公演情報

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 劇作家部門

 『SCRAP(スクラップ)』

【作】シライケイタ(温泉ドラゴン)

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【プロデューサー】流山児祥

 

【出演】

月船さらら
清水直子

みょんふぁ(洪明花)
西條義将

伊原農
シライケイタ

栗原茂
上田和弘
イワヲ

里美和彦
木暮拓矢
佐原由美

 

【日程】

2017年7月1日(土)〜17日(月・祝)

 

【会場】Space早稲田

 

【チケット】

日時指定・全席自由

一般 3,500円

学生、U25(25歳以下) 2,500円

高校生以下 1,000円

リピーター割引 3,000円

 

流山児祥の予約



公演詳細はこちら

 


【お問合せ】

流山児事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com 

グラフィックス1.png
イラスト:藤原カムイ

 

ワークショップ参加者募集!!

*募集終了しました*

 

【講師】流山児祥

【日程】2017年8月14日(月)〜20日(日)

14日(月)〜17日(木)は、18時〜22時

18日(金)〜20日(日)は、13時〜21時

*発表公演を行います

19日(土)夜 20日(日)昼・夜の3ステージ

【会場】 Space早稲田

 

【募集人員】20名 40歳以上・経験不問 上記日程に全部参加できる方

【参加費用】25,000円

【応募期間】7月3日(月)〜

【応募方法】流山児★事務所に以下をお知らせいただき、お申込みください。

@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)

*楽塾に入団希望の方は、履歴書あるいは芸歴書をお送りください。

 

【お問合せ・応募先】
流山児事務所 ワークショップ
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」A[SCRAP]

江森盛夫(演劇評論家)の「演劇袋」より

「SCRAP」(作:シライケイタ(劇団温泉ドラゴン)、演出:日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)、プロデューサー:流山児祥)、Space早稲田。

「平成29年度時代の文化を創造する新進芸術家育成事業」の公演である。


役者でも出演しているシライケイタの”ごあいさつ”から”

「ここらの人間はみんな済州島出身やで」 この作品を書くための取材中、かってアパッチ部落と呼ばれた場所にある店でビールを飲みながら、常連客の一人から聞いた言葉です。この言葉からすべてが始まりました。東京に戻り資料にあたり、初めて「済州島4・3事件」のことを知りました。国による、済州島民に対する大虐殺から、命がけで大阪に逃れてきた彼らの存在を知り、アパッチ族に対するイメージがグルリと変わりました。「居場所を探している人たちの物語」として書く覚悟を決めた瞬間です。この一点で、現在を生きている我々と彼らは繋がることができると思ったのです。(後略)」


この兵器工場の跡に残ったSCRAP(鉄屑)を拾って暮らしを立てていた済州島民の居住の場所が舞台だ。狭い劇場の中央にその場所を設定し、客は三方から舞台を観る。12人の登場人物がこの狭い空間で存分に演じることができた、舞台美術の佐々木文美、演出の日澤はシライの意図を十分に活かし、役者群はシライを含め、そのころの済州島出身の悲喜こもごもの在日朝鮮人を演じきっていた。


韓国とのかかわりの芝居を最近書いてきたシライの一つの到達点だろう。

2017-07-02 10:59 この記事だけ表示