公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」A[少女都市からの呼び声]

これは「素敵な劇評」です。
   BY:渡辺修(俳優)
「幾重にも入り交じった妄想と現実、観念と実在。切れば血の出る肉体と砕け散るガラスとの対比。それらの物語が互いに交差し入れ替わりダイナミックに展開する様は万華鏡のような綺羅びやかさと夢幻的な妖しさでただただ魅了された。」

「少女都市からの呼び声」
初期作品の匂いの濃い作品なのに、「ビニールの城」と同じような時期の作品だとは。
思い起こせば何度か観ている作品なのに、今回は全く違う味わいの舞台だった。
唐戯曲の上演の時には、オリジナルを観ている場合は特に嘗ての舞台の強烈な印象が邪魔をしてつい比べてしまうという野暮が顔を出す。
しかし今回の舞台は初めて観る唐作品かと一瞬見紛えてしまうほどの新鮮さだった。

今回カーテンで区切って、現実と非現実の世界を分かりやすく分類したことで難解な妄想の迷宮で迷子になることが少なかった。

有沢と田口の少年的友情と、婚約による有沢の少年の時間との決別。大人になる事を選んだ有沢と「幼な心」を捨てきれず、自らのアニマ的分身の世界に紛れ込む田口との差異を小林演出は明快に示してくれた。

その夢の世界の中で、「オテナの塔」=(王道楽土)へ永遠の死の行軍を続ける兵士達は、いわば夢物語に夢中になり幼心を捨てきれない田口の歪んだ浪漫主義でもあるのだろうか。

そして、行軍を離脱して「生」の世界へ戻された筈のドクターフランケ醜態は、何故か産まれなかった妹雪子にガラスの身体を持つ少女へと肉体改造を施そうとしていた。
肉体の穢れを拒否するために冷たいガラスの身体になる事を選ぼうとする産まれなかった妹(アニマ)雪子。しかし彼女はいつしか体温を持つ肉体を求め現実世界へ生まれ出ようとする。
それを邪魔しようとする有沢の婚約者瓶子。

幾重にも入り交じった妄想と現実、観念と実在。切れば血の出る肉体と砕け散るガラスとの対比。それらの物語が互いに交差し入れ替わりダイナミックに展開する様は万華鏡のような綺羅びやかさと夢幻的な妖しさでただただ魅了された。

雪子を演じた山丸莉菜の幼さと妖艶さの目を見張るような快演。田口を演じる井村タカオの変幻自在の快演。有沢を演じる山下直哉は現実世界に生きる者の戸惑いと強かさを快演。出てくる役者陣の確かな芝居が、この難解な迷宮芝居を血の通った説得力のある現代劇に生まれ変わらせたと思うのだ。
大久保鷹さんは圧倒的なアングラ的存在感で其処に生きている。不敵で不気味な匂いを漂わせて怪演。

2019-12-19 10:40 この記事だけ表示