公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

香港の友人:アンソン・ラムから日本の友人たちへのメッセージです。↓
Anson Lam

日本の皆さん

日本のニュースはどう報道されているか分からないが、
香港はもう恐怖の町になっている。

香港の警察は昨日また無差別でデモ参加者と一般市民を一緒に殴ったり、さらに地下鉄の列車まで駆け込み、一般市民が乗っているところに催涙スプレーをかけまくっていた。
昨日のデモで警察はまたデモ参加者に変装して(全身黒い服、黒いマスク、黒い帽子など)、政府庁舎の近くに火炎瓶を投げたりするが、これは何のためか分かるでしょう。

香港はもう海外の皆さんが思うような美しい町ではなくなったのだ。真の香港人は毎日も高圧統治の中で戦っていて、本来の「香港の自由さや姿」を守っているのだ。僕は昨日町に出なかったが、テレビのニュースを見ていて、本当に涙が出た。

香港は永遠に香港!
他に何でもない。
僕は永遠に “香港人”だ!

2019-09-02 21:12 この記事だけ表示

夫「夢だからつて馬鹿にはできない。おれが、かう云ふと、お前はすぐに「夢があてになるもんですか」と来る。それや、夢で金持ちになつたからつて、何も、ほんとに、金持ちになると限つちやゐないさ。そんなことを、あてにする馬鹿があるもんか。夢は、どこまでも夢さ。それでいいんだ。ところで、夢といふやつは、空想とは、また違ふんだ。夢は、やつぱり、一生のうちで「実際に在つたこと」なんだ。
妻 「葱が煮え過ぎても知りませんよ。」
夫 「葱……今日は 葱の汁か……。」

岸田國士「ブランコ」

夏休みも終わったというのにこの1週間、メチャクチャ「戯曲」を読んでいる。これからやる長期ワークショップ用のテキスト創り。貼ったり、切ったり、バラバラにしたりした「言葉」が様々な「貌」と「温度」を持って・・・・ま、役者が喋ったらその瞬間に変わっちまうし、おれも、何だこの言葉は?に、なっちやうんだけど。台湾の若手とは海外の名作戯曲をやり、シニアとは岸田戯曲で「遊ぶこと」に決めた。翻訳戯曲を台湾の役者たちとやるのオモシロいし、シニアとやるド新劇もいいじゃん・・・である。

それにしても、岸田さんはかなりの本格的ヘンタイである。1925年から27年に書いた作品をコラージュしようと想っている。それにしても、この時代の風景、いまに「似ている」なあ。築地小劇場ねえ・・・・。

岸田國士のデビューは「築地小劇場」開場と同年の1924年である。築地小劇場は「演劇の実験室」「民衆の見世物小屋」であることを提唱し、ぜか、当分の間は翻訳劇のみを上演すると表明した。

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、座ってる、室内



2019-09-02 20:21 この記事だけ表示