公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

前回のワークショップは台風19号の影響で中止でしたが、
『音楽劇☆鼬2021』11月2(土)・3(日)@郡山市日和田公民館ホールで開催します。大人のためのワークショップ公演『岸田國士・抄』に参加してくれた山形のMさんも参加してくれるとの事、ありがとう!福島で会おうぜ!

★出演者募集中です!求む!50歳以上の女性★

【演劇経験者】見学も大歓迎です!

住所・氏名・年齢・電話番号・ある方はメールアドレスを添えて申し込みの上、

11月2日(土)〜3日(日)ワークショップにご参加ください。

福島県郡山市湖南町出身の劇作家、真船豊。
その代表作「鼬」を、東京の演劇人と福島の演劇人が一緒につくります。一緒に楽しみませんか?

・主催 文化庁・公益社団法人日本劇団協議会

・日時と場所

 2019年11月2日(土)〜3日(日)10〜17時

@郡山市日和田公民館ホール

・参加費無料

・必要な物◎飲み物・昼食 筆記用具 動きやすい服装

・講師/演出:流山児 祥(流山児★事務所)

・助演出:大信ペリカン(シア・トリエ)

・台本ファシリテーター:佐藤 茂紀(ユニット・ラビッツ)

・指導:伊藤弘子(流山児★事務所)

◎お問い合わせ・参加申し込み

劇団ユニット・ラビッツ

unit.rabbits@gmail.com

tel:090-3648-0481

*気になったことなど、お気軽にお問い合わせください。

2019-10-30 11:07 この記事だけ表示

「日本劇団協議会では2019年10月14日付で「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定について、
以下の要望書を提出いたしました。2019年10月14日
文部科学大臣 萩生田光一 殿
文化庁長官  宮田亮平  殿
                                     公益社団法人日本劇団協議会                                                 会長 西川信廣

★「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定の撤回を要望します★

2019年9月26日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一部である企画展「表現の不自由展・その後」がその再開に向けた動きのある中、文化庁が同芸術祭全体に交付する予定だった補助金7,800万円の不交付の方針を発表しました。

そもそも文化行政において、有識者による専門委員会の審査を経て採択された事業が、全額不交付になること自体前例のないことであり、しかも対象となる芸術祭が開会中にその決定が行われたことも極めて異例であり、あり 得ないことと受けとめます。この不交付決定は、実務上の手続きで不当な行為があったことが理由とされていますが、そこで記されているのは「展示会場の安全や事業の円滑な運営を脅かすような重大な事実を認識していたにもかかわらず、それらの事実を申告することなく採択の決定通知を受領した上、補助金交付申請書を提出し、その後もそれらの事実を文化庁に申告しなかった。」ことです。そのため「事業の実現可能性や事業の継続が見込まれるか」の二点において、「文化庁として適正な審査をおこなうことが出来ませんでした。」とし、これらの行為が「申請手続において不適切な行為」であったとしているのです。

しかしこの文化庁の不交付決定に至る審議経過についての議事録はなく、また審査にあたった専門委員にも諮られなかったことが明らかになっています。専門委員会による審査、採択決定を覆すだけの合理的な理由がそこには見出せないのです。

さらに、ここで言われている重大な事実とは、あいちトリエンナーレの中の企画展「表現の不自由展・その後」に対して、事務局へ多くの抗議、さらには脅迫まがいの電話が殺到したことを指していることは明らかです。つまり、この決定が芸術的表現に加えられた恫喝や脅迫行為を是認するものになることも指摘せざるを得ません。

芸術文化における「表現の自由」を守ることは、わが国における共生社会実現、社会における多様性を保障する上で、決定的に重要なことであると私たちは考えています。文化芸術基本法でもその基本的理念とされ、さらに施策推進の上でも「表現の自由」「文化芸術活動を行なうものの自主性を尊重すること」が不可欠のものとされているのです。
  
上記の理由により、今回の決定が速やかに撤回されることを要望します。

2019-10-25 10:21 この記事だけ表示

今年の冬、12月5(木)〜8(日)@福岡で開催される演出者協会主催の「日本の戯曲研修セミナー」唐十郎特集でモノローグショーのテキストをセレクトしなけりゃ・・・と、勉強中である。

唐さんの「初期戯曲」の中の素敵に狂ったモノローグを抽出。

これが、大変。それにしても、20代の天才劇詩人のコトバの眩さにクラクラする毎日である。

九州の若い役者たちと、冬の福岡で熱い出会いが出来たらいいなあ。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ

2019-10-21 16:18 この記事だけ表示

恒例の流山児祥の「大人のためのワークショップ」始まりました。「大人のためのワークショップ」も今年で7年目を迎えました、2012年11月豊島区テラヤマプロジェクト第一弾『地球☆空洞説』の時に始めた試みです。

全国から集まった総勢22人の皆さん、スタッフは美咲、橋口、はるか、うねべ、米山の最強陣がサポートしています。

半分近くがレギュラーメンバー?今年は男性9人、女性13人のベスト、いい感じでキャスティングが出来ます。

使用テキストは岸田國士の『命を弄ぶ男ふたり』『秋の対話』『遂に、「知らん」文六』『岸田國士アンソロジー』
岸田作品は面白さの宝庫です。実に笑えます。

13時から20時までみっちり、なんとかキャスティングまでいって、役者打合せの初日でした。ちょっと、調子こいて喋りすぎました。

2日目はダンス稽古&いきなりの「立ち稽古」です。

キッチリ作り始めますよ。オモシロくなります!
台湾嘉義の『瓦礫のオペラ〜劇的なるものをめぐって〜』に続く傑作が生まれそうな予感です。
時間があったら、是非観てください。

★流山児祥の大人のためのワークショップ公演★

『岸田國士・抄』
構成・演出:流山児祥
【スタッフ】
美術&演出助手:春はるか 振付:星美咲 
音楽:星空飛行隊 照明:橋口佳奈 音響:畝部七歩
WS助手:鈴木麻理・佐野眞一

【発表公演】10月27日(日)13時・16時の2回公演

開場は開演20分前 上演時間:約50分(予定) 
各ステージ60名様限定。

入場料:1000円

※16時の回終演後、打ち上げ・合評会アリ。

座席数に限りがありますので、予約制といたします。
ご予約はお早目に⇒http://www.ryuzanji.com

画像に含まれている可能性があるもの:19人、、川本 かず子さん、須本 菜穂子さん、佐野 眞一さん、Show  Ryuzanjiさん、星 美咲さんなど、、スマイル
2019-10-20 21:54 この記事だけ表示

10月2(水)『瓦礫のオペラ〜劇的なるものをめぐって〜』公演
OURシアターの若きヒロイン:陳守玉
『欲望という名の電車』のブランチ『ロミオとジュリエットの』ジュリエット、『踊る小人』の踊る女を演じ駆け抜けた。2020年6月日台コラボレーションンで東京にやってきます。
撮影は:黃煚哲さん。

『マクベス〜PAINT IT BLACK〜』から4年間ずーっと、私の全作品を撮影してくれているカメラマンさん。
今回も、4時間半かけて台北からわざわざ駆けつけてくれた。
感謝。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、陳守玉さんを含む、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる





2019-10-13 12:36 この記事だけ表示

巨大台風19号が列島から去った。皆さん、大丈夫でしたか。被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

いま、各地で河川の氾濫がおこっています。
地球温暖化の影響で、巨大台風はこれからも「毎年のように起こる現実」である、と学者は厳しく警告しています。

ニンゲンという「欲望の癌細胞」が、地球というイキモノをむしばむので、地球はいま、のた打ち回っている。まるで、3・11のデジャブです。

現代人は自然=神仏との関係を捨て去り、人間=科学崇拝の世界にしてしまった。ニンゲンが一番えらくて自然を支配できるなんてできっこないのに。ほら、あの美しき千曲川が怒っている。
いち早くの救援を祈るしかない。

それにしても、福島第一原発の現状に関する情報が一切メディアが報じないのが一番の気がかりである。

みんな、一寸、立ち止まって考えませんか。

「命を守る行動」をしたいのは山々だが、原発を止めず、戦争を準備し、福祉を切り捨てる政府が「命を粗末にする行動」をするので困惑している」(島田雅彦)


画像に含まれている可能性があるもの:空、ビーチ、海、屋外、自然、水

それにしても、福島第一原発の現状に関する情報が一切メディアが報じないのが一番の気がかりである。

みんな、一寸、立ち止まって考えませんか。


画像に含まれている可能性があるもの:空、ビーチ、海、屋外、自然、水

2019-10-13 12:32 この記事だけ表示

                                                                                                                                      令和元年10月11日
文部科学大臣 萩生田光一 殿
文化庁長官 宮田亮平 殿

                   
                                                                                                一般社団法人日本演出者協会

文化庁の「あいちトリエンナーレ」不交付決定について経緯の公開と不交付決定の即時撤回を求める声明

日本演出者協会は、今回の文化庁の「あいちトリエンナーレ」不交付決定について、経緯の公開と不交付決定の即時撤回を求めます。

不交付の決定がなされた際の議事録がないと報道がされていますが、これだけ重要な案件について、検討する会議が存在しないということは考えられません。私たち演劇団体に限らず国民には知る権利があるはずです。経緯のみでなく、どこの部署が決定したのか、その責任者が誰か、明らかにしてください。あるいは、責任者が存在せず、公表できるほどの議論が尽くされていないなら、国民の目が行き届く形で、審議をやり直していただきたいと思います。

現在、わたしたちの「表現の自由」の根幹を揺るがす事態がこの国で起こっています。また、隣国との間では政治的緊張状態が続き、更にメディアが「分断」を煽るという異常事態です。80年以上前にも似た「憂うべき光景」です。この状況を、わたしたち表現者(芸術家)は、何としても止めなくてはなりません。過去の戦争に向かう時代に、国家主義に加担した歴史をくり返さないという意志を、決然とわたしたちは示したいと思います。
わたしたち舞台芸術に携わる者は、表現者相互、そして観客との交流の中に育まれる「表現の自由」を守り、多様性を持った世界のあり方を肯定することを前提として活動しています。そのために、表現に関わる者の基本的人権を疎外する、差別や偏見、過去の歴史の捏造を、断固拒否します。

すでに採択されていた「あいちトリエンナーレ2019」への補助金を交付しないという今回の文化庁の決定は、一部の心なき人々による恫喝・脅迫によって表現活動が中断されたという事態を、国家が容認するということに他ならず、看過できない決定だと言わざるを得ません。
これは「あいちトリエンナーレ」個別の問題ではなく、文化庁の助成を得て委託事業を全国で展開している日本演出者協会にとっても他人事ではありません。また、全国にある多くの公共劇場・芸術団体・美術館・音楽堂その他、そこで発表(上演)する芸術家・表現者にも関係することです。

憲法21条で保障されている「表現の自由」、また、平成29年6月施行された芸術家と公共団体・市民の法律である文化芸術基本法前文には「我が国の文化芸術の振興を図るためには、文化芸術の礎たる「表現の自由」の重要性を深く認識し、文化芸術活動を行う者の自主性を尊重することを旨としつつ、文化芸術を国民の身近なものとし、それを尊重し大切にするよう包括的に施策を推進していくことが不可欠である」と、記されています。
つまり、文化庁の責務は、時の政権に忖度する事ではなく、文化芸術活動を尊重し、包括的にその活動を支えてゆくことです。

討議の記録文書も残せない状態で「不交付」を決めてしまうような、誤った乱暴な対応ではなかったはずです。文化庁が行うべきことは、「あいちトリエンナーレ2019〈表現の不自由展・その後〉」を、即刻再開に向けて準備を重ねてきた実行委員会へのサポートであり、採択された事業をやり遂げるための支援でした。

すでに、日本演出者協会は、8月18日の定例総会において「表現の自由を守る」ことを、全会一致で決議しています。

日本演出者協会は、今回の不交付の決定について経緯の公開と不交付決定の即時撤回を求めます。

                                                                                                        一般社団法人日本演出者協会

2019-10-11 19:24 この記事だけ表示

☆ということで、10月2(水)『瓦礫のオペラ〜劇的なるものをめぐって〜』1日限り2ステージ上演です。

日本地下劇場帝王:流山兒祥 ╳ 阮劇團演員實驗室全體成員,
經過9天密集的工作坊,

拼貼了《等待果陀》、《羅密歐與茱麗葉》、《慾望街車》、《戰場上的野餐》、《跳舞的小人》等5個劇本片段而成的全新作品−《瓦礫的歌劇 〜巡遊戲劇性〜》即將在這週三(10月2日)登場,來看阮寶們熱力爆發載歌載舞的演出吧!

《瓦礫的歌劇 〜巡遊戲劇性〜》

【時間】
10月2日(三)14:30
10月2日(三)18:30

【地點】
嘉義縣表演藝術中心@ 大排練室

【工作團隊】
創意發想・導演 流山兒祥
助理導演 山崎理惠子
舞台監督 余品潔
排練助理 李函育
演員 李冠億、吳盈萱、林家綾、周郁翔、莊庭瑜、陳守玉、野田容瑛、楊智翔、廖庭筠、戴文欣、鍾汶叡(依姓氏筆畫排列)

【其他注意事項】
1. 演出全長50分鐘。
2. 每場次觀眾上限為30人,達人數上限即關閉表單喔!


画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、眼鏡、テキスト
2019-10-01 12:38 この記事だけ表示

という事で『瓦礫的歌劇』出来上がりました。傑作です!!

上演時間約50分ノンストップの疾走劇。みんな7日間、ほんと、よく頑張った、世界の何処にもない「恋と革命のドラマ」が出来上がった。実に実験的でデンジャラスで「美」を備えた、「怖い現実」を描いたファンタジーである。

4年間、ずっと、裏方だったティンユーとも今回はみっちり稽古した。やはり、玉ちゃん、タージェン、ティンユーは中軸。新人たちもいいキャラが揃った。
今年の新人のスキルアップに繋がったら
うれしい限り。

役者もやっている魔王(マオワン)が照明のプランも考えている。PJが、オペレーターだからちょっと心配だが、とにかく明日は明かり合わせ。

いよいよ、本番まであと1日!
台北は台風で大変なことになっているらしい。
台風の余波で嘉義も風が強く、雨も降りだしている。
それにしても、虫歯が痛い。


画像に含まれている可能性があるもの:2人


















2019-10-01 12:33 この記事だけ表示