公演情報

流山児★事務所10月公演
瀬戸山美咲(ミナモザ) :新作書き下ろし・演出
『わたし、と戦争』  

2018年10月17日(水)〜24日(水)
@下北沢ザ・スズナリ

MAP

17(水) 19:00
  18(木) 19:00
  19(金) 14:00
  20(土) 14:00 / 19:00
  21(日) 14:00★  
  22(月) 19:00
  23(火) 14:00 / 19:00
  24(水) 14:00

★ アフタートーク開催
 瀬戸山美咲、流山児祥
 ゲスト:長田育恵(てがみ座)

公演詳細

 

WEB予約◎  

201810.jpg


*************

◎流山児祥の大人のための演劇ワークショップ2018参加者募集!◎

【講  師】流山児祥(演出家・俳優・声優/日本演出者協会理事長)
【テキスト】寺山修司『不思議な国のエロス〜寺山版女の平和』ほか。              
【募集人員】20名限定 (先着順、お早目に!)
      40歳以上、経験不問、下記の「全日程に参加できる」方に限ります。

【日  程】2018年10月29日(月)〜11月4日(日) 1週間開催。
【応募開始】2018年9月1日(土)〜※定員に達し次第締切。
【参 加 費】30,000円

【発表公演】11月4日(日)15時・18時開演 ※開場は開演20分前
【場  所】Space早稲田

【お問合せ・お申込み】流山児★事務所 大人のための演劇ワークショップ係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60ー307
電話 03-5272-1785 Fax 03-3205-9170
Eメール

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
昨日と今日の事。[日記]

昨夜は、タイ・バンコクを中心に世界で活躍する

KageことTeerawat Mulvilaiが主宰する

B-Floor Theatreの『SAN DAN KA』を観た。


隣は山田勝仁さん、後ろは鴻上尚史さん、西堂行人さんの顔も。


2年前の『西遊記』タイ・バンコク公演では大変お世話になった皆さんと

久しぶりの邂逅を喜び合った。

KAGEとは『狂人教育』カイロ国際実験演劇祭公演を終え

帰国の飛行機で知り合って以来の友人。

マニラ空港で9・11に出くわした経験は一生忘れられない出来事である。


KAGEは「芸術は社会的変化をもたらす会話を生みだす媒体である」と信じている。

2015年には「パフォーミングアーティストと検閲」という調査をアジア全域で行っている。

わたしもSpace早稲田でロングインタビューを受けた。

彼の作品にはタイの「苛酷な現実」が浮かび上がります。

是非、一度観てください。


それから、シアターグループ・ストアハウスカンパニーの『PARADE』には

塩野谷正幸の娘の塩野谷幸が出演していますよ。

いやあ、観ていて幸が出ていたので、正直、吃驚した!!


「演劇の多様性を提示する」日本・タイのフィジカルシアターの現在!


25(日)まで上野ストアハウスです。


で、今日は日本演出者協会定例の常務理事会@新宿芸能花伝舎、


常務理事の日澤、大西、シライ、七緒に加えて

戯曲研修部の川口、広報部の秋葉、和田、坂手、流山児でこれからの事をみっちり話し合う。


坂手さんから秋の劇作家大会への協力要請も了承。


日本の戯曲セミナーも、広報誌「D」もリニューアル。


新体制つくりが着々と進んでいる。

協会は今年もイロイロやりますよ!


私自身も、実はちょっとした
「リニューアル」を目指しているのだが・・・

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
2018-02-23 18:05 この記事だけ表示