公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
才目謙二さんの素敵な「劇評」[赤玉★GANGAN]

演出家:才目謙二さんの素敵な「劇評」。有難うございます。

 かつて萩原朔太郎は「明治の青年は「詩」に酔い、大正の青年は「観念」に酔った」と言った(『帰郷者』)。

 関東大震災(1923年9月1日)の前後、大逆事件から社会主義者弾圧、甘粕大尉ら憲兵隊による大杉栄、伊藤野枝らの虐殺、朝鮮人虐殺、軍部の暴走、開戦へ至る時代の大変化の中で、青年は何を考えたか。

 本作『赤玉★GANGAN』は、大震災の一年後、帝都の片隅で細々と暮らしつつ、小説家や新聞記者、レコード歌手になることを夢見る青年たちの群像劇である。 その副題「芥川なんぞ、怖くない」に、作者:秋之桜子(女優・山像かおり)さんの視点があった。

登場する青年や学生たちは革命思想への心酔もなく、欧米由来の「観念」に酔うこともない。ウソの震災供養で小銭を募ったり、「赤玉ポートワイン」のポスターに興奮したり、つまじい日々の暮らしを送っている。

並行して描かれる成金の男爵家では、その奥方が「真珠夫人」(菊池寛)よろしく、隣家に避難してきた芥川龍之介を衣擦れの音で誘惑する日常だ。

シルエットの芥川龍之介は夫人の浮気対象に過ぎず、「天才と狂人の間」と言われる当時の先鋭的な文学者の運命は描かれない。忘れられた作家、島清こと島田清次郎への秋之さんのオマージュ(芥川との比較作家論として)は感じ取れたが、劇は、芥川を自殺に追いやり、その3年後、島清を精神病院で狂死させた「世間」の側にあって、あくまでその中での成功を夢見る青年たち(表現者たち)を描く。

これが劇作家の巧緻な戦略であったことに観劇直後は思い至らなかった。しかし、それこそ私の観念的な思い上がりではなかったろうか。
 ●

劇作家・秋之桜子さんは大正時代の青年群像を描いたのではなかった。過去に材を求め、徹底して「現代の青年たち」を描き、夢を抱けとエールを送っているのだ。

 朔太郎は「現代の不幸は新しい時代に(…)青年が夢を持たないことである」と喝破する。「過去の迷夢から目覚め、日本の現実、社会と文化を認識した小市民・小常識人たる青年こそ、次の時代の文化と社会を正しく創造する使命者」(萩原朔太郎『帰郷者』の文を編集)なのだ。

「新しい時代を創る表現者たち」の覚醒を促す。
だから「芥川なんぞ、怖くない」のだ。怖がっていちゃいけない、今を生きろ、と。・

劇は歌あり、踊りあり、アコーディオン演奏と歌唱は情念に直接響く。場面転換も速く疾走感あふれる舞台だ。モノトーンな美術や照明も美しい。そこに秘めた、劇作家と演出の高橋正徳氏の知的な挑発にぜひ乗ってみてほしい。





2019-08-27 09:32 この記事だけ表示