公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
演劇ジャーナリスト:山田勝仁氏の「劇評」[赤玉★GANGAN]

演劇ジャーナリスト:山田勝仁氏の「劇評」が掲載されました。ありがというございます。

 下北沢ザ・スズナリで流山児★事務所「赤玉★GANGAN〜芥川なんぞ、怖くない〜」(作=秋之桜子、演出=高橋正徳、芸術監督=流山児祥)

軍部台頭、ファシズムの時代が目前に迫る中、大正デモクラシーというつかの間のベル・エポックを謳歌する若き文学青年たちの恋と文学と懊悩の群像劇。

 舞台は関東大震災後、4万人が死んだという被服廠跡など震災の被災地を案内して回る震災興行に精を出す作家の櫻庭一男(井村タカオ)とその弟で吃音の三男(今村洋一)ら。櫻庭は震災後、書くべきものを見失い酔狂ともいえる「観光案内」に手を染めているのだ。

 一方、葵吉兵衛男爵(上田和弘)の屋敷では男爵の妻・涙美子(山像かおり)の庇護の下、芥川龍之介が逗留してる。
 さらに、もうひとり、震災のショックで九州に帰郷していた古賀八重(坂井香奈美)が新聞記者になるため、男装姿で上京してくる。

 菊池寛の起こした文藝春秋が雑誌メディアとして脚光を浴び、社会の公器としての新聞も民衆のメディアとして興隆。そして芥川龍之介や菊池寛、谷崎潤一郎、武者小路実篤、島田清次郎らが若い文学者から崇敬されている時代。

 一見交わることのない若者たちの物語が時代の軋みに抗うように徐々に交差していく。

 役者としては出演してるが、作家として今回流山児☆事務所に初参加の秋之桜子こと山像かおりの文学DNAが物語の底流にある。

 いつの時代でも変わらない若者たちの息吹と不気味な胎動を響かせる時代のうねり。スピーディーな場面転換、セリフの応酬のテンポのよさ。文学座・高橋正徳の演出は猥雑かつポップ。焦点が当てられた人物が躍動する。

 しっとり色香の山像、大正時代にあったキックボードを乗り回すちゃきちゃきの娘・瑠衣子役の山丸莉菜、男装姿も凛々しい坂井、女中頭ヨネの平野直美など女性陣があっけらかんと時代に立ち向かう強さを持っているのに、男たちの軟弱さは今と同じ。アコーディオン抱えて歌う今村の美声。急遽代役で参加した井村タカオはメインキャストだけに大変だっただろうけど、さすがの芸巧者ぶり。ほかに武田智弘、山下直哉、中島歩、永澤洋、奥田一平、玉木惣一郎。

 劇中で語られる「地上」の島清こと島田清次郎は亡くなった浅川マキさんの同郷。マキさんが逢う度にいつも島清のことを話してくれたものだ。

 それにしても、大正デモクラシーからファシズムへ。それは戦後民主主義の「終焉」を予感させる今の時代とぴったり重なる。 「二度目は喜劇」にならないようにしないと…。

2019-08-27 09:29 この記事だけ表示