公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
本日17時:座・高円寺へ![楽塾]

楽塾創立20周年記念公演@座・高円寺、無事、本日3日夜(水)初日を「ほぼ満席」で終えました。

2年ぶりの東京公演、当日券も多く、本当に多くのお客様がおいでになり劇団員・スタッフ一同あつく御礼申し上げます。


圧倒的な拍手の中フィナーレ、ひさしぶりの楽塾らしい「初日」でした。

楽屋で初日乾杯、温度は20年間楽塾の全作品を見てくれている演劇評論家:江森盛夫さんの乾杯の音頭。

山田さん、初楽塾のTOKYOハンバーグの大西君、栗木さん、久しぶりの木内尚といった人たちと・・・・。

さて、明日からが正念場です。楽しく、あと5ステージ突っ走ります。


楽塾☆創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』(作:佃典彦)
5月3日(水)〜6日(土)@座・高円寺2


【前売状況】座席:約250席
  4日(木)13時:前売完売 ※当日券あります
     17時:超・大余裕アリ←超オススメ 残80枚
      終演後、アフタートーク(ゲスト:鯨エマ氏)


  5日(金)13時:余裕アリ←オススメ 残45枚 
      17時:余裕アリ←オススメ) 残60枚
     ●終演後、アフタートーク(ゲスト:朝日恵子氏)


  6日(土)13時:残40枚余裕アリ 
 
  ※上演時間は1時間40分を予定しています。
  ※当日券は開演の1時間前に劇場で発売します。


※ 詳細は→http://misakichi4.exblog.jp/26667732/


※流山児祥への予約は→
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2017?m=0abjgca

・・・・・・・・

早速、TWITTERやfacebookに「劇評」が。


星 幸恵‏
楽塾創立20周年記念公演@だいぶ前に観た劇団うりんこ『モモと時間泥棒』と同じ佃典彦 脚本の『すもももももももモモのうち』(流山児 楽塾)初日拝見。座・高円寺にて。なんかさあ、お芝居って面白いねえ!


大上貴摩瑳
楽塾20周年公演『すもももももももものうち』作:佃典彦 座高円寺2。観てきました。楽塾は2年目から観てて、最初ホームページ作ってた位縁深い所。もー、見事奈芝居。ミヒャエル・エンデのモモをベースに、楽塾を知り尽くす佃さんらしい書き下ろし。とても良い公演でした。


結城雅秀(演劇評論家)
流山児楽塾20周年「すももももももモモのうち」佃典彦、流山児祥。ないモノだらけは、あるモノだらけ。ミヒャエル・エンデの時間泥棒。時間を貨幣に擬える。ゆとり教育の失敗の後にあっては中道を行くしかないか?モモは各個人の中に。マイスター(桐原三枝)すもも(村田泉)モモ(平山郁子ら)。


コラボ二クスフィルム
佃さんの作品『すもももももも モモのうち』のタイトル劇中に答えがあります。なーるほどー!!!と思いました。随所に散りばめられた佃さんの考え方。これはのんびり観る作品ではないんです。プロの役者でない演目ですが、ベースが演劇のプロ集団から作られる贅沢な演目です。流山児★事務所ってやっぱすげーなーと思いました。演劇を観に行くというより高い意識を共有しに座・高円寺2へぜひいらしてください。

2017-05-04 08:27 この記事だけ表示