北京語)を推奨していて各家庭が本来持っている方言(福建語、客家語、テオチュウなど)を公共の場(テレビなど)では使わないというスタンスがあるので、若い世代は方言をしゃべれないという現実があります。
 現に私の夫も両親の世代までは福建語で会話していましたが、子供たちにはしゃべらせなかったそうで、今回の公演でも夫は劇中の会話の理解度が2,30%だけだったそうです。祖先は福建でも国の政策のせいで自分のルーツである言語能力が低いというのは、日本人にとっての日本語という点からするとなんだかもったいないと思ってしまいます。(もちろん個人的に差があると思いますが)

 もし、また機会があれば台湾で流山児さん演出もしくは流山児事務所さんの演劇を見たい思います。
 そしていつかシンガポールでも公演していただければこの上ない喜びでもあります。

 では今後の皆様のご活躍を応援しております!
 ありがとうございました。

2019-08-13 13:17 この記事だけ表示