公演情報

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」BY山田勝仁(演劇ジャーナリスト)[雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた]

★山田勝仁(演劇ジャーナリスト/日刊ゲンダイ記者)

座・高円寺1で、冬の劇場25 流山児★事務所公演「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」(作=清水邦夫、演出=西沢栄治、芸術監督=流山児祥)を上演中。

舞台は北陸のある町、深夜の百貨店。伝説の少女歌劇スター、弥生俊(伊藤弘子)の帰還を待ち焦がれ、新村久(池下重大)をはじめ、男たち(甲津拓平、井村タカオ、龍昇、木暮拓矢)は今宵もひそかに「ロミオとジュリエット」の稽古を繰り広げていた。彼らはかつて熱狂的な人気を持ちながらも解散してしまった石楠花少女歌劇団のヒロイン・風吹景子(松本紀保)と「バラ戦士の会」のメンバーだ。

太平洋戦争直前、このデパートに少女歌劇団が結成され、ヒロイン・景子と男役・俊が人気を集めていた。しかし、空襲のため団員は半数が死亡、残りもバラバラになってしまった。景子は頭に負った傷のせいで、現実を受け入れられずいまだに「夢」の中を彷徨っている。

ある日、メンバーの元に、俊が生きているという情報がもたらされる。そして俊と妹・理恵(坂井香奈美)が現れるが、俊は盲目となっていた。それを冷ややかに見つめる新村の義妹・加納夏子(神在ひろみ)…。

初演は1982年。演劇を通した激しい政治闘争を繰り広げた櫻社の同志・蜷川幸雄が商業演劇に身を売ったため(1974年、日生劇場公演『ロミオとジュリエット』)に櫻社は解散。蜷川幸雄は仲間の罵声を浴びることになる。

この作品はそれから8年後に蜷川演出で因縁の日生劇場で上演されたもの。

劇中での二人のヒロインの対決は櫻社解散をめぐる骨肉の確執なのか。 失われた政治の季節への追憶の物語。

冒頭、階段舞台に登場するタキシード姿の男優陣のダンスの華やかさにグイッと舞台に引きこまれる。このあたりは演出の西沢栄治の巧みさ。木暮の階段落ちも見事。

景子=松本紀保、俊=伊藤弘子の対決。これはもう貫録芝居。 村松恭子、麻乃佳世、小林麻子、星美咲ら「歌劇団のメンバーの艶麗さの競演も見どころのひとつ。

オーディションで選ばれたシニアを含めて30人のジュリエットたちがピンクのドレスで華麗に舞うスペクタクルは圧巻。
一人ひとりがジュリエットを生きている。

真摯な政治の季節はもはや追憶の中でしかないのか…。

2019-02-08 18:30 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: