公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」BY渡辺修[腰巻お仙]

これもステキな「劇評」です。BY渡辺修(俳優)


久し振りに斎藤美奈子さんの「日本の同時代小説』を読んでいる。イヤー快刀乱麻。バッサバッサに切りまくる。「浮雲」は『へたれインテリ』の戯言扱い。(そう書いていたかは定かではないが)純文学も同じようにへたれインテリの自意識過剰なオナニー扱い(と誤読したかもしれない)。それに対抗してのプロレタリア文学。さも労働者のリアリティーの優越制をバックにして文学しているようだが所詮はインテリの自己証明とにべもない。この本は「純文学論争」以降の『同時代小説』の話がメインなのだが未だそこまで読み進めていない。

そんなことを連想しながら観てしまったのが、昨日の流山児★事務所『腰巻お仙〜 振袖火事の巻〜』なのだが、アングラ演劇があの時僕たちの共感を得たのは既成新劇の教条主義的説教臭さだったし、そんな時に現れたやさぐれ無頼派演劇人達によって起こされた一斉蜂起的パラダイムチェンジだった。と、これまた僕の一人合点かもしれないが、地方の無知な痴呆高校生にはそう思えた。

「振袖火事」は「明暦の大火」で江戸の街造りの大転換になった大火事で江戸城天守閣も燃え、それ以降再建はされなかったし、新吉原への移転もこの時に行われた。


唐さんが「振袖火事篇」としたのは花園神社を追い出されて新宿という街を、イメージの大火で焼き尽くして焼け跡闇市の世界の復活を夢想したのかもしれない。この芝居が上演された時でも十分に時代がかった焼け跡の戦後のイメージだったはずだ。

あれから50年経ち、オープニングの(あの時の出演者である)鷹さんと山丸りなさんとの出会いから始まり、ラストの別れに終わる円環的仕掛けは「腰巻お仙」の郷愁的再演ではなく、新しい読み替えによる演劇の出発への決意にも見える。

確かに振り落とされた白幕の後ろに現れる目眩く唐世界は驚驚しいアングラ的装いだ。けれども、無垢なる少女「仙子」が娼婦となって舞い戻り、彼女を救えなかった幼馴染みの芳一が自衛隊員となって舞い戻っても、日本帝国復活を願うドクター袋小路に絡めとられるという芝居の筋の辻褄をいちいち追っていっても追い付かないほどの唐ワールド全開のイメージの奔流に身を任せて、台詞の強さに圧倒されながら観ていると、この時代の物語として見え始めてくる。


娼婦となり堕胎児達を引き連れ、最後に裏切られようと、彼女の「肉体」の絶対的肯定によって「右」も「左」もなく「感傷的ヒューマニズム」も、まさに「へたれインテリの泣き言」も凌駕する少女の「無垢」の力が再生を作ってゆくと誤読して、劇場を後にした。


役者スタッフ一丸となって自分達の今の物語にすることに勝利した舞台だった。


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
2018-12-16 12:03 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: