公演情報

シアターRAKU公演

『RAKU歌舞伎☆十二夜』

 

東京公演4/1922

 Space早稲田

三重公演4/2829

 津市芸濃町総合文化センター

台湾公演 5/46

 高雄市図書館総館小劇場 
高雄春天藝術節2018正式招聘

raku18s.jpg

 

流山児祥の主催するシニア劇団「シアターRAKU」。今回より「楽塾」から「シアターRAKU」に改名。2018年公演は「RAKU歌舞伎☆十二夜」4/19-22(Space早稲田)4/28-29(三重県津市芸濃町総合文化センター)5/4-5(台湾高雄春天演劇祭2018招待作品)です。シニア演劇のパイオニアとしてこれからも楽しく元気に活動していきます!皆さま是非劇場に足をお運びくださいませ!


流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

 

 

 

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」その3[オケハザマ]
演劇評論家:今村修さんの素敵な「劇評」
本当にありがとうございます。

昨夜は流山児★事務所「オケハザマ」(作=しりあがり寿、脚本協力=竹内佑、演出=流山児祥、演出協力=林周一)@ザ・スズナリ。朝日新聞夕刊の4コママンガ「地球防衛家のヒトビト」などでお馴染みのマンガ家・しりあがりが書き下ろした初めての本格戯曲。織田信長に敗れた今川義元の理想と苦悩を描いた、破天荒な戦国ミュージカル絵巻だ。

甲斐の武田、相模の北条と手を結んだ義元(井村タカオ)は、東海平定を目指して、尾張攻略に乗り出した。ところが、連日得体の知れない悪夢に悩まされる。朝比奈(成田浬)、岡部(甲津拓平)、飯尾連龍(伊藤弘子)の側近3武将に尻を叩かれ、今は亡き母・寿桂尼(山像かおり)、妻・定恵院(坂井香奈美)、軍師・雪斎(塩野谷正幸)らの思い出と語らいつつ、決戦の日はじりじりと迫っていた。


スズナリの舞台を29人の俳優たちが所狭しと駆け回る大スペクタクル。歌、ダンス、チャンバラとテンコ盛り、少年王者舘を思わせるノイジーな映像や、パペット、被り物など手作り感満載の意匠もぶち込んだ賑やかな音楽劇だ。義元の葛藤をソフトな美声に乗せる井村、関西のオバちゃん炸裂の山像ら客演陣もノリノリで、塩野谷や伊藤ら劇団生え抜きの無頼立と共に戦国の世を遊び倒す。ベタすぎるシャレやギャグの連射にはついて行けないほど。稽古を通じて現場で加えられたような小ネタも満載で、決してバランスの良い芝居とは言い難い。だが、それを集団の勢いと熱と「面白けりゃ何でもありじゃん」の精神で、堂々正面突破してしまうのはさすが流山児★事務所。前半は舞台上の盛り上がりに客席でちょっと取り残されたような戸惑いも感じたが、実際の戦とシュミレーションゲームの境が揺らぎ始めるに至って、笑いの陰に身を潜めていたこの劇の大胆な企みが垣間見えてくる。


「ドラマなどでのイメージは散々の郷土の英雄を何とか名誉回復したい」という劇作家の想いを託された義元は、民を愛し、太平の世の理想を追い求める知性派として登場する。彼が目指すのは、尾張、三河を手に入れ、東海道・中山道をつなげた東海地方の流通圏を作り上げて国と民を豊かにすること。そのための戦国ゲームの攻略法≠ェ「兵糧、兵、金、名声を高めてバランスよく増やしてゆく」だった。だが、史実として義元は信長に桶狭間で敗れた。その理由をこの劇はどう描こうとしているのか。


奇想や比喩の目くらましの森をかき分けながら、ようやく「あ、これはパラダイム変換の物語なんだ」と思い当たった。義元が勝利への王道と考えていた攻略法が信長によって、見事に葬り去られてしまった。「東海一の弓取り」と称えられ京まで一番近い位置にあると目されながら、わずか3千の信長勢に敗れ去った義元。その姿は、日本式経営方式で世界第二の経済大国に上り詰めながら、グローバリゼーション、金融資本主義の台頭であっという間にその座から滑り落ちたこの国と皮肉に重なる。そう思い当たった瞬間、にぎやかな戦国ミュージカルが現在とシリアスにつながった。これを「ゲーム」に例えた、劇作家の慧眼に感服する。


そして問題は、信長が採用した新バージョンの攻略法≠ェ、果たして世界を幸せにするかどうかだ。そのキーワードは見てのお楽しみだが、それはまさに今の世界を象徴する言葉でもある。背筋がゾクリとした。(敬称略)
2018-01-26 13:32 この記事だけ表示