公演情報

『腰巻お仙 振袖火事の巻』
 
作:唐十郎 
 演出:小林七緒


2018年
12月4日(火)〜16日(日) 
会 場 Space早稲田

201812.jpg

【出演】
祁答院雄貴
山丸りな(流山児★事務所)
江口翔平(StudioLife)
原田理央(柿喰う客)
山下直哉(流山児★事務所)
星美咲(流山児★事務所)
伊藤俊彦
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
眞藤ヒロシ
佐野陽一(サスペンデッズ)
森諒介(流山児★事務所)
中原和宏
大久保鷹


チケット予約

公演詳細

 

*************

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
対馬、本日仕込中![西遊記]

ついに『オケハザマ』(1月24(水)〜2月4(日))第3稿、脱稿。


メチャクチャ面白い。しりあがりさんの歴史劇の真髄がここにある。

何処にもない「劇」になる。わくわくするぜ。只、一筋縄ではいかないシロモノである。


ツアー中、じっくり読んで作戦を練る。新春スズナリが総天然色の「戦場」になる!


ということで、20(月)朝、羽田空港全員集合。2種間の旅である。


『西遊記 〜JOURNEY to the WEST〜』一行、無事、対馬に到着しました。


途中、飛行機の遅延、福岡空港再着陸などアクシデントもありつつ、2時間遅れで対馬やまねこ空港。


で、劇場視察、対馬交流センター。この真新しい大劇場の舞台に小劇場を作って公演するのである。


近くの温泉に入って英気を養う。夜空には星空。


玄界灘の向こうは釜山!

夕食は名物のシイタケ. 実に美味なり。


さて、今日は朝から仕込み! ホテルは、ほぼ韓国の人でいっぱい。

.................................................................................

旅する劇場「西遊記」
新たな旅立ちです!!

ステップアップ・プロジェクト
旅する劇場『西遊記』〜Journey to the West〜


作・演出/天野天街(少年王者舘)
音楽/鈴木慶一(ムーンライダース)

   これからオシマイ宇宙の始め
   今から始まるモノカタリ


ボロブドゥールやバリ、バンコックなどを駆け巡った旅する劇場『西遊記』が2017年は長崎の対馬、五島へ旅します!
お近くにお住いのお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひご案内くださいませ。

涯なく広がる冒険宇宙を、劇場で体感してください!
座員一同、心よりおまちしています!!!


・長崎県対馬交流センター
2017年11月24日(金)〜11月26日(日)
・五島市福江文化会館大ホール
2017年12月1日(金)〜12月3日(日)

≪チケット≫
全席自由
一般/3.000円、市民割引/1,000円、小・中学生以下/500円

※今すぐ、ご予約ください!!

http://www.ryuzanji.com/


....................................................................

これは、私的メモである。

ノーベル賞受賞者が異口同音に警鐘を鳴らしている。基礎研究を重視しないと、やがて日本からノーベル賞級の科学者は出なくなるだろうと。基礎研究はそれ自体で何かの役に立つわけではないので、すぐに実用化の見える応用研究を偏重する。しかし、基礎研究を無視しては応用研究さえもいずれ行き詰まる。

 科学の世界で起きていることが、アートの世界でも起きている。個人の思いに深く沈潜して密やかに静かに表現される実験的なアートに支援の目が向けられることは稀である。 これに対して役立つアートに耳目を集中しようとする動きがある。アートは、観光、まちづくり、福祉、そして産業経済にまでも役立つべきだというのである。これらの応用研究としてのアートは確かに役立つ。しかし、基礎研究のないところには応用研究が開花しない科学の場合と同様に、役立たないアートが盛んにおこなわれないと、役立つアートも生まれない。両者のバランスが重要なのだ。

 科学もアートも仮説と実験が不可欠である。アートは、社会や人生に対する漠然とした不安や違和感を文字通り手探りで具体的に表現しようとしたもので、言わば表現による社会実験である。仮説を立てて社会実験を行うアートは、社会の基礎研究である。科学の実験と同様に理解しにくいのは当然のこと。だから、アートと社会をつなぐ仕事が必要になる。 そこで、アートプロデューサーの登場である。基礎研究としてのアートが行っている社会実験の意味を解きほぐし、社会にとってどういう意味や価値があるのかを明らかにして、応用研究としてのアートのつなげる役割を担うのがアートプロデューサーである。

 近年、市民参加のアート活動やアートプロジェクトが着目され盛んになってきている。それは、こうした活動こそが応用研究としてのアートだからである。市民が幅広く参加できるアートプロジェクトが成立するためには、先駆的で実験的なアートが多数地道に存在していることが不可欠である。こうした基礎研究としてのアートと、市民参加のプロジェクト型アートとの関係を明らかにして、社会とアートの縁結びをするアートプロデューサーの飛躍。













2017-11-21 11:23 この記事だけ表示