公演情報

流山児★事務所10月公演
瀬戸山美咲(ミナモザ) :新作書き下ろし・演出
『わたし、と戦争』  

2018年10月17日(水)〜24日(水)
@下北沢ザ・スズナリ

MAP
 

WEB予約◎  
8月24日(金)発売開始

201810.jpg


*************

◎流山児祥の大人のための演劇ワークショップ2018参加者募集!◎

【講  師】流山児祥(演出家・俳優・声優/日本演出者協会理事長)
【テキスト】寺山修司『不思議な国のエロス〜寺山版女の平和』ほか。              
【募集人員】20名限定 (先着順、お早目に!)
      40歳以上、経験不問、下記の「全日程に参加できる」方に限ります。

【日  程】2018年10月29日(月)〜11月4日(日) 1週間開催。
【応募開始】2018年9月1日(土)〜※定員に達し次第締切。
【参 加 費】30,000円

【発表公演】11月4日(日)15時・18時開演 ※開場は開演20分前
【場  所】Space早稲田

【お問合せ・お申込み】流山児★事務所 大人のための演劇ワークショップ係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60ー307
電話 03-5272-1785 Fax 03-3205-9170
Eメール

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
疾風怒涛の五島・長崎情宣A[西遊記]

【続きです】


工事現場の朝のラジオ体操の音で目覚める。
三四郎の家の横に大きなドラッグストアが建つそうな。


三四郎とお母さんは朝早くおばあちゃんちと親戚の家に挨拶にいって帰ってきて、朝ご飯。上手い五島の魚とゴーヤ、オクラ、色とりどりのおかず。アオサの味噌汁。上手かった。ご馳走様でした。


昨日、酩酊で家へ帰った鬼一朗さんをひろって、マーちゃんの家へ。
五島ワインと焼酎を買って三四郎たちのたまり場である呑み屋さん「ポップ」へ。

ポップは商店街にある。商店街のいくつかの店にはすでに「西遊記」のポスターが貼られている。


ポップのマスターも三四郎の親代わり。昨夜、来る予定であったが呑みすぎて12時過ぎに寄ったが、店はもう閉まっていた。ここが、五島の若者たちのたまり場ということでポスターの残りとチラシ1000枚を置いてもらう。ポップが前線基地になりそうである。

珈琲がこれまた美味い。鬼一朗さんは五島一のモールにポスターを張りに行ってくれた。


で、五島城を散策。保育園では運動会の予行演習の真っ最中であった。


お昼近くに神社で五島家第35代当主:五島憲昭氏と会う。


8月末、東京の長崎館でアポなしで出会って、ゲスト出演と協力をお願いしたら快く引き受けてくれたご城主様である。1時間余りお話して、今度は急遽、城の中にある名門高校:五島高校へ行くことになった。



五島高校の校長:原田尚之先生、これまた気さくな先生である。昔は五島高校にも演劇部があったらしい。「これを期に演劇部が復活したらいいですね」と意気投合。鬼一朗さんは五島高校出身という事で話がはずむ。この高校300席余りの照明設備もある小劇場がきちんとある。見せてもらったが本当にすごい!ここでも『西遊記』が出来るホールである。ぜひ、芝居をここに持ってきたいものである。


西暦1900年創立の長い歴史を持つ高校。生徒たちも元気である。それでも少子化が進んで最盛期の3分の1の生徒数らしい。みんな試験中だけど、必ず、観に来てね。


ということで、バタバタでフェリー乗り場へ。長崎の情宣とFMラジオの夜7時半の「生放送出演」のため。

フェリー乗り場の総合案内には、すでに「西遊記」のポスターが貼られていた。

2時間のフェリーの旅。これもまた実にゆったりとして良かった。


長崎港近くの九州商船へポスターチラシを。いろいろお世話になる予定。

で、次は開催中の長崎芸術祭の事務局のあるギャラリーへ。

この家が凄い旧家。原爆にも水害にも耐えた家である。巨大な鯰が水槽にいた。

芸術祭に参加した清水宏が泊まっていたとのこと。

で、眼鏡橋の近くを歩いていて、これまた長崎に長く滞在していたころを思い出した。

1992年伊丹十三監督作品『ミンボーの女』の撮影地、あの時は出来たばかりのハウステンボスでロケしていたっけ。


で、長崎市民FMラジオ「収録が出来る」とのことで、長崎に泊まる予定だったが、夜の最終便で帰京することとなった。


長崎市民FM「龍崎鬼一朗のラブレターズラジオ」収録30分。
夕方5時半。疾風怒涛の五島・長崎プロモーションが終わった。因みに長崎港から乗ったタクシーの運転手さんがポスター5枚とチラシの配布をやってやる!と貰ってくれた。


FMの収録も急にスタッフの人が協力してくれた。思いもよらない多くのヒトに助けられた2日間であった。


バスターミナル近くの寿司屋でうまい魚としゃこ、

鯨を肴に焼酎「壱岐」のボトルを1時間で空けて、鬼一朗さんと別れて空港へ。


最終便で帰京した。
いやはや、楽しきかなの五島・長崎弾丸ツアー!であった。

2017-09-16 15:59 この記事だけ表示