公演情報

流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾
新宿オペラ「由比正雪」

作⦿唐十郎
演出⦿流山児祥 

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

会場⦿Space早稲田

 

騒乱の1968年、オリンピック後の閉塞感を打ち破るように状況劇場は新宿花園神社に紅テントを翻し、唐十郎の唯一の時代劇『由比正雪』をロングラン上演。熱狂的に支持され大島渚監督『新宿泥棒日記』にも舞台シーンが挿入されるという大ヒット。反権力的でアナーキーなアングラ文化の象徴となった紅テントはこの芝居を最後に「新宿見たけりゃ、いま見ておきゃれ、じきに、新宿灰になる」と捨て科白を残し、花園神社を去る事となる幻の名作。



流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/
 

************

⦿6月1日(土)
スペシャル・イベントあり!⦿


●大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡
(早稲田〜榎町〜神楽坂界隈)
 6/1(土)14時Space早稲田出発!!

●大島渚監督 映画『新宿泥棒日記』上映会
(創造社/1969年/(C)大島渚プロダクション)
 6/1(土)16時 上映スタート
 会場Space早稲田
 入場料 1,000円

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」集[わたし、と戦争]

流山児★事務所10月公演『わたし、と戦争』
は、本日24(水)14時までスズナリで絶賛上演中です。
「大いに余裕アリ」です。
以下、※様々なる「劇評」集です。
↓ ↓ ↓
●流山児事務所にとっても、作・演出の瀬戸山にとっても、珍しい作劇となっていたように思う。日本に軍隊ができ、男性に徴兵制が敷かれ女性も軍隊に入る近未来。戦争に行くこと/行ってきたことを、男女3人の個人的な物語として描く。社会派と呼ばれる瀬戸山だが、徹底的に個人の物語として社会を描くのに成功していて、タイトルが、その意図を表している。瀬戸山を起用した流山児★事務所も、役者のしっかりした力量が芝居を支えている。メインの林田は、役者としてまた成長したところを見せていると思う。

●流山児★事務所の『わたし、と戦争』 やっぱり瀬戸山美咲さんの作品は複数回、予約を入れておかないと駄目だ。今回は今日しか取ってなかった。明日はマチネでの千秋楽、さすがに休めない。もう一度観たかった。

●流山児★事務所『わたし、と戦争』 出演していた役者でこれまで拝見したことがあったのは、町田マリーさんだけで、他の13人は初めて。役者の皆さんって凄いな。町田マリーさんは凄かったけど、主役の林田麻里さん、妹役の竹本優希さんが印象に強く残った。そうそう、甲津拓平さんも。

●「わたし、と戦争」を観劇して参りました。ジンジンくるものがありました。 今、平和に生きられている日常が、戦場経験された方にとっては葛藤や拭えないものの上で成り立っている 毎日に感謝。24日までおすすめ。

●今、こまばアゴラ劇場で上演している青年団の『ソウル市民』の舞台美術、そしてザ・スズナリで上演している流山児★事務所の『わたし、と戦争』の舞台美術は杉山至さん。共に、線で構成され、角度、長短が美しい。

●流山児★事務所、瀬戸内美咲 作・演出の『わたし、と戦争』を拝見。 なんて役者って凄いんだ、作家、演出家、瀬戸山さん、凄いな、美術って素晴らしい、演劇って凄いな、そんなことを思いっています。なんて作品なんだ。このずしりと胸に残っている感触はなんなんだ!

●流山児★事務所『わたし、と戦争』観劇。帰還兵達の悲しみや彼女等を受け入れる家族の姿に色々考えさせられる。戦争が特に異常と感じず生活に溶け込んだ社会が妙にリアルで錯覚しそうになった。戦争をテーマにしているが、今世の中が感じている苦しみに似ている。大切なヒントを最後の景色に感じた。

●スズナリで流山児★事務所「わたし、と戦争」みてきました。今戦争が起こったら、兵士が帰ってきたら、戦争の今がリアルに想像できる話でした。女兵士の話初めてでした。…マリーさん、見てて心が痛くなりました。弘子さんはダメ母ですが怖面白かった… 。

●飛び込みで、昨夜、流山児★事務所未体験の若い子にすすめました。わくわくしながら、今日、伺います。夕方、その子に逢いますので、感想を聞くのが楽しみです。

●今日のお昼はスズナリで流山児★事務所さんの芝居「わたし、と戦争」を観てきました。 演技も最高だし! 美術めっちゃかっこいいし! 演出も最高でした! 本当に観れて良かった! 明日が楽日らしくお席はご用意できるそうです。かなりオススメです!

画像に含まれている可能性があるもの:2人


2018-10-24 11:10 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: