公演情報

流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾
新宿オペラ「由比正雪」

作⦿唐十郎
演出⦿流山児祥 

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

会場⦿Space早稲田

 

騒乱の1968年、オリンピック後の閉塞感を打ち破るように状況劇場は新宿花園神社に紅テントを翻し、唐十郎の唯一の時代劇『由比正雪』をロングラン上演。熱狂的に支持され大島渚監督『新宿泥棒日記』にも舞台シーンが挿入されるという大ヒット。反権力的でアナーキーなアングラ文化の象徴となった紅テントはこの芝居を最後に「新宿見たけりゃ、いま見ておきゃれ、じきに、新宿灰になる」と捨て科白を残し、花園神社を去る事となる幻の名作。



流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/
 

************

⦿6月1日(土)
スペシャル・イベントあり!⦿


●大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡
(早稲田〜榎町〜神楽坂界隈)
 6/1(土)14時Space早稲田出発!!

●大島渚監督 映画『新宿泥棒日記』上映会
(創造社/1969年/(C)大島渚プロダクション)
 6/1(土)16時 上映スタート
 会場Space早稲田
 入場料 1,000円

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」3つの劇評です。[わたし、と戦争]

この3つの「劇評」も素敵です。

@BY林英樹(演出家「紛争地域の演劇」プロデューサー)

12月の「紛争地域から生まれた演劇10」の『これが戦争だ』(モス・ハナコビッチ作、生田みゆき演出)は、詳細は語れないが、実際に紛争地域に派遣され、多数の自殺者や心的後遺症を抱えるカナダ軍帰還兵たちの現実をもとに創作された作品で、過酷な戦場の現実に直面する女性兵士が登場する。

そんなこんなを思い起こしつつ『わたしと、戦争』を観た。地域はもはや特定の「地域」ではない。日常(銃後)と戦場は様々なレベルで繋がっている。見えにくいだけだ。日本は「そこ」から遠くにあるわけではない。沖縄からアメリカ軍の海兵隊はイラクにアフガニスタンに出撃した。日本も派兵している。

ABY 田村直大

作中では、現代日本に似た世界での帰還兵たちの生活が描かれ、平和な日常に適応できない、腫れ物に触るように扱われる様子が描かれます。
それは、BS世界のドキュメンタリーなどで観たイラク戦争やベトナム戦争の帰還兵のPTSDの話に材を取ったのかもしれませんが、それが現代日本で繰り広げられることは、誰もが想像せず、したくもないはず。画面の中の戦争の延長である画面の中の出来事として認識していて、身近なものとしてはぼくらは捉えていない。
ぼくらにとって「身近な」「戦争」といえば、まずそれは太平洋戦争でしょう。
それはぼくらの父祖が体験したと言うことだけではなく、朝ドラでいつもやってるから。
ただ、それはそれで、二度と繰り返してはならない忌むべき過去のものとして扱われるものでもあって、現代を生きるぼくらに身近なものとは言えない。
ただ、戦争は決して過去のものではなく、武力行使は世界のどこかで。経済戦争やIT技術による侵略のように、人があまり死なないかたちで起こっている。直接的に命の危機を脅かされることがなくても、戦争は「わたし」のすぐそばにある。
なのに、それを語る言葉をもたない。
ぼくらは、この作品のように、もっとカジュアルに、現実的に、現代的に、冷静に、戦争とそれがもたらすものについて、話して語らって認識しておく必要があるのではないかと思った。それは平和を愛し、未来を語らうのと同じくらいの比重にで。
そういう意味で、この作品の、重い題材だけど軽みのある演出、何気ない日常芝居だけれども意味づけが濃いところは絶妙なバランスで、切れ味よくまとまっていると思う。

印象に残ったところを細かくみていくと、
テーブルの向きで場面転換を現すのが、シンプルで効果的で気持ちよかった。
なんとテーブルが水辺にもなっちゃったりして。

ある意味でクライムサスペンスのような趣で、薄氷を踏むようなハラハラする空気感、ちぐはぐさを組み合わせて突貫工事したような話のなかで、メイントリックのヒント(この手の作品ではお決まりの場面)がでてからはもう畳みかけるようにクライマックスまで雪崩れ込んで、すっきり見られた。
カウンセラーの人の必死な様子も、最後まで見れば納得しようというもの。
ラストシーンがまたコメディタッチでもあり、さわやかでよかったなー。あの人には幸せになって欲しいと素直に思った。

B BY西山水木(女優・演出家)

温泉ドラゴン の「THE DARK CITY 」と 流山児★事務所 の「わたし、と戦争」が一対になって、まだ頭の中にこだましている。

劇場やセットや俳優の雰囲気が似ていたからかな?オムニバスみたいに呼応するお芝居の世界に観客としてどっぷり浸かってしまった。

俳優たちの戯曲の理解度が公演の質を上げるんだなあってつくづく思いました。そして真実はただのリアルな役の描写では伝わらないな。外連やデフォルメに託されることが多いなって思いました。

安田さん解放のニュースに接して観た「わたし、と戦争」は生々しく臨場感に溢れ… 町田マリー さんにはうなされそうでした。

劇中何度も繰り返される「あなたは戦争を知らない」と科白を吐く俳優も戦争を知らない。というメタに希望が輝いていました。そう、日本人は戦争をしない事を選んでる!


自動代替テキストはありません。



2018-10-25 18:24 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: