公演情報

『腰巻お仙 振袖火事の巻』
 
作:唐十郎 
 演出:小林七緒


2018年
12月4日(火)〜16日(日) 
会 場 Space早稲田

201812.jpg

【出演】
祁答院雄貴
山丸りな(流山児★事務所)
江口翔平(StudioLife)
原田理央(柿喰う客)
山下直哉(流山児★事務所)
星美咲(流山児★事務所)
伊藤俊彦
成田浬
勝俣美秋(劇団わらく)
眞藤ヒロシ
佐野陽一(サスペンデッズ)
森諒介(流山児★事務所)
中原和宏
大久保鷹


チケット予約

公演詳細

 

*************

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
成都無事に初日あけました![西遊記]

成都である。                                                          当初は四川人芸関係の劇場で上演予定であったが国家主催の演目が入って急遽、成都理工大学実験劇場に変更して上演許可を待っていた。

23(木)仕込搬入の時、上演許可が下りて作業開始。580席の新しいがなかなか使いづらい、スタッフ泣かせの小屋である。が、そこは百戦錬磨、何とか乗り切る。だが、初日まで2日間48時間で580席をどーやって埋めるというのだろう?

24(金)はハードなスケジュール。明かり合わせ中に急遽、地元の成都テレビの取材が入った。初日まで3日しかないので四川人芸の皆さんも「必死な宣伝」である。なんとか夜の8時半のニュースで流したいということでSceneをピックアップして撮影してもらう。わたしとアマノはインタビューと雑誌の取材。なんとか明かり合わせ終了。レンタルの劇場なので使用時間も厳しい。それでも最高のパフォーマンスを創るために頑張る。アマノワールドを支える最強軍団にこの4年間のツアーで確実に進化している。 

25()成都初日。「凄い勢いでチケットは売れてます、きっと、7割は埋まりますよ」との事。

ええッ!たった2日!で、と吃驚する。

17時過ぎ開場2時間前に実験劇場の表玄関に巨大な立て看板が立てられた。もう、多くの観客が集まっている。

見ると、第2回成都演劇祭☆双白記のオープニング作品に『西遊記』の名前が!!

勿論、チラシもポスターもなし。だが、演劇祭のチラシだけは急遽刷り上げて本番までに間に合った。本来、成都演劇祭は9月開催だが、急遽日前に決めて宣伝を開始してくれたのである。演劇祭の看板だけで、嬉しいものだ。

四川人芸とユエンホンの協力には頭を下げるだけである。

開場した。劇場に入る時は荷物チェック。10分押しで開演。本当に7割型の観客、580席の客席の真ん中部分はすべて埋まっている。

凄い!の一言、感謝の一言である。

観客の反応はものすごくいい。ゲストは四川省川劇の編面劇団。

『西遊記』は必ずご当地途中にゲストを芝居の真ん中部分に入れることにしている。                          それは、虚構の中にその土地土地のの芸能や生活の風景を挿入したいからである。                           イワヲのスッポンのSceneは北京を上回る大拍手と大笑いの連続であった。

アフタートークも愛情あふれる質問であった。

成都の町の人たちは実に素朴でのどかである、それにしてもここはジャカルタの下町に似ているな。                   明日はユエンホン主催の昼食会、成都はプロデューサー:ユエンホンの故郷である。

明日も頑張ろう!こんないいお客さんのために!












2018-08-26 01:16 この記事だけ表示