公演情報

流山児★事務所
韓国現代傑作戯曲上演

『満州戦線』
2018年7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
下北沢 ザ・スズナリ MAP

omte_foutline.jpg

日程
2018/7/11 (水)〜7/16 (月・祝)
11(水) 19:00
12(木) 19:00
13(金) 14:00
14(土) 14:00/19:00
15(日) 14:00/19:00
16(月・祝) 14:00
7/13(金)の終演後、作家パク・グニョン氏を迎えてアフタートークを開催

予約: カルテット・オンライン

*************

■■■オーディション情報■■■
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の出演者を募集します。
作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
稽古日程:2018年12月20日(木)〜  
 公演日程:2019年2月1日(金)〜10日(日)
 公演会場:座・高円寺1

詳細 エントリーシート

お問合せ*
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
高校の恩師が逝った。[日記]

昨夜、楽塾「RAKU歌舞伎☆十二夜」の稽古を終えて帰宅すると、
母校である東葛飾高校同窓会3年D組の幹事N君からメールが送られていた。


それは、恩師である八幡先生逝去の報であった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「3年D組の皆様へ。
本日(12月10日)午後1時40分頃八幡先生の奥様から電話がありました。

八幡先生が去る11月28日早朝、散歩に出掛けられ突然の心臓疾患で亡くなられたとのことです。前の晩までお元気で晩酌もされていたそうです。「特段病院にかかっていたという事もなくただ足腰が少し弱ってきた感じでした。来年のお茶飲み会を楽しみにしていました。」との奥様のお話でした。
突然の電話にビックリしました。
とりあえず明日午後にでも先生のご自宅へ弔問して来ようと思います。
取り急ぎD組の皆様へお知らせいたします。それにつけても信じられません。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋に柏のレストランで開催された東葛飾高校昭和41年卒同窓会で、先生が「腰痛」で来れないなら、みんなで来年春あたり、八幡先生の自宅へ行って「お茶(酒)呑み会」やろうぜ!と決めていたばかりだというのに・・・・。


八幡先生は国語の先生で日本の古典文学を研究していたオモシロい先生だった。


私が3年になって受験勉強もせずに「演劇部」に入った時も

「藤岡は好きなことをやっている、これでいいんだぞ!!みんな、やりたいこと、好きなことやれ!」

と励ましてくれた豪放磊落な先生であった。


卒業式のあと、寿司屋の友人のTの家でのワルがき大宴会にも来、一緒に安酒をかっくらってくれたアニキでもあった。


今ではもちろん考えられない事かも知れないが「あの時代」は先生と生徒が一緒に酒を酌み交わし「人生を、天下国家を」論じていたのもである。柏に急遽持ち上がった「ナイキ・ホーク基地建設反対ビラ」を市内や高校に貼って停学処分も受けた。

高校の「社会部」の新聞に成人映画『白日夢』(武智鉄二監督)の映画評を載せたり、富里の三里塚空港反対闘争を扱ったり、ビートルズコンテストに応募しようぜと盛り上がったり、彼女と関西に駆け落ちしようとしたり、六本木のバーに行ったり、わたしは今同様、文字通りのミーハーだった。


そんな私達と10歳も違わない若い「恩師」が八幡先生だった。

眼鏡の奥の優しい眼差しは老いてからも変わらなかった。

久しぶりに同窓会で会うと、必ず2次会でもみんなと一緒にのんでいた。


先生のご冥福をお祈りします。

本当にお疲れ様でした、好きな日本文学の研究(平家物語?でしたっけ)を彼岸(あっち)で楽しんで下さい。
でも、やっぱり残念です。

そのうち、墓参りに・・・出来たら不肖の教え子たちで行こうと思っています。

その時でもゆっくり話させてください。
合掌。


2017-12-11 11:25 この記事だけ表示