公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
様々なる「劇評」そのD[少女都市からの呼び声]

ステキな「劇評」がでました。
演劇評論家:今村修氏の鋭くて愛に溢れた劇評。有難うございました。わたしは、1979年初演時のフーコーの一望監視システムが40年を経てスマホ社会の現在を予見しているテキストのすごさに痺れています。ガラス=タブレット=顔を失くした市民の「海」を幻視している唐十郎の名作・・・なんて感じで観ています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ガラスと血の相克、理念と生活,
男性原理、女性原理の物語、苦いエピローグ」

BY:今村修(演劇評論家)

昨夜は、日本の演劇人を育てるプロジェクト新進演劇人育成公演「少女都市からの呼び声」(作=唐十郎、演出=小林七緒)@Space早稲田。1969年に発表した「少女都市」を1985年に唐自身が「状況劇場若衆公演」として改作した作品。この「若衆公演」で金守珍という俳優のとんでもない俳優の存在を知り、新聞社で演劇担当になったばかりの1993年に、その金が演出する新宿梁山泊版に夢中になり、勢い余って翌年のアヴィニョン演劇祭に参加したフランス公演にまで同行したという、いわくつきの作品だ。それを気鋭の小林がどう料理するか? 興味津々で出かけたのだが、一方で骨がらみとなった金守珍版をどう体の中からひとまず抜いて、目の前の舞台に向き合うか、これには苦労した。

腹の中から摘出された黒髪に導かれて田口(井村タカオ)は、生まれなかった妹・雪子(山丸莉菜)が暮らす少女都市へと迷い込む。そこは、マッドサイエンティスト、フランケ醜態(伊藤俊彦)が支配するガラスの世界。雪子自身もフランケによってガラスの体へと改造されつつあった。だが、兄との再会によって外の世界に目を向けた雪子は、次第に血の通った暖かな肉体の世界にあこがれを持ち始める。

唐戯曲の中でもとりわけ幻想と現実との振れ幅が大きな戯曲だ。田口が手術台に横たわる現実の病院と、冷たく脆いガラスの世界を劇はダイナミックに往還する。その合間合間に、「なんてジメジメした陽気だろう」と繰り返す老人たち(今回の演出では若中年サラリーマン風になっている)が登場したり、あら懐かしや「オテナの塔」を目指して雪の満州を兵隊たちが行軍したり、雪子の恋敵の背後が唐突に「日本海」になったりと、とにかくイメージの飛躍が目まぐるしい。

だが、観進めるうちにどうやら、これはガラスと血の相克の物語なのだろうという見当がついてくる。それは理念と生活と読み替えてもいいだろうし、演劇評論家・扇田昭彦氏が初期唐戯曲を読み解くときに好んで用いた男性原理、女性原理と言い換えてもいいかもしれない。フランケは自分の城に純粋少女≠作ろうとした。美しく、汚れなく、決して歳を取らない観念としての少女。それはあるいは、一部の者たちが信じた王道楽土≠ニしての満州帝国に似ているかもしれない。とすれば、雪の兵隊たちが目指す「オテナの塔」は、その見果てぬ夢のシンボルとも見えてくる。だが、フランケはある理由からその探索行に加わることを許されず、一人帰国させられる。そして、観念の城に閉じこもり夢を見続けている。

そこに闖入した田口は、理念や観念とはまるで無縁なダメ男。毎日毎日を食うのが精いっぱいの生活臭芬々の存在だ。それがある時は白馬の王子様となり、ある時は這いずり回る虫となって、半ばガラス化していた雪子の脳に血を通わせる。ついにガラスの町を脱出しようと決意する雪子。その決定打が、血しぶき噴き上がる兄の三本の指というのは如何にも唐的。頑なな観念のガラスを、生命の証ともいえる血と痛みが突き破る。クライマックスともいえるこの対決を描く小林の腕が冴える。大量のビー玉を使った映像を巧みに生かして、対立構造を際立たせ、迫力満点のシーンを作り出した。

登場当初のまさにガラス人形のような表情、佇まいから、次第に血が通い伝法に、時には下品にもなっていく雪子の変化を的確に見せていく山丸から目が離せない。さすが流山児★事務所の秘蔵っ子。めきめき力を着けてきた。舞台奥に向かって幾重にも連なるプロセミアムアーチが、まるで子宮に向かう胎内の襞のようにも見える美術(小林岳郎)が、禍々しくも効果的だ。

やっとの思いで外界に脱出した雪子だが、それでめでたしめでたしとなるほど唐はお人好しではない。何とも苦いエピローグを設えていて、金演出の梁山泊版ではここに世界をご破算にしてしまうような大仕掛けを仕込んでいたのだが、小林もオリジナルなエンディングを用意した。ただ、そのココロは何なのか。雪子はガラスの町を脱出し終えたのか、引き戻され再び幽閉されるのか。そんなこと、自分で考えな、と突き放しているのか。う〜む、としばし考え込んだ。(敬称略)

2019-12-19 10:47 この記事だけ表示