公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【大変な事が起こっている、狂気の沙汰の公文協のガイドライン】

★公演関係者については、運営に必要な最小限度の人数で、「表現上困難な場合を除き原則としてマスク着用を求めると共に出演者間で十分な間隔をとる」

★これをどー読む(解釈する)か、ですか?「表現上困難な場合」はマスクとっていいんだから。トップシーンからラストシーンまで「表現上困難な場合」なのが、芝居なのだからスタンバイの時はしていて、舞台に登場するや否やマスクを取る???でも、なんか、可笑しくない?
それにしても、こんな「ガイドライン」誰が考え付くのだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、アーラの館長:衛紀生氏の発言を記します。
全国公文協がとても信じられない「ガイドライン」を出しました。怒りで詳細は書けませんが、ヤフーニュースの記事に書きこんだ文言をコピペします。

「出演者は原則マスク着用」というナンセンスな、いわば表現に制限を矯正する弾圧に近いものです。キャパシティの制限とは全く違うフェイズの問題です。拡散を希望します。舞台芸術と実演芸術のアーチストは所得補償は必要ですが、「マスクとソーシャルディスタンス」を求められる舞台や演奏は望んではいません。

全国公文協が14日付で、このガイドラインを発出したことは大問題。この組織が、実は劇場音楽堂等、文化芸術の側に立っていないことを自ら吐露したとしか思えない。理事会に諮ったのだろうか。理事は「出演者に原則マスク」を了としたのか。いずれ何処かからの圧力なのだろうが、それに抗しないのは組織の体質を白日の下に曝け出したことになる。誰の圧力かは容易に特定できる。

何ともナンセンスで、その圧力をかけた人間も、文化行政の当事者としての資格はない。すべての文化芸術関係者、すべての観客聴衆の前で土下座して自己批判すべき。ならば「閉めろ」と言ってみろだ。私なら「自主閉館=ロックアウト」を選ぶ。これは、弾圧に等しい。それに手を貸したことを恥じないのか。観客聴衆の数と割合を規制することとは、本質的に違う。断固して回答を求める。
2020-05-16 16:01 この記事だけ表示