公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

流山児★事務所2月@スズナリ公演
『コタン虐殺』
〜「アイヌ文化 真正面から」〜
北海道新聞2月18日版 でステキな劇評が掲載されました。
有難うございました。
BY 大原智也(北海道新聞東京報道局)


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

2020-02-29 10:58 この記事だけ表示

恒例のシアターRAKU2020公演『夏の夜の夢〜嗚呼、大正浪漫編〜』先行予約開始しましたよ!

予約はコチラ⇒https://www.quartet-online.net/ticket/raku2020?om=babjgcj

土日祝日稽古は快調です。新人2名も加わって総勢17人。
RAKUにはクレージーなシェイクスピア喜劇が似合う。
シニアパンク・オペラ

シアターRAKU公演
『夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編〜』
4/25(土)-5/4 (月・祝)@Space早稲田

シェイクスピアの名作喜劇「夏の夜の夢」を
大正浪漫、浅草オペラのエッセンスで和風に!
一世を風靡したテレビドラマの脚本家としても活躍した劇団黒テントの座付き作家:山元清多(やまもときよかず)氏が素敵にアレンジした作品です。

原作:シェイクスピア
脚本:山元清多
演出:流山児祥
振付:北村真実
音楽監督:関口有子
作曲:多良間通朗

4/25(土)13時、17時
4/26(日)13時、17時
4/27(月)14時(アフタートーク)
4/28(火)14時(アフタートーク)
4/29(水・祝)13時、17時
4/30(木)14時(アフタートーク)
5/1(金)19時(アフタートーク)
5/2(土)13時、17時
5/3(日)13時、17時
5/4(月・祝)13時

見料:
一般:3,800円
アンダー25&オーバー80割:2,500円
中学生以下:1,000円

‪3/3(火)より一般発売開始となります。‬
全15ステージ「前売完売」が予想されます。
予約はお早目に!
上演時間1時間30分(予定)
開場:20分前
受付:整理券の配布は30分前

http://www.ryuzanji.com/r-waseda.html

* 東京メトロ東西線 
* 早稲田駅1番出口より1分
* 中華料理「北京」の地下1階
* 東京都新宿区早稲田町74
* TEL.‪03-5272-1785‬

※先行予約(2/29〜3/2)はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2020?om=babjgcj

写真の説明はありません。



2020-02-29 10:56 この記事だけ表示

【※重要報告となります】

若手演出家コンクール2019最終審査会の開催について
若手演出家コンクール2018年度 最優秀賞受賞記念公演の中止について

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、今後2週間程度、多数の方が集まるイベントについて中止または延期、規模縮小などの対応を要請するという政府発表を受け、文化庁と共同主催する日本演出者協会では、上記2事業の開催について以下のように決定いたしました。

3月3日(火)〜3月8日(日)
若手演出家コンクール2019最終審査 
全日程、公開審査会の予定でしたが、無観客での非公開審査会に変更させて頂きます。

3月12日(水)〜3月15日(日)
若手演出家コンクール2018年度最優秀賞受賞記念公演 パンチェッタ第11回公演「Na」については公演を中止させていただきます。

若手演出家コンクール上演公開審査、またパンチェッタの公演を楽しみにされていたお客様におきましては、大変申し訳ございません。

また、直前のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 日本演出者協会

2020-02-28 19:21 この記事だけ表示

流山児★事務所『由比正雪』2020アジアツアーに向けて最終チェック。

思いも掛けないデンジャラスな日々が続く中、きっちり来週早々のインドネシア出発に向けて、諦めず「最後まで」準備を進めていきます。

まさに『由比正雪2020インターナショナルバージョン』といった作品に成長しています。劇とカンパニーの中心軸をキッチリ背負っているのが、モチロン、伊藤弘子です。

伊藤弘子は1991年『マクベス』韓国ツアーから30年余りのワールドツアーほぼ、すべてに出演し流山児★事務所の文字通り国際的看板女優です。


画像に含まれている可能性があるもの:1人

2020-02-28 19:15 この記事だけ表示

演劇雑誌「テアトロ」2020年3月号に『少女都市からの呼び声』の劇評が掲載中です。

杉山弘(演劇評論家)

『少女都市からの呼び声』は現実と夢の世界を行き来しての幻想劇だ。唐十郎の初期戯曲を新進演劇人の手で再構築するシリーズ公演で、前年の『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』に続く第二弾として上演された。

兄:田口(井村タカオ)の意識の中に存在する妹:雪子(山丸莉菜)はガラスの世界に生き、雪子自身も徐々に身体がガラスに変えられる手術を施されていたが、温かい世界へ憧れを持ち始めていた。田口がフランケ醜態博士(伊藤俊彦)の支配するガラスの世界へ飛び込み、救出劇が始まる。

生死の境をさまよう田口の夢という大枠が冒頭で誇示されるため、複雑構造で時空が捻じ曲がる唐特有の難解さが減じられ、分りやすい展開になっている。

演出は前作に続いて小林七緒、戯曲に書かれたせりふはいじらず、音楽(諏訪創)や映像(浜嶋将裕)、振付(スズキ拓朗)で新味を加えているが、演出の根幹は俳優が生み出す熱量に置いた。

儚げなようでいて残酷な、そして瑞々しく奔放な雪子を演じた山丸は『腰巻お仙〜振袖火事の巻〜』から、一段とパワーアップした演技で魅了し、堂々のヒロインを演じ切った。

井村と伊藤によるオペレッタ、傍観者となる友人役の山下直哉と原田理央の狂気、そしてベテラン大久保鷹の説得力ある存在感と相まって、現実世界と虚構空間の転換にメリハリをきかせ、劇場に熱風を呼び込んだ。唐戯曲の魅力を存分に味わうことが出来る仕上がり。

シリーズ公演第三弾『ベンガルの虎』の企画も進められている、という。期待は膨らむ。

☆また、2020劇評家20氏による「舞台ベストワン」に
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』、『由比正雪』、『少女都市からの呼び声』の3本が選出されました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、夜



2020-02-25 14:25 この記事だけ表示

☆☆Ryuzanji Company Asian Tour Project 2020☆☆

《YUI SHOSETSU - Rebel Samurai》

☆Introduction☆

Yui Shosetsu (1605-51) was a rebel during the early Edo period who tried unsuccessfully to overthrow the governing Tokugawa regime. His plot was discovered, and he committed suicide. The playwright, Kara Juro identified with this rebellion and portrayed himself as a rebel against Japan’s burgeoning postwar system.

In 1968, rebellions were simultaneously being raised by young people all over the world. This global student movement spread to universities throughout Japan. This influenced the avant-garde movement, which blew a new wind into Japan’s world of arts and culture. Kara Juro, the hero of Japan’s avant-garde theatre movement, erected a red tent in the middle of a park in the rapidly growing city of Tokyo and put on the story of Yui Shosetsu. This red tent became a symbol for young artists who were dissatisfied with the existing system and tried to create new areas for their activities.

Ryuzanji Show is the artistic director of Ryuzanji Company and was one of the young people fascinated by Juro Kara. He made his debut as an actor with this play after becoming a member of the Red Tent Theatre Company. He is now producing this energetic performance of Yui Shosetsu for his 2020 world tour in celebration of the 35th anniversary of the foundation of Ryuzanji Company.

《Yogyakarta》
@Teater Garasi
Jl. Jomegatan No. 164 B, RT. 04, Ngestiharjo, Kasihan, Jomegatan, Ngestiharjo, Bantul, Daerah Istimewa Yogyakarta
2020.3.6(Fri.) : open rehearsal
Contact 62-21-7891202

《Jakarta》
@Komunitas Salihara Arts Centre
Ps. Minggu, Kec. Ps. Minggu, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta,
2020.3.10(Tue.), 3.11(wed.)
Contact 62-21-7891202

《adang Panjang, West Sumatra》
@Gedung Pertunjukan Hoerijah Adam
-Institut Seni Indonesia (ISI) Padangpanjang-
Guguk Malintang, East Padang Panjang, Padang Panjang City, West Sumatra 27118, Indonesia
2020.3.14(sat)

☆☆KARA Juro (唐 十郎)☆
《Born in Tokyo in 1940, Kara graduated from Drama and Theater Arts at Meiji University and started the Jokyo Gekijo theater company in 1963. Since his first Red Tent production at Hanazono Shrine in Shinjuku in 1967, performances in tents have remained at the heart of his activities. His company performed in Korea in 1972, in Bangladesh in 1973, and in refugee camps in Lebanon in 1974.
He was at the forefront of Japan’s underground theater movement, directing plays featuring monologues replete with lyrical romanticism and performed by actors with superb physiques. In 1970 KARA won the KISHIDA Drama Award with “The Virgin's Mask” and in 1982 he won the AKUTAGAWA Award as well as other awards with “A Letter from Sagawa.” In 2006, he was awarded the Yomiuri Theater Award's Honors Prize and Meiji University's Special Award for Lifetime Achievement. He has worked as an actor in theatre and film, and has also appeared in dramas and commercial

☆Synopsis☆
The era is Edo (1603 – 1868). The scene is the bank of a wide river.
To the south, a rebellion has been suppressed, and as a result, not a single blade of grass remains. Just one person returns from the south alive, the samurai Hanbei who comes looking for Yui Shosetsu. He finds someone who looks similar and tries his luck, but the person who meets him is not a samurai, but a swordmaster, Jubei, who has gotten lost in pursuit of the truth of the sword.
The next person to come to the riverbank is Marubashi Chuya, a spearmaster, but he just sings and is very weak. (In fact, he is only pretending to be an idiot as he waits for the revolution.) Then, the dashing Yui Shosetsu appears from the south and laments the misery of the south. However, an old woman who is Shosetsu's mother shouts out that this man is an imposter. Before the angry Shosetsu stands a man with a mysterious mask.

Who is this, who appeared in front of the samurai waiting for their hero, Yui Shosetsu?
Are there any heroes?
No? Will he come? No?
If there are no heroes, how will you live?

☆Cast☆
KANAI Hanbei IWAO
YAGYU Jubei KOZU Takuhei
MARUBASHI Chuya IMURA Takao
palanquin bearer Gonza V. GINTA
alanquin bearer Sukeju YAMASHITA Naoya
YUI Shosetsu TANI Munekazu

Yozakura the nightwalker HIRANO Naomi
Komeko the nightwalker YAMAMARU Rin
Pekeko the nightwalker HOSHI Misaki
Anako the nightwalker HARU Haruka

Black-toothed Ogin ITO Hiroko
Half-masked man SATOMI Kazuhiko
Detective Heiji UEDA Kazuhiro
&RYUZANJI Show
<Staff>
Choreography: JINZAI Hiromi
Fight Choreography: UEDA Kazuhiro
Stage design: V. GINTA
Lighting design: OKUDA Kenta (colore)
Sound design: TAKASHIO Ken
Costume design: TAKEUCHI Yoko
Stage manager: KOBAYASHI Iwao
Lighting operation: MINAKATA Yuri
Sound operation: SUWA Sou
Subtitle operation: HASHIGUCHI Kana
English translation: TANAKA Claire
Company manager: UNEBE Nanaho

<Indonesia Project Team>
  Tomomi Yokosuka
  Lusia Neti Cahyani
  Dede Pramayoza
  Theodorus Christanto

Production: RYUZANJI COMPANY

Supported by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan through the Japan Arts Council

☆Ryuzanji Company☆

Ryuzanji Company has its origins in Japan’s Angura (underground) theatre movement of the 1960s, a time when Japan’s contemporary theatre culture underwent a revolution. Show Ryuzanji founded the company in 1984 after participating in two of the major Shogekijo movement theatre companies, Jokyo Gekijo (led by Kara Juro) and Waseda Shogekijo (led by Tadashi Suzuki).

Ryuzanji Company operates under the vision that "theatre is an asylum", creating a new theatre network within Japan and around the world together with "friends we haven't met yet." Theatre is truly the asylum of the masses - a place for encountering, making, watching, and gathering together - this is the eternal challenge of theatre people.

Ryuzanji has also established "Rakujuku" (1998~) a troupe of local adults open to people aged 45 and older, and the senior theatre company "Paradise Ichiza" (2006~) members of whom have an average age of 82. In 2012, Rakujuku performed in its first overseas festival at the Fringe Festival in Victoria, Canada, and won the prize for Best Ensemble. These groups are creating an unprecedented theatrical revolution with their motto of "Watching something fun makes you feel good!" The groups are at the forefront of Japan's emerging senior theatre movement.

2020-02-25 00:33 この記事だけ表示

2020-02-25 00:31 この記事だけ表示

『由比正雪』の名シーン
伊藤弘子の歌うお歯黒お銀のバラードは名曲です。
演奏はマリア観音!井村タカオとのデュットはサイコ―。
ジャカルタで世界的パンクバンド:マージナルと競演したいものである。『西遊記』で競演したマージナルがゲネプロにやってくる。出発まであと1週間。

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:2人、伊藤 弘子さんを含む、オンステージ(複数の人)


2020-02-22 11:19 この記事だけ表示

唐十郎唯一の革命時代劇『由比正雪』2020アジアツアー稽古、快調に飛ばしています。『由比正雪』は、名作戯曲『ゴドーを待ちながら』と『袴垂れはどこだ』、大島渚の映画世界が奇妙にコラージュされたような、ナンセンスでそれでいてパワフルな底辺の無名の民衆のエネルギーが横溢し、時代への挑発に彩られた若き唐十郎のまさに「アングラ魂」炸裂の「歌舞く」音楽劇です。

若き唐十郎の無名ゆえの、歴史と社会へのピュアな異議申し立て=革命への渇望が「ここにある」

よりパワフルにギラギラでやります、
ゴツゴツした言葉とカラダが荒々しくぶつかります。
『卒塔婆小町』『花札伝綺』『西遊記』に続く3回目のインドネシア!のファンたちが熱狂するのが今から想像されます。ご期待下さい。

アジアのRYUZANJI!が行きます。
もう暫く、お待ちください。


今夜は初の「粗通し」です。一気に行きます!!

実寸の新セットを立て役者たちがメチャクチャ大きく動き回っています。もっと、大胆不敵に!!

30年近いワールドツアー史上最大の物量!ザ・流山児☆時代劇!『由比正雪』初のアジアツアーです。
2019年入団の美人新人女優:春はるか初の海外デビュー。山丸莉菜、星美咲、平野直美、伊藤弘子:流山児★事務所人気女優陣・・夢の競演。

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:伊藤 弘子、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:5人、伊藤 弘子さんを含む、立ってる(複数の人)



2020-02-21 10:51 この記事だけ表示

【流山児★事務所2020新人4月オーディション決定!】

 1984年創立以来、歌舞伎・シェイクスピアから寺山修司・唐十郎のアングラ演劇、天野天街・しりあがり寿・シライケイタ・日澤雄介・詩森ろば・瀬戸山美咲といった最前線の劇作家の新作書下ろし 、海外演劇人とのコラボレーションや 海外公演も積極的に行っています。

『ユーリンタウン』『ハイライフ』『田園に死す』で2009年 第44回紀伊國屋演劇賞団体賞。『十二夜』 ビクトリア国際演劇祭2013ベストアンサンブル賞。『義賊☆鼠小僧』2015台湾国際芸術祭招聘、『西遊記』2016インドネシア・タイ4都市ツアー、2018中国3都市ツアー。台湾阮劇団との国際共同制作『マクベス〜PAINT IT BLACK!〜』 2017年シビウ国際演劇祭招聘、『嫁粧一牛車』2018年台湾・台新藝術賞最終候補選出、2019年@台中国家歌劇院&台北水源劇場ロングラン公演。 『わたし、と戦争』2018年読売演劇大賞優秀演出家賞。シニア劇団=シアターRAKUは2016台湾@国立劇場『女の平和』、2018@高雄春天藝術祭『十二夜』、2019年@新営藝術祭『女の平和』と3年連続台湾芸術祭招聘公演  
流山児★事務所は《世界》を旅しています。

※2020年は、2月詩森ろば新作書下ろし『コタン虐殺』大ヒットに始まり、3月唐十郎:作『由比正雪』アジアツアー 4月・5月シアターRAKU シェイクスピア:作『夏の夜の夢〜嗚呼、大正浪漫編〜』6月台湾阮劇団とのコラボレーション『道』、8月月蝕歌劇団との競演で高取英:作『音楽劇☆寺山修司〜過激なる疾走』10月しりあがり寿新作、天野天街:演出『ヒme呼』12月コ・ヨノク:作、シライケイタ:演出 『訪問者』、2021年2月唐十郎:作『ベンガルの虎』を上演します。   

※2019年度新人募集中です。即戦力で輝いて下さい。気軽に、お問い合わせを。

*劇団で活動することに興味がある人を募集します*

【募集人員】
5名 (俳優・スタッフ)
18歳以上35歳未満。
国籍・経験不問。心身ともに健康な男女
【書類選考】
以下を3月31日(火)までに流山児★事務所まで郵送あるいはメール。

(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「入団してやりたいこと」(400字程度)
(4)受験料:3000円 (面接&オーディション時持参)

◎書類選考選抜者のみ、面接&オーディションを行います。スタッフ希望の方は面接のみ。

【応募〆切】3月31(火) 消印有効 EMAIL:mail@ryuzanji.com

【面接&オーディション4月開催★日時応相談】
※台詞、簡単な動き、好きな歌を歌う、面接、特技。

【入団後の活動】
劇団活動に準じていただきます。5月以降、優秀新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。
【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみ

2020-02-20 13:58 この記事だけ表示