公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
日本劇団協議会の声明[日記]

「日本劇団協議会では2019年10月14日付で「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定について、
以下の要望書を提出いたしました。2019年10月14日
文部科学大臣 萩生田光一 殿
文化庁長官  宮田亮平  殿
                                     公益社団法人日本劇団協議会                                                 会長 西川信廣

★「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付決定の撤回を要望します★

2019年9月26日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一部である企画展「表現の不自由展・その後」がその再開に向けた動きのある中、文化庁が同芸術祭全体に交付する予定だった補助金7,800万円の不交付の方針を発表しました。

そもそも文化行政において、有識者による専門委員会の審査を経て採択された事業が、全額不交付になること自体前例のないことであり、しかも対象となる芸術祭が開会中にその決定が行われたことも極めて異例であり、あり 得ないことと受けとめます。この不交付決定は、実務上の手続きで不当な行為があったことが理由とされていますが、そこで記されているのは「展示会場の安全や事業の円滑な運営を脅かすような重大な事実を認識していたにもかかわらず、それらの事実を申告することなく採択の決定通知を受領した上、補助金交付申請書を提出し、その後もそれらの事実を文化庁に申告しなかった。」ことです。そのため「事業の実現可能性や事業の継続が見込まれるか」の二点において、「文化庁として適正な審査をおこなうことが出来ませんでした。」とし、これらの行為が「申請手続において不適切な行為」であったとしているのです。

しかしこの文化庁の不交付決定に至る審議経過についての議事録はなく、また審査にあたった専門委員にも諮られなかったことが明らかになっています。専門委員会による審査、採択決定を覆すだけの合理的な理由がそこには見出せないのです。

さらに、ここで言われている重大な事実とは、あいちトリエンナーレの中の企画展「表現の不自由展・その後」に対して、事務局へ多くの抗議、さらには脅迫まがいの電話が殺到したことを指していることは明らかです。つまり、この決定が芸術的表現に加えられた恫喝や脅迫行為を是認するものになることも指摘せざるを得ません。

芸術文化における「表現の自由」を守ることは、わが国における共生社会実現、社会における多様性を保障する上で、決定的に重要なことであると私たちは考えています。文化芸術基本法でもその基本的理念とされ、さらに施策推進の上でも「表現の自由」「文化芸術活動を行なうものの自主性を尊重すること」が不可欠のものとされているのです。
  
上記の理由により、今回の決定が速やかに撤回されることを要望します。

2019-10-25 10:21 この記事だけ表示