公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」BY才目謙二[腰巻お仙]
様々なる「劇評」です。
BY才目謙二さん

2018-12-7 『腰巻お仙 振袖火事の巻』@Space早稲田 観劇。

50年前、事件となり伝説となった状況劇場『腰巻お仙 振袖火事の巻』(1969年1月公演)。

その初演舞台に立った大久保鷹さんは、本作のアフタートークで満員の観客に向かって熱く言い放った。

---今日この作品をご覧になってわかったでしょう。これは『今』のことなんだってことが!

そしてもう一つ重要なことも。

---唐さんの戯曲は訳が分からないと言われる。けど、演ってみるとわかるんだ。どんな些細な台詞でも一本ピーンと筋が通っていることが。貫通しているんだよ!

本作の貫通行動は「今」を映し、「今」をも貫く。

劇中、エノケンこと榎本健一の『これが自由というものか』(1954年、作詞作曲:三木鶏郎)が何度も歌われる。

戦後10年の世相を映したこの「冗談ソング」は

♪知らない間にモルモット、知らない間に水爆病、
知らない間に値上げして、知らないにMSA(相互安全保障法)、知らない間に機密法、
知らない間に税金で、知らない間に自衛隊。
これは呆れた驚いた、何がなんだか分からない、これが自由というものか♪

と、呆れ驚くほど現在の世相を反映している歌だ。

あるいは、日露戦争へ征った弟を詠んだ与謝野晶子『君死にたまふことなかれ』の歌唱は、戦争準備、海外派兵へと突き進む現政権の暴走を嘆じているかのようだった。

世相を映す本作は、一方で唐十郎が「特権的肉体論」を確立した時期の『腰巻お仙』シリーズを集大成する作品である。

初期の別役実に影響を受けた不条理劇的作風と、1970年代に入って『唐版 風の又三郎』でひとつの頂点を極める唐ワールドのほぼ中間に位置する劇作といえるだろう。

そこには特権的肉体への当て書とも思える「強烈な遊び心」と唐十郎独自のキャラクターや表象の「原型」が「過剰に」ひしめいている。

たとえば、

汽車の中で子供を堕ろし、仙台から上京した仙子。

その堕胎児は三つの分身となり「探偵・明智小五郎です」と名乗り仙子に迫る。「探偵・明智」は後の唐アイテム「帝国探偵社(テイタン)」を連想させる。テイタンは唐ワールドでは「地獄・冥府」の象徴であった。

戦うことを拒み、武士の身分を捨てて平和を求めた「笛吹童子」。

仙子の幼馴染である円谷芳一は、その名の通り「耳なし芳一」であり、1964年の東京オリンピック、マラソンの勇者・円谷幸吉である。

弟を死なせたオカマ。

そして、謎の塾講師は特攻隊の生き残りにして悪徳医師であった。

芳一の父も戦艦大和の生き残りで、この世の法則と逆の世界に住み、エノケンの冗談ソングを歌い続ける。

悪徳医師を♪ローレンローレンと鞭打つドSな看護婦たち。。

こうしたバラバラに見えるキャラや表象が「演劇」という装置の上で出会い、どんな動きをして、当時の世相を、今日の世界を貫通していくのか。

「あらすじ」を追うとつかみにくいことは確かだが、ひとたび劇的想像力が喚起されれば、痛快至極の「過剰で過激な芝居」が展開されていく。

怪優による怪演もある。ドタバタ・ナンセンスもある。

小林七緒演出は、それらを歌や音楽でうまく料理した。

唐戯曲の過剰さ・分かりにくさを減らす方向で演出を加えながら、巧みな舞台構成とキビキビした俳優の動きで壮絶な唐ワールドに我々を親しみやすく引き込んでくれる。

テント芝居のように舞台の奥は開かないが、ラストには劇が現実の新宿の街と地続きとなった。

公演は12月16日まで、Space早稲田にて。

自動代替テキストはありません。

2018-12-12 13:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: