公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

【ひとり稽古☆3日目です!】

昨日はお昼から、T記者の電話インタビュー1時間。

で、稽古開始。ま、とりあえず、照明2灯吊るして、「或る阿呆の一生」を録画してみる。一応、台詞は入ったみたいじゃん。短いし、朗読でもいい。

で、中村ノブアキ「その男、ロック」の稽古。17時過ぎに稽古を終えて、歩いていると散歩中の大久保鷹さんとばったり、福島の佐藤茂紀か大久保鷹さんをイメージして書上げた一人芝居「じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で」を送り付けてきたことを話し、この企画に鷹さん参加を促す。どうやら、OKの様子。茂紀に鷹さんに台本送ること!と、伝える。ま、これからいろんな人を巻き込む予定。と、いうわけで、佐藤茂紀に続いて今日は秋之桜子さん(西瓜糖)の台本が送られてくる。

とにかく稽古稽古である。今日は「その男、ロック」大西弘記「コノヤロウ」わかぎえふ「政治家」の予定。

流山児祥☆短編ドラマ「映像配信」プロジェクト2020(仮)☆天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、秋之桜子、ラサール石井、中村ノブアキ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、佐藤茂紀の豪華作家陣で綴る「コロナ禍の現在」のショートショート始動しました!(企画・撮影・監督:村井利徳:コラボ二クス・フィルム) 只今絶賛稽古中!!

☆大西弘記「コノヤロウ」☆わかぎえふ「政治家」☆山ア哲「ある阿呆の一生」「印象」☆佃典彦「隔離生態系」☆鹿目由紀「月からの電話」☆中村ノブアキ「その男、ロック」☆佐藤茂紀「じゃぶじゃぶ池の藤棚の下」

8作品到着中。メチャ面白い。メチャ大変。で、動いてみると、カラダが想うように動かない、どれだけ今まで怠けて来たのか。が、「老い」というものは面白いモノである。台詞が入ったと思っていても、ある時全くでてこない。ま、ボケボケの「72歳のジジイ」の身体でしかないのである。3時間一人ぼっち。気楽にやります。乞う、ご期待。

※「休業期間中、従業員による施設の清掃や設備の改修等で施設に立ち入っても、営業していることには該当しません。 また、無観客で、オンライン配信用のライブを行うことも問題ありません。

ただし、同時に複数の演奏者等を出演させないなど「三密の状態」を発生させない使用に努めていただくことが必要です。」(東京都)

2020-04-29 10:35 この記事だけ表示

【ひとり稽古2日目です!】

流山児祥☆短編ドラマ「映像配信」プロジェクト2020(仮)☆天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、秋之桜子、ラサール石井、中村ノブアキ、ケラリーノ・サンドロヴィッチの豪華作家陣で綴る「コロナ禍の現在」のショートショート始動しました!(企画・撮影・監督:村井利徳:コラボ二クス・フィルム)

☆大西弘記「コノヤロウ」☆わかぎえふ「政治家」☆山ア哲「ある阿呆の一生」「印象」☆佃典彦「隔離生態系」☆鹿目由紀「月からの電話」☆中村ノブアキ「その男、ロック」

現在到着中の6作品・・・・メチャ面白いです。メチャ大変です。で、動いてみると、カラダが想うように動かない、どれだけ今まで怠けて来たのかと想う。が、老いというものは面白いモノと開き直るしかない。台詞が入ったと思っていても、ある時全くでてこない。ま、ボケボケの「72歳のジジイ」の身体でしかないのである。3時間一人ぼっち。ま、気楽にやるしかない。

「休業期間中、従業員による施設の清掃や設備の改修等で施設に立ち入っても、営業していることには該当しません。 また、無観客で、オンライン配信用のライブを行うことも問題ありません。
ただし、同時に複数の演奏者等を出演させないなど「三密の状態」を発生させない使用に努めていただくことが必要です。」(東京都)

2020-04-28 13:09 この記事だけ表示

【ケラリーノ・サンドロヴィッチさん参戦決定!】

21日、急遽、立ち上げた流山児祥☆短編ドラマ映像配信プロジェクト2020(仮)☆天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、秋之桜子、ラサール石井、中村ノブアキに続いてケラリーノ・サンドロヴィッチさんも参加が決定しました。

作家たちが綴る「コロナ禍の現在」のショートショート。

はてさて、どーなってゆくのか?面白くなります。役者は、ド下手でアレですけど。

有難うございます。頑張ります。みなさん、台本よろしくお願いします。

さあ、すでの届いている台本も2本。愈々、来週から稽古開始です。

2020-04-25 14:02 この記事だけ表示

【ZOOMミーティングの日々である】

不慣れなオンラインの日々が始まった。少しずつ慣れてゆくしかない。

昨日は6月日台コラボレーションン『道』のミーティング。台湾嘉義は、既にコロナ禍は過ぎ去り、稽古が始められる、翻って、東京は非常事態宣言の下自粛で集まって稽古など夢のまた夢。オンラインでどうやって作品創りをやるかお互いの環境に想いを馳せて「新しい表現方法」を模索中。ま、彼我の状況をしっかり確認し、出来ることからやるしかない。

今日は午前中から演出者協会理事会、各部の部長、監事の外波山さんも加わって24人の大人数で会議。これまたオンラインで出来ることを模索。若手演出家コンクール、演劇大学、国際交流セミナー、戯曲セミナーの4事業きっちり、進めてゆくことを確認。芸術文化復興基金創出を軸とした演劇人の補償運動も加速化する。立ち止まっている暇はない。みなさん、前に進みましょう。

2020-04-25 13:59 この記事だけ表示

【台本、届きだしました!稽古します】

4月21日急遽、立ち上げた流山児祥☆短編ドラマ・プロジェクト2020(仮)☆天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、秋之桜子、ラサール石井、中村ノブアキといった作家が参加して愈々、始動。作家たちが綴る「コロナ禍の現在」のショートショート劇。

スゴイ!早速、ステキな戯曲を送ってくれました。

☆大西弘記「コノヤロウ」☆わかぎえふ「政治家」

有難うございます、メチャ面白いです。大変です。

役者は、ド下手でアレですけど頑張ります。

みなさん、次々と台本よろしくお願いします。72歳のジジイだから覚えるの大変だから・・・・・。

さあ、愈々、来週から稽古開始である。

※今日は、6月日台コラボレーション公演『道』のZOOMミーティング。いろんな話を・・・・とにかくできることをやるだけである。面白いコトになる予感。

2020-04-24 22:09 この記事だけ表示

【ラサール石井さんも参加します!】

一昨日、急遽、立ち上げた流山児祥☆短編ドラマ・プロジェクト2020(仮)☆天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、秋之桜子に続いてラサール石井さんも参加決定。

最強の作家たちで綴る「コロナ禍の現在」のショートショート。面白くなります。役者はド下手ですけど。

大西君は、昨日早速書上げて送ってくれた。
有難うございます。頑張ります。

で、久しぶりに、北村想と長電話。あと2年ぐらいこんな調子かもよ、と例によって想節。身体の調子はあまりよくないようだが、いつものように、想ちゃんの話は、アッチへ飛びコッチヘ飛び、それでも理路整然として長屋のご隠居よろしく、熊さんの私の心にちゃんと着地するから面白い。そのまま2020年版の『夢謡話浮世根問』にできる感じである。

そのうち、調子がよかったら台本を送ってくることだろう。
それにしても、半世紀の心友はイイ、まるで空気のような感じで、温かくなって、元気になる。ふいに、47年前、娘が生まれる前、妻の姿をみてオロオロしてしまい、想ちやんに電話したら「大丈夫!いざとなったら足を引っ張りだせばいい」と言ってくれた事を想い出していた。

さあ、愈々、来週から稽古はじめるぜ!

2020-04-23 12:56 この記事だけ表示

【秋之桜子さんも参加します!】


昨日、急遽、立ち上げた流山児祥☆短編ドラマ・プロジェクト2020(仮)☆

天野天街、佃典彦、山ア哲、わかぎえふ、鹿目由紀、しりあがり寿、大西弘記、詩森ろば、に、続いて秋之桜子が参加。

旬の作家たちで綴る「コロナ禍の現在」大西君は早速お昼過ぎに書上げて送ってくれた。

有難うございます。頑張ります。

さあ、愈々、来週から稽古はじめるぜ!

2020-04-22 17:30 この記事だけ表示

【ユーリンタウン☆公演延期のお知らせ】
残念なお知らせで申し訳ありません。
2021年5月に予定しておりましたブロードウエイミュージカル『ユーリンタウン』は、諸般の事情により公演を延期とさせていただきます。

上演を楽しみにしてくださったみなさま、すでに、オーディションにご応募を考えてくださったみなさま、大変申し訳ございません。上演できることになりましたら、また改めてお知らせします。

2020年4月20日 流山児★事務所

2020-04-21 17:19 この記事だけ表示

【とにかく、動き出します!】


インドネシアから帰国して1か月。自粛自粛のstay homeで襤褸アパートに籠って「断捨離的」に朗読やら一人リーディングをやってきたが、来週から、とにかくキチンと体を動かすことにした。

稽古は一人でも始められる。で、うん、まず稽古しよう、と決める。

で、昨日、コラボ二クス・フィルムの村井監督から連絡が入った。「攻めでスピード感のあるロックな流山児さんをみせたい」、「コロナ禍の現在」を描きたい。これまでとは違うアプローチのものをYouTubeで公開しSNSで話題作りをする。この企画用のYouTubeチャンネルを立ち上げようと考えている。今楽しむためというものでなくコロナ禍収束時にアーカイブとして価値のあるものになるクオリティで作品化する。「今イメージしている一つは固定カメラは使わず手持ちのワサワサした感じを基本にカメラワークを行うというルールを考えています」だそうである。勿論「無償」である。快諾。

この話を聞いて、妄想が・・・早速、アマノに電話する。いつもだったら高取英なんだがアイツはアッチへ逝っていて近くにいない。こういう時に困る。で、佃君と哲ちゃんに。想ちゃんにもそのうち連絡しようと思っている。妄想プロジェクト始動である。

流山児祥の朗読、生まれて初めての一人芝居、で、二人芝居!と決める。

佃が安部公房風の短編不条理劇を書下ろし、山ア哲が3分から5分で読む漱石&龍之介を構成する。で、これは村井監督の企画。現在の「コロナ禍」を描くショート・ショートを何人かの作家に書いて貰うというプロジェクト。

天野天街、わかぎえふ、しりあがり寿、詩森ろば、大西弘記、鹿目由紀といったみなさんが参加してくれる、あと何人かの返事待ちである。時間があって、もし、東京に来れたら天野天街に最終構成と演出をたのもうと決める。

72歳の下手なアングラ役者の妄想アジテーション劇?
皆さん、台本待ってマース。劇団員にもお願いすることがあると思いますので、その時はよろしく。

乞う、ご期待。春爛漫である。

2020-04-21 17:17 この記事だけ表示

以下のようなメールを送った。

【劇団員のみなさんへ】

『コタン虐殺』の整理とSpace早稲田をRAKU公演用に劇場仕様にした後の2月の総会から、あれよあれよのコロナ禍に巻き込まれて2カ月近くが経ちましたね。3月、奇跡の『由比正雪』インドネシアツアーから帰国してRAKUの稽古を2日やって、その後、Space早稲田は無人です。いまは、とにかく、自分の命を、家族の、友人のイノチを守る時です。

Space早稲田で4月25(土)〜5月4(月)上演予定だったRAKU『夏の夜の夢』は、さあ、これから「通し稽古」というトコロで稽古が出来なくなり、2021年まで「延期」にしました。6月17(水)〜24(水)の初の日台コラボレーション『道』はスカイプを使ったワークショップを始めたけど、いまは中断中です。稽古が出来る状態になったら、果たしていかなるカタチでやれるかを模索しなければなりません。きっと「何か方法」があるはずです。ZOOMを使ったコラボの可能性?映像作品としての『道』?など、等。

わたしは、この3週間余り学生時代に戻ったように多くの本を読んでいます。積んでいた本や、大昔に読んだはずのカミュの『ペスト』やアルトーの『演劇とペスト』に加えてこの際、唐十郎、別役実、寺山修司の戯曲集をしっかり「声を出して」読み直したりしています。これ、結構、面白いです。とにかく、かたっぱしの一人リーディング。その後は断舎離です。

それにしても、これだけ長く稽古をしないのは久しぶりです。それから、マミストレッチは必ずやる事、よろしく。

いま、私達の本拠地:Space早稲田で「集団で稽古をする」のは不可能です。稽古は出来なくても、私たちの「集まれる場所」は、なんとしても確保しなきゃいけないと思っています。これが最大の悩みですね。あらゆる手立てをいま考えています。みなさんも、大至急考えてみてください。クラウド・ファウンディングの提案も上がっています。大至急話しあいましょう。モノを創れるトコロ:Space早稲田と、芝居がやりたいニンゲンがいればなんとかなります。それまで、とにかく、生き延びるしかない時代なのかもしれません。

でも、劇場は閉まっていても、演劇はなくなるわけではありません。芝居は社会とお客さん(他者)と繋がっているイキモノです。イマは、みんな、離れながらも、観客のみなさんと「表現を共有できる方法」を考えてみましょう。

イマ、延期になっている作品たちは決して死なせません、必ず「再生」させます・・・芝居者の魂を燃やし続けていきましょう。とりわけ、今年入団したばかりの新人2人にとっては大変な経験ですね。ま、人生はデンジャラスだが面白いと思ったほうがいいよ。それまでは、みなさん真摯にstay home!

では、GW明けに皆さんに会えることを期待しながら。

2020年4月16日

流山児祥

2020-04-16 12:03 この記事だけ表示