公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
『嫁粧一牛車』2019年版、嘉義稽古19日目![《嫁妝一牛車》]

『嫁粧一牛車』2019年版、嘉義稽古19日目である。

今日も朝から酷暑である。近所の食堂で朝食:肉粽25元、つみれ汁10元、青菜炒め30元 65元:260円、マンゴージュース70元:240円。

『嫁粧一牛車』の稽古は快調に進んでいる。「初演を超える」を、モットーに私としては、珍しく「テキストを真摯に読み込む」ことをテッテ的にやっている。緻密に一歩一歩積み上げること!そう、自分に日々、言い聞かせて進めている。なぜなら72歳のベテランと50代のダンサー以外は20代〜30代の若者が主体だから。

台北藝術大學での半年間の経験から、とにかく「テキストを読む」それも、口先だけで言わない!言葉を吐く根拠を「全員のカラダ」に持たせる。私の創るのは「集団劇」である。12人の個性あふれるイキキとしたニンゲンのドラマが創りたいのである。

台湾の無名の若者達と過ごす4年目の嘉義!
4年前に嘉義に来たときは「こんなステキな体験」が、続くなんて想像もしていなかった。OURシアターはこの4年間で文字通り「台湾演劇」を代表する劇団に成長した。

今回のメインキャストは全員劇団員!である。『マクベス』の時、入団した新人で稽古場の片隅でじーっと稽古を見つめていた若者たちがメインの役を張っている。が、いかんせん、まだまだ下手!兎に角、時間かけて創るしかないのである。

とりあえず、今日で、最後まで当たることになる。明日は振付のチェック、明後日:27日(土)『嫁粧一牛車』2019年版の初の「粗通し」である。今回は稽古初日からずーっと最強の舞台監督が稽古場にいてくれている。彼女の指示で今の「新人」たちがテキパキと動いている現場。

OURシアターは台湾で唯一の流山児★事務所なみの日本スタイルを持った最強劇団になってゆく。また、自らのアイデンティティである母国語ー「台湾語上演」に拘る骨のある劇団である。

台湾の劇団やプロデューㇲ劇団はほぼすべて「非営利芸術団体」でもちろん、国や県、市からの助成金はあるが、運営はあくまでも団体の力量。小劇場:新嘉義座の運営、小中高の学校回り、地方公演、草草芸術祭と、実に様々な芸術活動をOURシアターは続けて昨日「17年目」を迎えた。まだ、30代前半!ほんとうに、コイツら凄い!

『嫁粧一牛車』は全14ステージ、台北では初の3週間ロングラン公演も行う!

全ステージ、全席完売!で台湾演劇ナンバーワン!に躍り出ると意気盛んである。

ジイジも負けないで頑張るぜ!

2019-07-25 12:42 この記事だけ表示