公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
流山児★事務所2017を振り返る。[日記]

少し早いが2017年の流山児★事務所を振り返ってみます。


1月『メカニズム作戦』(宮本研:作 流山児祥:演出@Space早稲田)、3月『だいこん〜珍奇なゴドー』(戌井昭人:新作 流山児祥:演出@スズナリ)、5月『すももももももモモのうち』(佃典彦:新作 流山児祥:演出@座高円寺2)、7月『SCRAP』(シライケイタ:新作 日澤雄介:演出@Space早稲田)、10月『ブランキ殺し上海の春』(佐藤信:作、西沢栄治:演出@スズナリ) 11月・12月『西遊記』(作・演出:天野天街@対馬・五島列島ツアー)と、6本の作品を企画プロデュース&自主上演しました。


3本の「新作書き下ろし」の創作劇上演。「初」の離島公演。2本の「戦後名作戯曲」上演。佃典彦・戌井昭人・シライケイタ・日澤雄介という劇的才能との「協働作業」&宮本研戯曲との出会い、そして、演出家:西沢栄治と4年がかりで取り組んだ佐藤信「喜劇昭和の世界」3部作上演!は、劇団協議会主催若手演劇人育成公演として劇団の枠を超えて「現代演劇の財産」を共有する作業として高い評価を得ました。Kテント:佐藤信に続いて、わたしたちは2018年〜2020年日本のシェイクスピア:唐十郎の紅テントの名作戯曲に挑戦します。


また、私達は台湾OURシアターと2016年より2019年まで4年間国際共同製作を行っています。アジア各地で「日本地下演劇の帝王」と呼ばれている「70歳の漂泊の演出家」とスタッフが、嘉義市に2ヶ月間長期滞在し、台湾の若手俳優と共に創り上げた『マクベス〜PAINT IT BLACK!〜』(作:W・シェイクスピア 流山児祥:演出 2016年7月@嘉義表演藝術センター)は、前売り完売・追加公演の大ヒット上演。2017年5月、台中国立劇場で再演、6月、ルーマニア・シビウ国際演劇祭2017で好評上演しました。シビウでも様々な出会いがありました。


2018年5月にはシアターRAKU(楽塾改め)『RAKU歌舞伎☆十二夜』(原作:W・シェイクスピア 翻案・演出:流山児祥)が、台湾@高雄春天藝術祭に正式招待され2016年@台湾国立劇場公演に続いて2度目の台湾公演を行います。6月・7月には台湾劇作家の新作を日本人キャストとコラボして上演します。台湾に「熱いアングラを生み出す」という高い志を持ってこれからも交流は続いていきます。


『西遊記』(天野天街:作・演出)11月対馬・12月五島列島ツアーは10トントラックに舞台・照明・音響機材を満載し大ホール舞台上に250席の小劇場:スズナリを現出させ、圧倒的な反響で連日超満員札止めでした。「初」の離島公演は海外公演同様「演劇の力」を再認識した《旅》でした。本当に様々なヒトたちとの出会いで生れた奇跡の大ヒットでした。演劇を愛する人は日本中にいる!この試みは、今後も続けていきます。どこにでも行きますよ、是非あなたの街に流山児★事務所を呼んでください。

また、3・11以降続いている福島演劇人との「3年交流プロジェクト」真船豊:作『鼬』を音楽劇に創り上げる長期ワークショップも2018年夏から始まります。わたしたちは「演劇を真に求める」観客との出会いを求めて「旅」を続けます。


文字通り、軍事国家への道を突き進む腐敗国家の下、芸術に、演劇に何ができるのかを求めての「野垂れ死への幻視行」は続きます。


そして、2018年1月24(水)から 漫画家:しりあがり寿の本格的劇作家デビューともいえる新作:戦国集団音楽劇『オケハザマ』@スズナリ を久々の劇団員総出演で上演します。2018年も、アジアの、日本の「縁」を、駆け抜けます。これからもよろしくお願いします。1月下北沢でお会いしましょう。


『オケハザマ』予約はお早目に!


2017-12-20 12:07 この記事だけ表示