公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
コタン虐殺:テアトロ劇評[コタン虐殺]

今書店で販売中のテアトロ4月号に『コタン虐殺』の劇評が掲載中です。

「コタン虐殺」劇評 演劇雑誌テアトロ2020年4月号掲載
〜歴史が問いかける現在の危機〜 小山内伸 (演劇評論家)

流山児★事務所『コタン虐殺』(詩森ろば:作・演出)は、アイヌの歴史を描きながら今日的な問いを孕む刺激的な舞台だ。17世紀にアイヌが倭人に蜂起したシャクシャインの戦いと、1974年の白老町長傷害事件とを重ねて描く。さらに、現代の札幌のキャバレーで踊り子たちがアイヌの歴史をショー形式で解説、観客の理解を助ける。冒頭で殺陣や恋愛模様など劇のサワリをテンポよく見せて、一気に引き込む。

74年の苫小牧署では、アイヌ集落の野外博物館(ポロトコタン)を誘致した町長を刺した男:八木原(田島亮)を刑事(杉木隆幸)らが取り調べている。自称アイヌの八木原は、アイヌを観光の道具に使った町長はしに値すると主張、彼の枕元に立つシャクシャインが「蜂起せよ」と訴えるという。だが、彼は本州出身の運動家であった。

17世紀、聡明な酋長シャクシャイン(杉木:二役)率いる「メナシクル」と単純な熱血漢:オニビシ(イワヲ)が酋長の「シュムクル」は対立の火種を抱える。松前藩はアメとムチを使い分けてアイヌから搾取する一方、両者が仲違いするように画策する。そこで暗躍する文四郎(田島:二役)は、シャクシャインの娘チャレンカ(山丸莉菜)に近づき、恋心を抱かせる。松前藩の奸計に気付いたシャクシャインンは兵をあげるが、無残な敗北を喫する。

アイヌ独立に勝手な革命願望を託す八木原には、到底共感できない作劇になっている。しかし、シャクシャインの戦いを並行して描くことで、両者は合わせ鏡となって批評性を帯びる。日本の「近代」を挟撃する試みだ。終盤、17世紀と74年の時空が重なる場面が圧巻。

また、詩森は昨年、映画『新聞記者』の共同脚本で高い評価を受けたが、そこで暴くのは近代日本の諜報機関、内閣情報調査室の闇である。それと本作での松前藩の工作員・文四郎の卑劣で残忍な動きは似通っている。ここに、今日に通じる体制側の恥を知らないやり口を告発する企図が読み取れる。

2020-03-19 19:10 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: