公演情報

流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾
新宿オペラ「由比正雪」

作⦿唐十郎
演出⦿流山児祥 

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

会場⦿Space早稲田

 

騒乱の1968年、オリンピック後の閉塞感を打ち破るように状況劇場は新宿花園神社に紅テントを翻し、唐十郎の唯一の時代劇『由比正雪』をロングラン上演。熱狂的に支持され大島渚監督『新宿泥棒日記』にも舞台シーンが挿入されるという大ヒット。反権力的でアナーキーなアングラ文化の象徴となった紅テントはこの芝居を最後に「新宿見たけりゃ、いま見ておきゃれ、じきに、新宿灰になる」と捨て科白を残し、花園神社を去る事となる幻の名作。



流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/
 

************

⦿6月1日(土)
スペシャル・イベントあり!⦿


●大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡
(早稲田〜榎町〜神楽坂界隈)
 6/1(土)14時Space早稲田出発!!

●大島渚監督 映画『新宿泥棒日記』上映会
(創造社/1969年/(C)大島渚プロダクション)
 6/1(土)16時 上映スタート
 会場Space早稲田
 入場料 1,000円

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」才目謙二、[わたし、と戦争]

これもまた、素敵な「劇評」です。
BY才目謙二

 まるでギリシャ悲劇のようだった。作・演出=瀬戸山美咲さんならではの緊張感あふれる壮絶対話劇『わたし、と戦争』

 観劇してまず思ったことは、本作を「心理劇」の枠でくくったり、主人公たちの葛藤の劇に還元してはならないということである。確かに、劇は、心や身体に傷を負った戦争帰還者を主人公とし、その癒やすべくもないトラウマや、家族・友人・戦友たちとの葛藤を緊迫した対話で描く「心理劇」の体裁をとる。

 しかし、どこの国でどこを敵とする戦争なのか、「戦争」の具体は描かない。しかし、架空の戦争でない。劇作家・演出家は「もし戦争が起こったら(憲法が変えられ日本が戦争に巻き込まれたら)こんな事態になる」と警鐘を鳴らしているのではあるまい。

 観客が持つ人生の様々なトラウマまでも起動させ総動員させた劇的想像力の中に、「今まさに起こっている戦争」を立ち上がらせたかったのではないか。

 今わたしたちはすでに「戦争状態」の中にいる。21世紀、この革命なき世紀において「世界戦争」はすでに起こっているのだ。本作はすでに勃発している21世紀の戦争をある帰還兵の目から描いているのだ。

 対話劇の体裁をとりつつ劇作家・演出家が本作において立ち上がらせた世界観をいかに共有するか、あるいはいかに応答するかが私たちに課せられた重いテーマとなろう。

2018-10-25 18:22 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: