公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『瓦礫的歌劇』極私的注目のド・新人のヘンリー君。190センチ余りの長身、朴訥な演技、その「誠実な」さまは、笑いながら、やがて泣けてくる。大のお気に入りである。

そのヘンリー君、連日、私にどなれっ放しだから、昨日、突然「降りたい」と言ってきた。吃驚して、必死になだめて、とにかく「通し」をやってから決めてくれとお願いして、やってもらった。50分間、きちんと劇空間で必死に生きている、彼の姿を見ていて、50年前、おれこんなに「真面目に」芝居やってたっけ?と、わが身を恥じた。通しを終えてヘンリー君は「やる」と答えてくれた。安心した。

芝居は確実にニンゲンを変える力がある。
さて、今日は稽古5日目。
照明も灯体8台入って、稽古場が「劇場」に変容してゆく。
がんばれ!若者たち11人。
今日も、台湾@嘉義は暑いです。
それでも、4年目の台湾の秋がそこまでやって来ている。

☆台湾OURシアター2019秋・若手公演☆
『瓦礫的歌劇〜巡遊戯劇性〜』構思・導演:流山児祥
10月2日(火) 14時30分/18時30分開演(上演時間:50分)
@嘉義懸・表演藝術中心大排楝室


画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、あごひげ、眼鏡、室内

2019-09-29 12:23 この記事だけ表示

『瓦礫のオペラ』稽古4日目、ほぼラストの2シーンまでたどり着いた。明日は、じっくりお昼から。朝はPJが付き合っての自主稽古。贅沢なことである。なんとか、ラストまで、あしたは行きます。

「歌って踊って芝居しろ」のシュールなファンタジーというか、メチャクチャの錯乱のオペラに向かっている。まだ、芝居を初めて半年の若者たちにとってこの経験は「天災」みたいなものだろうな・・・・でも、これを「体験」したら、怖いものなしだから、でもって、もう少ししたら「面白い世界」が見えてくるから、いや、ホント。

この写真は、初日の立ち稽古というか「立ち読み」うーん、遠い昔の光景である。

それにしても、2019年もほぼ、3分の1は台湾生活になりそうである。こんなに、台湾にいるのに全く喋れず、ヒアリングは勘で、わかるところ、少々。勿論、台本の言葉は毎日聞いているので、ほぼ、わかるが、ニュアンスは分からない。

にもかかわらず、徹底してリアルに「言葉」を伝えろ!と、この1年間若い演劇人に力説している、俺?ってなんだ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
2019-09-28 12:23 この記事だけ表示

嘉義OURシアター若手:8日間ワークショップ公演『瓦礫のオペラ』稽古は、連日ガシガシ進んでいます。3日目!

大変だけど、20代前半の若者相手に70代のクレージー導演の血は滾りっぱなしです。連日22時過ぎまで。
流石に、ヘビーでタフな一日です。

それでも、何とか『瓦礫のオペラ』半分までたどり着いた。明後日:土曜日までにぜーんぶ当たる。全体のデザインを11人の役者達にのみこませて「どんどん、遊ばせたい」のだが。


画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、座ってる(複数の人)、バイク


2019-09-27 11:13 この記事だけ表示

新進演劇人と共に、唐十郎の初期戯曲を小林七緒:演出で「現在の視点」で読み直し、再構築する試み第二弾は
『少女都市からの呼び声』
12月6(金)〜18(水)@space早稲田

前売り開始は10月4(金)です。
売切れが予想されます。お早目に!!

2019-09-25 16:32 この記事だけ表示

はい、お昼にシャオヘイが車で迎えにきた。

というわけで秋の陣OURシアター若手と創る「短編」=瓦礫のオペラ、愈々稽古始動です!!

昨日の嘉義駅前で上演したマレーシアの演出家の作った「白蛇伝」を観て、全員で本読み。キャスティング、2度目の本読み。終えて、稽古場の外にあるガラクタを中に入れて瓦礫の街づくり、11人の役者全員の「三点倒立」の稽古これで、1曲歌う。いや、若くて馬鹿が揃った、ガシガシ。イカレタやつを作ろうぜ。

で、タージェンの振付で1曲ヒップホップ。
あとは明日のお昼まで勝手に自分たちでSceneを創ってくるという「宿題」

というわけで、明日は私は夕方から。私としては直ぐにでもやりたいのだが、台湾での流山児スタイルはとにかく、『自分で』『自分たちで考える』が命題。演出助手のイーランの言うとおりにします。

ここが、我慢のしどころです。PJの舞台監督が大変だー!よろしくね。最強の舞監さん、である。

画像に含まれている可能性があるもの:12人、、野田 容瑛さん、Daiken Leeさん、Show  Ryuzanjiさん、陳守玉さん、Pj Yuさんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)、バイク、屋外



2019-09-24 20:23 この記事だけ表示

はい、ついに、沖縄「初」の日本演出者協会主催の「演劇大学」が、開催されます。

『演劇大学in沖縄(演出家・俳優養成セミナー2019)』
10月28日(月)〜11月3日(日)
演出講座、戯曲講座、中高生向け演劇講座、ミュージカル講座、キックオフミーティング、成果発表&座談会などなどの濃密な盛り沢山の演劇ワークショップ!

@アトリエTheater TEN・那覇市ぶんかテンブス館

演出講座:西川信廣(文学座)
戯曲講座:平塚直隆(オイスターズ)
中高生演劇講座:畑澤聖悟さん(渡辺源四郎商店)
ミュージカル講座:永野拓也・伊藤靖浩

※多くのご参加をお待ちしています!

2019-09-23 23:17 この記事だけ表示

というわけで、明日から2週間、台湾に戻ります。
とりあえず、今年はこれで最後の「予定」です。
嘉義でOURシアターの若手とワークショップして
「短編」を創ります。短編といっても1時間近くになるかも?
歌って踊ってきっちり芝居・・・・でやんす。

島村抱月、松井須磨子・・・・築地小劇場?
で、岸田國士?は、帰ってきてからでやんす。

あ、それから、今日からシアターRAKU2020始動しました。
これ又、大正モダニズム。
うーん、最近「大正」に、モロはまってるな。

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、立ってる




























 









 
 















2019-09-22 22:38 この記事だけ表示

はい、ついに、沖縄「初」の日本演出者協会主催の「演劇大学」が、開催されます。

『演劇大学in沖縄(演出家・俳優養成セミナー2019)』
10月28日(月)〜11月3日(日)
演出講座、戯曲講座、中高生向け演劇講座、ミュージカル講座、キックオフミーティング、成果発表&座談会などなどの濃密な盛り沢山の演劇ワークショップ!

@アトリエTheater TEN・那覇市ぶんかテンブス館

演出講座:西川信廣(文学座)
戯曲講座:平塚直隆(オイスターズ)
中高生演劇講座:畑澤聖悟さん(渡辺源四郎商店)
ミュージカル講座:永野拓也・伊藤靖浩

※多くのご参加をお待ちしています!


写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

2019-09-22 12:32 この記事だけ表示

で、シアターRAKU2020・GW公演は

☆山元清多・歿後十年メモリアル☆
シェイクスピア:原作 
山元清多:脚本
流山児祥:演出 
関口有子:音楽監督 多良間通朗:作曲
『あちゃらか歌劇☆夏の夜の夢〜大正浪漫編〜』

浅草オペラ、築地小劇場?
これぞ、山元流スラップスティック喜劇。
歌って、唄って,謳って、謡って、詠います。
もちろん、踊って、芝居するのはモチロンです。

明日:22(日)本読み!!

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、スマイル



2019-09-21 10:34 この記事だけ表示

様々な打合せを縫って、なんとか9月・10月に予定している「大人のための演劇ワークショップ」&「台湾嘉義OURシアター若手公演」用台本の2作を書き上げた。

この3週間余り、PCのみすぎで眼とアタマと腰が、ぐちゃぐちゃ・・・それなりに年を取ってる、のである。

「大人のためのワークショップ」の今年は、岸田國士。『命を弄ぶ男ふたり』『秋の対話』『遂に「知らん」文六』の3つの戯曲に岸田が綴った様々な文章に加えて、オマケに、大正・昭和初期の歌も交えて・・・・・奇妙なモノガタリが出来上がった。これを、三世代の役者たちが声やカラダを使ってやるとどうなるんだろう?おまけに、踊って唄って「恋をする」のである。タイトルは『岸田國士・抄』

入団希望の3人と劇団の若手も参加する。10月27(日)@Space早稲田、是非ご覧ください。

でもって、その前に、来週予定の台湾OURシアター若手ワークショップ公演台本も創って送った。こっちは、シェイクスピア、ベケット、アラバール、テネシーウイリアムスといった欧米戯曲をテキストにこれまた、「夢想のオペラ」を編んでみた。タイトルは『瓦礫のオペラ』瓦礫の戦場で様々な人々が「出会う」ドラマ。メチャクチャなスピードで疾走する若い役者たちの音楽劇に仕上げる。

どっちも、10日余りのノンストップ稽古三昧の濃密なワークショップ。

いわく、流山児メソッド全開のハチャメチャ劇!である。体力と集中力!だぜ。

というわけで、9月23(月)〜10月3(木)@嘉義懸表演藝術センターに行ってきます。10月4(金)は台北ワークショップです。

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、スマイル、立ってる、サングラス



2019-09-20 16:46 この記事だけ表示