公演情報

流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾
新宿オペラ「由比正雪」

作⦿唐十郎
演出⦿流山児祥 

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

会場⦿Space早稲田

 

騒乱の1968年、オリンピック後の閉塞感を打ち破るように状況劇場は新宿花園神社に紅テントを翻し、唐十郎の唯一の時代劇『由比正雪』をロングラン上演。熱狂的に支持され大島渚監督『新宿泥棒日記』にも舞台シーンが挿入されるという大ヒット。反権力的でアナーキーなアングラ文化の象徴となった紅テントはこの芝居を最後に「新宿見たけりゃ、いま見ておきゃれ、じきに、新宿灰になる」と捨て科白を残し、花園神社を去る事となる幻の名作。



流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/
 

************

⦿6月1日(土)
スペシャル・イベントあり!⦿


●大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡
(早稲田〜榎町〜神楽坂界隈)
 6/1(土)14時Space早稲田出発!!

●大島渚監督 映画『新宿泥棒日記』上映会
(創造社/1969年/(C)大島渚プロダクション)
 6/1(土)16時 上映スタート
 会場Space早稲田
 入場料 1,000円

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」集[わたし、と戦争]

流山児★事務所10月公演『わたし、と戦争』
は、終演しました。
が、様々なる絶賛の「劇評」が次々と寄せられています。
ほんとうに、ありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●【わたしと、戦争】 寺山修司さんの作品を演ったりする劇団なので、どちらかと言うと演出とか構成に感じることが多いのですが、今回は物語にドップリでした。 毎回、あの手この手で帰り道に充実した気持ちになっちゃうんだ。

●そう遠くない未来にもし戦争があって、もし帰還した人たちが、どんな日常生活を送るのか なぜか身近に感じるってことが、今の時代の流れみたいなものを、現在の立ち位置みたいなことを嫌でも見ちゃったという思いがぬぐえません 素敵な演出、役者、セットでした。

●流山児事務所「わたし、と戦争」急遽思い立ち予約してからの観劇、観に行けて良かった!安田純平氏解放の報と合わせ色々と考えてしまった。

●演者さん達の演技はもちろん、音響や場面の切り替わりもすごくてひきこまれました。いつの時代でもその人が経験した中で、人間の精神や想いは本当に深いなと思う。その中でも環境や人の力で救われたり、変われること。

●[わたし、と戦争]を観劇しました。 言葉にするのがとても難しい… とても考えさせられる内容でした。 生きている役者から目を背けたい… だけど背けてはいけない… 様々なことを様々な角度から考えさせられる舞台でした。 見にいくことができて本当によかったです。

●瀬戸山美咲さん作・演出「 わたし、と戦争」戦後の話かと思いきや、日本の近未来。クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」を思い出す。終演後、拍手を送り続けながらもリアルと感じてしまった自分に混沌とした想いが残る。政治家さん必見。

●流山児事務所の「わたしと、戦争」瀬戸山美咲 作 演出を見て来た。テンポがとても早く、飽きさせない。魅力的なキャラがたくさん。だから、楽しかったというか。役者がみなよかった。瀬戸山作品は、また、見たい。

●戦争にはこんな一面もありえるんだと、しみじみ味いながら帰ってきました。最後の二人の笑う場面が目に焼き付いた公演でした。

●「わたしと戦争」後ろから二番目とか三番目の席で不安だったが、セリフ、言葉がとても明瞭に届きました。作家の言葉の選び方と、俳優の言葉へのこだわりのせいもあると思います。パワーだけではない流山児★事務所を感じることができました。

●戦争ものはだいたい過去か遠い国が舞台になるから油断してた。現代で兵役があったら…、私はどうするだろう。鼻水垂れ流しながらの観劇でした。

●流山児★事務所「わたしと、戦争」観劇 戦地から帰還した元兵士たちの葛藤。 強い想いとメッセージを確かに感じ取りました。

● ラスト直前のユリ、ジャケットを抱きしめ脱いでいく姿は、迷彩柄の繭から羽化していくようで凄く胸打たれる大好きなシーンです ・「それは僕が考えることです。勝手に決めないでください」大きなキーワードだと思う 皆がそれを言えたら・・・。

●最後、帰還した女性は病気を受け入れお見合い相手と会うのだが、そこで和やかに友達から始めようと話し、お互いに笑い合う。ああ、良かったなぁ〜と思ってた矢先に飛行機の音。また彼らと同じように戦地へ向かう若者達の飛行機の音。暗転。
この場面で鳥肌がたった。完全に不意を突かれ気持ち悪くイヤーな気持ちになった。初めて舞台で感じる嫌悪感で、それも楽しめた。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、五島 三四郎さんを含む、立ってる(複数の人)、屋外



2018-10-25 18:26 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: