公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」そのB[少女都市からの呼び声]

BY山田勝仁 (演劇ジャーナリスト)


「文化庁委託事業 2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演」と冠は長い。今回の育成者対象者は山丸莉菜(流山児★事務所)、星美咲(流山児★事務所)、祁答院雄貴の3人。

 唐十郎の名作として名高い作品。「少女都市」の1場と8場に有沢とビン子のシーンを挿入し再構成したものであり、1985年初演の状況劇場若衆公演以来、多くの演劇人が取り組んできた。

 中でもこの作品が演劇人生の転換点となった金守珍(状況劇場→新宿梁山泊)の思い入れは強い。 雪子役は田中容子(状況劇場)、中村祐子、金久美子、石井ひとみ、近藤結宥花、最近では清水美帆子が演じている(新宿梁山泊)。

 私が一番強烈に記憶しているのは1993年のスズナリ公演。雪子役は石井ひとみ。
 なぜこの公演をおぼえているかといえば、その日、10月30日に2番目の子どもが生まれた日。産院に行かないで劇場にいたから。女の子だったら雪子とでも名付けようと思ったが男の子だった。

 あだしごとはさておき(松田政男ふうに)、物語はこうだ。

 とある病院のベッドに横たわる田口(井村タカオ)。見舞いにきた親友・有沢(山下直哉)は田口の腹の中から女の髪の毛が出てくるのを目撃する(78年公開の映画「マニトゥ」の影響はないか?)。

自分の中に別の女がいるような気がする」と言っていた田口。その髪の毛に導かれるように田口は悪夢の迷宮世界に迷い込む。そこはドクターフランケ醜態(伊藤俊彦)によって統べられるガラスの世界。生まれたかもしれない妹・雪子(山丸莉菜)はフランケによってガラスの子宮を持つ体に改造されようとしていた。
 悪夢から覚め、現実世界に戻ろうとする雪子を瓶の中に封じ込めようとする有沢の恋人・ビンコ(原田理央)。兄と、生まれなかった妹――現実と夢の間を往還する彷徨える二つの魂。
 氷雪の満州、オテナの塔に行軍する日本兵、そして不思議な老人たち。

 下町の病院と通底する凍てつく満州の雪原。もろくはかないガラスの少女・雪子、オテナの塔、切断された田口の三本の指からほとばしる真っ赤な血潮……砕け散っ
たガラスが乱反射するようにキラキラしたイメージが舞台を覆う万華鏡のような劇世界。

 唐十郎作品には「ガラスの使徒」「匂いガラス」「ガラスの少尉」など「ガラス」とついた戯曲、ドラマがいくつかある。唐十郎の世代に影響の大きい宮澤賢治、風の又三郎の「ガラスのマント」やT・ウィリアムズの「ガラスの動物園」といった「はかなくもろく崩れ去る幻想」へのオマージュが根底にあるのだろうか。

 劇中の「オテナの塔」は1955年に放送されたラジオドラマ「新諸国物語」シリーズの1篇。育成事業公演の前作「腰巻お仙 振袖火事の巻」ではやはり「新諸国物語」の「笛吹童子」がモチーフとなった。
 5歳から子役時代が長い唐十郎の父・大鶴日出栄。は記録・教育映画の「理研科学映画」で監督・プロデューサーを務めた。ラジオ放送当時、唐は14歳〜15歳。テレビのない時代、おそらく唐はラジオに夢中になって耳を傾けていたに違いない。ラジオの影響は大きかった。

 唐十郎とその一党は1972年から74年にかけて、韓国・ソウル、バングラデシュ、パレスチナと転戦する。状況劇場による「アジア幻視行」。
 だからといって唐十郎の本質は現実の政治変革運動というより幻想による現実原則の破壊に重きが置かれていたのではないか。

 この作品も幻想による現実の侵食であり、降り注ぐ100万個のビー玉が何の比喩なのかは観る人の想像に委ねるしかない。

 今回の演出の小林七緒が仕掛けたラストシーンも観客それぞれが劇の半分を作る主体として想像すべきだろう。

 七緒演出の緊密さは前作より深化した。浜嶋将裕の映像、スズキ拓朗の振付、諏訪創の音楽、横原由祐の照明など総合的な舞台効果が唐十郎の世界を高めた。

 田口の井村タカオの呆れるほど達者な芝居、そして歌。脇ではなく主役でこそ映える山丸莉菜。魔性と聖性。複雑な陰影をたたえる少女雪子をリリカルに演じた。ミュージカル畑ではあるが「腰巻お仙」での怪演で注目した伊藤俊彦が今回も変幻自在な演技で舞台を跳梁した。
 そして唐十郎世界を体現する男。歴史の生き証人であり今も連綿としてアングラにこだわり続ける河原者。水族館劇場と辺野古まで行ったのは、ソウル、バングラデシュ、パレスチナ転戦の延長線か。不埒不敵な最後のアングラ役者・大久保鷹の舞台に茫洋と屹立する姿に心揺さぶられる。

 「なんてジメジメした陽気なんだ」と繰り返す老人たちは勝俣美秋、佐野陽一、祁答院雄貴、中原和宏。年間何本芝居に出ているか切れ目がない祁答院。来年早々は鵺的に出演。修羅場をくぐってさらに大きくなってほしい。
 看護婦は星美咲、江口翔平。観客は狭い演劇空間で縦横無尽に動き回る役者たちの共同幻想の片棒を担ぐ。これが演劇。面白い。

2019-12-19 10:42 この記事だけ表示