公演情報

☆流山児★事務所2017夏 
大人のための演劇ワークショップ&公演☆
『架空の情熱2017』

使用テキスト:寺山修司・岸田國士

構成・演出:流山児祥

振付&美術:佐原由美 照明:五島三四郎
音響:廣田由美 舞台監督:森諒介
演出助手:橋口佳奈
出演:ワークショップ参加者

●発表公演:8月20日(日)開演:15時、18時 (2ステージ)
※開場は20分前です。

@Space早稲田(東西線「早稲田」駅1番出口右へ1分、
中華「北京」B1)

※1000円(1ドリンク付き) 終演後:合評会あり。 
18時の回は終演後打ち上げアリ。

※上演時間50分〜60分(予定)

●予約・問い合わせ
03−5272−1785(流山児★事務所)
http://www.ryuzanji.com
※各ステージ:60名様限定です。

予約はお早目に!
●酒・つまみの差し入れ大歓迎です。

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
ぜひ、シビウへおいでください。[臺灣マクベス]

『台湾マクベス』台中国家歌劇院公演は「全席完売」ですが、シビウはまだ、お席には「余裕あり」みたいです。

ぜひ、ふらりとシビウまでおいでください。待ってます。

でも、ルーマニアは遠いですね。




Asian Shakespeare, a Russian script in Hungarian and a circus performance at FITS 2017!
At this edition of the Sibiu International Theatre Festival, the classical style comes in surprising combinations, staged in a contemporary fashion, which cover the human soul and offer inspiration through original creations.

Thus, Our Theatre & Ryuzanji Company from China and Japan present a play directed by Ryuzanji Show, a performance that places Shakespeare in a contemporary Asian setting. "Macbeth: Paint it, Black!" opens with an anti-war monologue and ends with the suggestion of cultivating hope against the endless struggle for power. "One of the most important performances discovered in Asia, the revelation of major festivals in Taipei, Shanghai, Singapore, Tokyo and Australia, Macbeth: Paint it, Black! is a Chinese-Japanese production, which is currently courted by all major festivals around the world. You should hurry up and get your tickets for the two performances that will take place on June 14th at Fabrica de Cultura, Eugenio Barba hall, in which the theatre company will invest a lot of effort", said Constantin Chiriac.

2017-05-21 00:22 この記事だけ表示